ナンバー 24。 エンジェルナンバー 20, 21, 22, 23, 24の意味と数秘術

ナンバー【19】~【24】までの数字の持つパワー

ナンバー 24

いまあなたは、おおきな運命の流れに戸惑い、立ちすくんでいるのではないかと思います。 この「55」というエンジェルナンバーは、あなたの心を落ち着かせ、優しく背中を押す役目をもっています。 日頃、あなたは物事をついつい受け身に考えがちではないでしょうか? ものの通りがおさまったらとか、みんなのあとをついてくのが楽だと思いがちではないですか? たまには空を眺めて、この「55」のエンジェルナンバーをきっかけに、ものごとの変化を受け入れてみてはどうでしょうか。 最初は慣れなくて不安だと思います。 日頃から慣れ親しんでる考え方の方が安心しますし、納得いくものです。 しかしながらこの「55」というエンジェルナンバーは、いままでの古いものをすて、新しいプラスの変化を取り入れ、人生の豊かさを受け入れる準備をしなさいと告げています。 変化を楽しんでください この「55」というエンジェルナンバーは、古い習慣を捨てて、新しい人生のプラスの変化を受け入れるという意味です。 もしあなたが、この準備をおこたっていると、せっかくの変化のサインをみのがしてしまいます。 ですので、 世の常から雅を楽しむという変化を楽しんでください。 人と同じではこの豊かな変化は楽しめません。 「55」のエンジェルナンバーと恋愛 あなたは自分の理性をコントロールすることによって、人生におけるプラスの変化をとげつつあります。 もはやうまくいかないものは手放して、それが癒され、あるいは良いものに置き換えられることを受け入れてください。 もうひとつ「55」のエンジェルナンバーの恋愛の意味は、 もし、まだパートナーが見つかっていない方は、そのパートナーがみつかるという意味があります。 優秀な異性を見つけたのなら、ぜひアプローチを続けましょう。 何事も後回しせずに、チャレンジしていく準備をしてみてはどうでしょうか? いま「55」のエンジェルナンバーはこれから大きな変化をとげる意味なので、しっかりと準備をして備えてください。 【55】のエンジェルナンバーが示す片思い あなたが勇気を持って一歩を踏み出すことで、恋は叶うという暗示です。 大きな変化を意味する「55」は、あなたが勇気を持つことでこの片思いを実らせることができると伝えています。 まもなくあなたに素敵な恋人ができるでしょう。 その相手は、今片思いをしている人である可能性が非常に高いと、天使たちが告げています。 あなたが勇気を出して告白をすれば、片思いのお相手は優しい笑顔でうなずてくれるでしょう。 あなたの行動を変えることが、片思いを続けるあなたの日常に変化をもたらす鍵です。 一歩を踏み出す勇気さえあれば、あなたの片思いは幸せな結末を迎えるでしょう。 どうかネガティブな思いは捨て、あなた自身の手で素敵な恋を手に入れてくださいね。 【55】のエンジェルナンバーが示す復縁 古い執着を手放すことができれば、あなたにとってうれしい変化が起きることを表しています。 復縁を願う人にとって「55」の数字は、今のあなたの行動を見直すように告げています。 あなたにとって別れた恋人は、本当にあなたに必要な人なのでしょうか。 過去の楽しかった思い出にしがみつき、もう一度幸せだったあの頃に戻りたいだけなのではないのでしょうか。 人は時間がたてば、考え方に変化が起きます。 お相手はもうすでに前を向き、次の一歩を踏み出しているかもしれません。 お相手の変化を受け入れられないのであれば、復縁は考え直す方が良いでしょう。 あなたには、もうすでに新しい出会いが待っています。 勇気を持って過ぎ去った時間に別れを告げてくださいね。 復縁に興味がある方へリリーがオススメする 「電話占い」で、一流の鑑定士が 復縁などの相談に乗ってくれますよ。 「55」はあなたとツインレイとの間に、適度な距離を持つことをすすめています。 運命という言葉にこだわりすぎて、ツインレイとの時間を優先したり相手を束縛するような関係を求めると、いつか2人の関係が壊れてしまうと天使たちが心配しています。 ツインレイもあなたと同じ一人の人間です。 たまには、お互いの趣味や一人の時間を優先することをしてみてください。 相手を思いやり、受け入れることができれば、この先もあなたとツインレイは穏やかで幸せな時間を過ごすことができるはずですよ。 【55】のエンジェルナンバーが示すツインソウル ツインソウルへの執着心を捨てて、新たな世界へ踏み出す時が来たと告げています。 「55 」には別離という意味が含まれます。 同じ魂を持つ唯一の存在であるツインレイに対し、同じ魂の欠片を持った仲間であるツインソウルとは別れを経験することがあります。 これはあなたとツインソウルが出会い、同じ時間を過ごすことで、お互いを成長させ合うことができるからです。 様々な出来事を通じて2人が学び、十分に成長できた時、2人は新たな世界へと旅立ちます。 今、天は「55」の数字を通して、2人の旅立ちの時を知らせています。 大切なパートナーであるツインソウルとの別れはとてもつらい出来事ですが、相手の新たな世界への旅立ちを、感謝の気持ちを持って送り出してあげてくださいね。 きっとツインソウルも同じ気持ちで、新しい世界に飛び込もうとしているあなたの幸せを心から願っているはずですよ。 【55】のエンジェルナンバーが示す前兆 受け身の思考を捨てて行動的になることで、幸福の前兆を見逃さずにいられるだろうという意味です。 「55」は変化を受け入れなさいという天からのメッセージです。 