白い アジサイ 種類。 アメリカノリノキ‘アナベル’とは

アジサイ・ ガクアジサイ ・ヤマアジサイ~違いや特徴知りたくありませんか?

白い アジサイ 種類

— 目次 —• アジサイの種類は どのくらい? 原産国は? アジサイの種類は、3,000種類以上とも言われています。 毎年多くの品種が作り出されていて、正式に登録されていない品種もあるため実際は数え切れないようです。 アジサイの原産国は日本で、日本固有の「ガクアジサイ 額紫陽花 」が原種です。 そこからさまざまな品種へと広がっていきました。 ガクアジサイの特徴は、中心の花を飾る額縁のように、周りにだけ花を咲かせます。 梅雨の頃によく見る丸いアジサイは「セイヨウアジサイ」と呼ばれる品種です。 アジサイは土で色が変わる!? アジサイは土壌の性質や、花咲いてからの日数で色に変化がある花です。 アジサイは、土壌が 酸性の場合は 「青みの花」をつけ、 アルカリ性の場合は 「赤みの花」をつけます。 そのため、酸性の強い日本の土壌では、 青~青紫のアジサイが多く、アルカリ性の強いヨーロッパの土壌では ピンク~赤紫のアジサイが多く見られます。 アジサイの種類 一覧 今回は、2019年6月初旬に「片原温泉あじさいの里・あじさい祭り」に展示されていた紫陽花を 20種類掲載します!• アジサイの種類1. テマリテマリ テマリテマリと言う、アジサイの「てまり型」にまとまった花は名前だけでなく、雰囲気もとても可愛らしいです。 1つの花房にたくさんの花がつくので、表面の花が咲いて色づいてきても、中心から次から次へと蕾が開いて色づきます。 【ひとこと】少しづつ色が違ったパステルカラーのグラデーションが、とても可愛いらしい紫陽花でした。 アジサイの種類2. オタフクアジサイ ウスアジサイ オタフクアジサイ ウスアジサイ は、江戸時代に作られたガクアジサイの園芸品種です。 オタフクアジサイ ウスアジサイ も、土の酸性度によって花色が変化するアジサイですが、ピンク花の場合は「オカメ」や「梅花」と呼ばれるようです。 最大の特徴は花弁の形で、花弁の縁が内側に巻きこんでいるため、お皿のようになっています。 【ひとこと】見た目も特徴的ですが、名前が「オタフク」「オカメ」「梅花」など和風なところも素敵です。 アジサイの種類3. アナベル ジャンボ アナベル ジャンボは、直径30cmもある花房がつくアジサイです。 咲き始めは緑色の花がやがて白色へ、さらに美しいヒスイのような淡い緑色へと変化する花色が魅力です。 【ひとこと】茎が太く丈夫なため、ボリュームのある花が咲いても倒れる事がないらしいです。 ちょっと心配だったので良かったです。 アジサイの種類4. シュガーホワイト シュガーホワイトの魅力は、純白の花色で清楚でピュアな雰囲気です。 花1つ1つが大ぶりで、それがいくつも集まった花房も、ころがり落ちそうなほどの立体感があり、1つの花房だけで花束のようにも見えます。 土の酸度に左右されず真っ白な花を咲かせます。 【ひとこと】真っ白な紫陽花の花は、見ているだけで癒されました。 土の状況で色が変わらないのも凄いです。 アジサイの種類5. コンペイトウ ブルー コンペイトウも、土壌の酸性度によって、花の色を変えることができます。 酸性の土壌では、青色の花を咲かせることができ。 アルカリ性の土壌では、きれいなピンク色を咲かせることができます。 【ひとこと】すごく可愛らしい形の花で、色のグラデーションも綺麗で素敵です。 アジサイの種類6. ババリア ババリアは、清々しいブルーにうっすらホワイトグリーンが入る爽やかで涼しげなカラーの紫陽花です。 