一緒 に 働き たく ない 人。 一緒に仕事したくない人の特徴9つ

一緒に仕事したくない人の特徴20選!職場で同僚に嫌われない方法!

一緒 に 働き たく ない 人

言い訳が多く責任転嫁をする 「あの人とは一緒に働きたくない」と同僚に思われる人の特徴として、まずあげられるのが、「言い訳や責任転嫁が多い」ということでしょう。 仕事にはミスがつきものですが、大切なのはミスをした後の対処です。 ありがちなのが、自分のミスをすなおに認めて、迷惑をかけた同僚や上司に詫びることをしないという人。 ミスをして同僚やに迷惑をかけても、何かしら言い訳をして、「自分は悪くない」と主張します。 さらに、ミスしたことを上司や同僚から責められると、ほかの人に責任を押し付けて、責任逃れをしようとさえするのです。 ほかの同僚に責任を転嫁して「あの人のせいでこうなった」というように言い逃れをしようとします。 単なる言い訳ではなく、責任転嫁は他の人に実害を与える卑劣な行為ですから、「あんな人とは一緒に働きたくない」と人に思われるのも当然のことと言っていいでしょう。 仕事中のムダ話が多い こちらが忙しく仕事をしている時、同僚から話しかけられるほど、迷惑なことはありません。 もちろん、仕事上の必要な話であればかまいませんが、そうではない話をする人もいます。 同僚に話しかけられれば、冷たく無視するわけにも行かないでしょう。 仕事をしながら、あるいは、仕事の手を止めて、話につきあいことになります。 その分、仕事が滞るわけですから、これは実害以外のなにものでもないでしょう。 仕事中に仕事とは関係のないムダ話をするというのも、一緒に働きたくないと思われる人の特徴なのです。 仕事のグチや不平不満ばかりを口にする ネガティブなことばかり話す人も、一緒に働きたくないと人から思われてしまいます。 働いていれば、だれしも仕事上のグチをこぼしたくなることはあるでしょう。 時には、同僚に、仕事や人間関係の不満を口にすることもあるに違いありません。 人間ですから、それはやむを得ないことですし、ある程度はおたがい様と言っていいでしょう。 しかし、それが過度になると、「おたがい様」と許容するわけにもいかなくなってきます。 休憩時間や飲み会など、顔を合わせるたびに、仕事に関するグチを聞かされ、不平不満ばかりを聞かされたのでは、こちらの気持ちも滅入ってしまいます。 そういう人は負のオーラを出しているものですから、近くにいるだけで、ネガティブな気持ちになってくることが少なくありません。 そんな人とは距離を置きたいと思うのが、自然な心理と言っていいでしょう。 ネガティブな性格で、仕事に関するグチ話ばかりする人も、同僚から、一緒に働きたくないと思われるのです。 すぐにパニックになって大騒ぎする 仕事をしていれば、思いがけないアクシデントが起こることもあるでしょう。 自分のミスによってトラブルが発生することもあれば、予測不可能な思わぬ事態が起こることもあるに違いありません。 困るのは、ちょっとしたことですぐにパニックになってしまう人。 ふつうの人ならそこまで大騒ぎしないようなトラブルでも、「大変なことになった。 どうしよう」と騒ぎ立てる人がいます。 「そんなこと、自分で処理しなよ」と言いたくなるようなことで、大騒ぎし、同僚に助けを求めてくるタイプの人です。 こういう人が身近にいると、自分の仕事にも悪影響を及ぼしかねません。 その問題処理のために手を貸さなくてはいけなくなり、その分、自分の仕事が滞ってしまうわけです。 こういう人が同僚だと、自分の仕事に実害が及びますから、「あの人とは一緒に働きたくない」と思われてしまうのです。 気分屋で、その時によって態度が変わる 気分屋というのも、一緒に働きたくないと同僚から思われる人の特徴と言っていいでしょう。 気分屋は、その時の気分によって、人に対する接し方が変わります。 きげんの良い時は、自分から明るく話しかけてきたり、同僚に対してやさしく接しますが、ひとたびきげんが悪くなると、別人のように冷たくなるのです。 日によって態度が変わるだけでなく、一日の中でも、気分しだいで接し方を変えるケースが少なくありません。 こういう人と一緒に仕事をしていると、毎日、よけいな気を使わなくてはなりません。 