周囲の意見にばかり流されずに、自分の意思で物事を判断することが、あなたのこの先の人生を幸福なものへと変えていくことでしょう。 人と同じように行動することは、楽で安心な方法です。 しかし、それはあなたにとって本当の幸福でしょうか。 時には、周囲の意見と違っても自分が本当に正しいと思うのであれば、勇気を持って声に出してみてください。 あなたの人生の主役はあなた自身です。 幸福は自らの手で作り出すものだと天は告げています。 あなたが一歩を踏み出せば、天はきっとその背中を押してくれますので、ぜひ勇気を持ってくださいね。 【55】のエンジェルナンバーが示す仕事 環境の変化に飛び込むことで、あなた自身が大きく成長するであろうことを示しています。 「55」は新たな環境を表します。 仕事で転勤や異動などが発生し、慣れ親しんだところから未知の世界へと環境が変化するでしょう。 また環境が変わることで仕事の進め方が変わったり、新たに覚えることも出てきそうです。 戸惑うこともありそうですが、何事も勉強と積極的に学ぶ姿勢を持つことができれば あなた自身の成長に大きく役立つでしょう。 今までの慣れ親しんだやり方や古い習慣にとらわれず、環境の変化を柔軟に受け入れて、楽しむくらいの気持ちのゆとりを持ちましょう。 そうすることで周囲の協力も得やすくなるだけでなく、ゆくゆくはあなたの仕事も大きく評価されるはずですよ。 【55】のエンジェルナンバーが示す金運 あなたの金運は緩やかに上昇していますが、その上昇を早めたいなら不要な物を整理すると良いという天からのアドバイスです。 「55」は手放すという意味を持っています。 今のあなたの金運はゆるやかに上昇しています。 このままでも金銭的な豊かさを受け取れますが、さらに金運を上昇させたいのであれば、身の回りの不要な物を整理しましょう。 不要な古い物にはネガティブな気が入り込みやすいので、思い切ってこのタイミングで処分してしまいましょう。 そうすることであなたの抱えていた悪い運も消え、新たなスペースに幸運がどんどんやってきます。 身の回りをすっきりさせることで、あなた自身の心もすっきり明るくなりますので、ぜひ挑戦してみてくださいね。 私にはあなたが好きな人と並んであるくさまがみえています。 多くのものを品定めしてきたあなたは、目が肥えていて、他の人に見えていないものが見えています。 時々、うまくいかないことがあなたを苦しめるかもしれませんが、「55」のエンジェルナンバーを目にしたら、人生のプラスの変化を受け入れて前に進んでいってください。 この記事が、あなたの人生に少しでもお役に立てればと思います。 最後までご覧いただき、ありがとうございました。

次の

エンジェルナンバー「24」は愛のサポートの意味!恋愛傾向&運勢診断も!

ナンバー 24

Contents• エンジェルナンバー24の数字の意味 エンジェルナンバー24は、『情熱と熱意を持ってあなたの現在の道を歩み続けなさい、目標を達成することはもう目の前です』という天使からのメッセージです。 あなたの欲望と願望を達成するために、自分自身とあなたの内なる才能と能力を信じてください。 あなたがもし、まだ人生で何をしたいのかを考えている最中なのであれば、エンジェルナンバー24はあなたが最も情熱的になれるものは何かを考えるタイミングであることを伝えています。 天使たちはあなたの励ましとなり、あなたの将来について手がかりとなる指導と支援を与えるでしょう。 エンジェルナンバー24は、あなたの天使が自分の信念、自尊心、自信を高めるためにあなたにポジティブなエネルギーを送り出していることを示しています。 あなたが過去に貢献した仕事、意志、そして努力は、確かな基礎と安定を築くことにつながっており、あなた自身とあなたの直感を信じるようにと伝えています。 あなたは正しい人生の道にいることを知ってください。 【スポンサーリンク】 24のエンジェルナンバー数字の意味解説 数字の24は、2と4の力を持ち合わせています。 数字の2は、二重性とバランス、洞察力、パートナーシップと関係、協力と外交、そしてあなたの神聖な人生の目的と魂の使命に関係します。 数字の4は、堅実な基盤、実用性と組織、誠実さと完全性、信頼性、責任と内なる知恵を築くことに向けた勤勉を表しています。 また、4は、あなたの情熱と衝動、そして大天使のエネルギーに関係しています。 エンジェルナンバー24は、天使たちがあなたの成功と達成に向けてあなたの必要なことが満たされることを確実にしているので、あなたの直感と内在的な知恵を聞きなさい、というメッセージです。 あなたの天使を信仰し、癒しのためにあなたの心配や恐怖を天使に任せてください。 もし、あなたの目標が高すぎると感じたり、近づくことは困難なのではないかと感じた場合は、あなたの今までの人生を振り返り、目標のために行なったことを振り返ってみてください。 この作業はあなたの人生観を取り戻すのにとても役に立つ作業になるでしょう。 最後に エンジェルナンバー24の意味は、「目標達成は目の前です、熱意を持ってあなたの現在の道を歩み続けなさい」というメッセージです。 あなたがもし、まだ人生の目標が決まっていないのなら今がそれを考える適したタイミングでもあります。 天使たちはいつもあなたの側にいてあなたをサポートし、あなたが迷っているときはエンジェルナンバーやインスピレーション、直感、夢などを使ってあなたに支援と指導をしています。 あなたは内なる声や直感に従うだけでいいのです。

次の

車の希望ナンバー人気ランキング!風水・占いで縁起の良い数字とは?

