血圧 下値。 血圧が上が80で下が40なんですが、

血圧 下が高い | 血圧 正常値

血圧 下値

就職や転勤で心機一転という方も多いかと思います。 この時期に会社などで必ず行われる行事に「健康診断」がありますね。 40歳を過ぎたくらいから、「高血圧ですね。 再検査しましょう」と言われる人が増えてくるものです。 ほとんどの人は自覚がないので、高血圧だと指摘されると「え、オレが高血圧?」と驚き、うろたえるものです。 高血圧がよくないと言われている理由 高血圧がなぜよくないと言われているのか、知っていますか? 高血圧は「脳溢血」を引き起こす要因とされていたからです。 確かに戦後の日本にとって、脳溢血は死に至る恐ろしい病気でした。 栄養状態が悪く、血管がもろかったため、高い血圧に耐えられず出血を起こしやすかったからです。 しかし、その常識は実は時代遅れのものです。 現代では、脳溢血は激減しています。 栄養状態が改善されて細胞の膜が丈夫になり、血管も強くなりました。 もろく破れやすい血管は、過去のものとなっているのです。 それにもかかわらず、過去のイメージだけが根強く残っており、多くの医師は「高血圧は降圧剤で下げる」という戦後から延々と続く治療を続けています。 なぜなら日本の医師免許は、一度取ったら更新する必要がないからです。 最新の医学を勉強しなくとも、誰も咎めはしません。 さらにここに、商業が絡んでくるから厄介なことになります。 あなたの血圧が、現在では高血圧とされる150だったとしましょう。 その数値は、20年前なら「正常」だったと言うと驚くでしょうか? 多くの人は、「高血圧」と言われて初めて数値を気にするようになります。 以前の基準値がどうだったかは知りません。 そこがねらい目なのです。 トリックがあるのです。

次の

下の血圧が低くなる恐ろしい原因とは?

血圧 下値

血圧が上が80で下が40なんですが、 先日の健康診断で測ったらこの血圧が出ました。 女性30前半です。 年一回検診で前回までは大体低くても90後半くらいはいっていたと思います。 これって明らかに低血圧なのはわかるのですが、なんか余りにも低くないか?と自分で気持ち悪いです。 この位の血圧のかたっていらっしゃいますか。 自分も朝は弱い、冷え性くらいの症状がありますがまあ普通に会社にはいっております。 補足同じ血圧の方おられるのを知り安心しました。 ありがとうございます!大病も経験なく病院通もなく通常に生活できてますがまあ疲れ易いはあります。 出産歴、運動歴も無です。 脈拍も異常値でたことないです。 思い当ることは最近やめたのですがえせベジタリアンみたく20年位肉魚一切食べないという食生活した位でしょうか(関係ねー?ですかね・・)内分泌系の異常も有ですか。 ご意見参考にチェックしてみます。 ありがとございますw 私は、いつもは上90で下50位です。 もうずっと何十年と変わりませんでした。 それが、この前入院した時に上60って時があったらしく、看護士さんが驚いていました。 その時は「トイレに行く時は気を付けて」や「気分が悪くなったら直ぐ言って」と言われた のですが、特に体調が悪い訳でもなかったです。 なので、売店に買い物に行ったり他の部屋の患者さんとお喋りしたりしていました。 部屋に戻ると、帰宅を確認され「あちこち歩き回らないで!」と注意されたのですが、 その時に測ったら上80下40に上がっていて、看護士さんは「動き回ったから上がったの かしら?」で終りでした。 出血も無いし薬の副作用でもないし、何だったのでしょうね??.

次の

高血圧に悩まされています。特に下の血圧が高いです。毎回105前後あります。あ...

血圧 下値

収縮期血圧が140 mmHg以上または拡張期血圧が90 mmHg以上であれば「高血圧」とみなされ、改善が求められる。 一方、低血圧には明確な判定基準はなく、一般的には収縮期血圧が100 mmHg未満の時に「低血圧」と呼ばれている。 低血圧が疑われる症状は、全身の倦怠感をはじめ、めまい、立ちくらみ、頭重感など。 血圧が低いと脳への酸素供給量が減少し、いわゆる脳貧血の状態になりやすいためだ。 早朝の低血圧では、寝起きが悪いという症状も出やすい。 また、普段は血圧が正常範囲内でも、例えば椅子から立ち上がった時や、横になった状態から起き上がった時などに脳貧血を起こして急にふらついてしまうのは、「起立性低血圧」の症状。 起立後3分以内に収縮期血圧が20 mmHg以上下がる場合にそう呼ばれる。 治療の要否は、血圧の値だけでは決められない 慶應義塾大学医学部総合診療科講師の平橋淳一氏は、「診察に当たっては、単純に血圧の値だけで判断するのではなく、全身の倦怠感やめまいなど、症状の有無から治療すべき低血圧かどうかを判断しています」と話す。 「例えば、20~30代の若い人では収縮期血圧が80~90 mmHgと低い人も多く見られます。 通常、年齢とともに血圧は上がっていきますが、中高年でも血圧がもともと100 mmHg以下と低い人もいます。 いずれも、症状がなければ治療対象とはしません。 一方で症状が顕著な場合には、虚血性心疾患や不整脈、神経・内分泌疾患などが潜んでいることがあるため検査が必要です」(平橋氏) FEATURES of THEME テーマ別特集• 激痛に襲われる「急性膵炎」や、発見しにくく5年生存率が極めて低い「膵がん」など、膵臓の病気には厄介なものが多い。 今回は、膵臓という臓器の役割や、膵臓の代表的な病気である「膵炎」「膵がん」の怖さ、早期発見のコツをまとめていく。 中高年にさしかかった男性にとって、病気が心配になる臓器の1つが「前立腺」だ。 前立腺の病気のツートップ、前立腺肥大症と前立腺がんは、いずれも中高年になると急増する。 前立腺肥大症は夜間頻尿などの尿トラブルの原因になり、前立腺がんは、進行が遅くおとなしいがんと思われているが、骨に転移しやすいという特徴があり、怖い一面もある。 今回のテーマ別特集では、前立腺の病気の症状から、具体的な治療法までを紹介していこう。 健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。 異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。 数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。 では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。 今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

次の