「今は、きげんがいいかな。 悪いかな」と顔色をうかがいながら仕事をしなければならないのですから、できれば一緒に働きたくないと思われるのも当然でしょう。 上にはゴマをすり、下には高圧的に接する 人によって態度や接し方を変えるというのも、一緒に働きたくないと人に思われる人の特徴です。 よくある話ではありますが、上司や先輩、職場内の力のある人にはゴマをするという人が少なくありません。 そういう態度を見せられるのは、それだけでも不快なものです。 こういう人は、逆に後輩や力の弱いに人に対しては、上から目線で高圧的な態度をとるという傾向があります。 自分がそういう接し方をされれば、「この先輩とは一緒に働きたくない」と思うに違いありません。 自分のやり方を人にも押しつけようとする 同じ仕事をしていても、仕事には人それぞれのやり方というものがあるでしょう。 「こうしたほうが、自分にはやりやすい」という段取りであったり、仕事に対するその人の流儀というのは、人によって違って当然です。 しかし、中には、自分のやり方、仕事に関する流儀を人にも押しつけようとする人がいます。 おせっかいな自信家タイプの人で、「こうしたほうがうまくいく」という親切心から、自分のやり方を人にもさせようとするのです。 親切心からであっても、押しつけられる人にとっては迷惑以外のなにものでもありません。 その人のやり方に変えた結果、前よりも作業効率が落ちてしまったということも少なくないでしょう。 これも、まちがいなく実害を伴う、一緒に働きたくない人なのです。 コミュニケーション下手で必要な報連相を怠る 複数の人が一緒に仕事をしていく以上、仕事に関するコミュニケーションを欠かすことはできません。 いわゆる「報連相」が仕事のコミュニケーションの基本ですから、毎日、必要な報連相をお互いにしながら、仕事を進めていくのが常識です。 しかし、中にはコミュニケーション下手であったり、めんどくさがりな性格であったりするために、必要なコミュニケーションを怠る人がいます。 仕事上の報連相はその人にとって必要なだけでなく、それを受けるこちらにとっても必要不可欠であることが少なくありません。 ある連絡を受けなかったために、こちらの仕事に支障が出てしまうということもあるでしょう。 「なんで、連絡してくれなかったのか」と怒りを感じるのは当然の話です。 必要な報連相を怠るというのも、一緒に働きたくないと思われる人の特徴の一つなのです。 スポンサーリンク 仕事の悩みの負担を小さくするためにできること• 給料が安くて悩んでいる• 会社の理不尽に疲れ果てている• 辞めたいのに辞められない…• 将来に不安を感じているけど、なにをすればいいかわからない… などなど働いているとありがちな悩みですが、それは現状のままで変えることが出来るでしょうか? 人それぞれ考えは違うと思いますが、私はその度に転職をしてきました。 もちろん、それで失敗したことも有りました…しかし、変える努力を続けたことで現在は自分の好きな仕事に熱中できる様になりました! ウェブ制作会社 向き不向きもありますし、苦手な環境、好きな環境も人それぞれです。 人生の大半の時間を仕事に使うわけですから自分に合う仕事を探すべきだと私は思います。 自分の本当に求めている仕事、環境を一緒になって考えてくれるところに私は魅力を感じました そのときの条件が• あんまり残業したくない…• 体育会系の人が多いところはちょっと…• 休みはしっかり取りたい• 学びながら高いモチベーションで仕事に向き合いたい! でした。 これくらい正直でも真摯に向き合ってくれ、話していく中で私の適性や性格を把握した上でこういった仕事はどうか?と提示してくれました。 一度、実際に事務所に行って面談をしなければいけないのがちょっとネックですが、直接会うことで私の適正をしっかりと見極めてくれ、話しやすいような環境を作ってくれていたことに非常に魅力に感じました。 事務所は全国にありますし、話しやすいということもあってか、後半は仕事の悩み相談になってしまったのですが、その悩みを解決するためにがんばりましょう!と言っていただけたことは今でも覚えています。 そんなDODAは下記から見れます!興味を持った方はぜひ見てください。

