寝汗 漢方。 寝汗(ねあせ)と漢方

漢方で寝汗を改善

寝汗 漢方

飲みやすい漢方薬、衛益顆粒 夏になると「汗かき」の相談が多くなります。 暑いので当然というレベルでなく、流れるように出るケースです。 28歳のAさん。 毎日パソコンを使って図面作成をしておられますが、手や顔から出る汗の量が多く、仕事に支障をきたすと来店されました。 Aさんには固表、止汗作用のある衛益顆粒を飲んでいただきました。 20日ほど経って、汗の出方が減り、2ヶ月過ぎた頃には、気にせず仕事ができるようになった、と感謝の言葉を頂きました。 Aさんのように、普段は汗をかかないような状況でも汗を多くかく傾向の人を「多汗症」といいます。 全身にかく人は全身性多汗症といい、神経質で精神的興奮を起こしやすい人、貧血、脳溢血の方に起こりやすいのです。 手掌や足裏、腋下、顔、腰だけに強く汗をかくときは、局所性多汗症といいます。 漢方では、汗がだらだら出てしまう多汗症は、体表を防衛する力(皮膚温度調節や、免疫)が弱いと考えます。 また汗は津液(体にとって有用な水分)の一部であり、体の隅々を潤し、滋養作用をもっている大切なものです。 その津液が汗として出てしまうのは、衛気(体表防衛力)が発汗を調節できなくなってしまった結果です。 この時に用いられる生薬は黄耆というマメ科の植物で、朝鮮人参と同じように元気を補う代表的なものです。 この黄耆を主成分とする薬に「玉屏風散」があり、製品名【衛益顆粒】という飲みやすい漢方薬があります。 この夏に是非試してみられては? 多汗症に対応する漢方薬 急に暑くなり、今日は5月下旬の気候とか・・・。 暑くなるとともに、多汗症のご相談が増えています。 もともと多汗症や異常発汗は夏だけの問題でなく、1年を通してお困りなのですが、夏は特に酷くなるため、つらい思いや恥ずかしい思いをされるようです。 多汗症にはいくつかのケースがあります。 手足のひらに多い、頭や脇に多い、頭だけ汗が流れる、緊張によって発汗するなどです。 対応する漢方薬も多く、• 衛益顆粒・・・表虚といい、皮膚が弱く、汗をコントロールできない方に• 柴胡加竜骨牡蠣湯・・・緊張すると酷くなる方に、神経の安定をはかります• 瀉火利湿顆粒・・・のぼせやイライラがあり、赤ら顔の方に• 平胃散・・・脂濃い食事で、湿と熱が身体に多い• 黄連解毒湯・・イライラしやすく、熱がこもっている などたくさんあります。 体質と症状によってこれらを組み合わせていきます。 少し長期になる可能性もありますが、まずはご相談ください。 幼少からの多汗 24歳のYさんは、幼少の頃から多汗に悩まされているようです。 顔、脇、手のひら、そして足の裏までよく汗をかくようです。 夏場は特にひどいようですが、湿気の多いときや緊張時によくかくとのことです。 寝汗もかくようです。 麦味参顆粒 手足はほてることが多く、汗をかいた後は逆に冷えを感じるようです。 手の指や足が夜間むくんでいることも多いようです。 食欲はありますが、水分もよく摂るため、お腹がちゃぽちゃぽと音を立てることがあるようです。 お腹を下すことはあまりなく、どちらかと言えば便秘がちのようです。 多汗の原因は人それぞれであり対応の仕方も異なります。 しかし、汗をかくこと自体は生理現象であり、体は必要に応じて汗をかきます。 ただ、必要以上に汗をかくことは煩わしいことであり、また、汗をかくことで体の「水」や「気」を失い、そのことが様々な疾病の引き金にもなり得えますので、きちんと対応しておく必要があります。 この方の場合、「肝鬱」、「脾虚水滞」、「陰虚」の状態があったため、防已黄耆湯や加味逍遥散、桂枝加竜骨牡蛎湯などを一ヶ月ほど服用して頂きました。 寝汗や便通はよくなったものの汗の状態はあまり変化が見られなく、疲れやすいとのことでしたので、今度は衛益顆粒と麦味参顆粒を併用して頂きました。 すると顔の汗はまだかきますが、手のひらの汗がなくなり、さらっとするようになったようです。 また、指や足のむくみが取れました。 衛益顆粒の主薬である黄耆は体の表面上の気である"衛気"を強め、汗の出を調節します。 麦味参顆粒は人参、麦門冬、五味子の三つの生薬からなり、人参で体の元気をつけ、麦門冬で失った水分を補い、五味子の収斂作用で汗の出を調節します。 暑くてたまらない!! 31歳のYさんは生まれながらの汗かきです。 仕事場の環境はとても暑く、汗を人一倍かかれるようでお困りでした。 全体的に汗はよくかくのですが、特に頭から吹き出るように汗をかくようです。 水分はよく摂るようですが、特に胃腸にトラブルはないようでした。 人の体は全体として体温を一定に保つ恒常性があります。 その役割を果たすための体の仕組みの一つとして"汗"があります。 自律神経が働き、暑い時は汗腺が開き、汗を出すことで体の熱を冷やします。 逆に寒い時は体温が下がらないように汗腺を閉じることで対応しています。 また、熱はその性質上、熱いものは上に冷たいものは下に行く性質があります。 体の調子がいい時はそれほど問題なく過ごせるのですが、体調を崩した時(御自身で気付かれていないこともあります)や温度環境が極端な場合、その他精神的な問題がある場合などには自律神経のバランスが崩れ、汗の調節がうまくいかなくなることがあります。 この方には体の熱を冷し、体表での汗のかきやすさを改善するために知柏壮健丸と衛益顆粒を併用して頂きました。 約一ヶ月の服用で暑さが遠くに感じられる時があったり、汗の量が少しマシになったりしたようです。 引き続き服用して頂くことで、汗をかきやすい体質の改善を目指します。 多汗で悩まれている方はこの方以外にもたくさんおられます。 しかし、人それぞれ体質が違いますし、原因も様々です。 もちろんそれに合わせて使う漢方薬も様々です。

