作文 の 書き方。 母の日に作文で感謝を伝えよう!おすすめ例文と書き方|母の日プレゼントCAFÉ

就職試験の作文の書き方・起承転結と書き始め・よく出るテーマ

作文 の 書き方

応募書類だけでは見えてこない、価値観や考え方を、作文によって知ろうとしているのです。 また、1つのテーマについて脱線せずに考え続けられるかも試されていると考えた方がよいでしょう。 ただし、このような考え方だから採用しないといった、思想統制のような発想には基づいていないので、あなたの思いや考えを素直に文字にするべきです。 ただし、常識から逸脱しているものは、オススメできません。 転職の理由も否定的なものはよくないと考えておきましょう。 後の例文・サンプルも参考にしてみて下さい。 先に挙げた「考え方」は、あなたの思うがままで良いです。 しかし、それが読んでいる人に理解してもらえるように…という努力は必要です。 人を感動させるような、芸術的な文章を目指すのではありません。 常識的でわかりやすい文章を書くことが大切なのです。 書道が何段か…とかいうことが、問題になる訳ではありません。 読む人に配慮して、丁寧に文字を書いているかということです。 昨今は、ネットで出願できるので、就活生や転職者本人の文字を見る機会があまりにもありません。 だから、作文を課して、文字を確認するのです。 しかし、書道の腕前をチェックしているのではありません。 丁寧さや、見やすさを見られているのだと考えましょう。 文字には、人柄が出ると今も考えられています。 就活生も転職者もそのことは念頭に置いておくべきですね。 社会的問題や世界情勢に、興味や関心を抱いているかどうかを、企業側は知りたいのです。 また、その企業についてどれほどの興味や関心があるかを問う作文もあります。 そのテーマを通して、興味関心のあり方と、価値観を読み取ろうとしているのです。 これから就職、転職をして、どうなっていきたいのかということを問うのです。 当然、前向きに取り組んでいくということを答えられるのが望ましいですが、具体的であればある程、良いと考えておきましょう。 「頑張る」だけでは、何も伝わりません。 受ける企業のことをしっかりと調べて、自分はどんなことをしたいか、どう頑張っていけるかを、考えておきましょう。 このテーマは、その努力を試すものでもあります。 採用されるためには当然、その辺りについて考えておくべきですよね。 このテーマに関する例文・サンプルは、後にあげておきます。 作文を書きなさいと言われて、なにも考えずにやみくもに書きはじめてはいけません。 もっとも言いたいことは何か、その言いたいことに説得力をもたせるためにはどんなことを言えばいいのかも考えなければいけないのです。 書き方を考える上では、全部で何文字の作文を書かなければいけないかはとても重要です。 1000字以内のモノは、基本的に序論・本論・結論の三部構成にすることがおすすめです。 それ以上に多い文字数の時は、四部構成にしましょう。 見切り発車ではじめて、尻すぼみになる作文を書いてはいけません。 最後まで見通しをたててからはじめましょう。 後の例文・サンプルを参考にしてみて下さい。 これも、1つめや2つめのポイントと同様に、書く前の準備に関するものです。 例えば、「将来の目標」というテーマで作文を書かないといけないなら、あなたの中にある目標を全て、材料として並べてみましょう。 そして、並べた材料の中から、採用する人が最も知りたいであろうものを選び出すのです。 書く前に材料の選定をしておかなければ、あれもこれも書こうとしてしまい、収集がつかなくなってしまいます。 例文を参考にして下さい。 4つめ以降は、書きはじめてから注意することです。 学生の頃に習った原稿用紙の使い方を、今もしっかり覚えていますか。 句読点が一番上にくることがないようにすることを忘れると、「常識がない」と思われてしまいます。 論文であれば文末は「だ・である」が望ましいですが、作文であれば「だ・である」を用いても、「です・ます」を用いても構いません。 しかし、双方が乱立する作文は日本語をきちんと使用できていない作文だとみなされてしまいます。 口語表現に関しては、口語だったものが辞書にのって常用表現にかわるということもあるので、一概にこれを使ってはいけないということは言えません。 