シトロエン ベルランゴ。 ディーラー一覧:シトロエン公式サイト

【シトロエン ベルランゴ 新型】日本市場に初の導入、ライバルはルノー カングー か[詳細画像]

シトロエン ベルランゴ

シトロエン・ベルランゴ・デビューエディション 価格:8SAT 325万円 試乗記 シトロエン・ベルランゴ・デビューエディション ベルランゴのカタログモデルは秋に発売予定 装備・仕様はデビューエディションと共通 1. 5リッターディーゼルターボ(130ps)搭載 駆動方式はFF 内外装は最新シトロエン・モード。 エンジンは1. 5リッターディーゼル フランスでルノー・カングーのライバルが、グループPSAのシトロエン・ベルランゴとプジョー・リフター(日本未発売)だ。 今秋に予定されているカタログモデルの日本発売に先立って、ベルランゴのデビューエディションの販売がスタートした。 パワートレーンは 1. 5リッターディーゼルターボ(130ps/300Nm)と8速ATの組み合わせ。 日本ではカングーより上級車の位置付けとなる。 ベルランゴとリフターの基本設計は共通。 だが、デザインはしっかりと作り分けがなされている。 ベルランゴのフロントマスクはC3に近い雰囲気で、バンパーやエアバンプに配した台形アクセントはC5エアクロスに似ている。 最新のシトロエン・モードだとすぐわかる。 インテリアも同様だ。 リフターが最新のプジョーに共通する先進コクピットデザインを採用したのに対し、ベルランゴはオーセンティックな運転環境にまとめた。 かなり高めのフロントシートはふっかりした着座感があり、いかにもシトロエンらしい。 4m デビューエディションのボディカラーは全3色 ルーフレール標準 多彩な収納スペース。 力強い走り。 乗り味は正統派フレンチ! 後席は3分割式で。 2785mmという長いホイールベースを持つだけあって、身長170cmのパッセンジャーがゆったりくつろげる。 折りたたみは背もたれを前に倒すと同時に座面が沈み込んでくれるので扱いやすい。 そしてリアゲートは、小物の出し入れに便利なガラスハッチ付きである。 収納スペースはメーター上、前席上、荷室上部など室内各所に用意。 大きなガラスサンルーフの中央を貫くバーも、LEDを内蔵した半透明のパネルがトレーになっている。 国産ミニバン顔負けのユーティリティ性能だ。 走りは力強い。 車両重量は1590kgと重めだが、ディーゼルならではの低回転域における大トルクと8速ATの実力で、予想以上にリニアな加速が得られる。 四角い車体は見切りがいい。 乗り心地はフランス車らしいしなやかな感触。 開放的なキャビンや快適なシートの効果もあって、ずっと運転していたいという気持ちになる。 コーナーでのロールは抑えられているので背の高いクルマながら、不安感はない。 シトロエンらしい粘り腰が心地よい安心感をもたらしている。 ベルランゴは広い空間にふさわしい上質な仕立てと高いユーティリティ性、そして余裕のある走りを身につけていた。 フランス車らしい「世界観」が楽しめる1台である。 6kgm)/1750rpm WLTCモード燃費=未公表(燃料タンク容量50リッター) サスペンション=フロント:ストラット/リア:トーションビーム ブレーキ=フロント:ベンチレーテッドディスク/リア:ディスク タイヤ&ホイール=205/60R16+アルミ 駆動方式=FF 乗車定員=5名 最小回転半径=5. 関連記事• Related Article 新車情報もっと読みたい• What's News 最新情報•

次の

5時間半で完売!? シトロエンとプジョーのミニバンの価値と脅威

シトロエン ベルランゴ

その現行型ベルランゴ、そして商用車のベルランゴ・バンが、すでに世界で合計20万台以上も販売されていることが分かった。 このうち、およそ15万台が2019年に売れたものだという。 つまりグローバルで見ると、コンパクトカーの「C3」に次いで、2019年に2番目に売れたシトロエン車がベルランゴということになるのだ。 3分の2が商用車 例えば、イギリスの場合はこれまでに2万台以上が販売され、乗用モデル(ベルランゴ)が4500台、商用車(ベルランゴ・バン)が1万台という内訳になっている。 ヨーロッパ全体では、3台のうち1台が乗用、2台が商用という登録状況。 シトロエン・ベルランゴ・デビューエディション ヨーロッパで人気を集めている現行型ベルランゴは、昨2019年、欧州市場においてセグメント・シェアの16%を占めるモデルに成長。 シトロエンの欧州部門を支える存在となっている。 日本においてはベルランゴは乗用モデルが導入されており、写真のデビューエディションを先行販売。 正規導入は2020年秋頃の予定と発表されている。 日本市場ではルノー・カングーと競合すると考えられるほか、国産ミニバン・ユーザーの取り込みに貢献することが期待されている。

