承知 しま した。 「承知いたしました」「かしこまりました」「承りました」の意味と使い方とは【ビジネス用語】

「承知しました。」に関連した英語例文の一覧と使い方

承知 しま した

了解・了承・承知・承諾は、相手の言うことや事情を理解して、受け入れたり、許したりすることをいうが、ニュアンスが異なる。 了解の「了」と「解」は、いずれも「よく分かる」「悟る」という意味。 了解は物事の内容や事情をはっきり理解することを意味し、単に言葉の意味が分かるという意味でも使う。 そのため、相手の事情などを理解し認める意味で用いる場合も、「理解」に重点が置かれる。 了承は了解と同じく事情を理解して認めることだが、「承」は「承る(うけたまわる)」「受け入れる」という意味で、了解よりも「受け入れる」「認める」という意味に重点が置かれる。 「何卒ご了承ください」「上司の了承を得る」のように、相手に理解を求め受け入れてもらうことには、「了承」を使うのが正しく、「了解」では不自然になる。 承知は相手の依頼や要件を聞き入れることを意味する。 「事前に承知しておきたい」「百も承知」と使うように、事情などを知ることや、知っていることが原義であるため、「知る」「聞く」に重点が置かれる。 承諾と同じ意味で承知を使うこともあるが、承知は聞き入れることで、承諾は承知して引き受けることである。 聞き入れるは、発言を聞き、そのようにする意味。 引き受けるは、自分が責任をもつことや、保証する意味。 つまり、承諾は認めるだけでなく、承知した人が責任を持ったり、保証することを意味する。

次の

「了解しました」の正しい使い方

承知 しま した

このライフレシピのもくじ 【】• ビジネスシーンのなかでメールやビジネス文書など、言葉を使う機会というのは大変多いかと思います。 そのなかで、丁寧に、そして失礼がないようにという気遣いから逆に不自然な言葉使いになってしまい、相手の方に意図していない印象を与えてしまったという経験はありませんか? 私もかつて、上司に認識しておいて欲しい報告をメールでした際に「ご承知(しょうち)おき下さい」という表現を使い、指摘を受けた経験があります。 「承知しました」は目上の人によく使う表現ですが、逆に「ご承知おき下さい」という表現は目上の人に使う言葉としては適切ではなかったのかもしれません。 ここでは、「承知」の意味と合わせて「ご承知おき下さい」の使い方についてご説明します。 そもそも「承知」に「ご」をつけるのは正しい? 「承知」は謙譲語となるため、「ご」をつけてしまうと、謙譲の二重表現となってしまいます。 そのため、「ご承知おき下さい」は日本語として正しくない表現となるので、目上の人に対して使用するのは控えるようにしましょう。 また「承知おき下さい」だと、「知っておいて下さい」という命令調の印象も与えてしまいます。 「ご承知おき下さい」の言い換え表現は? では、「ご承知おき下さい」を使いたい時に、どういった表現で言い換えればいいのでしょうか。 例えば、• 保証期間は下記のようになりますので、ご承知おき下さい。 といった文の場合、• 保証期間は下記のようになりますので、何卒お願い致します。 と言い換えることが可能です。 他にも、• 件の企画書を提出しておきましたので、ご承知おき下さい。 といった上司への報告メールの場合、• 件の企画書を提出しておきましたので、お含みおきください。 と言い換えることが可能です。 「ご了承下さい」は言い換えとして合ってる? 「承知」という言葉は「知っているか否か」を主題としていますが、「了承」は「納得するか否か」を主題としています。 そのため、「ご了承下さい」では「ご承知おき下さい」の言い換えとして ニュアンスが異なってしまうので、目上の人に使う場合はちゃんと使い分けるようにしましょう。 もし「ご承知おき下さい」を使ってしまっても、はっきりと「間違っているぞ!」と指摘されることはないと思いますが、相手に違和感や不快感を与えないためにも、日本語表現に気を遣い、言い換えを心がけるようにしましょう。 image by.

次の

上司からの指示を受けたとき、「承知しました。」or「了解しま...