しかし、「書く」言葉であり、就活する中で採用してもらうために書いている作文だということを念頭に置いて、言葉遣いに気をつけましょう。 後に記載する例文やサンプルを参考にしてみて下さい。 書いている時は、どんなに注意していても、冷静に自分の文章を見ることはできません。 書き終えて一息ついてから、採用者になったつもりで自分の文章を読み直しましょう。 単純な誤字がないか、何を言いたいのかが伝わりにく箇所がないかをしっかりチェックし、見つけたら直しましょう。 推敲の時間まで考えた上で、時間配分をしておいた方がよいですよ。 私は、特別目立つ人間ではありません。 子どもの頃には「(その場所に)いたことに気がつかなかった」と言われることもありました。 その頃から口下手で、大きな声をだすこともあまりなかったからかもしれません。 今もなお話すのは苦手です。 大きい声も出せません。 私が「欠かせない」と言ってもらえるようになったのは、そういった部分が改善されたからではないのです。 私が、一生懸命だったからです。 私は、先輩にも後輩にも、自身をアピールしませんでした。 言葉で表現することが苦手だったので、その分練習し、その分試合で動きました。 声を出してチームメイトを呼べない分、必死でチームメイトがボールを出したいであろう場所に走りました。 そして、それらのことを可能にするために、人の何倍も時間をかけて練習し、人の何倍も悩み、苦しみました。 必死だったからこそ、私は、高校時代のサッカーチームにとって「欠かせない人」になり得たのです。 私は、この経験を通し、必死の取り組みをすれば、その場に欠かせない人になっていけるのだということを学びました。 努力して、口下手な部分や大きな声を出せないという弱点も改善していきます。 貴社にとって、必死で働く欠かせない人となることが、私の将来の夢です。 看護師は、医師の補助をし、患者様に寄り添う職業ですが、改善の提案などはあまりできません。 提案できても、それが導入されるまでには時間がかかり、すぐに患者様の役に立つことができたという実感は得られませんでした。 日々の業務に忙殺され、もっと改善を…と考える余裕をなくすことすらありました。 それでも、患者様の笑顔をみると、頑張ろうと思えることが多く、今まで必死で看護師としての務めを果たしてきました。 貴社の新しい製品は、長期入院が続く、高齢の患者様の生活をよりよく改善していけるものだと、私は考えています。 なぜそのような製品を生み出せるのかと思い、貴社について調べると、貴社では、現場に必ず足を運び、自分たちの目で何が必要かを見た上で製品開発を行っておられるのだと知りました。 しかも、「これが必要だ!」と思ったら、すぐに行動に移すべきだという社風は、とても自分にマッチしていると、私には感じられたのです。 患者様や、そのご家族は、「いつか改善されること」を望むのではなく、「今すぐなんとかしてくれること」を望んでいます。 私は、「今、ものすごく大変で…」と訴える患者様や、そのご家族を何度も目にしてきました。 「今が一番つらいから、頑張って乗り越えましょうね」とお伝えしてきました。 私は、今まで接してきた患者様やそのご家族たちの抱える問題をできるだけ早く、解決できるようにしたいのです。 私は、貴社の製品サンプルと出会い、貴社のことを詳しく知る中で、看護師からの転職を志すようになりました。 もちろん看護師も、現場で常に患者様やそのご家族を助けることのできる職業です。 でも、私は、その場その場で彼らの問題をなんとかしようとするのではなく、根本的にその問題を解決したいと考えているのです。 貴社への転職が可能となれば、看護師としての経験も活かしながら現場に足を運び、患者様やそのご家族の生の声に耳を傾け、彼らの抱える問題を根本的に解決できる製品を生み出していきたいと考えております。 就職試験時の作文で自分を上手にアピールしよう! 就職や転職の際に書く作文は、何を試されているのかと不安になってしまいますが、企業は、「あなた」という人のことを知りたいのです。 先にあげた例文・サンプルは、あくまで例文・サンプルです。 そのままは使えませんが、参考にしつつ「あなた」という人をアピールして下さい。 また、後の記事も参考にしてみましょう。

