インスタ ストーリー 通知 オフ。 インスタ ダイレクトメッセージについて徹底解説(オンライン機能など)

インスタのストーリー通知をオンにする方法!オンにすると相手は分かる?|アプリ村

インスタ ストーリー 通知 オフ

LINEのタイムライン、ストーリーってなに?見方や投稿、非表示方法も解説 公開日時 : 2019-12-28 19:19 更新日時 : 2019-12-29 10:26 いまやコミュニケーションツールとしてスマートフォンユーザーに欠かせないSNSアプリになっているLINE(ライン)。 LINEには、自分の近況などをテキストを書いたり画像を添付したりして友だちに共有する機能「タイムライン」があります。 LINEは主にチャット機能しか使っておらず、タイムラインの使い方をいまいち理解していない人も少なくないのではないでしょうか。 そんななか、2019年5月17日にはタイムラインの新たな機能として、24時間後に投稿が自動的に消える「ストーリー」機能が追加されました。 今回は、あまり知られてないであろうLINEの「タイムライン」、「ストーリー」機能とはどんなものかについて解説していきます。 LINE「タイムライン」とは LINEは、個別でのメッセージのやり取りに使われることが多いですが、自分の近況や連絡事項などを友だちに共有したい場合は、タイムラインを使うと便利です。 タイムラインでは、テキストや画像、動画を使って、TwitterやFacebookのように近況を投稿することができます。 タイムラインは個別でのメッセージのやり取りと違い、投稿した内容は不特定多数の人に見られます。 ですから、タイムラインに投稿する内容には注意が必要です。 LINE「ストーリー」とは 2019年5月17日にタイムラインの新たな機能として「ストーリー」が追加されました。 ストーリーは、タイムラインと同じようにテキストや画像、動画を使った投稿をすることができ、24時間後に自動的に投稿が消えるという特徴をもっています。 また、ストーリーでは自分の投稿を誰が見たのかが分かるような足跡機能があることもタイムラインとの大きな違いです。 タイムラインの見方 タイムラインの見方から解説していきます。 まずはじめにLINEのアプリを起動しましょう。 LINEを起動したら画面の下のほうにある「タイムライン」をタップすると タイムライン画面が表示されます。 タイムライン画面では、友だちの投稿やストーリーを見ることができます。 また、投稿に対してスタンプやコメントを送ることが可能です。 友だちの投稿にスタンプを送る タイムラインの投稿にスタンプを送る方法を解説します。 投稿の下のほうにある「スタンプマーク」をタップするとスタンプを送ることができます。 スタンプを送ると「スタンプマーク」が黄色く変化し、相手に通知が届きます。 また、「スタンプマーク」を長押しするとスタンプの種類を選んで送ることができます。 送ったスタンプを削除したい場合は、「スタンプマーク」をもう一度タップすると削除できます。 友だちの投稿にコメントを送る タイムラインの投稿にコメントを送る方法を解説します。 投稿の下のほうにある「吹き出しマーク」をタップするとコメントを送ることができます。 投稿内容のところをタップすると投稿の詳細画面が表示されます。 詳細画面から自分のコメントを左にスワイプすると右側に「削除」が表示されるので、タップするとコメントを削除することができます。 スタンプと同様にコメントを送ると相手に通知が届きます。 友だちのタイムラインを非表示にする タイムラインの投稿を非表示にする方法を解説します。 タイムライン画面から非表示にしたい投稿の右側にある「・・・」をタップします。 各設定の詳細を説明します。 【この投稿を非表示】 「・・・」をタップした投稿だけを非表示にする設定です。 