次の

一緒に仕事したくない人の特徴20選!職場で同僚に嫌われない方法!

一緒 に 働き たく ない 人

言い訳が多く責任転嫁をする 「あの人とは一緒に働きたくない」と同僚に思われる人の特徴として、まずあげられるのが、「言い訳や責任転嫁が多い」ということでしょう。 仕事にはミスがつきものですが、大切なのはミスをした後の対処です。 ありがちなのが、自分のミスをすなおに認めて、迷惑をかけた同僚や上司に詫びることをしないという人。 ミスをして同僚やに迷惑をかけても、何かしら言い訳をして、「自分は悪くない」と主張します。 さらに、ミスしたことを上司や同僚から責められると、ほかの人に責任を押し付けて、責任逃れをしようとさえするのです。 ほかの同僚に責任を転嫁して「あの人のせいでこうなった」というように言い逃れをしようとします。 単なる言い訳ではなく、責任転嫁は他の人に実害を与える卑劣な行為ですから、「あんな人とは一緒に働きたくない」と人に思われるのも当然のことと言っていいでしょう。 仕事中のムダ話が多い こちらが忙しく仕事をしている時、同僚から話しかけられるほど、迷惑なことはありません。 もちろん、仕事上の必要な話であればかまいませんが、そうではない話をする人もいます。 同僚に話しかけられれば、冷たく無視するわけにも行かないでしょう。 仕事をしながら、あるいは、仕事の手を止めて、話につきあいことになります。 その分、仕事が滞るわけですから、これは実害以外のなにものでもないでしょう。 仕事中に仕事とは関係のないムダ話をするというのも、一緒に働きたくないと思われる人の特徴なのです。 仕事のグチや不平不満ばかりを口にする ネガティブなことばかり話す人も、一緒に働きたくないと人から思われてしまいます。 働いていれば、だれしも仕事上のグチをこぼしたくなることはあるでしょう。 時には、同僚に、仕事や人間関係の不満を口にすることもあるに違いありません。 人間ですから、それはやむを得ないことですし、ある程度はおたがい様と言っていいでしょう。 しかし、それが過度になると、「おたがい様」と許容するわけにもいかなくなってきます。 休憩時間や飲み会など、顔を合わせるたびに、仕事に関するグチを聞かされ、不平不満ばかりを聞かされたのでは、こちらの気持ちも滅入ってしまいます。 そういう人は負のオーラを出しているものですから、近くにいるだけで、ネガティブな気持ちになってくることが少なくありません。 そんな人とは距離を置きたいと思うのが、自然な心理と言っていいでしょう。 ネガティブな性格で、仕事に関するグチ話ばかりする人も、同僚から、一緒に働きたくないと思われるのです。 すぐにパニックになって大騒ぎする 仕事をしていれば、思いがけないアクシデントが起こることもあるでしょう。 自分のミスによってトラブルが発生することもあれば、予測不可能な思わぬ事態が起こることもあるに違いありません。 困るのは、ちょっとしたことですぐにパニックになってしまう人。 ふつうの人ならそこまで大騒ぎしないようなトラブルでも、「大変なことになった。 どうしよう」と騒ぎ立てる人がいます。 「そんなこと、自分で処理しなよ」と言いたくなるようなことで、大騒ぎし、同僚に助けを求めてくるタイプの人です。 こういう人が身近にいると、自分の仕事にも悪影響を及ぼしかねません。 その問題処理のために手を貸さなくてはいけなくなり、その分、自分の仕事が滞ってしまうわけです。 こういう人が同僚だと、自分の仕事に実害が及びますから、「あの人とは一緒に働きたくない」と思われてしまうのです。 気分屋で、その時によって態度が変わる 気分屋というのも、一緒に働きたくないと同僚から思われる人の特徴と言っていいでしょう。 気分屋は、その時の気分によって、人に対する接し方が変わります。 きげんの良い時は、自分から明るく話しかけてきたり、同僚に対してやさしく接しますが、ひとたびきげんが悪くなると、別人のように冷たくなるのです。 日によって態度が変わるだけでなく、一日の中でも、気分しだいで接し方を変えるケースが少なくありません。 こういう人と一緒に仕事をしていると、毎日、よけいな気を使わなくてはなりません。 「今は、きげんがいいかな。 悪いかな」と顔色をうかがいながら仕事をしなければならないのですから、できれば一緒に働きたくないと思われるのも当然でしょう。 上にはゴマをすり、下には高圧的に接する 人によって態度や接し方を変えるというのも、一緒に働きたくないと人に思われる人の特徴です。 よくある話ではありますが、上司や先輩、職場内の力のある人にはゴマをするという人が少なくありません。 そういう態度を見せられるのは、それだけでも不快なものです。 こういう人は、逆に後輩や力の弱いに人に対しては、上から目線で高圧的な態度をとるという傾向があります。 自分がそういう接し方をされれば、「この先輩とは一緒に働きたくない」と思うに違いありません。 自分のやり方を人にも押しつけようとする 同じ仕事をしていても、仕事には人それぞれのやり方というものがあるでしょう。 「こうしたほうが、自分にはやりやすい」という段取りであったり、仕事に対するその人の流儀というのは、人によって違って当然です。 しかし、中には、自分のやり方、仕事に関する流儀を人にも押しつけようとする人がいます。 おせっかいな自信家タイプの人で、「こうしたほうがうまくいく」という親切心から、自分のやり方を人にもさせようとするのです。 親切心からであっても、押しつけられる人にとっては迷惑以外のなにものでもありません。 その人のやり方に変えた結果、前よりも作業効率が落ちてしまったということも少なくないでしょう。 これも、まちがいなく実害を伴う、一緒に働きたくない人なのです。 コミュニケーション下手で必要な報連相を怠る 複数の人が一緒に仕事をしていく以上、仕事に関するコミュニケーションを欠かすことはできません。 いわゆる「報連相」が仕事のコミュニケーションの基本ですから、毎日、必要な報連相をお互いにしながら、仕事を進めていくのが常識です。 しかし、中にはコミュニケーション下手であったり、めんどくさがりな性格であったりするために、必要なコミュニケーションを怠る人がいます。 仕事上の報連相はその人にとって必要なだけでなく、それを受けるこちらにとっても必要不可欠であることが少なくありません。 ある連絡を受けなかったために、こちらの仕事に支障が出てしまうということもあるでしょう。 「なんで、連絡してくれなかったのか」と怒りを感じるのは当然の話です。 必要な報連相を怠るというのも、一緒に働きたくないと思われる人の特徴の一つなのです。 スポンサーリンク 仕事の悩みの負担を小さくするためにできること• 給料が安くて悩んでいる• 会社の理不尽に疲れ果てている• 辞めたいのに辞められない…• 将来に不安を感じているけど、なにをすればいいかわからない… などなど働いているとありがちな悩みですが、それは現状のままで変えることが出来るでしょうか? 人それぞれ考えは違うと思いますが、私はその度に転職をしてきました。 もちろん、それで失敗したことも有りました…しかし、変える努力を続けたことで現在は自分の好きな仕事に熱中できる様になりました! ウェブ制作会社 向き不向きもありますし、苦手な環境、好きな環境も人それぞれです。 人生の大半の時間を仕事に使うわけですから自分に合う仕事を探すべきだと私は思います。 自分の本当に求めている仕事、環境を一緒になって考えてくれるところに私は魅力を感じました そのときの条件が• あんまり残業したくない…• 体育会系の人が多いところはちょっと…• 休みはしっかり取りたい• 学びながら高いモチベーションで仕事に向き合いたい! でした。 これくらい正直でも真摯に向き合ってくれ、話していく中で私の適性や性格を把握した上でこういった仕事はどうか?と提示してくれました。 一度、実際に事務所に行って面談をしなければいけないのがちょっとネックですが、直接会うことで私の適正をしっかりと見極めてくれ、話しやすいような環境を作ってくれていたことに非常に魅力に感じました。 事務所は全国にありますし、話しやすいということもあってか、後半は仕事の悩み相談になってしまったのですが、その悩みを解決するためにがんばりましょう!と言っていただけたことは今でも覚えています。 そんなDODAは下記から見れます!興味を持った方はぜひ見てください。

