猫 避妊手術 失敗。 猫の避妊手術・去勢手術の方法や流れと注意点 [猫] All About

猫の去勢手術・避妊手術の費用は?助成金で安くなるって本当?

猫 避妊手術 失敗

猫を新しく迎えた時には、健康管理についても考えていく必要があります。 とくに子猫の時には、予防接種や健康診断だけでなく、「避妊・去勢手術」をどうするかも考えなければならないことのひとつですね。 猫の避妊手術前に知っておきたいこと 一般的に猫の飼養管理の観点からは、特段の理由がない限り、女の子には避妊手術を行うことが望ましいとされています。 でも、避妊手術を行うことでどんなメリットがあり、どんなことに気を付けなければならないのでしょうか。 【関連リンク】 避妊手術のメリット ・予定しない妊娠の回避 猫が外に出る場合はもちろんのこと、室内飼育であっても他の猫が侵入したり、逃亡してしまうなど事故的な出来事が原因で、妊娠してしまうことがあります。 猫は交尾の刺激によって排卵するため、交尾をした場合かなりの確率で妊娠をします。 万が一、知らないうちに外で子猫を産んでしまっていた場合には、子猫たちは、地域猫(野良猫)として殺処分の対象となってしまうこともあります。 ・発情期のストレス軽減 女の子の猫は、個々に差はありますが、春から夏にかけて年2、3回ほど発情期を迎えます。 その間、高い声で鳴いたり、人や物にさかんに身体をこすりつけて甘えたりなど日常の行動に変化が見られる他、興奮した状態が続く、食欲が落ちるなどの変化が起きます。 それでも交尾できるわけではないので、発情自体がストレスになる場合もありますし、それが原因で体調を崩してしまうこともあります。 避妊手術を行うことで発情が起こらなくなるため、発情期に見られる発情行動や、体調の変動はなくなります。 なお、猫は、犬のような生理出血はありません。 また、周期的な性ホルモンの影響を受けにくくなるため、「(乳がんなど)」の発生リスクが下がると言われています。 手術前と同じ量をあげていても、太ってしまうことがあるため、食事の総カロリーを減らすなど、配慮が必要です。 ・手術、麻酔のリスク 避妊手術は全身麻酔で行います。 手術は複雑なものではなく、どの動物病院でも日常的に行われています。 また、麻酔のリスクももちろんありますが、病気の状態での麻酔とは違い、リスクはそう高いわけではありません。 その他、体質的に、稀にお腹の中の縫合糸が炎症を起こすと、「しこり」ができてしまうことがあります。 場合によっては再度手術が必要になってしまうケースがあります。 最近では縫合糸を使わない手術を行う動物病院も増えてきています。 ・ほかの病気が増えることもある? 賛否両論があるため、まだはっきりとはしていませんが、避妊手術を行うことで間接的に増える病気もあるという報告もされています。 【関連記事】 避妊手術をする時期は? 一般的には、はじめての発情が来る前がよいとされています。 ただし、ある程度身体が成長している必要もあり、具体的には、生後6ヶ月~8ヶ月頃が適当な時期と言われています。 もちろん、ひと同様、個体差があるので、猫によっては発情が早く来てしまうこともあります。 時期はかかりつけの先生と相談するのがよいでしょう。 また、発情中や病気中には、無理にその期間に避妊手術を行うよりは、体調が落ち着くのを待ってから手術を再検討してください。 発情時期には子宮の血流が増えたり、免疫が下がったりしているため、リスクが上がります。 特に理由がない限りは、発情時期を避けて手術を行うことが望ましいです。 猫の避妊手術の流れは? 避妊手術をしようかなと考えたら、まずはかかりつけの動物病院で相談をしましょう。 いつ手術をするかなどについて詳しく教えてくれるでしょう。 また、手術の日程が近い場合には、その場で術前の検査をすることもあります。 避妊手術の当日は、絶食等の指示事項を必ず守ったうえで動物病院に連れていきましょう。 避妊手術自体は、麻酔時間も含めて1~2時間で終わります。 ただし、開腹をすることもあり、その日は1泊の入院になることがほとんどです。 動物病院によっては、手術後に面会できるところもあります。 