炎炎 ノ 消防 隊 ジョーカー。 炎炎ノ消防隊・ジョーカーの正体は何者?黒幕説と能力・目的についても考察

【炎炎ノ消防隊】「蟲(むし)」って何のこと?各組織に深く関係している最重要キーワード「蟲」について徹底解剖!

炎炎 ノ 消防 隊 ジョーカー

Contents• 開戦! 〈炎炎ノ消防隊127話より引用〉 ジョーカーが隊長を 紅丸は残り全部を相手することに。 半分ずつじゃねぇのか と、不満そうな反応を見せる紅丸でしたが、隊長以外の奴らでも十分に強いことを知るとやる気満々になります。 〈炎炎ノ消防隊127話より引用〉 暗部の奴らは謎の武器を使って攻め込んできます。 しかし、紅丸との力の差は歴然でした。 〈炎炎ノ消防隊127話より引用〉 多数を相手にした戦いでしたが、紅丸が颯爽と敵を蹴散らしていきます。 しかし 暗部たちは、やられてもやられても どんどん攻め込んできます。 〈炎炎ノ消防隊127話より引用〉 腕を折られても痛がる素振りは見せず、その腕を使って攻撃し続けます。 暗部たちには、感情というものはないのでしょうか… とにかく相手を倒すためのマシーンかのように戦ってきます。 そんな相手の姿勢に少し戸惑いを見せる紅丸ですが、トドメを刺しに行きます。 〈炎炎ノ消防隊127話より引用〉 さすがに… これで決着がついただろう… そう思われましたが それでも暗部たちは立ち上がり、戦う姿勢を見せてきます。 こいつら… 相手を倒すか 自分の命が果てるか 決着がつくまで戦い続けるよう訓練を受けているようです。 人というよりもマシーンですね。 暗部…恐ろしい… ジョーカーVS隊長 〈炎炎ノ消防隊127話より引用〉 ジョーカーと隊長 バチバチと火花が散ってますね というか、ジョーカーが一方的に煽ってるように見えますがw さぁ、ジョーカーにとっては積年の恨みを晴らす機会です。 決着つけちゃってください! まずはジョーカーがトランプを使って攻撃をしかけますが、隊長は謎の武器を使ってかわします。 〈炎炎ノ消防隊127話より引用〉 この武器は、剣が部分的に分かれていて、ロープのようにクネクネと自在に動かせるようになっています。 イメージとしては BLEACHに出てくる、阿散井恋次が使っていた斬魄刀と一緒ですね。 なるほど、確かに剣の動きが蛇っぽい 隊長は、この蛇腹剣と炎の能力を組み合わせて攻撃をしかけてきます。 〈炎炎ノ消防隊127話より引用〉 不規則な動きをする蛇腹剣の攻撃をかわすのは至難の業です。 ですが、ジョーカーはそれらの攻撃を身をかわしながらよけていきます。 しかし、この攻撃の本質は剣による物理攻撃だけではありません。 たとえ剣の攻撃をかわせたとしても、それをまとう炎によりダメージを避けることは難しいようです。 〈炎炎ノ消防隊127話より引用〉 剣を避けても、炎にやられる… てことは… 絶対にやられるじゃん!! 超無敵です。 隊長、最強ですw 隊長が繰り出す攻撃によりジョーカーは、少しずつダメージが蓄積していきます。 そして 隊長は必殺技を繰り出します。 〈炎炎ノ消防隊127話より引用〉 蛇腹万刃乱万刃!! (ジャバラバンバラバンバ) もう一度言います。 蛇腹万刃乱万刃!! (ジャバラバンバラバンバ) 何度でも言いたくなるような技名ですw (隊長が自分で考えたのかな…?) これによってジョーカーは、かなりのダメージを負ってしまいました。 攻撃をくらって動けなくなっているジョーカー 隊長は、ジョーカーを頭を踏みつけます。 ジョーカーの顔は地面にこすりつけられています。 とても屈辱的な画です。 〈炎炎ノ消防隊127話より引用〉 これで決着がついてしまったのか… ジョーカーは何もできないまま負けてしまうのか… しかし、ここからジョーカーの反撃が始まります。 〈炎炎ノ消防隊127話より引用〉 隊長に頭を踏みつけられ、罵声を浴びせられたジョーカーは過去の屈辱を思い出したのか。 理性が飛んでしまっているようにも見えます。 〈炎炎ノ消防隊127話より引用〉 次号ではジョーカーの反撃開始です! 127話まとめ&感想! 蛇腹万刃乱万刃!! (ジャバラバンバラバンバ) もうね、何回でも言いたいですw そして、蛇腹剣カッコいいですね 炎と組み合わせることで無敵の武器へと変化します。 ジョーカーが隊長を倒すためには、この蛇腹剣をどう攻略するかがポイントになりますね。 それにしても 紅丸の強さはさすがでした! クールに敵を一掃していく姿が惚れ惚れします。

