アルバトリオン 水属性。 【アイスボーン※解析情報】アルバトリオンへの属性抑制倍率が判明!ボウガンの効果はだいぶ低い?

【MHW:I】対アルバトリオン装備:攻守属性値マシマシ装備 │ 完クリ日記

アルバトリオン 水属性

肉質 45以上でが有効です。 属性変化時について:属性耐性の項目「属性変化後」の見極め方は、 青く発光した状態 雷 、または白い冷気を纏った状態 氷 になったかどうか。 該当していれば「属性変化後」の肉質が当てはまります。 部位破壊について 角 1段回目、耐久値を2回0にし左角破壊。 2段階目、耐久値を2回0にし右角破壊。 脚 耐久値を1回0にする。 耐久値は前後で共有の、左右別。 翼 耐久値を1回0にする。 尻尾 切断属性ダメージで耐久値を1回0にする。 注目記事• コミュニティ掲示板• 武器別 装備報告用掲示板• 武器 全武器の最終強化一覧• スキル一覧• 古龍種モンスター 50音順• 二つ名モンスター 50音順• 大型モンスター攻略 50音順• オトモ&ニャンター• 狩技一覧 共通の狩技• 武器種別の狩技• 防具一覧 防具を一覧で探す• フィールドマップ• ちょっとためになる話(小ネタ)• よくある質問(Q&A) 事前に知っておきたい知識• 新要素の情報• その他ゲームシステム• 狩猟スタイル一覧•