入院する場合、初めての場所で、独りぼっちで過ごすことになるので、ストレスを感じる猫も多くいます。 いつも使っているタオルやおもちゃを持っていけることもあるので、動物病院に確認しましょう。 特に問題がない場合、手術翌日には退院できます。 退院時には、傷口の感染予防のため、抗生剤を処方されることが多いので、投薬方法などをしっかりと聞くようにしましょう。 また、手術後には傷口を舐めないようにエリザベスカラーというエリマキのようなものをつけたり、傷口を保護する術後服を着る必要があります。 その注意点などについてもしっかりと聞くようにしましょう。 一般的に、手術から7~10日後には傷口の抜糸や健康チェックのために、診察を受ける必要があります。 ただし、手術の方法によっては抜糸の必要がないケースもありるので、退院時に確認をするようにしましょう。 避妊手術ってどんな手術? 避妊手術は、卵巣(左右)と子宮、または卵巣のみを摘出する手術です。 卵巣を取ってしまうので性ホルモンの分泌はほぼなくなり、発情もしないので排卵・妊娠することもありません。 手術は全身麻酔をかけて行います。 手術の方法は、お腹を開けて行う手術(開腹手術)が一般的ですが、最近では傷が小さくて済む「腹腔鏡手術(ふくくうきょうしゅじゅつ)」で避妊手術を行う病院も増えてきています。 開腹手術の場合、おへそのあたりを数センチ程度、縦に切開します。 腹腔鏡手術の場合は、お腹の中に器具を入れる穴の2、3か所に、それぞれ3~5㎜程度を切開して行います。 手術器具や鎮痛剤など、それぞれの動物病院で少しずつ違いがありますので、気になる場合は事前に確認するようにしましょう。 なお、猫の避妊手術は、卵巣と子宮を一緒に摘出する手術が一般的です。 卵巣を摘出することで子宮の病気が発生する可能性も非常に低くはなるのですが、子宮も摘出しておくことで、子宮蓄膿症や子宮内膜症など、万が一の子宮の病気も予防できます。 避妊を目的として、最小限の手術となると卵巣のみを摘出するかたちになり、若い猫の場合は卵巣のみの摘出を勧めている動物病院もあるので、個々の状態に合わせ、かかりつけの動物病院と相談しましょう。 避妊手術当日の注意事項 避妊手術を行うにあたっては、手術当日か手術の数日前に血液検査などを行い、現在の健康状態に大きな問題がないかを調べることが一般的です。 術前検査は、赤血球や白血球の状態や内臓の状態をひととおり確認する血液検査の他、止血機能の検査やウィルス検査、胸部レントゲン検査などを合わせて行う場合もあります。 そして、手術前日の夜からは絶食をして、当日の朝からは絶水をして、手術に臨みます。 ごはんやお水をあげていい最終時間は、事前に動物病院から指示がありますので、必ず守るようにしましょう。 当日何か食べてしまった可能性がある場合や、手術前の便や尿の様子がおかしいなど気になることがある場合は、必ず申し出るようにしてください。 また、手術の数日前からは、外出など普段と異なる行動は猫の身体に負担がかかるのでしないようにしましょう。 避妊手術にはどれくらい費用がかかる? 避妊手術にかかる費用 猫の避妊手術(卵巣子宮摘出)の費用は、日本獣医師会の調査(平成27年度)によると、およそ70%の動物病院が15,000円から30,000円の範囲です。 調査は手術のみの費用となるため、別途、麻酔料や入院料、術後の投薬代やカラー代などがかかる場合もあります。 また、術前検査も別途かかります。 同調査では一般的な血液検査は、4,000円から10,500円程度、入院料は2,000円から5,000円程度が回答数の多い価格帯でした。 避妊手術にかかる費用は動物病院によりかなり幅がありますが、手術の方法や、術前検査の内容、入院の有無などによる違いもありますので、費用だけでなく、どういった検査・処置を行うのかも含めて確認のうえ検討するようにしましょう。 また、腹腔鏡での手術の場合は、特別な機器や専門的な技術を必要とすることから10万円前後かかることが多いようです。 避妊手術に対して助成金が受けられることも! 