花つきもよく、茎は丈夫で育てやすい品種になっています。 【ひとこと】深い青色がとても綺麗な紫陽花で、花の縁が水色な所も素敵です。 アジサイの種類7. どっちの色も綺麗で好きです。 コットンキャンディーは、柔らかなピンク色が魅力的な品種です。 咲き始めはクリーム色で時間が経つとともに、ピンクが濃くなっていきます。 性質はコンパクトで、多くの花を咲かせます。 【ひとこと】名前も可愛らしいですが、ピンクと白のグラデーションが物凄く可愛かったです。 アジサイの種類8. 紅風車 紅風車は、赤紫色に青色が入る複色咲きの剣弁で、ガク片同士が離れて咲きます。 【ひとこと】花は少なめの紫陽花でしたが、風車と言う名前がぴったりな印象でした。 アジサイの種類9. 清澄沢 清澄沢は、かなり大型になるヤマアジサイで、花も大輪です。 【ひとこと】花弁が平たくて真っ白、ちょっと不思議な紫陽花でした。 アジサイの種類10. ポップコーン 【ひとこと】たまに見かける紫陽花の品種。 花弁の形がポップコーンのようでインパクトが強いです。 アジサイの種類11. 桜花乱舞 【ひとこと】名前の通り、とても華やかな印象の紫陽花でした。 アジサイの種類12. スターリットスカイ 【ひとこと】花弁が葉っぱのように柔らかそうな紫陽花でした。 アジサイの種類13. トモエ 【ひとこと】花弁の形がバラの花のようにも見えて、品がある色も綺麗な紫陽花でした。 アジサイの種類14. 大山 【 ひとこと】水色の花が可愛らしい紫陽花でした。 山の名前かな?と少し気になりました。 アジサイの種類15. 石鎚の光 【ひとこと】小さめで可愛い花びらでした。 名前のインパクトが強いです。 アジサイの種類16. 雷音 【ひとこと】雷音という名前のインパクトが強いですが、花弁の形が稲妻のように見える気もします。 色も花も美しい紫陽花でした。 アジサイの種類17. ハイドディープパープル 【ひとこと】青と紫のグラデーションの花弁が特徴的でした。 葉っぱが見えない花のボリュームにびっくりしました。 アジサイの種類18. シホウ 【ひとこと】紫とマゼンタのグラデーションと花弁の形が凄く綺麗な紫陽花でした。 葉っぱも大きいです。 アジサイの種類19. ハワイアン ジュピター 【ひとこと】ハワイアン ジュピターも名前のインパクトが強いですが、花の色も凄くインパクトが強い紫陽花でした。 アジサイの種類20. 流星 【ひとこと】名前がかっこいい紫陽花です。 名前を意識しながら見ると花弁も星のように見える気がします。 まとめ 初夏を彩るちょっと変わった品種のアジサイを20種類ご紹介させて頂きました。 一つ一つのアジサイを何の種類のアジサイだろうと推測しながら見てみると、普段とは少し違った印象を受けます。 種類がたくさんあって、新種につける名前を考えるのも大変そうですよね。 アジサイの英語表記は・・・ アジサイは英語で【hydrangea】カタカナ表記で「ハイドライジア」です。 ギリシア語の「ハイドロ:水」と「アンジェイオン:容器」が組み合わされて「水の器」と解釈されたのが由来らしいです。 アジサイは水が大好きなお花なのでイメージにぴったりですね。 梅雨の風物詩のアジサイは、雨にぬれた姿もとても美しく見ているだけで癒されます。 傘をさしてでも見に行くのも素敵ですね。 2019年 片原温泉あじさい祭りの詳細情報• 期間:2019年6月1日(土)~6月30日(日)• 料金:300円 駐車場代:500円• 会場:愛知県蒲郡市金平町一ノ沢28-1 形原温泉あじさいの里• アクセス方法: ・【電車でアクセス】JR 「名古屋駅」~「蒲郡駅」下車。 念のため、事前にご確認いただきますようお願い致します。

