インディ ヴィジブル。 インディヴィジブル 闇を祓う魂たちの評判・感想・レビュー!神ゲーかクソゲーか?

インディヴィジブル 闇を祓う魂たち

インディ ヴィジブル

本作はメトロイドヴァニア型のアクションRPGです。 主人公はアジュナという少女で、父・インドラとともに村で暮らしていました。 あるとき、ラバナバー将軍の軍に村を焼き払われ、父を殺されてしまいます。 アジュナは復讐のための旅に出るといったストーリーです。 本作の特徴ですが、移動画面での戦闘と、バトル画面での戦闘の2種類があります。 戦闘では攻撃だけでなく、敵の攻撃をタイミングよく防御することもできます。 というか、しっかり防御しないとあっさり死にます。 アニメ調の絵に反して、ゲームの難度は高めです。 またゲーム中に多くのキャラが仲間になります。 仲間たちはアジュナの精神世界に収納され、戦闘のときに登場します(戦闘は最大4人まで参加可能)。 ゲームは、RPGには違いありませんが、アクション要素のほうが比重が大きいです。 「敵にエンカウントして、戦ってレベルを稼いで」というようなドラクエタイプのものではなく、アクション重視のメトロイドヴァニア的な作品だと思ったほうがいいかもしれません。 アクションが苦手な人は、途中で詰まる可能性もあるとは思います。

次の

kuvo.rmpbs.org:『インディヴィジブル』多彩な仲間やライバルを紹介するトレーラーを公開

インディ ヴィジブル

本作には,ゲーム本編とは異なるストーリーを楽しめる 「サイドクエスト」が多数用意されるようだ。 サイドクエストは,仲間になっているキャラクターから依頼されて発生するほか,音楽家の 「ザーラ」,踊り子兼武道家の 「ヤン」,夫を亡くし2人の子供を持つ 「フィービー」という,新たなキャラクターに協力して仲間にするクエストも発生するとのこと。 また,プレイアブルキャラクターのほかに,次の目的地や目標を教えてくれる占い師の 「タルワ」,バトルのトレーニングができる元軍人の 「ジョージ」,キャラクターカラーを変更できる染色家の 「アシリ」という,戦闘以外で冒険をサポートしてくれる仲間も登場するようだ。 既に仲間になっているキャラクターからお願いされてサイドクエストが発生するほか、町中で困っているキャラクターに協力して仲間にするサイドクエストも存在します。 演奏で人々を楽しませていたが、マエリファ港を占拠した鉄の王国の兵士によって愛用の弦楽器「ウード」を壊されてしまう。 ウードの修理に必要な素材を集めると、ザーラを仲間にできる。 <キャラクター性能> 演奏で仲間を鼓舞する補助特化のキャラクター。 敵にダメージを与える技はなく、3種類のアクションすべてが仲間の能力を上昇させる技。 ヤン/CV: 野水伊織 麻薬王マラの居城で出会う踊り子兼武道家の女性。 ヤンは活躍の場を求め、タイ・クラン・シティへとやってきたが、街を牛耳るマラに囚われ、専属の踊り子として監禁されてしまう。 助け出せば仲間に。 <キャラクター性能> 空中戦を得意とするキャラクター。 長い脚から繰り出される蹴りはリーチに優れ、空中コンボで力を発揮する。 フィービー/CV: くじら 母として幸せな生活を送っていたが、隣国が突如として侵略を開始。 戦乱の中でフィービーの夫は命を落とし、残された彼女は二人の子供を連れ、安全なマエリファ港まで逃げ延びる。 子供たちと同年代であるアジュナの戦う姿に刺激を受け、戦士として旅の仲間に加わることを決意。 <キャラクター性能> 非常にパワフルなキャラクター。 敵を貫通する巨大な弓矢や、打ち上げた敵をつかむ投げ技などを繰り出す。 タルワは未来を見通す力を持ち、助言を求めると次の目的地や目標を教えてくれます。 <ジョージ> 鉄の王国の元軍人。 ジョージが加入すると、バトルのトレーニングモードをプレイ可能に。 トレーニングモードでは、キャラクターのヒットボックス(当たり判定)が表示されるため、コンボの練習に役立ちます。 <アシリ> 染色を仕事とするカーヌル人の女性。 アシリが加入すると、キャラクターのカラーを変更できます。 キャラクターごとに、最大4種類のカラーパターンをお楽しみいただけます。 Developed by Lab Zero Games. Published by 505 Games, S. and Lab Zero Games. All rights reserved. Licensed to and published in Japan by Spike Chunsoft Co. ,Ltd. Developed by Lab Zero Games. Published by 505 Games, S. and Lab Zero Games. All rights reserved. Licensed to and published in Japan by Spike Chunsoft Co. ,Ltd.

次の

インディヴィジブル 闇を祓う魂たちの評判・感想・レビュー!神ゲーかクソゲーか?

インディ ヴィジブル

ピックアップ• レノボのクリエイター向けデスクトップPC、プロ漫画家の目にはどう映る?• 余ったらどうする?足りなくなったら追加できる?• AMDが映像プロダクション向けPCを展開• 優勝賞金100万円のeスポーツ大会出場選手の裏事情• 人気のデュアル水冷シリーズに第10世代Core最強モデルが登場!• HUAWEI P liteシリーズの最もお手頃なモデルを詳しく紹介!• リフレッシュレート240Hzの液晶ディスプレーも搭載• 開発環境プリインストール済み!! ボリュームゾーンに投入される有力SIMフリースマホ2機種を比較!• このアクセス速度を体験したらもう戻れない• ファーウェイのノートPC「HUAWEI MateBook」シリーズは3モデル!• または私はいかにして心配するのを止めてキーボードが打てるようになったか• フレーバーだけでなく、デバイスそのもののデザインや質感にも徹底的にこだわりぬいた• ノイズキャンセリングもコスパも強力!• これ1台でなんでもこなせるモバイルノート• ゲームも写真も動画も大容量化でストレージは危機的状況• Open NAT機能やゲーミングデバイス優先LANポートなどを搭載!• NVMe SSDでOSやアプリの起動も高速!• 第10世代Coreにタッチパネルも入って約1. 32kg! 1日使えて、価格もお手頃• 週アス読み放題で、独自コンテンツ盛りだくさん.

次の