次の

【一緒に働きたくない、仕事をしたくない人】その特徴と簡単な対処法

一緒 に 働き たく ない 人

自分に甘く他人に厳しい 自分にも他人にも同じように厳しいなら納得できますが、自分に甘いくせに他人には厳しい人もいます。 自分は平気で遅刻してくるのに、人の遅刻は1分も許さない• 自分はお喋りしているのに、人の無駄口は一言も許さない• 自分のミスは上手く誤魔化し、人のミスはことを荒立て指摘する こんな人が職場にいては、働く気力すら失いそうですね。 言っていることとやっていることが、まるで伴っていないのです。 ましてやこんな上司がいたら、誰もついていかないでしょう。 自分に甘く他人に厳しい人とは絶対に一緒に働きたくないですね。 人によって態度が違う 職場には様々なタイプ、そして様々な立場の人がいます。 大切なのは誰と接するときも態度を変えることなく、礼儀正しく感謝の気持ちを持って接することです。 しかし、それが誰にでもできるわけではありません。 中には、自分の損得ばかりを考えて人を識別している人もいるのです。 この上司には礼儀正しくする• この先輩は適当でいいや• このイケメン後輩には優しくしよう• この若い女子社員はこき使おう 相手によって、自分にどんな利益や不利益をもたらすのかを瞬時に判断するのです。 そして利益センサーが反応した人には愛想を振りまき、そうでない人は邪険に扱います。 その180度変わる態度は、対応される方も見ている方も嫌な気分にさせます。 こんな人と仕事をするのではストレスばかりが増える一方です。 自分のやり方絶対主義 仕事は勉強とは違います。 必ず一つの正解があるわけではありません。 頭がいいから、学歴があるから、できるというものでもありません。 100人いれば、100通りの考えがあり、それぞれのやり方があるでしょう。 そこに絶対的な正解もなければ、絶対的な間違いもないのです。 経験や知識を積んで学んでいくのが仕事です。 しかし、頭でっかちになっている人は、自分のやり方が絶対だと信じています。 自分以外のやり方は間違っていると思っているため、常に見下して指摘してきます。 「このやり方でないとダメだ」と主張を曲げないのです。 このように自分の仕事のやり方に自信を持ち、それを押し付けてくる人。 また、他のやり方を全否定してくる人。 こんな頭の固い自分絶対主義の人とは仕事したくないですね。

次の