同アカウントのほかの投稿については表示されます。 同アカウントのほかの投稿もすべて表示されなくなります。 【通報】 不審なアカウントや迷惑行為を行うアカウントをLINEの運営に報告できます。 通報された本人に通報した人の情報が伝わることはありません。 LINEの運営に報告する機能なので不用意に使わないようにしましょう。 タイムライン非表示設定の解除 「〇〇の投稿をすべて非表示」にしたアカウントの非表示を解除する方法を解説します。 LINEのホーム画面から「歯車マーク」をタップし設定画面を開きます。 ここでアカウント名の右側にある「非表示解除」をタップすると非表示設定を解除できます。 非表示にしたり非表示解除をしても相手に通知などが届くことはありません。 タイムラインの投稿方法 タイムラインに投稿する方法を解説していきます。 タイムライン画面の右下に「+」マークがあるのでタップします。 「コミックメーカー」「リレー」「カメラ」「投稿」の4つが表示されます。 今回は投稿をしたいので「投稿」をタップします。 投稿画面では、「公開設定」から誰に公開するかを設定し、テキストを入力しましょう。 入力が完了したら画面右上にある「投稿」をタップすると投稿できます。 タイムラインの投稿は、テキストの入力以外にも持っている画像の添付や写真、スタンプなどを添付することも可能です。 4種類の投稿方法 タイムラインへの投稿の仕方は4種類あります。 それぞれどんなものか説明していきます。 【コミックメーカー】 人気マンガの吹き出しに好きなセリフを入れて、タイムラインにオリジナルの一コマを投稿することができます。 【リレー】 タイムライン上で友だちとテキストや画像を投稿しあって、共同でアルバムのようなものを作ることができます。 【カメラ】 カメラで撮った写真をタイムラインに投稿できます。 【投稿】 一般的なタイムライン投稿方法です。 テキストや画像、動画を使った投稿をすることができます。 タイムラインの公開設定 タイムラインの公開設定について解説します。 タイムラインに投稿するうえで、その投稿をだれに見せるのかを決めるためにあるのが公開設定です。 見せたくない人にまで投稿を見られないように、公開設定は正しく使えるようにしておきましょう。 【全体公開】 友だちと友だち以外の人が投稿を見ることができます。 友だちかどうか関係なくすべてに人に投稿が見られるので、投稿する内容に最も注意が必要な公開設定です。 「全体公開」の投稿には、投稿日時の隣に地球儀マークが表示されます。 【すべての友だち】 友だちだけが投稿を見ることができます。 「すべての友だち」の投稿には、投稿日時の隣に人マークが表示されます。 【選択した友だち】 投稿する前に、あらかじめ選択しておいた友だちだけ投稿を見ることができます。 「選択した友だち」の投稿には、投稿日時の隣に人の横に三本線がついたマークが表示されます。 【自分のみ】 本人だけが投稿を見ることができます。 タイムラインの投稿を編集・削除 タイムラインの投稿を編集または削除する方法を解説します。 自分の投稿の右側にある「・・・」マークをタップします。 画面の下に「投稿を修正」「公開設定を変更」「削除」が表示されます。 投稿の内容を修正したい場合は「投稿を修正」をタップ、 投稿の公開設定を変更したい場合は「公開設定を変更」をタップ、 投稿を削除したい場合は「削除」をタップしましょう。 ストーリーの見方 続いては、タイムラインのストーリーを見る方法を解説していきます。 ストーリーが投稿されるとタイムライン画面の上のほうにある丸いアイコンがでてきます。 アイコンをタップすることで、ストーリーが見れます。 ストーリーは数秒間表示されたあとに自動で次の投稿に切り替わります。 次の投稿がない場合は、ストーリーの画面が自動で閉じられます。 ストーリーは投稿されてから24時間後に自動的に消えるので、気になる投稿があれば早めに見ておきましょう。 