住んでいる地域によっては、飼い猫であっても避妊手術を受ける際に助成金を受けられる場合があります。 金額は市区町村によって異なりますが、だいたい4,000円から8,000円程度です。 助成金が出る場合でも、事前の申請が必要であったり、指定の動物病院での手術が条件であったり、年度内で支給できる頭数の上限が決まっていたりなど詳細がそれぞれ異なりますので、早めにお住まいの地域の情報を確認するようにしましょう。 避妊手術後に気を付けたいこと 避妊手術を受けた後は、抜糸までは傷口の感染予防と体調管理をおこなう必要があります。 また、避妊手術は、去勢と違って切開した傷口が大きくなりがちです。 自分で傷口をなめすぎたり、場合によっては縫合糸を噛みきってしまう場合もあります。 術後ケアとして、エリザベスカラーや術後服を購入する飼い主さんも多いようですね。 長期的には、太りすぎないように気を付けることが大切です。 また、稀ではありますが、手術の後、期間が経過してからお腹の中の縫合糸が炎症反応を起こしてしまうことがあるため、お腹のあたりに腫れやしこりなどがある場合は、早めに動物病院に相談しましょう。 麻酔後の注意点 避妊手術後、麻酔からさめてしばらく、半日くらいは、ウトウトしていたり、ぼーっとしています。 1泊入院することが多いですが、日帰り手術の場合は、帰宅後は落ち着ける場所で静かに休ませてあげましょう。 急におやつやごはんをあげたりはせず、指示された時間、量を守ってあげるようにしましょう。 また、手術後すぐは体温調節がうまくできない場合があり、体温が低下してしまうことも多いので、震えがないかなど、様子をみて暖かく過ごせるようにしてあげましょう。 傷口をなめないようにする 手術の後は、傷口が感染しないように清潔に保つことが大切です。 特に指示がない限り毎日の消毒などは不要ですが、猫が傷口を舐めたり、水や尿で傷口が汚れたりしないように気を付けましょう。 感染予防の抗生物質の処方があった場合は必ず最後まで飲ませるようにしましょう。 注射で長期間効果が持続する抗生物質を投与している場合などには、自宅での投薬指示がない場合もあります。 また、抜糸までの間は傷口を舐めないように、エリザベスカラーを首につけたり、術後服を着用したりすることが一般的です。 エリザベスカラーや術後服は、着けていると気になってしまいリラックスできない子も多いので、ごはんの時や、ゆっくり一緒に過ごせるようなときは外してもよいでしょう。 ただし、一度外すと逃げ回って着けられなくなってしまうこともあるため、再度着けられる確信が持てない場合は、外さない方が良いです。 エリザベスカラーの場合は、食器に口が届きにくくなったり、移動時にものにぶつかったり、首に当たる部分が痛くなったりすることが特にストレスになることが多いので、食器に足を付けて高くする、ぶつかりにくい環境にする、首回りや肩をよくマッサージしてあげるなどのケアをしてあげるとよいでしょう。 術後服の場合は、体形により、首の後ろの肩あたりの布や後肢の付け根のまわりがかなりぴったりしていることが多いので、ときどき位置を整えたりずらしたりして揉んであげて、局所の皮膚に負担がかからないようにしましょう。 排泄内容はいつもと変わりないか 避妊手術はお腹の中の臓器を摘出する手術のため、手術後に排尿・排便がスムーズにできているかは、お腹の中の他の臓器に影響がないという大切な安心材料になります。 また、尿や便の状態は、手術や麻酔、入院のストレスで体調を崩していないかのサインにもなりますので、量や状態をしっかり確認するようにしましょう。 ふるえ?けいれん? 手術後1日程度は、寒さや痛みで少し震えてしまうことがあります。 震えが長時間続いたり、痛みで眠れていないような場合は、動物病院に相談しましょう。 また、ほとんど考えられませんが、もしけいれんが起こっていたとしたら、すぐに動物病院を受診してください。 意識がない場合は、ふるえではなく、けいれんかもしれません。 その他、手術から数日たって以降、お腹の傷の突っ張る感じなどの違和感から、後ろ足を伸ばしながらプルプルとさせるような様子がみられることもあります。 