元谷友貴 高校。 堀口恭司の経歴・生い立ちは?年収や空手流派も調査!

朝倉未来の所属ジムや出身中学や高校は?カッコイイ入場曲についても

元谷友貴 高校

人気NO・1力士は誰だ? 今年も大相撲総選挙を実施します。 photo• 相撲・格闘技 元稀勢の里の荒磯親方、栃煌山は「大関の力あった」 []• ボクシング [7月16日 11:06]• 大相撲 [7月16日 8:54]• 大相撲 [7月16日 6:02]• 大相撲 [7月15日 20:29]• 大相撲 [7月15日 20:29]• 大相撲 [7月15日 19:29]• 大相撲 [7月15日 19:24]• ボクシング [7月15日 18:18]• 大相撲 [7月15日 17:41]• 大相撲 [7月15日 15:12]• 大相撲 元稀勢の里の荒磯親方、栃煌山は「大関の力あった」 []• 大相撲 [7月16日 8:54]• 大相撲 [7月16日 6:02]• 大相撲 [7月15日 20:29]• 大相撲 [7月15日 20:29]• 大相撲 [7月15日 19:29]• 大相撲 [7月15日 19:24]• 大相撲 [7月15日 17:41]• 大相撲 [7月15日 15:12]• 大相撲 [7月15日 15:10]• 大相撲 [7月15日 14:21]• プロレス Tiktokで大人気の世志琥が2冠「ついてこい」 []• プロレス [7月14日 0:39]• プロレス [7月13日 16:48]• プロレス [7月13日 0:51]• プロレス [7月13日 0:01]• プロレス [7月13日 0:00]• プロレス [7月12日 8:38]• プロレス [7月11日 21:34]• プロレス [7月11日 21:29]• プロレス [7月11日 19:23]• プロレス [7月11日 10:01]• ボクシング 井上浩樹、清水聡ら計量パス PCR検査も実施 []• ボクシング [7月16日 11:06]• ボクシング [7月15日 18:18]• ボクシング [7月14日 11:24]• ボクシング [7月13日 22:19]• ボクシング [7月12日 18:28]• ボクシング [7月12日 17:59]• ボクシング [7月12日 15:30]• ボクシング [7月12日 14:41]• ボクシング [7月11日 18:22]• ボクシング [7月11日 16:30]•