次の

【アイスボーン】アルバトリオンの弱点&属性と攻略

アルバトリオン 水属性

MHWI初の禁忌モンスターの登場です!事前放送として7月3日 金 21時より「デベロッパーズダイアリー Vol. 6」が配信されました。 任務クエストは宵闇の煌黒星 HR24以上で受注できる特別任務「宵闇の煌黒星」が配信されました。 「アルバトリオン」は非常に強力なモンスターなので、しっかりと装備やアイテムを揃えて挑みましょう。 イベントクエストは2種類 特別任務「宵闇の煌黒星」のクリア後に「」と「」がイベントクエストとして配信されます。 クエストによって開始時の属性が変化する為、弱点属性の武器を装備して行きましょう。 大技:エスカトンジャッジメントについて 対策必須の超大技! 「エスカトンジャッジメント」とは、複数の属性攻撃が連続するとても派手なかっこいい攻撃モーションです。 「」が使用する 「ヘルフレア」の超強化版といったようなもので、後述する弱体化なしではほぼ即死モーションとなっています。 龍活性状態から属性変化する際に発動 「エスカトンジャッジメント」は一定間隔で行う大技で、「龍活性状態」から属性変化させる度に放ってきます。 属性を与えているかによって体力の減少速度が変わり、属性を与えられていないと回復が間に合わない為、属性武器を必ず装備していきましょう。 活性状態に対して、一切弱体化に貢献できない属性もあるので注意が必要です。 有効 無効 炎活性状態 氷 火 氷活性状態 火 氷 龍活性状態 龍 ー 3段階まで弱体化可能 画像 受付嬢のセリフ 1 「アルバトリオンの力の 抑制順調です!」 2 「アルバトリオンの力が 大きく抑え込まれています!」 3 「アルバトリオンの力が 十分に抑え込まれました!」 「アルバトリオン」は弱体化させると特殊な大ダウンを取ることが出来ます。 1回の「エスカトンジャッジメント」で最大3回まで大ダウンさせることができ、最大の攻撃チャンスになります。 弱体後は円筒やジャーキーがぶ飲みがおすすめ 「ヘルフレア」と似たような仕様なので、味方の粉塵支援や「」、「」が有効です。 特におすすめなのが「」で、 体力が削られ始めた瞬間に連打して2回使用しましょう。 各活性状態と角の破壊について 3つの属性活性状態が存在 「アルバトリオン」には 「炎活性状態」「龍活性状態」「氷活性状態」の3つの形態があり、弱点属性も変化していきます。 2回目の「エスカトンジャッジメント」後も属性を戻させるには2本目の角を破壊する必要があります。 これによってパーティー全体で2属性の弱点属性武器を装備すれば良いので有利に立ち回ることが可能です。 しかし、 2回目の「エスカトンジャッジメント」までに両角が折れきっている場合、3回目が発動してしまうと前回とは異なる属性に変化してしまいます。 「アルバトリオン」の弱体である 「火」「氷」「龍」のいずれかをクエストに合わせて装備していきましょう。 開幕の活性状態に合わせて武器を装備しよう 「アルバトリオン」はクエストによって、クエスト開始時 開幕 の活性状態が異なります。 基本的に 開幕の属性の合わせて、弱点の属性に特化した装備を用意しましょう。 クエスト 活性状態 弱点 特別任務 炎活性状態 氷 炎活性状態 氷 氷活性状態 火 覚醒武器より鑑定武器がおすすめ! 素の属性値が低い「」より、属性特化の「」がおすすめです。 「鑑定武器」が無い方は、「覚醒武器」を属性特化にさせて使うのも良いでしょう。 龍活性状態時に角破壊をしよう 「龍活性状態時」にのみ角破壊が可能で、破壊に成功すると 「エスカトンジャッジメント」後の属性が前回の属性に固定されるようになります。 ぶっ飛ばしで頭に大ダメージが入るので必ず狙いましょう。 回復薬では体力が減る速度の方が速く危険です。 尚、 必ず属性武器で攻撃をして「弱体化」させましょう。 キャンプ右側にあるハジケ結晶は拾おう 「アルバトリオン」のクエストのキャンプ右側にある「ハジケ結晶」は拾っておきましょう。 ハジケ結晶はスリンガーで当てるとアルバトリオンを怯ませることができ、危険な攻撃を抑止できます。 さらに、アルバトリオンは乗りが難しくて落とされやすいですが、 乗っている人または味方が乗り中にハジケ結晶を当てることで、怯んで乗りを成功させやすくなるので、必ず拾っておきましょう。 非怒り時はぶっ飛ばしのチャンス! 「アルバトリオン」は通常のモンスター通り、「クラッチ」や「ぶっ飛ばし」の壁当てが行えますので必ず狙いましょう。 尚、非怒り時状態のみ「スリンガー閃光弾」が有効ですが、飛び上がってるときは「ぶっ飛ばし」も行えるので「ぶっ飛ばし」を優先しましょう。 モドリ玉が使用不可能 「アルバトリオン」との戦闘では「モドリ玉」が使用できないです。 その為、ボウガンは弾が無くなると火力を与える手段が減るので 剣士でクエストに挑むのがおすすめです。 属性やられ耐性や災禍転福が有効 「アルバトリオン」は複数の属性攻撃を使用してくるため、「」を付けることが大切です。 また、属性やられになることを逆手に取り、「」を付けて火力を上げるのも良いでしょう。 ブレス攻撃に注意! 直下炎or氷ブレス 直線氷ブレス 「エスカトンジャッジメント」程ではありませんが、アルバトリオンが行ってくる炎と氷のブレスに注意しましょう。 範囲内にいると体力が最大値でも力尽きてしまう為、モーション確認後は急いで範囲外に逃げましょう。 直下氷ブレスに関しては、貼り付いてしまえばダメージを受けません。 広範囲落雷 「」の前方に行う落雷に似ています。 雷が発生している間は、「アルバトリオン」がその場で動かずにいるので攻撃を仕掛けましょう。 さらに、「」を着て張り付くと多段判定すべてに反応してしまい、新品が1秒も満たないうちに無くなるので注意して下さい。 今作も見た目はかなりド派手で煌黒龍の力が溢れ出そうな神々しい物になっています。 また自らに宿す属性が非常に不安定で、周囲の天候をも急変させてしまうという、まさに天災を具現化させたような存在です。 禁忌モンスターに含まれる最強の古龍 煌黒龍「アルバトリオン」とは、『モンスターハンターシリーズ』において 「禁忌」として扱われる伝説的な存在のモンスターです。 他の禁忌モンスターとしては、「ミラボレアス」や「グランミラオス」が存在します。 禁忌モンスター 『モンスターハンターシリーズ』の世界観からしても、規格外の存在として位置付けされているモンスターです。 ある伝説では、栄えていた国を文明ごと滅ぼしたとまで言われていますが、その姿や実態すら確認出来ない事から伝説・神・空想上のモンスターとまで言われています。 5つの属性攻撃を行う古龍 「アルバトリオン」は形態変化によって、 火属性・龍属性・雷属性・氷属性・水属性の5つの属性攻撃を行う古龍です。 それに伴って弱点属性も変化していきます。 過去作ではラスボスや裏ボスとして君臨 「アルバトリオン」は登場した過去作全てにおいて、ラスボス以上の存在として登場していました。 関連リンク アイスボーンの大型モンスター攻略 アイスボーン アルバトリオン.