友だちのストーリーにスタンプを送る 友だちのストーリーにスタンプを送る方法を解説します。 ストーリーの投稿画面の右下にある「スタンプマーク」をタップすると、投稿にスタンプをつけられます。 また、「スタンプマーク」を長押しするとスタンプの種類を選べるので状況に応じて使い分けましょう。 スタンプを送ると相手に通知が届くので、分かるようになっています。 友だちのストーリーにメッセージを送る 友だちのストーリーにメッセージを送る方法を解説します。 ストーリーの投稿画面の下のほうにある入力フォームをタップすると、メッセージの入力ができます。 メッセージを送ると「〇〇にメッセージを送信」と表示され、相手に通知が届きます。 送ったメッセージは、個別のトーク画面に表示されます。 ストーリーに送ったメッセージは、ほかのユーザーからは見えないようになっています。 友だちのストーリーを非表示にする 友だちのストーリーを非表示にする方法を解説します。 タイムライン画面上にある、非表示にしたいアカウントのアイコンを長押しし、「〇〇の投稿をすべて非表示」をタップしましょう。 「〇〇の投稿をすべて非表示」をタップすることで、そのアカウントのストーリーが今後表示されなくなります。 しかし、ストーリーだけでなくタイムラインの投稿もすべて表示されなくなるので、非表示設定にする際は注意しましょう。 ストーリー非表示設定の解除 「〇〇の投稿をすべて非表示」にしたアカウントの非表示を解除する方法を解説します。 LINEのホーム画面から「歯車マーク」をタップし設定画面を開きます。 ここでアカウント名の右側にある「非表示解除」をタップすると非表示設定を解除できます。 非表示にしたり非表示解除をしても相手に通知などが届くことはありません。 ストーリーの投稿方法 ストーリーの見方が分かったので、つぎは投稿する方法について解説していきます。 タイムライン画面の上のほうにある、カメラの丸いアイコンをタップします。 ストーリーの投稿画面が表示されるので、テキストや画像、動画を使って投稿する内容を編集しましょう。 編集が完了したら公開設定で公開する友だちを選択し、投稿ボタンをタップすると、ストーリーが投稿されます。 一度に投稿できる画像は1枚で、動画は15秒までになります。 ストーリーの公開設定 ストーリーの公開設定について解説します。 タイムラインと違いストーリーの公開設定には、全体公開はないので友だち以外に見られることはありません。 ストーリーの公開設定は、公開する友だちを選択して投稿することになるので、見せる相手はしっかり選んで投稿するようにしましょう。 ストーリーの足跡を確認 ストーリーでは、だれが自分の投稿を見たか足跡が分かるようになっています。 タイムライン画面から自分が投稿したストーリーをタップします。 自分の投稿を開くと画面左下のほうに「閲覧(数字)」が表示されています。 この数字から自分の投稿を見た人数を確認することができます。 また、閲覧数のところをタップすると「だれが閲覧したのか」「だれがいいねしたのか」を見ることができます。 ストーリーの削除方法 投稿したストーリーを削除する方法を解説します。 削除したい投稿済みのストーリーを開きましょう。 自分の投稿を開くと画面右上に「・・・」マークがあるのでタップし、画面の下に表示される「削除」をタップすると、ストーリーを削除できます。 「端末に保存」をタップすると、ストーリーの内容を画像ファイルで保存することができます。 タイムライン・ストーリーの通知設定 タイムラインやストーリーの通知設定を解説します。 LINEホーム画面の「歯車マーク」をタップし設定を開きます。 通知オフにしたい場合は「すべての通知」のチェックを外すと、タイムライン・ストーリー関連の通知が一切こなくなります。 関連記事はこちら.

