新型 フィット。 新型フィットにみる「女性視点の心地よさ」モータージャーナリスト・藤島知子さんが、ホンダ 新型フィット e:HEV × 4WDを雪上試乗!|ハッチバック|MotorFan[モーターファン]

ホンダ・フィットの新開発4WDを試す 【だから新型フィットは心地いい<AD>】

新型 フィット

0Lガソリンエンジン- X・Bパッケージ:1,395,000円 X:1,455,000円 G:1,613,000円 -1. 5Lガソリンエンジン- X:1,598,000円 G:1,756,000円 Z:1,926,000円 -1. 3L直4ガソリンエンジンと新開発の1. 5Lハイブリッドの2種類がラインアップされる。 いっぽうの新型ヤリスは、すべて直列3気筒の1Lガソリンエンジン、1. 5Lガソリンエンジン、1. 5Lハイブリッドの3種類だ。 新型「フィット」1. 3Lガソリンエンジン車の走行イメージ 新型フィットが搭載している1. 3Lガソリンエンジンの動力性能は、コンパクトカーでは平均水準のものだ。 登坂路では少しパワー不足が感じられるが、性格は素直で扱いやすい。 直列4気筒のため、エンジンノイズも抑えられている。 新型「ヤリス」1. 5Lガソリンエンジン車の走行イメージ 対する新型ヤリスのガソリンエンジンは、直列3気筒の1Lと1. 5Lだ。 試乗したプロトタイプは、主力エンジンの1. 5Lだった。 新型ヤリスの1. 5Lガソリンエンジンは、排気量に余裕があって動力性能は新型フィットの1. 3Lガソリンエンジンよりも高い。 4,500rpm付近から吹け上がりが活発になり、エンジンを回す楽しさも味わえる。 アクセルペダルを踏み込んだときのノイズは大きめで、3気筒特有の粗さも感じるものの、動力性能は新型フィットよりも高い。 なお、新型ヤリスの1. 5Lガソリンエンジンには、6速MT仕様も用意されている。 新型「フィット」1. 5Lハイブリッド車の走行イメージ ハイブリッドは、新型フィットのほうがパワフルだ。 エンジンは主に発電機を作動させて駆動はモーターが受け持つから、電気自動車と同様に加速は滑らかだ。 アクセル操作に対する加減速の反応も、新型フィットは機敏に感じる。 新型フィットのハイブリッドは、エンジンが発電機の作動に使われるため、速度の増減に関係なく高効率な回転域を維持できる。 そこが、ハイブリッドシステム「e:HEV」のメリットだが、アクセル操作とエンジン回転数が連動しないために、ドライバーには違和感が生じてしまう。 そこで、新型フィットでは効率が下がらない範囲内において、アクセル操作とエンジン回転数を一致させる制御が採用されている。 これも、新型フィットのハイブリッドがすぐれている点のひとつだ。 動力性能についての結論は、ガソリンエンジンは新型ヤリスの1. 5L、ハイブリッドは新型フィットがすぐれている。 走行安定性比較 新型「ヤリス」は、プロトタイプ車をサーキットで試乗した際にも、走行安定性の高さが感じられた 走行安定性は、両車とも先代に比べて大幅に進化している。 搭載されるエンジンに基づく車重や装着タイヤなどによっても異なってくるが、走行安定性については全般的に新型ヤリスのほうが軽快だ。 後輪の接地性が高く、車両の向きが機敏に変わるので峠道などでも曲がりやすい。 対する新型フィットは落ち着いた印象で、ボディがひとまわり大きく感じる。 走行安定性については、良し悪しというよりもクルマの性格の違いと言ったほうがいいかもしれない。 乗り心地比較 新型「フィット」には、15インチタイヤと16インチタイヤ装着車がラインアップされるが、16インチタイヤ装着車のほうが車体とのバランスのよさが感じられた 走行安定性と同様に、車重やタイヤによっても異なるが、乗り心地は両車とも先代に比べて粗さが抑えられて快適だ。 特に、新型フィットの16インチタイヤ装着車は接地性が高く、タイヤが路上を細かく跳ねる感覚が抑えられており、重厚感がともなう。 新型「ヤリス」には、14インチ、15インチ、16インチと大きく3種類の装着タイヤがラインアップされる。 新型ヤリスも、新型フィットと同様に16インチタイヤ装着車の印象がよく、14インチタイヤ装着車については乗り心地がいまひとつという印象を受けた いっぽうの新型ヤリスも、ZとハイブリッドZにオプション設定されている16インチタイヤ装着車は乗り心地や走行安定性など走りのバランスがいい。 だが、14インチタイヤについてはやや硬く感じた。 指定空気圧は、16インチタイヤは前輪が220kPa、後輪は210kPaだが、14インチタイヤは転がり抵抗を抑えて燃費を向上させるため、前輪が250kPa、後輪が240kPaに跳ね上がっていることも影響している。 