承知 しま した

こんにちは、ライターの菊池()です。 人物紹介:菊池良 株式会社LIGに所属するライター。 ブログ記事の企画・執筆を担当している。 わずかに「承知しました」の方が多いですね。 この2つの言い回しですが、 「了解しました」よりも「承知しました」を使う方が正しい、とよく言われています。 僕がこれを初めて知ったとき、強い違和感を覚えました。 理由は• 「了解しました」をよく使っていた• 日常でもビジネスでも「承知しました」を使っている人を見たことがなかった• ある日、急に言われ始めた からです。 「承知」が日常的な言い回しではなかったので、気になったんですね。 そこで調べてみたところ、 いつから言われ始めて、どういう経路で定着したのかがある程度わかりました。 「了解」よりも「承知」が正しいと言われ始めたのは2011年 まず、Web上でいつから言われ始めたのかを調べました。 きっかけとなったのは以下の記事と思われます。 (2011年) さらに以下の記事が、はてなブックマークもたくさん付いていて、多くの人に読まれたであろうことがわかります。 (2012年)• (2013年) さて、2011年の記事は、個人ブログに書かれたものなのですが、元ネタがあります。 ジャーナリスト、ライターの藤田英時さんが執筆しています。 パソコンや英会話関係の本をメインに書いている方です。 藤田さんは2010年に 『メール文章力の基本』という書籍を出版しており、それで声がかかったのだと思われます。 「了解」を不適切とした『メール文章力の基本』 この本はビジネスにおけるメールのマナーについて書かれていて、具体的なNG例とその言い換え例を載せたものです。 その言い換え表現で 「承知しました」を推奨しています。 この本は25万部売れたベストセラー阿部紘久『文章力の基本』の続編で、 この本も5万部売れたそうです。 さて、では他のメールマナー本にも、「了解よりも承知が正しい」と書かれているのでしょうか? 調べてみると、 「あまり書かれていない」ということがわかりました。 「了解」をNGとしたメールマナー本は非常に少ない これを確かめるため、国会図書館に行き、「ビジネスメール」とタイトルにある書籍をひたすら閲覧しました。 すると、『メール文章力の基本』以外の書籍では、 そのような記述はほぼ見られませんでした。 それどころか、 「了解が適切」と書かれている本もいくつかあるんですね。 「了解しました」に特別な注釈なし こちらは2004年に出た『ビジネスメールものの言い方辞典』という本。 著者名は「シーズ」となっていて、Web系の本を何冊か出版しています。 ビジネスメールでよく使われる表現と、その類例をシチュエーション別に載せています。 本の中でそのものズバリ「了解しました」という表現が紹介されていますが、そこでは 「不適切」というような注釈はありません(98頁)。 また、その次のページでは「了解」をこういう風に解説しています。 了解は、事情を理解すること・納得すること。 単にわかるだけでなく、それを認める意味が強くなります。 2004年のこの本においては「了解」は使っていい表現として出てくるのですね。 「承知いたしました」の言い換えとして登場 2007年に出版された本です。 著者は「ビジネス文書マナー研究会」となっていて、他に『すぐに使えるビジネス文書実例集』という本を出していますね。 こちらもシチュエーション別に様々な表現を載せるというものです。 その中の「理解・承諾の表現」という項目で、「承諾しました」の言い換え例として「了解いたしました」が出てきます。 「内容を理解したうえで承諾したという意味合い」と書かれています。 つまり、承諾よりも上位の表現として「了解」が紹介されています。 他にも 「日常的に使われます」とあります。 2007年の段階でこの表現はビジネスシーンで浸透していたということです。 「了解」を不適切としない本たち その他、下記の書籍でも「了解」を間違いとはしていません( 事務的な感じがする、という記述はあり)。 『頭がいい人、悪い人のビジネスメール』(2009年)• 『ビジネスメール 「こころ」の伝え方教えます』(2009年)• 『就活から役に立つ新社会人のためのビジネスメールの書き方』(2012年)• 『ビジネスメールの作法と新常識』(2013年)• 『ビジネスメール文章術』(2013年)• 『相手に伝わるビジネスメール「正しい」表現辞典』(2014年) こうやって見ると、2010年以降の本もあります。 間違いとするかどうかは、分かれるんですね。 その中ではっきりと「了解」をNGとしている本も見つけました。 神垣あゆみさんという方が書いている『メールは1分で返しなさい』(2009年)という書籍です。 この本に関しては、調べてみるとちょっと面白い事実がわかったので最後に書きます。

次の