ナンバー 24

登場人物 [ ] 堂紫社大学 [ ] 柚木 夏紗(ゆずき なつさ) 声 - 、(幼少期 本作の。 1回生(留年)。 20歳。 の舞鷺高校出身。 の頭頂部から毛先にかけてになるの髪色と癖毛が特徴。 170cm、O型、、家族構成は父、母、妹。 好きな食べ物は。 少食だが、とに関しては遠慮がない。 特技は料理。 が、お菓子作りに関しては手間がかかることと買った方が美味しいことを理由に基本的には作らない。 元々はエースと期待されたほどの選手であったが、事故で大怪我を負い、半年間の入院の後に重度のであると診断されたことで選手生命を絶たれてしまった過去を持つ。 一時はラグビーをできない体になったことからやさぐれていたが、ラグビーを好きな気持ちを捨てきれず、ラグビー部のマネージャーとして復帰を決意する。 選手時代のポジションは左ウィング。 人付き合いに長けており、先輩から可愛がられているが、実はドSかつ毒舌であり、目上の人間、特に伊吹に対しては容赦がない。 が、その一方で自身の事故に責任を感じて部を去った伊吹を連れ戻すために尽力したり、無意識のうちに伊吹が好む薄いスポドリを作る、悪態をつきながらもテーピングを巻いてあげるなど信頼はしている。 真行寺 清一郎(しんぎょうじ せいいちろう) 声 - 、(幼少期) 2回生。 大分県出身で夏紗とは幼稚園からの幼馴染。 舞鷺高校出身。 い短髪で寡黙。 夏紗の作った「とり天」が好物。 身長180cm、血液型B型、誕生日、家族は父のみ。 ポジションはフルバック。 背番号15。 感情をあまり表に出さないが、夏紗が自身に黙ってマネージャーに転向した際や、伊吹が何の相談もなくラグビー部を退部し、夏紗の説得を受けて再入部することになった際には普段以上に無口になっていた。 緊張を全くしないため、コンバージョンキックを外すことが滅多にない。 が、夏紗がマネージャーに転向した頃から調子を崩し、キックが入らなくなる。 上丘 伊吹(うえおか いぶき) 声 - 、(幼少期) 3回生。 法学部。 元天才プレイヤー。 夏紗、清一郎と同じ大分県の舞鷺高校出身。 ポジションは。 身長180cm、血液型AB型、誕生日、家族構成は祖母、母、異母兄が2人。 母親(声 - )は出身であり、ハーフアップにしている金髪は地毛。 高校までは髪が短かった。 現在は一人暮らしをしており、茶トラの「みかん」と黒猫の「とり天」を飼っている。 夏紗の手料理が好き。 夏紗と清一郎とは小学校からの幼馴染であり 、自身が出場する試合を観せたことで二人がラグビーを始めるきっかけを与えている。 オフロードパスが得意。 敵味方関係なく先の動きを予測しているかのような読みの正確さから天才プレイヤーと謳われていたが、夏紗のマウスピースを取りに異母兄から譲り受けたバイクで威翠大学グラウンドに向かっていた途中、逆走してきた車と衝突し、事故に遭う。 自身は選手生命に関わる怪我はしなかったものの、同乗していた夏紗に大怪我を負わせてしまったことで彼から大好きなラグビーを奪った責任を感じ、夏紗だけに辛い思いをさせまいと自身もラグビーを辞める決断を下す。 退部後は大学にもろくに通わず、クラブ通いをしていたが、退部から7ヶ月後にマネージャーとして復帰を果たした夏紗によってチームへの復帰を迫られる。 当初は執拗に迫る夏紗を追い返そうとするなど復帰を拒んでいたが、自身が罪の意識から逃れたいがために事故を言い訳にしていたことを突きつけられ、ラグビーを捨てても夏紗のためにはならないことを思い知ったことで彼のためにラグビーを続ける決意を固めた。 夏紗からはヘタレだと散々罵られており、退部を決めた際も電話一本で連絡を済ませ、その後の練習に顔を見せることなくチームメイトからの連絡も無視し続けており、幼馴染である清一郎の連絡先をも消去するなど自身が傷つかずに済む手段を用いてラグビー部との関係を絶っている。 故に復帰に伴う連絡等は夏紗が率先して行っていた。 そのためチームメイトからは復帰に対して反対意見が多く、夏紗が事前にで復帰の報告した際には87人ものメンバーから既読スルーされている。 特に同回生の大成、宗介、翔太からの反発が強かったが、退部した後も走り込みや筋トレは自主的に続けており、7ヶ月のブランクをほとんど感じさせなかったことから復帰を賭けた部内マッチにてチームは敗北したものの実力を示し、晴れて復帰を認められた。 が、復帰を機に同ポジションの誠が茶々学院戦から控えに回されたことで彼を慕う大成には目の敵にされており、現在も復帰を認められていない。 また、チームに復帰こそ出来たものの部内マッチの結果は敗北だったため、チームへ復帰させるべく夏紗が事前に3回生に持ちかけていた「負けたら奴隷」という提案により、たびたび宗介たちのために合コンをセッティングする破目となった。 都留 靖也(つる やすなり) 声 - 1回生。 に近い赤毛と口元のが特徴。 ポジションは左ウィング。 背番号11。 身長175cm、血液型A型、誕生日、家族構成は父(声 - )母(声 - )姉が2人(声 - (長女)、(次女))。 好きな食べ物はとスイートチリソース。 夏紗や清一郎、伊吹とは舞鷺高校時代からの先輩後輩の間柄。 