これは、どんなクルマにも当てはまる話なのだが、購入前にはできるだけ複数のタイヤを試乗したほうがいい。 たとえば、新型ヤリスなら16インチタイヤ装着車を試乗して14インチタイヤ装着車を購入すると、乗り心地が違いすぎて後悔する心配が生じるからだ。 特に、コンパクトカーのベーシックグレードは、乗り心地を犠牲にして燃費数値を向上させる傾向が今でも残る。 新型ヤリスのハイブリッドZに16インチタイヤを装着した場合、WLTCモード燃費は32. コンパクトカーは、ほかのクラスに比べてグレードやタイヤの違いに基づく燃費数値と乗り心地の格差が大きい。 そのため、試乗も慎重に行う必要があるだろう。 内装の質感と居住性比較 新型「ヤリス」のインパネ 新型「フィット」のインパネ インパネ周りは、新型ヤリスのほうが質感は高く感じる。 新型フィットも決して悪くはないのだが、ステアリングホイールを2本スポークとするなどシンプルに仕上げているので、デザイン面の個性が強く、グレードによっては安っぽく見えることがある。 新型「ヤリス」のインテリア 新型「フィット」のインテリア 居住性は、前席の座り心地は同程度だが、後席は新型フィットの圧勝だ。 後席は、足元空間が大幅に異なる。 身長170cmの大人4名が乗車した場合、新型ヤリスの後席に座った乗員の膝先空間は握りコブシひとつ少々だが、新型フィットは2つ半もの余裕がある。 ちなみに、先代のヴィッツは、同じ測り方で握りコブシ2つ分であった。 新型ヤリスは、ヴィッツに比べて前後席の乗員間隔が37mm縮まり、後席の床と座面の間隔も32mm減ったから、腰が落ち込んで膝の持ち上がる座り方になった。 ヴィッツから新型ヤリスに乗り替えたいというユーザーは、後席の居住性に注意したい。 4名で乗車するなど、後席を多用するユーザーには新型フィットが適している。 乗降性は、前席は基本的に同等だが、新型ヤリスは運転席と助手席に「ターンチルト」機能がオプション設定されていることに注目したい。 シートが外側に回転しながら、座面が下降することで乗り降りを助けてくれる。 後席の乗降性については、新型フィットのほうがすぐれている。 新型ヤリスはルーフが下がり、足元空間も狭いのでやや乗り降りしにくい。 荷室の広さとシートアレンジの使いやすさ比較 新型「ヤリス」のラゲッジルーム 新型「フィット」のラゲッジルーム ラゲッジルームは、新型フィットのほうが広い。 新型フィットは、燃料タンクを前席の下側に搭載する「センタータンクレイアウト」を先代から引き続き採用しているので、荷室の床面を低くしてラゲッジルームへ多くの荷物を載せることができる。 そのため、新型フィットの後席をたたむとボックス状の空間となって、背の高い物などを積み込むことも可能だ。 新型ヤリスも荷室面積の不足はないのだが、リヤゲートを寝かせたこともあって、背の高い荷物がやや積みにくい。 取りまわし性・視界比較 新型「フィット」のフロントピラーは、奥を細くすることで斜め前方の視界を向上させている ボディサイズは同程度だが、視界は新型フィットがすぐれている。 フロントピラーを2本にして、手前側を太く、前方はフロントウィンドウの窓枠として細くデザインしているので、斜め前方の視界を遮りにくい。 また、サイドウィンドウの下端も水平基調だから、斜め後方も見やすい。 新型ヤリスも前方視界はいいのだが、後方視界が悪い。 サイドウィンドウの下端をうしろに向けて大きく持ち上げているからだ。 後方視界は、車庫入れや縦列駐車のしやすさに加えて、安全性にも影響を与えるので注意したい。 価格比較 新型フィットと新型ヤリスは、ほぼ同時期に発売されるライバル同士だから、価格も拮抗している。 ガソリンエンジンを搭載する買い得な主力グレードで見ると、フィット 1. 3Lのホームグレードは1,718,200円、ヤリス 1. 5LのGグレードは1,756,000円だ。 ハイブリッドは、フィット ホームが2,068,000円、ヤリス Gは2,130,000円となる。 総合評価 ここまで解説したとおり、同サイズのコンパクトカーであっても新型フィットと新型ヤリスはかなり性格が異なる。 新型フィットは後席や荷室が広く、実用重視のファミリーユーザーに適している。 新型ヤリスは、外観デザインがスポーティーで、内装の質感も高い。 いっぽう、後席や荷室は狭いので、おもに前席優先のパーソナルユースに適している。 以前のヴィッツは、ファミリーユーザーもカバーできるフィットに似た性格だったが、新型ヤリスはドライバー優先となり、マツダ「MAZDA2」(旧デミオ)に近づいた。 家族を乗せるなど、後席や荷室の利用が多いのならば新型フィットを、普段は2名乗車で運転の楽しさを求めたいなら新型ヤリスを選ぼう。