次の

【アイスボーン】アルバトリオンを攻略せよ

アルバトリオン 水属性

アルバトリオンについて 別名「煌黒龍」と呼ばれる古龍種で、すべての属性を操るモンスター。 MH3が初出となるのですが、私はPSPで離れてしまったので、今作が初対面でした。 めっちゃ格好良いし 死ぬ 一撃が重い。 最初に思ったのはこれなんですが、戦っていくうちにアルバトリオンの攻撃パターンが分かってきて、非常に良い調整がなされているなと感じました。 予備動作、動作後の隙 MHWIBになってからモンスターの予備動作や動作後の隙はほとんどなくなり、ずっとモンスターのターン!と言わんばかりに攻撃しつづけ、ひるませても隙がないモンスターもいたりしました。 ほんのちょっとの隙に群がるハンター達。 辛うじてできる大きな隙はぶっ飛ばしや麻痺、睡眠状態にしたときくらいです。 なんだろうこれって思うプレイヤーも多かったと思います。 今作のアルバトリオンはそういった面で、非常に良い調整がなされています。 今までのモンハンのターン制バトルがきちんとここでできている。 まず予備動作ですが、いきなり攻撃してくるものはあまり多くなく、アルバトリオンを見ていればどんな攻撃をしてくるか、はっきりと分かります。 難しいのは突進くらいでしょうか。 アルバトリオンは5つの属性を持った攻撃をしてきます。 気をつけたほうが良い危険な攻撃は赤、避けれるけど割と当たりやすいのが黄色、予備動作もあり避けやすいのが青 戦った方はわかるかと思いますが、一発の攻撃力が必要に高く、装備によっては一撃死も十分にありえます。 アルバトリオンを見てしっかり避けていきましょう。 地上では太字の攻撃では、動作が長い、動作後に吠えるムーブをするので攻撃チャンスになります。 雷撃は床が光るし、爆破も床の色が変わるのでわかりやすいです。 空中でも吠えるムーブはするのですが、ボウガンや弓以外は攻撃を当てにくいですね。 近接は足元でツンツンするか、クラッチをするくらいしかないです。 怒り時には一回動作が増えます。 頭突き可愛くて好き。 討伐の流れ クエストにより最初の活性状態は変わりますが、基本的には次の流れで活性状態は変わっていきます。 味方の装備に合わせて属性制御しなかったり、ソロの場合は属性制御したりといろんなパターンで攻略できるのは面白いですね。 アルバライトを使っているときは、属性制御しないというの一つの手です。 全属性速射が可能になるので、角を折らずに弱点属性で攻撃し続けられるメリットがあります。 アルバトリオンは戻り玉を使用することができないので、武器を変える場合やアイテムを補充する場合、死に戻りでしかできません。 自分の持っていく武器が非常に重要になります。 また、属性ダメージを与え続けることで、アルバトリオンの力を封じることができます。 力を封じることでエスカトンジャッジメントの威力を弱めることができます。 これができないと、基本的にみんな死ぬ。 無属性武器は黙って帰れってことですね。 つーか来んな。 役に立たねぇ。 これらの流れから、 とにかく属性武器で叩くということがわかりますね(にっこり 隙見つけて叩きまくれってこった。 実にシンプルでわかりやすい。 部位破壊して床に潜っての繰り返しで疲弊したり、岩に隠れて敵の攻撃やりすごしたりなんてありません。 メイドインワリオのたたけ!と同じレベル。 単純明快。 とにかく火力に振って叩きましょう。 武器について ライトボウガンがぶっ壊れ 水属性以外はアルバライトを使えば問題ないと思います。 そんなレベル。 前述しましたが、全属性速射でカスタマイズ次第で各属性すべて反動小、リロード速いにすることができます。 攻撃力、会心率は覚醒ライトに劣りますが、水以外は速射と反動小、リロード速いにできるので、こちらにも分があります。 他の武器も総じてレベルが高いですね。 高い龍属性値に長い紫ゲージ、攻撃力も割と高めなので龍耐性が高いモンスター以外はこれ担いで行ってもなんとかなるんじゃ?って思えてきます。 個人的に推したいのはアルバライトと片手剣ですね。 アルバトリオンにアルバ片手でJSをするのがめちゃくちゃ楽しいです。 弱点部位で200~300、最後の一撃で400くらいでるので脳汁溢れます。 防具について 見た目も格好良いし、スキルやスロットも非常に優秀です。 体力増強と防御に龍耐性、逆恨みと攻撃で、攻撃と防御を両立することが可能になった装備です。 スキルも耐性を生かしたスキルとなっています。 2部位で発動するセット効果「耐性変換」は耐性値15毎に属性攻撃力が10加算されます。 3部位で発動するセット効果「全属性耐性強化」はすべての耐性値が1. 2倍になります。 実質火力1. 2倍!?というわけではありませんのでご注意下さい。 しかしバーサーカーにはムフェトがいる。 ムフェトにはやはり敵わない。 会心40%+属性150+自ダメージ+回復はつよい。 ムフェトがいなかったらアルバが主流になっていたと言っても過言ではないでしょう。 ムフェトがやはりぶっ壊れ。 耐性変換での属性攻撃力の上昇値次第ではムフェト以上の性能に成っていた可能性もあると思います。 属性加算値が20なり、30だったらムフェト以上の性能になっていたでしょう。 ここんとこも良い具合に考えられたのかなと思います。 エスカド装備は4部位を使用するより、他防具の2部位や3部位を使ったセット効果に合わせて、耐性変換を組み合わせて属性火力補助をしたら良いかなという印象ですね。 ブエエエブやムムエエムとか、覚醒武器ララエエラとか 今まで1セットしか発動できなかったものにもう一つという感じで、ちょい足しスパイスみたいな気持ちで属性攻撃力を少しあげることができるのはエスカド装備の強みですね。 耐性値も優秀なので使い勝手は良いです。 最後に エスカド装備、作って損はないです。 著者の基本的な食事 これにプロテインなどがプラスされます。

次の