バリオス 2 マフラー。 バリオスとバリオス2に違いについて

Amazon

バリオス 2 マフラー

ただいま、バリオスI型に乗っています。 私の乗っているバリオスは、バリオスの中で最強のパワーが出るモデルです。 私のは91年式ですが92年式までは馬力規制がかかる前なので最高出力45馬力のエンジンを積んでいます。 それ以降のモデルでは、メーカーの自主規制により最高出力が40馬力に抑えられています。 バリオス1は、リアサスペンション(後ろについているバネというか衝撃を吸収するもの)が一本で車体の内側についていてあまり見えないですが、バリオス2はリアサスペンションが2本外側についています。 他には、バリオスのほうが車体が10キロほど軽くどちらかというと排気音がうるさいです。 バリオス2は、排気音が少し静かでメーターには燃料系が付いています。 (1型でも後期モデルには燃料系が付いています。 ) 買うとしたら、初心者さん(私ももちろん初心者ですが)であれば新車、無理ならなるべく新しい中古車を買うことをお勧めします。 少し直す腕がある、故障しても直していくだけのお金があるならバリオス1型の91年式か92年式もしくはバリオスの原型のZXR250をお勧めします。 よく、バリオスは始動性が悪い(エンジンのかかりが悪い)などといわれますがそれは乗り手の手入れが悪いだけで別にバイクが悪いわけではありません。 250ccは車検が無いため何も手入れをしないまま売られることが多くあります。 ですので、中古車を買うときは特にエンジン、足回り(タイヤ、ホイール、フロントフォークなど)を気をつけてみないと・・・あとでお金が飛んで行きます。 A ベストアンサー BALIUS-2に乗っています。 私も教習中にBALIUS or Hornetで悩みました。 どっちも格好いいんですよね。 私がBALIに決めたのは家人がなんとなくホンダ 車 は嫌いっていうある種の主張があったのと、近所にカワサキの販売店があり前年モデル新車を安く購入できたというラッキーチャンスがあったという微妙なポイントもありました。 パーツも多いみたいだし。 12月に発売予定のHornetデラックスも最近発売の雑誌に広告が出ているけれど、格好いいと思いますよ。 私自身はBALIUSお勧めなのですが・・一度バイクの量販店などで実車を見て惚れた方になっちゃうんですかね。 長々と失礼しました。 BALIUS-2に乗っています。 私も教習中にBALIUS or Hornetで悩みました。 どっちも格好いいんですよね。 私がBALIに決めたのは家人がなんとなくホンダ 車 は嫌いっていうある種の主張があったのと、近所にカワサキの販売店があり前年モデル新車を安く購入できたというラッキーチャンスがあったという微妙なポイントもありました。 A ベストアンサー 工賃と部品代含めれば、それくらいになるでしょうね。 でも、バイク屋さんは、あとでお客さんに「あのとき幾らって言ったじゃないか!」と言われるのが嫌なので、高めに見積もる場合が多いです。 実際はもうちょっと安く上がる可能性もあります。 今はどこのバイク屋さんも仕事がなくてピーピー言っていますから、 そんなぼったくるような商売しているところは少ないですよ。 悪い噂はすぐに広まるからね。 そうそう、工賃を値切るのは止めた方が良いですよ。 メカニックはそれが一番頭に来ます。 自分の腕を安く見られるって事ですから。 最初からお客さんの方で、「予算これくらいなんですけど・・・」 と言ってもらえれば、なんとかやりくりしようって気になるかな。 A ベストアンサー 回答と呼ぶにはおこがましいのですが... 自分もメンテ初心者です。 ちなみに、バリオスの限りなく初期に近いA2に乗っています。 1992年製で知人より譲り受けました。 このバリオスがすごいやつでして限りなく整備不良に近い状態でした。 hiroron09さんがショップ購入なのか所有者から譲りうけてのか存じませんが#1の方がおっしゃった通りが一番ですが走行距離から見てすべてとなればかなり費用がかかると思います。 (どこまでするかですが、とことんすれば恐らく、別の中古を買える可能性も) まあ、私の経験を述べると、サス周り・キャブ&エンジン関係・タイヤ類は初心者には歯が立ちませんのでプロにまかせました。 タイヤは、ひびが入っていませんか?もしそうだと高速だとかなり危険なので取替をおすすめします。 私が出来たこと(したこと) 1.ブレーキパッドの交換(ブレーキフールド入れ換え含む) 2.エンジンオイル交換・オイルフィルター交換 3.エアフィルター交換 4.プラグ交換&清掃 5.右コントロールユニット交換(問題があったので) 6.アクセルワイヤー類の交換とグリス注入 等々を行いました。 あと、レバー・ステップ周りのポジション調整ってところでしょうか。 この辺りなら多少研究されれば可能かと思います。 とりわけ、バリオスはプラグ交換はなかなか難解なものがあって手強いです。 でも今後ツーリングなどを考えれば方法を理解しておけば心強いですよ。 私は良くメンテで参考にするHPを下に記載しておきます。 一方はバリオスIIですがそれも参考になりました。 geocities. nobody. html 走るのも楽しいですが、いじくるのも楽しいものです。 カワサキはバイク部品の型番等をHP上で公開していますのでメンテすることに関してはやりやすいメーカですね。 