次の

アジサイの種類と人気品種、上手な育て方と剪定のしかた、さらに花言葉まで詳しくご紹介!

白い アジサイ 種類

5m 日照…半日蔭~日なた 難易度… USDA Hardiness Zone:3 to 9 アジサイ【アナベル】とは アナベルは、北アメリカ東部に自生するアメリカノリノキ Hydrangea arborescens の変種を品種化したアジサイです。 園芸品種として作出されたものではなく、イリノイ州のアンナ市の近くで発見された、野生のアジサイです。 通常のアメリカノリノキは小さな装飾花が花序の周囲に額のように付きますが、発見された変種は大きな装飾花を手毬状に咲かせるものでした。 この変種をオランダで選別・改良し、品種化したのがアナベルです。 アナベル花期は6月~7月。 花期になると、分枝した茎の頂部に半球状の花序を出し、小さな花を多数咲かせます。 花のように見えるのはガクが大きく発達した「装飾花」と呼ばれる部分で、雄しべと雌しべが退化しています。 純白の装飾花が咲くのは6月~7月ですが、蕾から咲き進むにつれて変化する花色もアナベル大きな魅力の一つです。 蕾の頃は淡い緑、花が咲くと純白、咲き進んでいくと再び緑に変化し、秋にはドライフラワーのように乾燥した茶色になります。 花色は基本種の白の他、ピンク。 日本のアジサイに比べると枝が細く、装飾花も小さいため、豪華ですが繊細な印象です。 アナベルの名前の由来 アナベルの名前の由来には所説あります。 アマビリスとは「愛すべき」という意味です。 「Anna belle」とは「アンナの美人」という意味です。 この詩は、アメリカの地方伝説である船乗りと娘の悲恋の物語を元に創作されたのではないかと言われています。 伝説は亡くなってしまった娘を思い続ける船乗りの話で、ポーは若くして亡くなった妻への思いをこの詩の中で綴っています。 このように「アナベル」の名前の由来は幾つかありますが、いずれにしても美しく繊細な「アナベル」の花姿に相応しいものだと言えます。 ここでは庭植えでの育て方を紹介しています。 栽培環境 日なたから半日蔭の水はけの良い場所が適しています。 極度に乾燥するような場所は苦手です。 真夏に強い西日が当たって乾燥が気になるようなら、株元をマルチングして水分の蒸発を防ぎます。 夏越し、冬越し 耐寒性、耐暑性共に優れており、特に対策の必要はありません。 水やり ほぼ降雨のみで大丈夫です。 真夏に乾燥が長く続くようなら、朝か夕方に水やりをして下さい。 肥料 元肥として、堆肥や牛糞、緩効性化成肥料などを用土に混ぜ込んでおきます。 追肥は、1月~2月に寒肥、花後にお礼肥を施します。 どちらも緩効性化成肥料か、固形の油粕を施して下さい。 植え付け、植え替え 植え付け 適期は3月~4月、10月~11月です。 用土に腐葉土を混ぜ込み、さらに元肥として堆肥や緩効性化成肥料を混ぜ込みます。 肥沃な土壌を好むので、必ず元肥を用土に混ぜて下さい。 根鉢の2~3倍程度の植穴を掘り、根鉢を軽く崩して植え付けます。 植え付け後は水をたっぷりとやり、根と土を馴染ませて下さい。 植え替え 特に植え替えの必要はありません。 剪定 他のアジサイと違い、アナベルは新梢咲きの品種です。 花芽は開花する年の春に出来るので、花後すぐに剪定しなくても花芽を切り落とす心配がありません。 樹形を整えるための剪定は花後、または落葉期の2月~3月に行います。 細い枝や形の悪い枝は切り落とし、全体を丸く半円形になるように整えます。 必ず剪定が必要な訳ではありませんので、気になる場合に行って下さい。 株が大きくなって枝が込み合ってくると、下葉が落ちたりするので数年に一度、強剪定を行って枝を更新します。 強剪定の適期は11月~12月で、地際から2~3芽残してバッサリと刈り込んで下さい。 花数は減りますが、枝の勢いが増し大きな花を付けてくれます。 増やし方 挿し木 アジサイは挿し木で簡単に増やすことが出来ますが、意外と失敗することが多いのがこのアナベルの挿し木です。 6月上旬~7月中旬に挿し木をする場合 新梢を使って挿し木をします。 硬くなったものを選び、2~3節の長さで切り取ります。 節の下1㎝で斜めに切り、下葉を取り除き、上の葉は半分にカット。 半日~1日ほど水に挿しておき、十分に水揚げをします。 挿し木用土に挿しますが、発根剤を切り口に付けて挿すと成功率が上がります。 用土は赤玉土 小粒 か挿し木用土で、下の節が土に埋まるように挿して下さい。 明るい日陰で水を切らさないように管理して、発根を待ちます。 発根したら徐々に日光にならしていき、1カ月ほどで鉢上げをします。 2月に挿し木をする場合 要領は同じです。 この時期は落葉しているので葉の処理は必要ありません。 下の節から発根、上の節から葉を出させます。 成功すれば春になると元気に葉を出してくれます。 そのまましばらく育て、4月頃に鉢上げをして下さい。 挿し穂に太い枝を使うと、その年に花が付くこともあります。 病気・害虫 うどんこ病 葉の表面が白い粉をまぶしたようになり、病気が進行すると葉が枯れてしまうこともあります。 初期であれば、病葉や落葉した病葉を取り除くことで拡大をある程度防ぐことが出来ます。 風通しを良くして、発生を予防して下さい。 カミキリムシ 株元におがくずのようなものが落ちていたら幹の中にカミキリムシの幼虫が潜んでいます。 放っておくと株が枯れてしまうので、早目に駆除して下さい。 幹に開いている穴から薬剤を注入するか、針金などを突っ込んで補殺します。 薬剤の場合は、駆除の確認のため、新しいおがくずの発生に注意して下さい。

次の

白いアジサイ、どうやったら白色を保てますか?

白い アジサイ 種類

白のアジサイはアントシアニンという花の色の元になっている色素を持っていません。 ですからどんな土に植えても白のままです。 色が変わった理由として2つ考えられます。 1つは購入された白のアジサイがもともと白のアジサイではなかったということ。 アジサイのなかには日に当てる時間が短いか、ほとんどないと発色が薄くなる品種があります。 花が咲いたばかりでは着色がほとんどなく日に当てると色づいてくるというものもあります。 こういう品種だったかもしれませんね。 その場合にはなるべく直射日光は避け、カーテン越しなどの弱い光にだけ短時間当てるようにしてください。 もう一つの理由は 白の品種のアジサイでも花が咲き進むとわずかに色づいてくる場合があります。 中性からアルカリ性土壌ではごく薄いピンク色に、酸性土壌ではごく薄いブルー(紫)になります。 これは白花アジサイの特徴ですので咲き始めら咲き終わりまで純白の状態にしておくのは不可能です。 土壌を変えてもこればかりは変えることは出来ません。 アジサイを販売している方ももう少し勉強してから説明してもらえると助かるのですが・・・ ちょっと不親切な対応でしたね。

次の