夏紗とはポジションが同じであり、彼の事故後、スターティングメンバーに抜擢された。 夏紗がマネージャーとしてラグビー部に復帰後、寮で同室となる。 威翠大学との試合では、夏紗のプレースタイルを完璧にコピーした琉星のプレーに動揺し、焦りから反則プレーで退場。 本来勝てるはずだった試合でチームを敗北させてしまう。 真白 優(ましろ ゆう) 声 - 1回生。 夏紗に憧れる後輩。 努力家でひたむき。 頭頂部にがピンと跳ねだしている。 女子のような風貌で笑顔が可愛い。 サブマネージャー。 選手時代はCチームに属しており、ポジションはスクラムハーフだった。 身長165cm、血液型AB型、誕生日、家族構成は父、母、弟。 好きな食べ物は。 成績優秀であり、九州でも偏差値の高いラセール高校に通っていたが 夏紗への憧れをきっかけにラグビーに興味を持ち、大学は夏紗をはじめとする舞鷺高校出身の選手が多い堂紫社大学を受験する。 が、実力不足で練習についていけず、ストレスからとになってしまい、ラグビーに対する気持ちにも自信を持てずにいたが、ラグビーが出来なくなっても好きな気持ちを貫き続ける夏紗の姿に影響され、自身もラグビーへの思いを貫くべくマネージャーへの転向を決める。 マネージャー転向後は相手選手のプロフィールやリーグ戦の結果が自動反映されるアプリを自らの手で作り出すなどチームに大きく貢献している。 料理下手で、倒れた夏紗のために作った鍋は食べた夏紗の舌が紫色に染まっており、しばらく痺れを感じていたほど。 また、伊吹からは「生ゴミに漂白剤をぶっかけたような臭い」とまで言われていた。 財津 岳十(ざいつ がくと) 声 - 4回生。 敵からも味方からも恐れられる頼れる。 の髪と顎鬚が特徴。 ポジションはフッカー。 背番号2。 身長183cm、血液型A型、誕生日、家族構成は父、母、兄が2人。 好きな食べ物は などの。 無口で強面だが性格は優しく、チームメイトから厚い信頼を得ている。 天性のキャプテン気質の持ち主であり、副主将の郁斗からは「岳十以上のキャプテンはいない」と言われるほど信頼され、堂紫社大学ラグビー部を全国へ連れて行く器だと高く評価されている。 整理整頓をきっちりしてるタイプであり、鞄の中身が綺麗。 また、物を大事にする性格でラグビーグッズを入れているうさぎ柄の巾着袋には年季が入っている。 由布 郁斗(ゆふ いくと) 声 - 4回生。 副主将でチームの母親的存在。 の髪と優しそうな見た目が特徴。 ポジションは左センターバック。 背番号12。 身長180cm、血液型B型、誕生日、家族構成は祖父、祖母、父、母。 好きな食べ物はと。 主将の岳十を常に隣でサポートしており、「あれ」という言葉だけで彼が何を言っているのか理解できるほどに通じ合っている。 が、1回生の頃はキャプテン気質な岳十の言動が気に入らず、よく突っかかっては喧嘩になることも多かったが、岳十の生まれ持ったキャプテンとしての器に自身では到底敵わないことを認めたことで信頼し合える間柄となった。 以降は彼を「最高のキャプテン」として慕っているが、それ故にプロに行っても岳十以上に信頼の置けるキャプテンに巡り会えることはないだろうと現状に満足している。 そのため自身に対しても選手としての限界を感じており、現状に満足した時点で今以上の上達は見込めないとプロには行かず、大学卒業後を機にラグビーを辞める決断を下す。 見た目は温厚そうだが細かいところまで注意する等、何かにつけて小言を言っており、夏紗からは怒ると怖い存在として恐れられている。 チームをまとめられる存在がいないため血の気の多いチームメイトに振り回されることが多く、常に頭を抱えているが、問題児だらけの後輩の中で唯一まともな拓海に対しては強い信頼を寄せており、茶々学院戦では前年度の乱闘騒ぎも踏まえた上でトラブルを未然に防ごうと共に奮闘していた。 その一方で夏紗が動けなくなった際には彼に手作り料理を振舞おうとしていた優の背中を押すなど仕返しと言わんばかりの行動に出ることもある。 内梨 大成(うちなし たいせい) 声 - 3回生。 強気なフォワード。 で前髪に赤いメッシュを入れている。 ポジションは左フランカー。 背番号6。 身長183cm、血液型A型、誕生日、家族構成は父、母。 周囲には隠しているが甘いものが好き。 の長崎ヶ丘高校出身で拓海と誠とは高校からの付き合い。 高校時代は誠の跡を継いでラグビー部の主将を務めた。 堂紫社大学の次期主将としても期待されている。 普段は拓海や誠と一緒にいることが多く、後輩とはあまり絡まない。 伊吹のラグビー部復帰に猛反対しており、部内マッチを経て他の3回生が復帰を認める姿勢を見せた後も納得していない様子を見せる。 イーサン・テイラー 声 - 3回生。 プレーも日常生活も自由気ままなチームのムードメーカー。 ポジションは。 背番号8。 身長189cm、血液型O型、誕生日、家族構成は父、母。 西洋人の見た目に反しが好きだが、とは苦手としている。 片言口調が特徴。 同回生の中では伊吹、宗介、翔太と仲が良く 、よく行動を共にしており、現在ではすっかり関西人のノリに染まっている。 性格は自己中心的で、突然大声を出したり、他人を持ち上げたりと自由人。 好きな女性のタイプは。 