次の

【書き方】公務員試験 論文の勉強3ステップ

作文 の 書き方

英検や受験などで英作文が必要になり、書き方がわからないと悩んでいる人もいるのではないでしょうか。 また社会人で英文メールをしなければならないときなど、どのように書けばよいか頭を悩ますこともあるでしょう。 特に正式な形で書く必要のある 英作文の場合、正しい書き方や文章の組み立て方や構成の作り方を知っておくことはとても重要ですよね。 そこで今回は英検のライティング問題や受験向きの英作文、日常生活で必要になる英作文などすべてまとめて、どのように書けばよいのかをご紹介していきます。 これを参考に、英作文対策をしてみてくださいね。 英作文の書き方を学ぶにはまずお手本を用意すること 英作文の書き方自体を学習するより先に、まずはお手本を用意してください。 お手本は、 あなたが何目的で英作文を学びたいかによって、選ぶべきものが変わります。 例えば高校・大学受験向けの英作文なら、受験向けの英作文問題のある参考書を用意しましょう。 英検のライティング問題向けなら、ライティング対策用の参考書が必要です。 その他の試験にライティング問題がある場合も、 その試験向けの対策本を用意してください。 こうした対策用参考書の解答例は、英作文の書き方を学ぶのに非常に役立ちます。 今回、英作文をどのように書けばいいのかその方法についてご紹介していきますが、使う語彙や文法などは、レベルによって異なるからです。 あなたの目的に合った参考書があれば、そのレベルで目指すべき英作文の解答例が掲載されているので、ここでご紹介する内容と照らし合わせて、理解できるようになります。 解答例があればあるほど、参考にするものが多くなるので、できるだけ問題数・模範解答例が多い参考書を選ぶことをおすすめします。 ここで少し余談! 英作文を勉強する際に使える参考書を紹介している記事を載せておきます!気になる方はぜひ読んでみてくださいね! 正しい文法を知っておく どんなレベルの英作文の書き方でも重要なのは、正しい文法を使うことです。 いくら書いてあることが、素晴らしい内容だったとしても、文法がはちゃめちゃだと理解するのが難しいのです。 多少の時制の間違いはそれほど問題ではありませんが、 英語の語順と 基本的な時制などはマスターしておくようにしてください。 特に検定などに向けてライティングの勉強をしている場合、正しい文法で書くことは非常に重要です。 またまた少し余談! 英文法の勉強法に関する記事を載せておきますので、気になる方ぜひ合わせて読んでみてくださいね! 英語の文章の組み立て方を理解しておこう 正しい文法で文章を書けるようになったら、英語の文章の組み立て方についても学んでおきましょう。 これは英作文だけではなく、英語でスピーチをする場合や日常会話でも重要視したい部分です。 英語で長めの文章を組み立てる場合、 まずは 結論から言うのが鉄則。 そしてその後に その結論を根拠づける理由を述べます。 理由の部分は、しっかりその結論が納得行くような文章にしましょう。 結論よりは長めになることが多いです。 そして 最後にまとめを持ってきます。 まとめの文章は、何について書いているのか、何を目的としたライティングなのかで内容が変わってきます。 また初級ライティングの場合は、このまとめがない場合もあります。 例えば非常に単純な英作文をすると、このような感じです。 (結論) I cannot go to the party this weekend. (理由) Because I have to study very hard for I have an exam next week. (まとめ) But thank you for the invitation. 日本語訳: 今週末のパーティーには行けません。 来週テストがあるので、たくさん勉強しなければならないからです。 でもご招待いただきありがとうございました。 これは非常にシンプルなメールなどの文章ですが、こんなにシンプルな文章でも、 結論>理由>まとめ という流れに沿っています。 日本語だと、 来週のテストのために勉強しなければならないので、今週末のパーティーには行けません。 という流れの方が自然なこともあるでしょう。 しかしこの流れは英語ではほとんど見ることがありません。 そうした英語の文章の組み立て方・構成の仕方をしっかり理解して英作文に取り組みましょう。 英語で考えて英語で書くことが大事! 英作文というと、いつもよりも長文で英語を書くことになるでしょう。 そうなると、日本語から組み立てたくなってしまう人も多いのではないでしょうか。 しかし英作文を書くときに、日本語から組み立てることはおすすめできません。 なぜなら、前述のように英語と日本語は語順や文章の順番が違うからです。 短文の場合、その違いはそれほど大きな問題になりません。 しかし長文となると語順・文順が違うために、日本語から文章を作ってそれを英語に直していると、どんどん訳がわからなくなるでしょう。 あなたの英語レベルが中上級に達しているなら、 英語で考えて英語で書くようにしてください。 初中級レベルでも、英語で考えて書く練習をするべきです。 もしもどうしても英語だけだとうまく書けない場合や、英語だと考えがまとまらない場合は、結論と理由の部分を日本語で箇条書きして、それを参考に英作文をするようにしましょう。 使える表現をしっかり覚えておくこと 次に重要なのは、 使える表現をしっかり覚えておくことです。 これは特に長文ライティングをする際に必要になってくるでしょう。 ライティングでは、口語ではあまり使わない表現を使うことや、話のリズムをよくするための表現があることを意識して、準備したお手本(模範解答など)を見てみましょう。 そうした表現は、そのまま真似て使うことができます。 一番オーソドックスなところで言えば、「まず」「次に」といったような表現でしょうか。 この2つを含めて、話を展開しやすくなる表現をいくつかご紹介します。 またビジネスメールやビジネスレターのための英作文の場合は、これとは別に、 よく使われる定型文のような表現があります。 ビジネスメール・ビジネスレターは、本当に定型文のようになっているので、丸覚えすればすぐに書けるようになるでしょう。 むしろ自分の日常の話を英作文したり、意見を文章にするタイプの英作文の方が、あまり定型文のような表現がありませんから、難易度は高いんです。 そうした自由英作文で使えそうな表現は、模範解答例を参考にしてピックアップしておいてくださいね。 まとめ 今回は英作文の書き方やそのポイントについてご紹介しましたが、英作文が書けそうな気はしてきたでしょうか。 英作文は最初は難しくても、慣れてくればスイスイ書けるようになります。 模範解答例などを参考にして、あなたがターゲットとするレベルの英作文の書き方をしっかりマスターしてください。 話の展開の仕方を定型文のように覚えてしまえば、あとは中身を書くだけですから、そう難しくはありません。 あとはなるべく英語で考えて英語で書くことも忘れないようにしてくださいね。