次の

インスタ ダイレクトメッセージについて徹底解説(オンライン機能など)

インスタ ストーリー 通知 オフ

【目次】• 2016年8月に登場して以降、いまや日本でInstagramを使っている約2,900万人のユーザー(2018年9月時点)のうち、70%ほどが利用しているという。 もっとも多いのは13〜18歳のティーン層だが、最近では利用する世代も広がっている。 最近では、Instagramのフィード(ホーム画面のこと)への投稿よりも、もっぱらストーリーズのみを利用するというユーザーも増えている。 その理由のひとつが「24時間」で消えることだ。 この消える機能により、気軽な情報発信手段として利用されている。 そこで今回は、ストーリーズの詳しい機能や使い方、利用方法などを説明する。 左がInstagram、右がFacebookのストーリーズ画面 Instagramの通常投稿が「旅先で見つけた厳選の1枚」、「お気に入りの店や料理」といった、自分の統一した世界観を披露するオフィシャル的な場であるのに対し、ストーリーズはフィードで公開しておくほどではないが、日常の何気ない瞬間を気軽に投稿できるプライベート的な場と言えそうだ。 では、利用者たちはどのようにストーリーズを投稿しているのだろうか? まず、よくある利用シーンを見ていきたいと思う。 フィード画面で「画面収録」をタップし、他人のストーリーズを開くとはじめから収録できる。 Androidの場合 AndroidにはiPhoneのような「画面収録」機能がないため、「PhotoAround」など保存機能のある外部アプリを使って保存することができる。 右下の紙飛行機マークをタップし、フォロワーを選択すればOK。 ここで気をつけておきたいのは「保存した画像や動画の著作権や肖像権はもともとの投稿者にある」ということ。 保存した他人の画像を自分のモノとして投稿する行為や、ほかのSNSやメディア(インターネットでないものも含む)で使うなどの行為は、 著作権の侵害になるので絶対にやめよう。 ハンズフリー ストーリーズで動画を撮る場合、通常は自分でボタンを長押しして撮影しなければならないが、この機能を使うとワンタッチで動画撮影が始まり、もう一度タップすれば撮影を終えることができる。 長押しすると3秒後に撮影が始まる。 ずっとボタンを押しているのが面倒なときや、被写体と一緒に写りたいときにおすすめだ。 画面上部に各種編集メニュー(スタンプ、落書きなど)が並ぶほか、画面を左右にスワイプしてフィルターを適用することができる。 フィルター 撮影した写真や動画にフィルターをかけることができる。 色を変更するには、画面を左右にスワイプさせるだけなので直感的に操作が可能。

次の

インスタグラムの通知を個別にオンオフする方法【特定のユーザー】

インスタ ストーリー 通知 オフ

【目次】• 2016年8月に登場して以降、いまや日本でInstagramを使っている約2,900万人のユーザー(2018年9月時点)のうち、70%ほどが利用しているという。 もっとも多いのは13〜18歳のティーン層だが、最近では利用する世代も広がっている。 最近では、Instagramのフィード(ホーム画面のこと)への投稿よりも、もっぱらストーリーズのみを利用するというユーザーも増えている。 その理由のひとつが「24時間」で消えることだ。 この消える機能により、気軽な情報発信手段として利用されている。 そこで今回は、ストーリーズの詳しい機能や使い方、利用方法などを説明する。 左がInstagram、右がFacebookのストーリーズ画面 Instagramの通常投稿が「旅先で見つけた厳選の1枚」、「お気に入りの店や料理」といった、自分の統一した世界観を披露するオフィシャル的な場であるのに対し、ストーリーズはフィードで公開しておくほどではないが、日常の何気ない瞬間を気軽に投稿できるプライベート的な場と言えそうだ。 では、利用者たちはどのようにストーリーズを投稿しているのだろうか? まず、よくある利用シーンを見ていきたいと思う。 フィード画面で「画面収録」をタップし、他人のストーリーズを開くとはじめから収録できる。 Androidの場合 AndroidにはiPhoneのような「画面収録」機能がないため、「PhotoAround」など保存機能のある外部アプリを使って保存することができる。 右下の紙飛行機マークをタップし、フォロワーを選択すればOK。 ここで気をつけておきたいのは「保存した画像や動画の著作権や肖像権はもともとの投稿者にある」ということ。 保存した他人の画像を自分のモノとして投稿する行為や、ほかのSNSやメディア(インターネットでないものも含む)で使うなどの行為は、 著作権の侵害になるので絶対にやめよう。 ハンズフリー ストーリーズで動画を撮る場合、通常は自分でボタンを長押しして撮影しなければならないが、この機能を使うとワンタッチで動画撮影が始まり、もう一度タップすれば撮影を終えることができる。 長押しすると3秒後に撮影が始まる。 ずっとボタンを押しているのが面倒なときや、被写体と一緒に写りたいときにおすすめだ。 画面上部に各種編集メニュー(スタンプ、落書きなど)が並ぶほか、画面を左右にスワイプしてフィルターを適用することができる。 フィルター 撮影した写真や動画にフィルターをかけることができる。 色を変更するには、画面を左右にスワイプさせるだけなので直感的に操作が可能。

次の