次の

堀口恭司、元谷友貴に貫禄勝ち「もっと強くなる」

元谷友貴 高校

来歴 [ ] 格闘技を始める前はとを経験し、サッカーでは石川県代表に選出された。 18歳の頃に石川県加賀市の道場でを学び、その後、クラブ・バーバリアンでを始め、アマチュア総合格闘技で試合経験を積んだ。 2011年5月22日、アマチュアトーナメント-65 kg級で優勝した。 2011年7月10日、名古屋大会にてプロデビュー。 石田ガリット勝也と対戦し、フックの連打によりTKO勝利。 2012年3月25日、初代DEEPフライ級王者決定トーナメント1回戦で崎村暁東にアームロックで一本勝ち。 7月22日、準決勝で加藤直之に判定勝利。 決勝戦では木部亮に18秒でパウンドによりTKO勝利。 DEEP最年少となる22歳での王座獲得に成功した。 2013年8月25日、DEEP 63のDEEPフライ級タイトルマッチで挑戦者のと対戦し、判定負けを喫し王座陥落した。 2013年12月22日、DEEP 64でフライ級キング・オブ・パンクラシストのと対戦し、判定勝利。 2014年3月20日、DEEP 65で元DEEPバンタム級王者のと対戦し、判定勝利。 2014年6月22日、DEEP 67で元DEEPバンタム級王者のと対戦し、腕ひしぎ十字固めにより一本勝ち。 2014年8月23日、DEEP 68のDEEPフライ級タイトルマッチで王者の和田竜光と再戦し、リアネイキドチョークにより一本勝ちを収め、王座獲得に成功すると共にリベンジにも成功した。 2014年12月31日、で元RFAフライ級王者のマット・マンザナレスと対戦し、マウントパンチでTKO勝利。 2015年10月17日、DEEP73のDEEPフライ級タイトルマッチで挑戦者の小島壮太と対戦し、5-0で判定勝ちを収め王座の初防衛に成功した。 2015年12月29日、初出場となったでフェリペ・エフラインと対戦。 左フックによりKOされるが、相手選手が前日計量で体重超過をしたため無効試合裁定となった。 2016年4月17日、でアラン・ナシメントと対戦予定であったが、元谷が前日の計量で契約体重をオーバーし体重が落ちず体調不良のため医師の診断を受けたところ、ドクターストップで試合中止となった。 2016年4月23日、DEEPフライ級王座を返上。 2016年10月18日、 DEEP CAGE IMPACT 2016にてと対戦し、3-0の判定勝利。 2016年12月29日、にてアラン・ナシメントと対戦し、2-1の判定勝利。 2017年4月16日、にてと対戦し、3-0の判定負け。 その後、シュートボクセ・アカデミー所属の対戦相手だったフェリペ・エフラインやアラン・ナシメントの縁から、へ武者修行。 所属がフリーとなる。 2018年8月12日、にて、など三冠の祖根寿麻と対戦し、リアネイキドチョークで一本勝利。 2018年10月27日、DEEP 86のDEEPバンタム級王座決定戦でと対戦し、リアネイキドチョークにより勝利し王座獲得に成功。 DEEP2階級制覇となった。 2018年12月31日、にて元UFCファイターのと対戦し、 変形三角絞め で一本勝利。 2019年3月9日、DEEP 88のDEEPバンタム級タイトルマッチにて挑戦者のと対戦。 2Rにハイキックによりダウンするが、3Rにパウンドで盛り返すも、2-3の判定負けにより王座から陥落した。 2019年7月28日、にてと対戦。 テイクダウンを奪われ主導権を握られ、3Rに打撃戦を展開し巻き返すも、1-2の判定負け。 2019年12月31日、のとの対抗戦にてと対戦。 フロントチョークで一本負け。 2020年3月1日、DEEP 94 IMPACTにてと対戦。 終始スタンドで大塚を上回り3-0の判定勝利を収めた。 第8回中部アマ修斗フレッシュマントーナメント ライト級 優勝(2010年)• アマチュアシュートボクシングトーナメント -65 kg級 優勝(2011年)• 初代王座(2012年)• 第3代DEEPフライ級王座(2014年)• 第7代王座(2018年) 脚注 [ ]• The wild side of the DEEP• FIGHTS SPIRAL• DEEP初代フライ級王者決定トーナメント決勝ラウンド 試合結果• バウトレビュー• イーファイト• イーファイト• バウトレビュー• BOUTREVIEW• RIZINFF• イーファイト• ゴング格闘技• MMAPLANET• イーファイト• イーファイト 2020年1月1日閲覧• GONG 2020年3月1日• アマチュア X-SHOOTO 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• 前王者 王座新設 初代王者 2012年7月22日 - 2013年8月25日 次王者 前王者 第3代王者 2014年8月23日 - 2016年4月23日 空位 次タイトル獲得者 空位 前タイトル保持者 第7代王者 2018年10月27日 - 2019年3月9日 次王者.

次の

[インタビュー]元谷友貴、堀口相手に大物食い宣言!!