抜糸をするケースとしないケース 開腹手術の場合でも腹腔鏡手術の場合でも、手術の際の皮膚の傷口を糸で縫合しています。 この糸は、傷口がしっかりついた術後10日から14日ほどで抜糸するのが一般的です。 なお、抜糸ができない猫(一時捕獲をして避妊手術を行った地域猫など)の場合は、皮膚を縫う際に、お腹の中などに用いる自然に溶けてなくなる糸(吸収糸)を使い、外側からは外せないような縫い方をして、術後の抜糸をしないこともあります。 避妊手術で性格は変わる? 避妊手術をしたからといって、猫の性格が変わるということは、あまりありません。 攻撃性がおさえられる子もいるようですが、みんなではありません。 ただし、避妊手術によって卵巣からの性ホルモンの分泌がなくなるため、性ホルモンによって起こっていた行動やストレスは緩和されてくることが多いです。 また、手術後には、初めての手術や入院によるストレスから、少し敏感になったり、様子が変わることがあるかもしれません。 病院から帰ってきた直後には、そっと見守っていてあげてください。 少し落ち着いてきたら、いつも以上にたくさんの愛情を注いであげることも大事なことです。 長期的には、発情期の気分のムラがなくなるなど、本能的な欲求によるストレスはむしろ減って、穏やかに過ごせるのではないかと考えられています。 避妊手術後に元気がない 避妊手術を行ったあと、通常は1~2日で元気に動き回るようになりますが、なかには、しばらく元気がない様子が見られることがあります。 原因としては、術後の痛みや手術・入院のストレス、エリザベスカラーや術後服による動きにくさなどが考えられますが、食欲がないことが続いたり、つらくて動けないような様子のときは早めに動物病院に相談しましょう。 なお、ぐったりしていたり、呼吸がしんどそうな場合は、お腹のなかで出血が起こっている可能性もありますので緊急に動物病院を受診しましょう。 まとめ 避妊手術は、病気の予防や、発情を抑えて人との生活を過ごしやすくするなどの面から一般的には推奨されています。 獣医さんとよく相談して 動物病院でも特段の理由がない限りは、避妊手術はした方がよいと勧められることがほとんどです。 しかし、何がなんでも必ずしなければならないというものではありません。 手術をするかしないか、するとしたらいつ頃するかなどはしっかり検討し、不明なことがある場合は動物病院に相談しましょう。 避妊手術は、動物病院でも頻繁に行われる手術のため説明書類なども整っていることがほとんどです。 そのため、先生の説明がシンプルになってしまうこともあるかもしれません。 心配なことがある場合は、遠慮せずに聞くようにしましょう。 病気やケガをする前に… 新しく猫を迎えたときは、健康管理に加えて、いざというときの備えについても考えてみてはいかがでしょうか。 病気やケガは、いつわが子の身にふりかかるかわかりません。 万が一、病気になってしまったり、ケガをしてしまっても、納得のいく治療をしてあげるために、ペット保険への加入を検討してみるのもよいかもしれません。 受付時間:平日9:30~17:30 / 土日・祝日9:30~15:30 どうぶつの病気に関するデータを公開 アニコム損保が保有する世界最大規模の診療データをもとに、猫種別・年齢別・性別のかかりやすい病気や、診療費の目安、平均通院回数などの統計データを調べることができます。 監修獣医師 RANKING• ペットには公的な健康保険制度がありません。 動物病院は、自由診療なので、思わぬ高額な診療費がかかることがありま... 2020. 飼い主の食事中、猫が人間の食べ物に興味を示したり、欲しがったりすることもあるのではないでしょうか。 しかし... 2020. 猫がよく吐くのはなぜ? 猫と一緒に暮らしていて気がつくのは、「よく吐く」ということではないでしょう... 2020. 猫と暮らしている人であれば、多くの人が疑問に思うのが鳴く理由です。 声色や仕草などで、ある程度何が言いたいのかわかるという... 2018. 愛猫のお手入れをすることには、うれしいメリットがたくさんあります。 まず、身体を清潔に保つことで、健康維持... 2020.