次の

フィット|Honda公式サイト

新型 フィット

この記事の目次• 新型フィットのカラーサンプル• そんなクロスターの個性を際立たせるには、ずばり2トーンカラーおススメです。 特にサーフブルー、プレミアムサンライトホワイト・パールを基調にした2トーンは、クロスターをとても魅力的に見せてくれます。 フィットのクロスターで颯爽と駆け回りたい人には、ピッタリのカラーと言えるでしょう。 フィットのカラーナンバー(カラーコード)はこちら カラー名 カラーナンバー(コード) サーフブルー B609 エアーライトブルー・メタリック B626M クリスタルブラック・パール NH731P プレミアムクリスタルレッド・メタリック R565M プラチナホワイト・パール NH883P ミッドナイトブルービーム・メタリック B610M ルナシルバー・メタリック NH830M シャイニンググレー・メタリック NH880M プレミアムサンライトホワイト・パール NH902P プレミアムグラマラスブロンズ・パール YR634P 新型フィットの内装色に合うボディカラーはコレ フィットの内装カラーは5通り フィットの内装色はグレードによって異なり、全5色が設定されています。 ここでは、それぞれの内装色に似合うボディカラーを紹介! ブラック内装 下取り車があるなら、さらに新車が安く買える 新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。 もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。 実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。 ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。 何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の 経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。 そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。 反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。 買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。 この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。 ただ、 自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。 そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「ナビクル車査定」です。 わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。 この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。 そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。 ナビクル車査定の買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと 19万円もアップしたのです。 とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。 ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。 どちらに売るにしろ、ナビクル車査定はオススメできます。 ガリバーの無料スマホアプリで査定 取り合えずおおよその査定額を手軽に知るなら、ガリバーのスマホアプリ 「ガリバーオート」が簡単です。 ディーラーや買取店の査定額が妥当かどうか、アプリで確認してもいいでしょう。 アプリの方が高ければ、そのままガリバーへ売るのもアリです。