宗介、翔太とは大学からの付き合いであるが、伊吹とは彼が九州のラグビーチームに所属していた頃に少しの間だけ同じチームでプレーしたことがある。 二人までなら足にしがみ付いたままでも平気で走りきれるほどフィジカルに優れているが 、当時から技術面や判断力など本来ナンバーエイトに求められる能力が低く、また自由気ままな性格も相まって伊吹からは「ラグビーに向かない」と言われており、何も考えずに突っ走るばかりのプレーをしていたこともあってチームでは浮いた存在であった。 が、視野の狭さを指摘しながらもサポートを買って出てくれた伊吹のプレーに魅せられて以来、彼を「ヤマトナデシコ」 と呼んで信頼を寄せており、伊吹のラグビー部復帰に3回生のほとんどが反対する中でも拍手で迎え入れている。 自身が輝くために彼の力が必要だと信じて疑わず、威翠大学戦では交代で入った伊吹のサポートのもと、得点に大きく貢献するプレーを見せていた。 斉藤 風雅(さいとう ふうが) 声 - 1回生。 チームの的存在。 夏紗、清一郎、伊吹、靖也と同じく舞鷺高校出身。 ポジションは左プロップ。 背番号1。 身長179cm、血液型O型、誕生日、家族構成は父、母、妹。 が好きな。 苦手な食べ物は。 恰幅のいい体つきをしているが、身体のほとんどは脂肪ではなく筋肉である。 が、その体型故に太ももまで入るパンツが少なく、よく半ズボンを穿いている。 1回生の中ではずば抜けた実力者であり、高校1年生の頃からスターティングメンバーを外れたことがない。 その実力の高さから周囲には黄風院に進学するものと思われており、同じ舞鷺高校出身である円からも「黄風院に欲しかった」と言われたほどだが 、現在の監督から猛アピールを受けたことで堂紫社大学への進学を決めている。 夏紗をはじめ、目上の人間に対する敬意を忘れることがないため先輩人気が高く可愛がられており、昼食など常に誘いの声が絶えない。 が、一方で喧嘩っ早い一面も持ち合わせており、茶々学院の選手に伊吹が馬鹿にされた際には殴りかかる勢いで飛び出したところを止められた。 呉羽 小鳥(くれは ことり) 声 - 1回生。 同回生の弥生とは義兄弟の間柄。 ラグビー選手としては小柄な体格がコンプレックス。 補欠(ポジションはバックス)。 背番号21。 身長168cm、血液型B型、誕生日、家族構成は父、義母、義兄。 とある事件を機に離れ離れになった実母と実妹がいる。 周囲には隠しているが好きな食べ物は果物。 高校時代に夏紗たちのいた舞鷺高校と試合で対戦したことがあり、伊吹とは古くからの顔なじみ。 美少年だが気質で喧嘩っ早い一面があり、1回生の小型爆弾とも呼ばれている。 怒った時のみで話す。 同回生の靖也とは似たもの同士で喧嘩になることが多いため 、よく弥生がフォローに入っている。 ラグビー部の中では弥生のほかに拓海にも懐いており、拓海からも可愛がられている。 茶々学院戦では靖也、風雅と共に危険分子として問題を起こさないよう郁斗、拓海らに警戒されていた。 津々楽 弥生(つづら やよい) 声 - 1回生。 小鳥の義兄。 眉の上に切り揃えられた前髪が特徴。 補欠(ポジションはバックス)。 背番号22。 身長172cm、血液型O型、誕生日、家族構成は母、義父、義弟。 母親の再婚で小鳥とは兄弟の間柄となる。 離れて暮らす実父がいる。 小鳥とは対照的にが好きで見かけによらず大食漢だが、食べ方に品があるため、人が食べ物を食べる姿を見るのが好きな夏紗からは一番好きな食べ方だと言われていた。 小学生時代は伊吹と同じラグビースクールに所属していた。 無邪気で人懐っこい性格をしているが、空気が読めるため喧嘩っ早いメンバーが多い1回生の中では貴重なバランサー。 近衛 素直(このえ すなお) 声 - 2回生。 夏紗とは似たもの同士の悪友。 出身地は。 ポジションは右センターバック。 背番号13。 身長178cm、血液型AB型、誕生日。 家族は母親のみ。 好きな食べ物は。 夏紗とは「夏さん」「スーさん」と呼び合う間柄で、夏紗が清一郎の次に仲が良い人物として挙げるほど仲良しだが 、互いに毒舌なため、周囲からは仲が悪いと思われている。 また、田舎を見下す発言が多く、大分県出身の夏紗を「田舎者」とよくからかっており、夏紗からは唯一口喧嘩で勝てない相手としても見られている。 1回生の頃に茶々学院の選手に絡まれたことがあるが、口の悪さが幸いし、相手選手の嫌味を物ともしなかった。 が、一方で夏紗と共に相手を煽ってしまったことで乱闘騒ぎになり、危うく出場停止になる事態にまで発展させている。 佐々木 通玄(ささき つうげん) 声 - 2回生。 京都府出身。 一日一善を心がけている系男子。。 ポジションは右フランカー。 背番号7。 身長177cm、血液型AB型、誕生日、家族構成は祖父、父、母、兄、姉、妹。 実家は。 あだ名は「ツーさん」。 清一郎とは寮の同室で 、寡黙な者同士で仲が良い。 趣味は。 清一郎がキックの不調に陥ったことにも真っ先に気づいており、瞑想に誘う、相談に乗るなどして原因究明に尽力した。 ポンサクレック・ユーヌー 声 - 2回生。 褐色の肌が特徴のからの留学生。 補欠(ポジションはフォワード)。 背番号16。 身長177cm、血液型O型、誕生日、家族構成は祖父、祖母、父、母、兄、姉、弟が4人、妹が2人。 