元谷友貴 高校

来歴 [ ] 父親の影響で5歳からを始め、プロ格闘家になった現在でも続けている。 高校の時に、などを見て、に憧れ、高校卒業と同時に山本徳郁のジム・に入門し、となる。 12月20日、第6回東日本アマチュアオープントーナメント・フェザー級(-60 kg)に出場、優勝を果たしプロへ昇格した。 5月9日、プロデビュー戦となった修斗2010年度新人王決定トーナメント・フェザー級(-60 kg)2回戦(1回戦はシード)で川名蘭輝と対戦し、3-0の判定勝ちを収めた。 12月18日、修斗2010年度新人王決定トーナメント・フェザー級(-60 kg)決勝で赤尾セイジと対戦し、スタンドパンチによるKO勝ちを収め、2010年度の修斗新人王となった。 9月23日、修斗で直撃我聞と対戦し、右ストレートでダウンを奪ったところにパウンドで追撃しKO勝ち。 デビュー以来6連勝および5戦連続KO勝ちとなった。 1月8日、修斗で元王者と対戦し、寝技や組技への対応も見せるも0-2の判定負け。 プロ7戦目での初黒星となった。 3月10日、修斗でと対戦し、パウンドでKO勝ち。 7月16日、修斗でと対戦。 1、2Rは打撃で優勢に立ち、3Rは井上の寝技の前に劣勢になるも、判定勝ち。 12月24日、でバンタム級王者のイアン・ラブランドと対戦し、判定勝ち。 3月16日、修斗世界フェザー級(-60 kg)チャンピオンシップで王者と対戦し、寝技が得意な扇久保相手に2Rにを極めて一本勝ちを収め王座獲得に成功した。 試合後には「修斗は踏み台。 もっと上の舞台でやりたい。 やっぱりに出たいですね」とUFC参戦を希望した。 6月22日、でバンタム級キング・オブ・のと対戦。 接戦を制して5RKO勝ち。 UFC [ ] 9月14日、が堀口の参戦を正式発表。 10月19日、でダスティン・ペイグと対戦し、2RTKO勝ち。 UFC初戦をKO勝ちで飾った。 2月1日のでと対戦予定であったが、自身の負傷により欠場。 5月10日、階級をフライ級に落としたでフライ級ランキング15位のダレル・モンタギューと対戦し、判定勝ち。 9月20日、日本で開催されたでジョン・デロス・レイエスと対戦し、1RTKO勝ち。 1月3日、にてルイス・ゴーディノと対戦し判定勝ち。 UFC4連勝を飾った。 4月25日、で行われたUFC世界フライ級タイトルマッチで王者と対戦し、試合終了1秒前にで自身初の一本負けを喫し、王座獲得に失敗した。 9月27日、でフライ級ランキング13位のチコ・ケイマスと対戦し、判定勝利。 10月20日、修斗世界フェザー級(-60 kg)王座を返上。 1月11日、練習環境を考慮した結果KRAZY BEEからアメリカの名門ジム、に移籍。 11月19日、でフライ級ランキング8位のと対戦し、判定勝ち。 RIZIN [ ] 2月20日、UFCとの契約満了後に契約を更新せずフリーエージェントとなっていた堀口は、に参戦することが発表された。 RIZIN参戦については「単純に日本を盛り上げるために帰ってきました」と話し、UFCで組まれる試合数が希望より少なかったことに対する不満も述べている(但し堀口がUFCで行っていた年間2試合から3試合はUFCの平均的な試合数である)。 4月16日、RIZIN初戦となったでと対戦し、3-0の判定勝ち。 7月30日、のバンタム級トーナメント1回戦でと対戦し、長い距離を一気にステップインすると右フックを当てダウンを奪ってから追撃のパウンドでKO勝ち。 12月29日、のバンタム級トーナメント2回戦でガブリエル・オリベイラと対戦し、左フックでTKO勝ち。 12月31日、のバンタム級トーナメント準決勝でと対戦し、3Rに肩固めで一本勝ち。 続く決勝戦でと約4年半ぶりに再戦し、右フックでKO勝ち。 トーナメント優勝を果たした。 5月6日、でと対戦し、試合開始9秒で左フックによりKO勝利を収めた。 7月29日、で世界王者・と約5年ぶりに再戦し、3-0の判定勝ち。 9月30日、でとRIZINキックボクシングルールで対戦。 初のキックボクシングルールでの試合となったが熱戦を演じ、0-3の判定負け。 12月31日、で世界バンタム級王者とRIZIN初代バンタム級王座決定戦で対戦し、3Rにギロチンチョークで一本勝ち。 初代RIZINバンタム級王者となった。 4月18日、に動画が投稿され「今日からYouTubeを始めることになりました。 