次の

炎炎ノ消防隊・ジョーカーの正体は何者?黒幕説と能力・目的についても考察

炎炎 ノ 消防 隊 ジョーカー

ジョーカーは元聖陽教会の人間だという事が判明しています。 聖陽教とは、炎炎ノ消防隊の舞台である、皇国(東京皇国)の国教であり、国民は基本的にこの宗教に属している設定になります。 「皇国と太陽神に忠誠を誓う」こととされています。 その教会を聖陽教会と言います。 聖陽教会には「表」と「裏」があり、ジョーカーが属していたのは、隠密暗殺部隊になる「裏」の教会になります。 表に属しているのは、アイリスのような人物です。 聖陽教会にとって都合が悪いことが起きると暗部が裏で動き、隠密行動で抹消する掃除屋みたいな部隊にジョーカーは属していました。 ストーリーの中でも、ちらもほらジョーカーは聖陽教会について詳しい節があったので納得ですね。 しかし、聖陽教会の暗部では、厳しい訓練などが行われ、到底人間としての扱いを受けていなかったため、「 この世界はクソだ」と思い、逃げ出します。 世界の真実を知るために行動し、物語でも登場することとなります。 裏の聖陽教会でのジョーカーの呼び名は52 ファイブツー。 これはジョーカーを除いたトランプの枚数になります。 トランプの枚数=裏の聖陽教会を意味しており、そこから真実を知るために飛び出したため、トランプ52枚に属さない「ジョーカー」と名乗っているのだと思われます。 では、立場的には作中ではどんな存在なのでしょうか。 黒幕説と能力・目的について 「炎炎ノ消防隊」で、何やら黒幕(?)の一味っぽいキャラ登場で、ホントに焔人事件と何の関係があるんだろう?そいつらが操ってる事なのか?それに、死んでしまった筈の弟が実は生きているって…?(確かに主人公のシンラには、「皆焼けて遺体すら残らなかった」って伝えられてたし…) — おとや Otoya1456 ジョーカーの能力は手元にある52枚のカードを使って攻撃を繰り出します。 原作中では、裏の聖陽教会・暗部の隊長と戦うシーンで、 「俺は深夜の思想家で、喫煙家で…」と発言すると、隊長の周りにたくさんのジョーカーが現れます。 このジョーカーは分身したのではなく、、ジョーカーが吸っていた煙草の作用で隊長に幻覚を見せるという技を使えます。 ジョーカーが吸っていた煙草には幻覚作用を起こす煙が含まれています。 ただ、これ以外の能力としては、砂や煙を操り炎を生み出したりする程度で目立った攻撃方法はありません。 また、第何世代なのかも明かされていません。 第2世代以上であることは間違いありません。 ただ、予想では恐らく、もっと強力な能力を隠しているように思えます。 今後の活躍に期待ですね。 また、ジョーカーは黒幕ではないかという説もあります。 ストーリーに中では、暗部の隊長を倒したジョーカーの前に姿を現したのは第1特殊消防隊の大隊長 レオナルド・バーンズでした。 バーンズは聖陽会の表と裏を繋ぐ働きを担っており、そこで当時52と呼ばれていたジョーカーと関係性があります。 この関係性を考えても、ジョーカーは個人で動いているキャラクターであるゆえ、真実を確かめる事に重きを置いています。 もしかすると、話の展開によってはシンラやバーンズとも対立する存在となり、黒幕のような立場になるかもしれません。 仲間にも敵(黒幕)でも状況次第で信念を貫くのが、ジョーカーの本質だと思います。 よって、ジョーカーの目的は炎炎ノ消防隊で起こる全ての現象の真実を知る事です。 なぜ人体発火現象が発生し、焔ビトが生まれるのか。 なぜ国民は全て聖陽教 を進行するように仕向けられいるのか(聖陽教会以外の宗教がないことの意味)• 聖陽会にはなぜ暗部が存在しなければならないのか など、真実を知りたい一心だと思います。 それ故、世代の中でも異端であるシンラに近づき物語の鍵を握る情報を流したりしているのだと思います。 まとめ 今回は炎炎ノ消防隊・ジョーカーの正体・能力について紹介し、目的を考察しました。 見た目や行動からも謎が多いですが、それ故ファンも多いキャクターです。 今後の動向が気になりますね。 果たして味方になるのか、敵になるのか気になるところです 個人的には味方になりそうな予感ですが、わかりませんね。

次の

炎炎ノ消防隊179話のネタバレ予想!ジョーカーと共に地下へ潜入?