次の

作文の上手い書き方【上手い人と下手な人は構成が違う】

作文 の 書き方

自由英作文って、和文英訳を書ける人でも意外と難しかったり時間がかかったりするものです。 どのような手順で書けば、短時間で点数が取れる英作文になるのでしょうか。 それを実際に問題を解きながら説明していきます。 問題テーマ 今回は、自由英作文のテーマとして頻出の「~するためにはどうすればよいか」という形式のものを取り扱っていこうと思います。 ということで私が書く英作文のテーマは「日本を訪れる外国人を増やすためにはどうすればよいか」です。 語数は 80~ 100語とします。 何を書くかを決める もちろん、最初は何を書くかを決めなければなりません。 80~ 100語となると、外国人を増やす方法を 2~ 3個取り上げることになると思います。 このときに、思いつくのであれば 3個方法を取り上げるのが良いです。 理由としては、提案する方法を少なくするほど、 1つの方法について詳しく書く必要が出てきます。 そうすると、必然的に高い英語力が求められるようになるのです。 1つひとつについては、簡潔に書いたほうが英語力が低くても対応でき、文法ミスが減るはずです。 そうは言っても、なかなか 3つも案が浮かぶ人はいないと思うので、今回は 2つの方法について書いてみましょう。 私ならば、 1つ目は「英語の表記を街中に増やす」、 2つ目は「観光地同士の交通網を充実させる」、というように決めます。 それぞれの案について内容を深める 案を出しただけでは英作文は書けません。 それぞれについて深めていく必要があります。 ここではもちろん理由を書いていくのですが、理由という漠然とした言葉では難しいと思います。 おすすめなのが「今はこうなっている」「この方法をとる」「こう変わる」の 3点を書くことです。 現状、方法、結果ですね。 まず、「英語の表記を街中に増やす」について内容を深めていきます。 現状としては「英語が看板などに少なくて外国人が困りやすい」と書きます。 方法は「英語の表記を増やす」。 結果は必然的に「外国人が過ごしやすくなる」となるはずです。 次に、「観光地同士の交通網を充実させる」についてです。 現状は「都会から離れた観光地には行きにくい」ですね。 方法は「電車などの交通網を整備する」となり、結果は「気軽に色々な観光地に行くことができる」となります。 これらの内容を英語にしてきれいにまとめていきます。 実際に書いてみる 実際に自由英作文を書いていきましょう。 まずは導入部分です。 ここではいくつ方法があるかというのを述べていきます。 I think there are two ways to increase foreigners visiting Japan. 導入でごちゃごちゃ書くのは難しいので、この 1文だけで OKです。 次に本文パート 1を書いていきます。 1つ目の方法についてですね。 Firstly, we need to increase information written in English in our town. Many foreigners cannot read Japanese, so they get confused with Japanese information. If we increase English information in our town, it will become more comfortable for foreign people. このようにすると先ほど日本語で書いた 3つの点がきちんとふくまれていますね。 若干重複している部分も見られますが、許容範囲でしょう。 書きやすさが何より大事です。 同じように本文パート 2を書いていきます。 Secondly, we need to make better transportation system. There are many sightseeing spots which is hard to go from urban areas. I think it is important to make train lines to make it easier to go to sightseeing spots. こちらも 3つの点が押さえられているはずです。 これらをすべてくっつければ自由英作文の完成です。 軽く見直しをして、スペルや文法のミスがないかを確かめましょう。 ちなみに、結論はつけてもつけなくても大丈夫です。 意見を求められるような作文なら「というわけで私は賛成です」みたいにつけやすいですが、今回のような例ではつけにくいので、つけなくてよいです。 まとめ このように、構成をしっかりしておけば、あとは簡単な英語の表現だけでも結構きれいな英作文ができるようになるわけです。 難しい単語や文法は自由英作文に必要ないです。 また、完璧を求めるのではなく、 8割を確実に取れるような書き方をしていくのも大切です。 細かいところに気を配りすぎず、ある程度のところで妥協しましょう。 自由英作文の問題を色々解いていくなかで、このような構成のテンプレートをいくつか自分の中で作っていき、本番に対処するのが良いです。 ぜひ実践してみてください。

次の