次の

フィット|Honda公式サイト

新型 フィット

第6設計室で六代目アコードのアッパーボディ設計、車体設計室で初代インサイトのアルミボディ設計を担当。 三代目フィットのプラットフォーム先行検討からフィットの開発業務に従事。 新型フィットでは開発初期より開発責任者を担う 特徴はハイブリッドシステムと四駆システム 藤島:コンパクトカーは日常の足であり、アクティビティに出かける手段でもあります。 ハイブリッドシステムと四駆システムを組み合わせたコンパクトカーというと、Hondaさんの「FIT」以外にもトヨタの「ヤリス」、飛ぶ鳥を落とす勢いの日産「ノートe-POWER」もありますね。 田中:Hondaは、けっこう前からハイブリッドシステムと四駆システムの組み合わせをやってきました。 訴求がうまくないので伝わらなかった部分もありますが、一番早かったんじゃないですか。 今回のハイブリッドシステムは、2モーターの「e:HEV」で、さらにおもしろいクルマに仕上がっています。 藤島:これまで、コンパクトカーにはi-DCDという小型のハイブリッドシステムでしたが、新型FIT にはi-MMDという贅沢なシステムを使っていますよね。 田中:もともとi-MMDは中大型車用で、小型車への搭載はあまり想定していませんでした。 中大型車用に開発したので、全長4mの小さなクルマに載せるのは難しかったですね。 ただ、小さくするのはHondaの得意技。 最終的に実現させることができました。 新型FIT e:HEV LUXEに乗る藤トモさん。 LUXEは洗練された上質なデザインが魅力 藤島:今日の試乗会には、e:HEV で四駆という組み合わせに興味を持ってやってきました。 実際に乗ってみると、ほかのメーカーのクルマとFITは全然違いますね。 田中:四駆システムでいえば、メカニカルにつながっているのが一番の違いです。 他社でいうと、後ろのタイヤを小さなモーターで動かすものが多いですが、新型FITはフロントモーターの力をリヤタイヤにも伝えることで、リヤの駆動力を大きくできるのが特徴です。 ビスカスカップリングは使い古された技術ではありますが、古い技術をいままでと違う使い方をしているのがおもしろいところです。 藤島:街乗りではモーターがフロントタイヤを駆動させ、後輪に動力を伝える。 すると、なぜおもしろみを発揮するんですか? 田中:ビスカスカップリングは、フロントタイヤが滑ったらリヤタイヤに駆動が伝わる機構です。 つまり、フロントが滑らないかぎり仕事をしませんが、モーターを使ってフロントが少しだけ滑った状態をキープすると、ビスカスカップリングが常につながった状態になる。 モータートルク特性は滑らかで、2モーターシステムは変速機構がないため、ギヤの途切れがなく駆動が常に安定していることを上手く利用しました。 藤島:ほかのメーカーの車種の多くはモーターアシスト式の四駆システムで、リヤタイヤをサポートしています。 実際にメカニカルにつながっている四駆システムは、どんなシーンで活かせますか? 田中:発進時はもちろん、コーナーを曲がってアクセルを開けて立ち上がる場合や、交差点を曲がって次の直線に向かってアクセルを開く場合といった、滑りやすいシーンですね。 日常生活の滑りやすいシーンでも、安心して曲がっていただけます。 藤島:雪上で乗り比べて、それらの違いに驚きました。 他社のリヤモーター方式の四駆はモーターが小さくて、街なかの発進シーンでは、走り出しのクルマのゆらぎを抑えてくれるものの、車速が上がるとアシストが効かなくなりますよね。 新型FITはそのまま車速を伸ばして、時速50kmくらいで曲がりながら立ち上がると、ちゃんと路面を掻いている感じがあります。 田中:まさにそこが一番大きな違いで、安心して曲がっていただけるポイントです。 藤島:今回、全車同じタイヤを履いていましたが、驚いたのがタイヤの使い方もこんなに違うのかという点です。 クルマによっては、路面の凹凸で揺さぶられて、タイヤと路面の接地感のなさに不安を覚えるシーンや、クルマ自体の縦への揺すられ感に不快感があったものもありました。 新型FITはやさしい乗り味で、雪の路面でも快適に心地よくドライブできました。 田中:基本性能の良し悪しは、通常のアスファルトの路面より雪上のほうが出やすいですね。 制御の介入度合いの違いも、如実に現れます。 藤島:どのクルマにもタイヤは付いているはずなのに、FITは走り出しの5~10mで違いを感じます。 それは、タイヤの感触が伝わってくる感覚。 