好物は、苦手な食べ物はパクチー。 純粋でおっとりしている癒し系。 あだ名は「ポン」。 寒がり。 日常会話に支障がないレベルでを習得しているが、熱心に日本語の勉強を続けている。 また、時折会話の流れを断ち切る一言を発することがあり、空気を読むことについても勉強もしている。 同じ留学生の洪浜に気に入られており、よく世話を焼いてもらっている。 また、同回生の中では清一郎や通玄と昼食を共にしたり、瞑想をしたりと仲が良い。 山田 宗介(やまだ そうすけ) 声 - 3回生。 関西出身。 と関西弁が特徴。 笑いと合コンの質に厳しい。 ポジションは右プロップ。 背番号3。 身長184cm、血液型AB型、誕生日、家族構成は母、妹。 好きな食べ物は、。 部内でも有能な選手であり、プロップにしては珍しく走れることと恵まれた体格に加え、強いスクラムを組める安定感からチーム内でも厚い信頼を得ている。 同回生の中では伊吹、イーサン、翔太と仲が良い。 また、4回生の亜斗夢のことは笑いの師匠として 、虎之進のことは兄のように慕っている。 関西組の一人。 性格は俺様だが面白いためチームメイトからも人気が高く、女子にも意外ともてる。 が、合コンではその日のうちに関係を築こうとしがちなため彼女がなかなか出来ない。 翔太とは同じ高校出身でもあり 、よくからかって遊んでいる。 少々シスコン気質な一面があり、チームメイトによく妹の写真を見せて回っている。 伊吹がラグビー部に復帰する際には同回生の大成や翔太らと共に反対したが、反発はあくまでも伊吹が相談もなしに退部していったことに対し、信頼していたチームメイトから裏切られたような思いを抱いたことが原因であり、部内マッチを経て伊吹がもう一度本気でラグビーと向き合う覚悟を決めたことを察してからは彼の復帰を認めた。 喧嘩っ早い一面もあり、過去にイーサン、翔太らと共に茶々学院と揉めて危うくチームを出場停止処分にしかけたことがあり、再び茶々学院と試合をすることになった際には用を足しに控え室の外に出るだけのことに対しても虎之進から喧嘩をしないよう言い聞かせられるなど4回生からは特に警戒された。 鵜 翔太(う しょうた) 声 - 3回生。 関西出身。 メッシュと関西弁が特徴。 補欠(ポジションはバックス)。 背番号23。 身長175cm、血液型A型、誕生日、家族構成は父、母、兄が3人。 好きな食べ物はでよく食べている。 同回生の中では伊吹、イーサン、宗介と仲が良く、部内では関西組の一人として数えられている。 ボケ担当。 バカ揃いの3回生の中でも特におバカキャラとして周囲に認知されており、宗介にからかわれて騙されることも多い。 女の子に振られることに関してはプロ級で隔週ペースで振られているが 、理由のほとんどは伊吹を好きになる女子を好きになることが多いため。 退部した伊吹がラグビー部への復帰を願い出た際には宗介と同様に「戦力になるわけない」と彼の復帰に異議を唱えたが、部内マッチにて衰えをまるで感じさせないプレーを目の当たりにし、考えを改める。 部内マッチ後には夏紗や清一郎と共に頭を下げて頼み込む伊吹の姿に真っ先に復帰を認め、彼を部に迎え入れた。 日高 拓海(ひだか たくみ) 声 - 3回生。 バカ揃いの3回生のまとめ役でポストおかん。 ポジションは。 背番号9。 身長170cm、血液型B型、誕生日、家族構成は父、母、妹。 好きな食べ物は。 大成とは逆に甘いものはあまり得意ではない。 大成と誠とは長崎ヶ丘高校からの付き合いで、熱くなりがちな大成のストッパー役も担っている。 前述されているように3回生の中でもまともで バランサー的立ち位置のため、郁斗の後釜として期待されているが、手のかかる選手ばかりが揃っていることから自身は郁斗の後釜としてチームをまとめる役割を担いたくはない模様。 長崎ヶ丘高校の主将を務め、堂紫社大学への道を切り開いてくれた誠のことを心から慕っており、大成と三人でよく行動を共にしている。 また、自身がラグビー選手にしては小柄な体格であるためか同じように小柄な夏紗や小鳥もよく可愛がっている。 茶々学院との試合中に相手選手のタックルを受けて病院に搬送されるもを断裂してしまい、今シーズン中での復帰は困難であると診断された。 李 洪浜(り ほんひん) 声 - 3回生。 理性的に考える留学生。 出身地は。 ポジションは右ウイング。 背番号14。 身長174cm、血液型B型、誕生日、家族構成は祖父、祖母、父、母。 実家が裕福。 好きな食べ物は。 また、口には出さないが夏紗の手料理も好き。 同期がバカ揃いのため、常にうんざりしており、伊吹のラグビー部復帰に同回生が異議を唱えた際にも他のメンバーが勝手に辞めたことを咎める中でただ一人チームが勝つために必要か否かを重視していた。 部内マッチ後には伊吹の力がチームに必要であると認め、彼の復帰に賛同する。 同回生より後輩の2回生と関わることの方が多く、特に同じ留学生のポンを気にかけており、授業の組み方からラグビーショップへの付き添いまで何かと面倒を見ている。 染谷 誠(そめや まこと) 声 - 4回生。 高校時代はラグビー部の主将も務めていた秀才。 普段はをかけているが、試合の時には外している。 