回答と呼ぶにはおこがましいのですが... 自分もメンテ初心者です。 ちなみに、バリオスの限りなく初期に近いA2に乗っています。 1992年製で知人より譲り受けました。 このバリオスがすごいやつでして限りなく整備不良に近い状態でした。 hiroron09さんがショップ購入なのか所有者から譲りうけてのか存じませんが#1の方がおっしゃった通りが一番ですが走行距離から見てすべてとなればかなり費用がかかると思います。 (どこまでするかですが、とことんすれば恐らく、別の中古を買える可能性も) まあ... A ベストアンサー バリオスIIの加速をどうしてもよくしたいです。 A ベストアンサー こんにちは、zep1100です。 Kawasaki党ですか?それともHONDA党ですか? 特にこだわらないのでしたら、同じ250ccですし、スタイル の気に入った方で選ばれるのも手ではないでしょうか? 基本設計が新しいのがホーネットですが、エンジンは(音からしてカムギアトレーンの)ジェイド系です。 対してバリオスはZXR250系のエンジンで2万回転まで元気よくまわります。 二つのバイクの大きな違いは、ホーネットがモノサス(サスペンションが一個で外から見えない)、 バリオスが選べる( 1 がモノサスで 2 がツインサス)ということでしょうか。 絶対性能はモノサスが上ですが、街乗りでは同じと見てもほぼ間違いないと思います。 ちょっと250ccネイキッドには、あのタイヤはもてあますかな?とも思いますが、でも格好良いですよ。 ただ、タイヤは基本的に太くなれば成る程高くなりますし、更にラジアルはバイアスに比べて高価と来ています。 なので、ホーネットはタイヤにお金がかかる、ということになります。 タイヤに興味があれば下記のHPをみてみて下さい。 alles. htm あと、狙いは新車ですか?それとも中古ですか? どちらでもいいのでしたら、 家から近くて感じのいいショップで売っている方を買う、というのも手です。 とりあえず売っているショップが近い、 ショップの感じのいい所、というのも考慮に入れる事が実は大切です。 バイクは乗っても乗らなくても悪くなる乗り物なので アフターケアをしっかりしてくれるショップ選びは非常に大切です。 初心者にも親切、押しつけがない(営利に走っていない)、常連さんが居る、というのが簡単な目安かな。 横道にそれましたね。 中古の玉は圧倒的にバリオスが多いと思います。 なので、しっかりした目で選ばないとはずれをつかむ可能性があります。 一方、ホーネットはあっても高いので中古は狙い目ではないかも・・・ オーナーの生の声がバイク選びというHPで見ることが出来ます。 左のメニューの希望車種をクリックしてみて下さい。 reset. reset. Kawasaki党ですか?それともHONDA党ですか? 特にこだわらないのでしたら、同じ250ccですし、スタイル の気に入った方で選ばれるのも手ではないでしょうか? 基本設計が新しいのがホーネットですが、エンジンは(音からしてカムギアトレーンの)ジェイド系です。 対してバリオスはZXR250系のエンジンで2万回転まで元気よくまわります。 二つのバイクの大きな違いは、ホーネットがモノサス(サスペンションが一個で外から見えない)、 バリオスが選べる( 1 がモノサスで 2 がツ... A ベストアンサー 400だろうが750だろうが結果は基本的に同じです。 ショート管というのは基本的に太古のレーサーから来ています。 つまりサイレンサー無しでレギュレーションに通っていた時代、集合を付けると性能が上がる(だろう)という事でレーシングパーツをそのまま市販車に流用したり、そっくりの外観をもつものをつけだしたのが始まりです。 よって、基本はレーシングパーツそのまま、大音量、低速スカスカが特徴です。 現代のショート管はサイレンサーも内蔵されていますし、チャンバー構造(車両装着時に外観から見えにくい部分でトグロを巻いている)により管長を稼いだりしているので、そんなことはありません。 ただ、音質は変わるので、嬉しがってエンジンを回したりすると燃費は悪くなると思います。 あとは、純正マフラーと比較すれば軽くなるとか、車体端部が軽量化されるので運動性が良くなるとか(多分プロでないと分からないと思いますが…)、見た目が変わるとか、ぐらいではないでしょうか。 とりあえず、趣味の問題なので好きなものを付ければよいと思いますよ。 A ベストアンサー 昔HONDAのCBで片方のオイル漏れの経験があります。 操縦性で変わるところは、フロントがバンプするときですが、一番怖かったのは、コーナーの突っ込み時にフロントの押さえが効かなくなることでした。 フロントの押さえが効かないと、バイクがよれ?てラインが乱れました。 ゆっくり乗っていればそのようなこともないのですが、使い方によっては、転倒や事故の引き金になる可能性もありますね。 オイル漏れは、Fフォークのオイルシールが逝ってるように思いますが、修理を少々先延ばししても損傷が広がるとは考えられないです。 (私の乗ったのは、殆ど抜けてました。 ) なお、オイルシールの逝った原因がインナーチューブの錆とか傷だと、インナーチューブも交換しないといけませんからその時は少し高く付きます。 どちらにしましても、緊急時の操縦安定性に影響してくるところですから、早急に修理された方が良いと思います。