次の

寝汗と漢方について

寝汗 漢方

汗かき改善の前に漢方のタイプチェック まずは汗かきのタイプを漢方的な視点でチェックしてみましょう。 当てはまるものが多い項目が、あなたの汗かきタイプです。 ここからは、それぞれのタイプごとの汗対策ができる食べ物、運動、漢方をご紹介します。 疲れやすく、免疫力が低下しているので風邪をひきやすく、やる気もなかなか出ません。 すぐ息切れしてしまったり、手足の冷え、食後眠くなるのが特徴。 ぐったり汗タイプにおすすめの食べ物 ぐったい汗タイプは、エネルギーを補う食材がおすすめです。 もち米、山芋、さつまいも、じゃがいも、大豆、かぼちゃ、アスパラガス、とうもろこし、うなぎ、えび、さば、牛肉、豚肉、鶏肉、なつめ、もも、ぶどうなど。 胃もたれしやすいので、スープなど柔らかくて、温かく、消化を助ける調理方法がよいでしょう。 逆に冷たいもの、脂っぽいもの、生物などは控えた方がいいです。 ぐったり汗タイプにおすすめの運動・お風呂 ぐったり汗タイプは激しい運動ではなく、基礎体力をつけるためのストレッチ、ヨガ、ウォーキングなどの運動をしましょう。 多汗症の改善トレーニングには入浴が欠かせませんが、「気」が出やすいので、じんわり汗が出てきたところでストップし、長風呂にならないように注意が必要です。 肌が乾燥しやすくほてりやのぼせ、目の乾燥、喉が渇いて冷たい飲み物が欲しくなります。 また髪がパサついたり、不眠になりがちことも特徴です。 急に汗をかきやすくなった女性は、更年期が影響しているかもしれません。 ほてり汗タイプにおすすめの食べ物 ほてり汗タイプにおすすめの食べ物は、以下のとおりです。 豆乳、豆腐、アスパラガス、オクラ、きゅうり、冬瓜、トマト、レンコン、梅、レモン、牛乳、ヨーグルトー、プーアール茶、緑茶など 豆乳や豆腐は、女性ホルモンに似た働きをする大豆イソフラボンが豊富に含まれています。 大豆イソフラボンは、余分な汗を抑える働きもあるのでぜひ積極的に撮りたい食べ物です。 逆に避けたいのは、香辛料や薬味野菜、体を温める生姜、えび、鮭などの食材、アルコールです。 アルコールはのぼせやすくなるので注意しましょう。 ほてり汗タイプにおすすめの運動 ほてり汗タイプは運動しすぎると症状が悪化してしまいます。 無理のない範囲でウォーキングをするなど、体に負担がない範囲で行いましょう。 急に頭に汗をかくようになった、など脇汗や顔の汗かきが急に始まった人は、全身の汗腺が弱っている可能性があるので、汗をかくことで汗腺の機能を高めるトレーニングは必要です。 ほてり汗タイプにおすすめの漢方 ほてりや汗、イライラに悩んでいる人におすすめの漢方が「ノムダス」です。 更年期障害の不調や、女性ホルモンで若く見せたい人、PMS(月経前症候群)で悩んでいる人におすすめの和漢植物と乳酸菌が配合されています。 多精神性発汗が漢方でよくなったという口コミもありました。 むくみやすく、下痢になりやすく、体がだる重い倦怠感が特徴。 汗はベタベタして体臭が気になる人もいます。 ベタベタ汗タイプにおすすめの食べ物 ベタベタ汗タイプにおすすめなのは、体の余分な水分を取り除く食材です。 冬瓜、なす、レタス、スイカ、豆類、アスパラガス、きゅうり、昆布、海藻類、烏龍茶、紅茶、コーヒー、緑茶など 逆に避けたいのはベタベタ汗になりやすい肉類、脂っぽいもの、甘いもの、アルコールです。 肉類や脂ものは臭いの原因にもなります。 冷たいものを食べたり水分をとりすぎたり、暴飲暴食、たくさんアルコールを摂取すると余分な水分を増やすことになるので要注意です。 ベタベタ汗タイプにおすすめの運動 ベタベタ汗タイプは、20〜30分のウォーキングや半身浴で発汗を高めて、水分代謝を促しましょう。 むくみやすい時はリンパマッサージやヨガでリフレッシュするのがおすすめです。 ベタベタ汗タイプにおすすめの漢方 ベタベタ汗タイプにおすすめの漢方は「生漢煎 防風通聖散(しょうかんせんぼうふうつうしょうさん)」です。 代謝を良くして体の余分な水分を排出するキキョウ、オウゴン、トウキ、カッセキなどの18種類の生薬を配合しています。 お腹周りの皮下脂肪を落としたい人にも最適です。 動悸が起こりやすく、不安や落ち込むことがあると汗が出てしまいます。 物忘れが激しかったり、手足が痺れたり、顔色が白いという症状もあるでしょう。 動悸汗タイプにおすすめの食べ物 動悸汗タイプにおすすめなのは、血を補う食材です。 黒豆、黒ごま、黒きくらげ、ほうれん草、カツオ、うなぎ、たこ、レバー、鶏卵、豚肉、牛肉、なつめ、アーモンドなど 偏食はせずに、消化しやすい調理法でよく噛んで食べるのがポイント。 冷たいもの、生物、脂っぽいもの、甘いものは控えるとよいでしょう。 動悸汗タイプにおすすめの運動 動悸汗タイプは、軽めのウォーキングがおすすめです。 目を使いすぎると血を消耗するので、パソコンや携帯を見る時間が長い人は調整したり、目を休めるようにします。 漢方的視点で汗かき改善のまとめ 漢方的視点を使うと、ひとくちに汗かきといってもさらに細分化することができます。 それぞれ食べ物、運動、入浴などのアプローチ方法が違うので参考にしてみてくださいね。 毎日の食生活で汗かきの悩みが少しでも解消できますように。 おすすめの関連記事.