今回のFITは、タイヤが接地している感覚が確かにあるんです。 ハンドルをちょっと切ると、曲がる準備ができているんだという安心感が、感覚的にも伝わってきます。 田中:そのあたりの領域は、乗り心地を追求した結果だと思っています。 雪道に限らず、乗り心地を良くするために、サスペンションを動きやすい設定にしました。 しっかり動くサスペンションなので、悪条件でもタイヤの接地を維持できて、常に路面にくっついている感覚がある。 それが乗り心地につながっています。 藤島:タイヤの性能を使いこなせているからこそですね。 それって、人の感覚に寄り添って磨き上げたという感覚。 下り坂のカーブを走るとヒヤッとすることもありますが、ブレーキを踏んでハンドルを操作する一連の流れも、人の感覚に合わせて素直に動いてくれる。 そういったやり取りが、安心感につながります。 いつまでも乗っていたいクルマだと思いました 田中:四輪駆動はもともと、4つあるタイヤをすべてしっかり使うのが、発想の原点。 今回FIT で目指した、四輪の接地を担保しているサスペンションは、安心感、素性の良さにつながっています。 藤島:走り好きな目線でも、いつまでも乗っていたいクルマだと思いました。 雪上で滑り出した時の電子制御のかかりは、クルマごとに大きく違いますよね。 横滑りし始めると、まるで横に壁があるかのように動くクルマもあれば、突然横を向き始めてスピンモードに入るクルマもあります。 FITの滑り方は自然なリズムで、ドライバーがどれだけコントロールしたらいいかわかりやすい。 メカニカルにつながっている四駆のおかげで、アクセルを踏めばクルマが立ち上がって、ハンドルを切った方向に進んでいくから、思いどおりの姿勢を作っていけるのが気持ち良かったです。 素直に笑顔になっちゃいました。 田中:開発時のキーワードは、いつまでも乗っていたくなるような、ストレスがない心地よさを目指しましたので、そう言っていただけるのが一番うれしいです。 藤島:ストレスが少ないと言えば、ドライビングポジションも良かったです。 上質で大人っぽいLUXEのインテリア 田中:新型FIT はドライビングポジションを最適化。 アクセルペダルやブレーキペダルのレイアウトを見直して、ステアリング位置や調整範囲も改良しました。 そのあたり、感じてもらえましたか? 藤島:女性の場合は、シートを目一杯前よりにスライドさせる人が多いですが、その位置からでも、膝が当たることなくブレーキペダルとアクセルペダルを踏み変えられて違和感がありません。 まるで、手足をそのまま伸ばしているような姿勢。 身体の余計なところに力が入るとストレスがかかりますが、自然体でいられる。 ストレスなく、安全に意識を向けられるので、運転中の余裕につながります。 田中:シートの調整範囲が狭いと、身体が小さい人、もしくは大きい人のどちらかに違和感が出ますからね。 今回は、身長150 cm以下から180 cmオーバーまで、どなたも最適なポジションでリラックスして、心地よく運転できる設計にしました。 いろんな暮らし、いろんな価値観がある「いま」にピッタリ 藤島:新型FITは自分らしさを与えてくれるクルマですね。 自然体でいられるクルマってありそうでなくて、自分らしくいられることでよりアクティブになれると思います。 四駆のコンパクトカーでも、安心感や走る楽しさでいえば、FIT をほかのクルマと一緒にしないでという気もします。 田中:今回のFITは、出しゃばらない。 乗る人が主役で、クルマ自体は主張しない。 それはいまおっしゃっていただいている、乗る人が心地よく、ストレスなく、いかに日常で使ってもらえるかを考えてのことです。 藤島:コンセプトの「用の美」は、自分らしく使いこなしてこそ。 iPhoneも、使いこなせなくては意味がありません。 使うことで人の能力が広がって、行動力を高めてくれて、人の生きがいにつながる。 それがじつは大事なことですよね。 田中:僕らエンジニアは、どうしてもプロダクト中心に見ちゃいますね。 やっぱり、使う人がいかに生き生きと暮らせるか。 そういう視点で言っていただいたのが新鮮でした。 藤島:新型FITには、人を幸せにする要素がすでに入っています。 いろんな暮らし、いろんな価値観があるいまの時代にピッタリのコンパクトカー。 今後も、田中さんが思ってらっしゃる発展をしてもらいたいですね。 よりわかりやすく、楽しい内容とするために、皆さまからのご意見・ご感想を募集しております。 ぜひ、ご協力お願いいたします。

次の