ポジションはスタンドオフ。 背番号10。 身長178cm、血液型A型、誕生日、家族構成は父、母、弟が2人、好きな食べ物は家庭的な。 性格は真面目で優しく 、長崎ヶ丘高校出身で、後輩である大成と拓海からは名門・堂紫社大学への道を切り開いた人物として慕われている。 伊吹とはポジションが同じで、高校時代には真っ向勝負で手も足も出ず才能の差を見せ付けられたことがあり、チームメイトとなった現在も複雑な心境を抱いている。 前述されているように伊吹との間に圧倒的な差があることは自覚しており、彼がラグビー部に在籍していた頃は日の目を見ることがなかったが、伊吹の退部後にスターティングメンバーに抜擢される。 が、伊吹がラグビー部に復帰したことで茶々学院戦からは再び補欠に回された。 スターティングメンバーから外されたことを機に自身を慕う大成が反発からチームの輪を乱す行動を取った際には責任を感じ、彼を叱咤する。 同時に自身のために嫌な役回りをさせてしまったことに対して頭を下げて謝罪した。 東坂 虎之進(ひがしざか とらのしん) 声 - 4回生。 関西出身。 眉毛の部分にある傷と関西弁が特徴。 補欠(ポジションはフォワード)。 背番号19。 身長185cm、血液型O型、誕生日、家族は父親のみ。 好きな食べ物はで頻繁にチームメイトを呼んでたこ焼きパーティー、通称タコパを開催しており、普通のたこ焼きからチーズやキムチなどの変わり種、デザート感覚でチョコを入れたものなど様々なたこ焼きを振舞っている。 チームの兄貴的存在であり、問題児揃いの関西勢のまとめ役。 そのため茶々学院戦ではすぐに物理で対抗しようとするイーサン、宗介、翔太に相手選手に遭遇しても喧嘩をしないよう言い聞かせていた。 また、怖そうな見た目とは打って変わって性格が優しいため、関西組や伊吹からは「虎兄」と呼ばれ、慕われている。 伊吹の復帰を賭けた部内マッチにおいてもブランクのある伊吹が早くボールに慣れるよう手伝うなど面倒見がいい。 茶々学院戦後、アキレス腱断裂により入院した拓海の見舞いに訪れた際に試合に出られない悔しさを露わにした拓海と誠の会話を聞いてしまう。 是枝 裕樹(これえだ ゆうき) 声 - 4回生。 やが大好きな。 補欠(ポジションはフォワード)。 背番号18。 身長175cm、血液型AB型、誕生日、家族構成は父、母、姉。 好きな食べ物は。 好きな色は。 非常にネガティブで自身に内定を出した会社に対して「頭がおかしい」と断ろうとするなど自分に自信がなく、少々弱気なところがあるが、稀に突然怒り出すことがある。 補欠ではあるが、選手としては優秀で本気を出せば普通に強い。 普段はあまり口数が多い方ではないが、アニメのことになると饒舌になる。 の常連客で、亜斗夢が自身の缶バッジを壊した際には彼と虎之進を引き連れて買い直しに訪れており、それ以降チームメイトに付き添いを頼んでいる。 給水ボトルに好きなキャラクター、モカちゃん(声 - 一宮朔 のシールを貼り付けている。 また、自身のモチベーションを高めるのに必要不可欠な存在と化しているため、練習を休んだ夏紗の見舞いに訪れた際にも早く元気になれるようにと彼の部屋の天井にモカちゃんのポスターを貼ってあげたりしていた。 後藤 亜斗夢(ごとう あとむ) 声 - 4回生。 関西出身。 金髪の坊主頭と関西弁が特徴。 補欠(ポジションはフォワード)。 背番号17。 身長172cm、血液型O型、誕生日、家族構成は母、兄。 好きな食べ物は。 キラキラネームにコンプレックスを抱いており、フルネームや下の名前で呼ばれることを嫌う。 そのため後輩からは苗字で呼ばれているが、下の名前でもあだ名の場合には怒ったりしないため、同じ4回生からは「あっくん」と呼ばれている。 喧嘩っ早い一面があるが、宗介から笑いの師匠として慕われており、笑いのセンスがある。 玉城 蓮(たましろ れん) 声 - 4回生。 ポジションは右ロック。 背番号5。 身長185cm、血液型A型、誕生日、家族構成は父、母、弟。 好きな食べ物は。 ナルシストで、筋トレで鍛えた筋肉を自慢してはよく周囲から流されている。 が、ラグビー選手としては優秀であり、チームメイトからの信頼は厚い。 またメンタルも強く、裕樹の付き添いでアニメイトを訪れた際にも虎之進や亜斗夢が店内の物を壊さないよう気遣ったり、他の客からの視線に耐えられなかったことから二度と行かないと口を揃える中でただ一人「楽しかった」と感想を述べていた。 石神 真也(いしがみ しんや) 声 - 4回生。 黒縁眼鏡が特徴だが、誠同様、試合中は外している。 ポジションは左ロック。 背番号4。 身長192cm、血液型B型、誕生日、家族構成は父、母、弟、妹。 好き嫌い無く何でも食べる。 職人と謳われるほどの実力を持つ優秀な選手。 チームで一番背が高い。 基本的に無口だが、上級生たちの緩和剤としての立ち位置を確立しており、チームメイトのほとんどが扱いに困る蓮とも一緒にいれるほど人間が出来ている。 また、4回生の中では誠とも仲が良い。 黄風院大学 [ ] 本郷 円(ほんごう まどか) 声 - 夏紗と同じ高校出身で楽しいことが大好き。 4回生。 ポジションはフルバック。 『バックスの創造主』の異名あり。 背番号15。 