次の

寝汗(ねあせ)と漢方

寝汗 漢方

寝汗が出て困る、といったお悩みは意外に多いようです。 過度な寝汗では• ・大量の汗で夜中に何度も着替える• ・朝目覚めたらシーツも枕もぐっしょり、ビニールを布団に敷くこともある• ・汗の不快感で深夜にシャワーを浴びる• ・寝汗の度に何度も目が覚め、寝不足になる• ・汗による湿気のため、敷布団にカビがはえる• ・病院に行ってもはっきりとした診断名がつかない など寝汗特有の困った状況があるようです。 寝汗は、睡眠中に出る自然な汗のことですが、過剰な寝汗は、体力を消耗させ睡眠の妨げにもなります。 西洋医学では、抗不安薬が処方されたり、パジャマや寝具の問題としてあまり重要視されない症状です。 この状態を、漢方では『腎陰虚』といい、この内熱によって寝汗をかきやすい状態になります。 腎陰虚では• ・ 手足の火照り• ・ 喉の渇き• ・ 寝汗• ・ 腰のだるさ• ・ 便秘 などの症状があらわれます。 漢方薬では、腎を潤わせ熱を冷ます瀉火補腎丸や杞菊地黄丸、二至丹などを用います。 更年期の寝汗も、腎の消耗が原因で起こることが多く、上記の漢方で対応することもあります。 からだの内と外の気の力が低下し、汗腺の締まりが緩くなった状態になると汗が出てきます。 営衛不和は、寝汗だけでなく日中の汗の原因にもなります。 漢方薬では、からだの内外の気のバランスを整え、汗を調節する桂枝湯や桂枝加竜骨牡蛎湯などを用います。 ストレスにより自律神経が乱れた時や、ホルモンバランスが崩れた時なども寝汗が出やすくなります。 この様な場合は、気を巡らせ、ホルモンバランスを整えるような漢方薬で寝汗をコントロールします。 一年を通じて悩まれる寝汗の改善には、からだの根本部分の解決が必要となってくる場合が多いです。 詳しくは漢方薬局までご相談ください。

次の