皆さんよろしくお願いします。 」ととしての抱負などを語った。 4月21日、で元フライ級8位のベン・ウィンと対戦し、ウィンが強引に詰めて来たところへ右のカウンターを合わせてダウンを奪い、立ち上がった相手に打撃で追い討ちをかけて1RKO勝ち。 Bellator世界王座獲得 [ ] 6月14日、・ので開催されたBellator 222で、の持つBellator世界バンタム級王座に挑戦した。 前年大晦日の以来約半年ぶりの再戦となった本試合では、アマチュアレスリングをバックグランドに持つコールドウェル対策としてテイクダウンを仕掛けられてもケージにもたれかかり背中をマットに付かせないようにし、上のポジションを取ってもほぼしがみつくだけのコールドウェルに下から細かいパンチをコツコツと当ててポイントを重ね、3-0(49—46、49—46、48—47)の判定勝ちを収め王座獲得に成功、日本人初のBellator王者となった。 8月18日、でと対戦。 試合開始直後右ストレートを放ったところに右のカウンターを合わされ、そのまま朝倉のラッシュを止める事が出来ず最後はロープ側でよろめいたところに再び右ストレートを受け、キャリア初のKO負け。 実に4年ぶりの黒星となった。 11月14日、にてRIZINバンタム級タイトルマッチで朝倉海と再戦を行う予定であったが、自身の右膝とで全治10ヶ月の診断が出た事により欠場・中止となったことが発表され 、28日付でRIZINバンタム級王座とBellator世界バンタム級王座を返上した。 11月7日、怪我の手術を米・フロリダの病院にて行った。 人物・エピソード [ ]• が趣味であり、特にルアー釣りが好きとの事。 も趣味であり、一人でキャンプをする事が多いという。 尊敬する選手には師のを挙げており、山本が自身よりも大きい選手をKOする姿に憧れたという。 UFCの中で好きな選手にはを挙げている。 第6回東日本アマチュアオープントーナメント 優勝(2009年)• 修斗フェザー級新人王(2010年)• 第9代修斗世界フェザー級王座(2013年)• ワールドグランプリ トーナメント優勝(2017年)• 初代RIZINバンタム級王座(2018年)• 第7代世界バンタム級王座(2019年) 表彰 [ ]• 黒帯二段• 新人王MVP(2010年) 入場テーマ曲 [ ]• Run This Town - ( feat. My Time - ft. Jeremih 脚注 [ ]• 当時はフェザー級(-60kg)王座。 2017年1月よりバンタム級に名称を変更。 eFight 2016年11月7日• 2013年11月27日• SHOOTO NEWS 2009年12月22日• 格闘技ウェブマガジンGBR 2010年12月18日• 格闘技ウェブマガジンGBR 2011年9月23日• 格闘技ウェブマガジンGBR 2012年1月8日• 格闘技ウェブマガジンGBR 2012年3月10日• eFight 2013年3月16日• eFight 2013年10月10日• 2015年10月27日• Dropkick 2016年1月8日• 『』vol. 64 p30• eFight 2017年2月22日• 2017年12月30日• 2018年7月29日. 2018年7月30日閲覧。 2019年6月3日閲覧。 RIZIN公式サイト 2019年4月21日• 2019年6月15日• RIZIN公式サイト 2019年8月18日• RIZIN公式サイト 2019年11月14日• RIZIN公式サイト 2019年11月28日• HP 2019年11月14日• Dropkick 2014年5月22日• MMAPLANET 2013年11月1日• スポーツナビ 2013年10月10日 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• kyoji1012 -• kyoji1012 -• (英語)• (英語)• (英語)• - (英語) 前王者 第9代世界王者 2013年3月16日 - 2015年10月20日(返上) 空位 次タイトル獲得者 前王者 王座新設 初代バンタム級王者 2018年12月31日 - 2019年11月28日(返上) 空位 次タイトル獲得者 前王者 第7代世界バンタム級王者 2019年6月14日 - 2019年11月28日(返上) 空位 次タイトル獲得者.

次の