次の

【猫】健康管理(動物病院)

猫 避妊手術 失敗

猫の避妊手術を受けさせる時、失敗することはあるのか、気になるポイントです。 猫の避妊手術での失敗には、以下のようなケースがあるようです。 卵巣の取り残し• 尿管へのキズ• 神経的な後遺症• 術後、猫が興奮した事での自傷• 開腹して初めて避妊手術済みだと分かった 手術前に充分な検査を行っていなかったり、獣医師の熟練度によって臓器にキズをつけてしまったりする事で、上記のような失敗例が起こる事がありますがまれです。 また、大人しい猫ほど病院という慣れない環境に興奮し、しかも麻酔から覚めた後は興奮しやすくなりますので、自分で爪や歯を傷つけてしまうケースも存在します。 ずっと人に飼われている猫ならまだしも、しばらく飼い主がいなかった猫などの場合、まれに避妊手術済みだった、という事もあるようです。 避妊手術で命に関わるような致命的な失敗は少ないものの、可能性はゼロではありません。 飼い主さんが信頼できる病院や獣医師選びが大切となります。 猫は1回の出産で複数匹の子猫を産みます。 更に、その子猫たちは、生後半年を過ぎた頃から発情期を迎え、更に子猫を出産し始めるのです。 都会に住む猫は人間の使う灯りによって、季節に関係なく発情期を迎えることもあるそうですから、放っておくと どんどん子猫が増えていく事が想像できるでしょう。 飼い猫の場合であっても同様です。 もし繁殖をさせても、産まれた全ての子猫に責任を持ち、面倒を見るか里親を見つけるという飼い主さんならば良いのですが、中にはいつの間にか増えた子猫の世話に困って 保健所に持ち込む方もいます。 野良猫から産まれた子猫はもちろん、そのような無責任な飼い主の飼育放棄で 殺処分の対象になる子猫は、年間数万匹に及ぶのです。 たとえ完全室内飼いであっても安心はできません。 発情期は外に出たがり、中には網戸を破って脱走してまで外に出ようとする猫もいます。 鳴き声も普段より大きくなりますし、集合住宅などの場合は特に、ご近所への迷惑が気になる事もあります。 以上の事を勘案し、慎重に避妊手術を受けさせるかどうか、検討しなければいけません。 人間の勝手な判断で病気でもない猫にメスを入れるのはモラル的に問題がある、などとする声もありますが、避妊手術をせずに子猫が生まれ、その子猫たちが殺処分になってしまう可能性がある事も考えて頂けると良いと思います。 難しい判断ではありますが、避妊手術をするかしないかは愛猫と飼い主さんにとってベストな選択が望まれます。 この記事への書き込みは編集部が確認・承認した後反映されます。 書き込みに関する注意点 この書き込み機能は「他の猫の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、猫と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。 従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。 予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。 ・過度と捉えられる批判的な書き込み• ・誹謗中傷にあたる過度な書き込み• ・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み• ・荒らし行為• ・宣伝行為•

次の

避妊手術済の猫に発情が!手術失敗?考えられる原因と対処法は?