身長178cm、血液型B型、誕生日、家族構成は父、母、弟。 好きな食べ物は。 本郷 主鷹(ほんごう かずたか) 声 - 円の弟で伊吹と因縁深い。 3回生。 ポジションはナンバーエイト。 『フォワードの破壊神』の異名あり。 背番号8。 身長188cm、血液型B型、誕生日、家族構成は父、母、兄。 好きな食べ物は。 奥村 冬馬(おくむら とうま) 声 - 1回生。 ポジションは右センター。 背番号13。 元バスケットボール部でラグビーは大学から始めた初心者。 普段は感情を表に出すことがないが、衝動を抑えきれず暴走し、本郷兄弟に止められることが多々ある。 円の指導の甲斐あって実力を伸ばしているが、時折反則プレーに出てしまう。 威翠大学 [ ] 日吉 琉星(ひよし りゅうせい) 声 - 1回生。 ポジションは右ウィング。 背番号14。 ダンス経験者であり、ステップに自信がある。 夏紗の熱狂的なファンで、ラグビーを始めたきっかけは夏紗が過去に応じた雑誌のインタビューでプレイスタイルにダンスのステップが影響していると語っていたことから「自分にも出来るんじゃないか」と思ったため。 天真爛漫な性格をしているが空気が読めない。 憧れている夏紗のプレイスタイルを完璧にコピーしており、対戦相手であった堂紫社大学を翻弄し、チームの勝利に貢献した。 スタッフ [ ]• 原作・原案・衣装原案 - 森慶• ストーリー原案 -• メインキャラクター原案 - ゆき哉• 監督 -• シリーズ構成 -• キャラクターデザイン - 﨑口さおり• メインアニメーター - 原田峰文 、薮田裕希、橋本純一、たむらかずひこ• アクション監修 - 上原史也• 衣装デザイン - 大谷道子• プロップデザイン - 小川浩• 美術設定 - 大平司• 美術監督 - Scott MacDonald• 色彩設計 - 山口由希子• 3Dディレクター - 林昭夫• 撮影監督 - 加納篤• 編集 - 須藤瞳• 音響監督 -• 音響制作 -• 音楽制作 - 堀京子• 音楽 -• プロデューサー - 植松瑠里子、杉浦美沙紀、本間隆紀、北澤史隆、岩見樹、山﨑麻子• アニメーション制作 -• アニメーションプロデュース - 阪本義樹• 製作 - 堂紫社大学ラグビー部 主題歌 [ ] 「SET! 」 によるオープニングテーマ。 作詞は、作曲・編曲は。 作詞はコツキミヤ、作曲は。 「COMICAL TRY!! 作詞は、作曲はミライショウ。 作詞・作曲は。 各話リスト [ ] 話数 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督 総作画監督 初放送日 NO. 手島典子• 梶浦紳一郎• BD [ ] 巻 発売日 収録話 規格品番 1 2020年4月24日 第1話 - 第2話 MVC-0310 2 2020年5月29日 第3話 - 第4話 MVC-0311 3 2020年6月26日 第5話 - 第6話 MVC-0312 4 2020年7月31日予定 第7話 - 第8話 MVC-0313 5 2020年8月28日予定 第9話 - 第10話 MVC-0314 6 2020年9月25日予定 第11話 - 第12話 MVC-0315 脚注 [ ] 注釈 [ ]• チーズケーキは例外。 夏紗曰く「いつも以上に無口な時は怒っている」。 とヨーロッパのだと思われる。 なお、復帰に対して当初周囲が無反応だったのは3回生を気遣ったがためであり、スター選手でありながら元の性格が親しみやすいこともあって夏紗をはじめ憧れを抱く後輩は多く、3回生を除くチームメイトからは早い段階で受け入れられていた。 イーサンご所望のは命に関わるため実行していない。 母親や姉2人も同じ場所にほくろがある。 本来、女性に対して使われる言葉であるが、大和撫子とは男を立てる日本人のことだと間違えて覚えている。 なお、食事に関して遠慮はしないため誘う側は破産覚悟か食べ放題に連れて行くことが多い• リーグ戦で再び茶々学院と対戦することになった際には前年のような事態にならないよう血の気の多い靖也ら1回生が絡まれて問題を起こすことを防ぐために郁斗や拓海が警戒を強化する破目になった。 誠曰く「主将に選ばれた理由は消去法」。 出典 [ ]• 2019年3月23日. 2019年12月18日閲覧。 アニメイトタイムズ アニメイト. 2019年8月2日. 2019年9月24日閲覧。 TVアニメ「number24(ナンバー・トゥーフォー)」公式サイト. 2019年12月18日閲覧。 マイナビニュース 2019年8月3日. 2019年9月24日閲覧。 TVアニメ「number24(ナンバー・トゥーフォー)」公式サイト. 2020年1月8日閲覧。 2020年2月5日閲覧。 2020年2月5日閲覧。 2019年11月1日. 2019年11月1日閲覧。 テレビ放送対象地域の出典:• 2009年10月9日. 2018年10月24日閲覧。 告示第六百六十号. 1988年10月1日. 2018年10月24日閲覧。 2018年10月24日閲覧。 TVアニメ「number24(ナンバー・トゥーフォー)」公式サイト. 2019年12月28日閲覧。 外部リンク [ ]•

次の