次の

【シトロエン ベルランゴ 新型】日本市場に初の導入、ライバルはルノー カングー か[詳細画像]

シトロエン ベルランゴ

長いこと導入が望まれていたシトロエン・ベルランゴが、ついに日本へやってきた。 それも、兄弟車であるプジョー・リフターと同時に上陸するという、フランス車ファンならずとも諸手を挙げて大歓迎したくなるビッグニュースである。 最大のライバルは、もちろん王者ルノー・カングー。 しかし実際に乗ってみると、見事にカングーとは異なるキャラクターが与えられていたわけで……。 ディーゼル+8速ATがもたらす上質な走り 日本でルノー・カングーが独自のマーケットを切り拓いたのは周知の通りだ。 もともと商業バンに出自を持つが、その豪華さを追い求めない潔さがタフな道具感を醸し出し、さらにフランス生まれならではの異国情緒が日本人の心を揺さぶり、日本におけるフランス車としては驚異的と言ってもいいほどの人気を博している。 そしてこのカテゴリーは、日本ではカングーの独占的なマーケットとなっているのである。 一方で世界に向ければ、欧州はもちろん、南米や北アフリカやロシアといった多くの市場にカングーのライバルが存在している。 その代表的な存在がシトロエン・ベルランゴとプジョー・リフターだ。 その両者が2019年に日本への導入を果たした。 正規ラインナップとされるのは20年の秋以降だが、19年末に「デビューエディション」が上陸し、このほどテストドライブの機会を得たというわけである。 実際に対面したベルランゴは、想像していた以上に「乗用車」然としている。 カングーが意図的に商業車らしさを色濃く残し、とくにメガーヌやルーテシアなどとの近似性を感じさせないのに対し、こちらはC3やC3エアクロスやC5エアクロスと同じ流れを汲むアピアランスを与えられている。 インテリアに乗り込むと、その印象は一層強くなる。 スポーツカーのような異形ステアリングやダイヤル型シフトセレクターなど、もはやプレミアム感すら漂う仕立てだ。 上を見上げれば大きなガラスルーフ越しに空が広がっている。 しかしベルランゴの上質さを決定的なものにしているのは、最新のスペックが与えられたパワートレインがもたらす走りである。 エンジンは1. 5Lディーゼルターボで、トランスミッションはなんと8速ATだ。 2Lガソリンターボに6速DCTもしくは6速MTを組み合わせるカングーのみずみずしい走りにもクルマ好きとしてはおおいに惹かれるものがあるが、テクノロジーとしての先進度、贅沢さは圧倒的にベルランゴが上回る。 低速域から十分すぎるトルクを発生するのはもちろん、きめ細かく制御されたトランスミッションが一瞬のタイムラグも許さない。 アクセルを踏めば、すぐさまドライバーが望むだけの加速力を生み出してくれるのだ。 そしてタップリとしたクッションが奢られたシートの快適さとホールド性はカングーと甲乙つけがたい。 今回は限られた時間での試乗だったが、ぜひとも2台をロングドライブに連れ出してみたいものである。 こんなチョイ乗りドライブでもわかったのは、ベルランゴとカングーは、確かに広い意味で言えば真っ向勝負のライバルだが、カングーを良く知るドライバーが乗れば、明らかに異なるキャラクターを持っているということ。 カングーはシンプルかつタフな道具感が魅力で、ベルランゴはパワートレインも含めて最新スペックが与えられ、上質感や高級感すら味わえるシトロエンならではの前衛的サルーンなのだ。 どちらがいいとか悪いという話ではない。 価格はカングーの方が60〜70万円も安く、それだって無視できない魅力のひとつだ。 (上)ガラスルーフの下には棚のようなユーティリティスペースが設けられる。 (左下)フロントシートの頭上にはオーバーヘッドコンソールが備わる。 写真左奥がクルマの進行方向だ。 (右下)少々わかりにくいが、ガラスルーフ下の棚を上から覗くとこのようになっている。 8mm 圧縮比:16.

次の