炎炎 ノ 消防 隊 ジョーカー

ジョーカーは元聖陽教会の人間だという事が判明しています。 聖陽教とは、炎炎ノ消防隊の舞台である、皇国(東京皇国)の国教であり、国民は基本的にこの宗教に属している設定になります。 「皇国と太陽神に忠誠を誓う」こととされています。 その教会を聖陽教会と言います。 聖陽教会には「表」と「裏」があり、ジョーカーが属していたのは、隠密暗殺部隊になる「裏」の教会になります。 表に属しているのは、アイリスのような人物です。 聖陽教会にとって都合が悪いことが起きると暗部が裏で動き、隠密行動で抹消する掃除屋みたいな部隊にジョーカーは属していました。 ストーリーの中でも、ちらもほらジョーカーは聖陽教会について詳しい節があったので納得ですね。 しかし、聖陽教会の暗部では、厳しい訓練などが行われ、到底人間としての扱いを受けていなかったため、「 この世界はクソだ」と思い、逃げ出します。 世界の真実を知るために行動し、物語でも登場することとなります。 裏の聖陽教会でのジョーカーの呼び名は52 ファイブツー。 これはジョーカーを除いたトランプの枚数になります。 トランプの枚数=裏の聖陽教会を意味しており、そこから真実を知るために飛び出したため、トランプ52枚に属さない「ジョーカー」と名乗っているのだと思われます。 では、立場的には作中ではどんな存在なのでしょうか。 黒幕説と能力・目的について 「炎炎ノ消防隊」で、何やら黒幕(?)の一味っぽいキャラ登場で、ホントに焔人事件と何の関係があるんだろう?そいつらが操ってる事なのか?それに、死んでしまった筈の弟が実は生きているって…?(確かに主人公のシンラには、「皆焼けて遺体すら残らなかった」って伝えられてたし…) — おとや Otoya1456 ジョーカーの能力は手元にある52枚のカードを使って攻撃を繰り出します。 原作中では、裏の聖陽教会・暗部の隊長と戦うシーンで、 「俺は深夜の思想家で、喫煙家で…」と発言すると、隊長の周りにたくさんのジョーカーが現れます。 このジョーカーは分身したのではなく、、ジョーカーが吸っていた煙草の作用で隊長に幻覚を見せるという技を使えます。 ジョーカーが吸っていた煙草には幻覚作用を起こす煙が含まれています。 ただ、これ以外の能力としては、砂や煙を操り炎を生み出したりする程度で目立った攻撃方法はありません。 また、第何世代なのかも明かされていません。 第2世代以上であることは間違いありません。 ただ、予想では恐らく、もっと強力な能力を隠しているように思えます。 今後の活躍に期待ですね。 また、ジョーカーは黒幕ではないかという説もあります。 ストーリーに中では、暗部の隊長を倒したジョーカーの前に姿を現したのは第1特殊消防隊の大隊長 レオナルド・バーンズでした。 バーンズは聖陽会の表と裏を繋ぐ働きを担っており、そこで当時52と呼ばれていたジョーカーと関係性があります。 この関係性を考えても、ジョーカーは個人で動いているキャラクターであるゆえ、真実を確かめる事に重きを置いています。 もしかすると、話の展開によってはシンラやバーンズとも対立する存在となり、黒幕のような立場になるかもしれません。 仲間にも敵(黒幕)でも状況次第で信念を貫くのが、ジョーカーの本質だと思います。 よって、ジョーカーの目的は炎炎ノ消防隊で起こる全ての現象の真実を知る事です。 なぜ人体発火現象が発生し、焔ビトが生まれるのか。 なぜ国民は全て聖陽教 を進行するように仕向けられいるのか(聖陽教会以外の宗教がないことの意味)• 聖陽会にはなぜ暗部が存在しなければならないのか など、真実を知りたい一心だと思います。 それ故、世代の中でも異端であるシンラに近づき物語の鍵を握る情報を流したりしているのだと思います。 まとめ 今回は炎炎ノ消防隊・ジョーカーの正体・能力について紹介し、目的を考察しました。 見た目や行動からも謎が多いですが、それ故ファンも多いキャクターです。 今後の動向が気になりますね。 果たして味方になるのか、敵になるのか気になるところです 個人的には味方になりそうな予感ですが、わかりませんね。

次の