猫 避妊手術 失敗

食欲がない• 元気がない• 下痢・嘔吐• もちろん、無理に食べさせることはありませんが、できれば何か口にした方が良いので、猫の好きな食べ物などをあげてみて下さい。 例えば、おやつでも構いません。 食欲を促進するきっかけになれば良いので、無理のない範囲で与えてみましょう! ただし、お水も飲んでいない場合は要注意! 脱水の可能性もあるため、その場合は動物病院に相談しましょう!点滴などの処置を行ってくれるため安心です。 そのため、2~3日はそっとしておいてあげましょう。 心配なのは分かりますが、心配で構いすぎると、かえってストレスになってしまうので、いつも通りに接することが大切です! ただし、ぐったりしているようであれば、他に原因が考えられます。 トイレに行くことすらしない場合は、自然とトイレに行きたくなるまで待つしかないのですが、何度もトイレに行っても出なかったり、血尿?と思われる症状があった場合は、猫特有の特発性膀胱炎を発症している可能性が考えられます。 なるべく早く物病院に相談し、お薬を処方してもらいましょう! 猫の避妊手術後、注意することは? 避妊手術後、猫がどうしても気になってしまう場所が傷口です。 傷口は、舐めれるところにあるため、気になって舐めてしまうこともあります。 実は、手術後の傷口の処置は動物病院によって異なるんです! 基本的には、エリザベスカラー・術後服・強度のある絆創膏での処置が多いのですが、絆創膏以外は縫合糸がむき出しになっていることが多いんです。 エリザベスカラーや術後服は、猫が日常生活を送りづらくなります。 また、同居猫がいた場合は、その姿に驚き警戒心むき出しになることもあるんです。 そのため、可哀想でつい外したくなってしまいがちですが、決して外してはいけません! 強度のある絆創膏であれば、傷口が隠れているため舐めても絆創膏が外れるリスクは少ないのですが、エリザベスカラーや術後服の場合は、傷口がむき出しになっていることも少なくありません! そのため、これらを外してしまうことで猫が傷口を舐めたり自分自身で抜糸をしてしまうことで、細菌感染を引き起こすリスクも考えられます! また、同居猫がいる場合は、同居猫がこのようなことをしてしまうことも考えられます。 術後の傷口管理には十分に注意しましょう。 猫の避妊手術後、食事(餌)はどうすれば? 実は、猫の避妊手術後に最も気を付けたいのが、食事 餌 管理です。 実は、避妊手術で子宮と卵巣を摘出したことにより、本来送られるばずの栄養素たちが良き場を失ってしまいます。 その結果、ホルモンバランスも乱れてしまうため食欲が増加し、今までと同じフードを同じ量食べていても、太りやすくなってしまうからなのです! そのため、避妊手術後は、避妊・去勢専用のフードに切り替え、食事と体重管理をしていくことをおすすめします。 もちろん、通常のフードを与えてはいけないというわけではありません。 もし、与えるのであれば、太りすぎないように給餌量には十分に気を付ける必要があります。 専用フードであれば、適正量を守ることで肥満予防にもなるし健康寿命を延ばすこともできるので安心ですよ! 猫の避妊手術後、『性格が凶暴化』する場合も! 「家に猫を連れて帰ってきたら、性格が凶暴化している…」 「避妊手術をしたら性格が落ち着くなんて聞いたけど、違うの?」 「ちゃんと落ち着くのかな?」 などと、心配になってしまいますよね。 実はこれ、避妊手術によるストレスから神経質になっているからなんです! すでに何度も説明している通り、避妊手術で入院することにより、猫はストレスを感じて気が荒立っています。 実際に病院内でも入院前は大人しかったのに、手術を終えたら凶暴化してしまい治療に困った…なんてことも多いんです。 つまり、猫は精神的ストレスを態度で表しているんです。 猫にとってみれば、八つ当たりみたいな行動とも言えますね。 通常、傷口の痛みがやわらぐ2日目以降から徐々に落ち着き、このような凶暴化もおさまってきます。 心配かもしれませんが、最低でも2日は様子を見ましょう。 猫の避妊手術後、手術しても『発情』する場合も! 避妊手術をしたのに、数か月~数年経後に発情の仕草をするのようになったけど、一体どうして?! 発情しないんじゃないの?! もしかすると、それは「卵巣遺残症候群」かもしれません! 実は、卵巣の組織が僅かでも体内に残ると、卵巣の機能が再生してしまうんです。 その結果、数ヵ月を経過すると今までなかった発情の兆候が見られるようになるのです。 本来、避妊手術で卵巣と子宮は確実に摘出されるものなので、愛猫が発情の仕草をするようになったら、まずは避妊手術を行っ動物病院に相談をしましょう! 猫の避妊手術後、抜糸までの流れ 避妊手術を行い「1泊」したら、自宅に帰れるようになります。 自宅に戻ったら、抜糸までの間(約10日後)は猫の体調面と傷口の確認をしながら過ごしましょう。 まず、体調に関しては既に説明した通りです。 いつもとまったく変わらない子もいれば、ストレスから凶暴化してしまったり、食欲がない子もいます。 また、傷口をやたら気にして、舐め壊してしまったり中には自分自身で抜糸してしまうこともあります。 舐めすぎてしまうと、炎症を起こしてしまいますし、傷口が完全に塞がっていないのに抜糸してしまったりすると、傷口から細菌感染をしてしまうこともあり、傷口の治りが悪くなってしまいます。 基本的には、最低でも1週間程様子を見て問題がなければ大きな心配をすることはありませんが、それまでは毎日傷口のチェックは行いましょう! まとめ 望まぬ妊娠や、メス特有の病気を未然に防ぐという意味で避妊手術は必要視されています。 ただ、避妊手術は去勢手術と異なり開腹しなければならないため、飼い主さんは心配かもしれませんが、猫にとってみれば同じくらいのストレスを感じているということでもあります。 また、飼い主さんの過剰な心配は、かえってストレスを悪化させるだけになるため、避妊手術を終え家に帰ってきても、できるだけいつもと変わらぬ生活を送るようににしましょう! そして、術後は食事管理に気を付け肥満防止に努めましょう! 肥満は、心臓に負担をかけるだけでなく糖尿病のリスクも高めてしまうため、せっかく愛猫のことを考えて避妊手術をしたのに、結果として肥満が原因の病気になってしまった…なんてことにもなり兼ねません。 そうならないためにも、健康管理はしっかりと行い、健康寿命を延ばすことに努めましょう! 猫の去勢・避妊手術についての関連記事 去勢・避妊手術する「 前」に知っておきたい事.

次の