次の

【令和も乗りたい絶版バイク!】高回転エンジンが超楽しい!ホーネット250 & バリオス2はかなりイケてる250ccバイクだ!

バリオス 2 マフラー

1991年4月にバリオスが新登場。 型式は、ZR250A カワサキのレーサーレプリカ「ZXR250」の249ccの水冷4スト直列4気筒DOHC4バルブエンジンを中低速重視にリセッティング、シリンダーに空冷風のフィンを加え、左右のクランクケースカバーの形状などを変更。 最高回転数は19000rpmで甲高い排気音が特徴。 ネイキッドで軽量な車体と低いシート高、高いハンドルポジション、大径ディスクブレーキを採用、モノショック式リアサスペンションを採用、メッキされた砲弾型のメーターを採用。 1992年3月にバリオスをカラーチェンジ。 1993年2月にバリオスをマイナーチェンジ。 エンジンの出力が43psから40psに変更。 1994年3月にバリオスをマイナーチェンジ。 ハザードランプが追加されるなどした。 1995年3月にバリオスをマイナーチェンジ。 メーターに燃料計が追加された。 1996年3月にバリオスをカラーチェンジ。 赤白のツートーンカラーが1000台限定で販売。 翌年の1997年には、後継モデルのバリオス2が発売。 1997年2月にバリオス2が新登場。 型式は、ZR250B バリオスの発展モデルとして1997年にバリオス2が登場。 バリオスとの違いは、リヤサスペンションがモノショックから2本ショックへ変更された。 この変更で外観のトラッドさがより強調。 新たにスロットルポジションセンサー付きのキャブレターを採用し、エンジンレスポンスが向上した。 1998年7月にバリオス2をカラーチェンジ。 2000年4月にバリオス2をマイナーチェンジ。 型式は、BA-ZR250B 平成11年排出ガス規制に対応し、タンク容量が14Lとなった。 2001年12月にバリオス2をカラーチェンジ。 2002年12月にバリオス2をカラーチェンジ。 2003年12月にバリオス2をカラーチェンジ。 2004年12月にバリオス2をカラーチェンジ。 2005年3月に特別・限定仕様のバリオス2イモビアラームセレクションを発売。 イモビライザー付き盗難抑止アラームがつき、200台限定で発売された。 2005年12月にバリオス2をマイナーチェンジ。 マルチリフレクターヘッドランプを採用。 2007年3月にバリオス2をカラーチェンジ。 自動車排出ガス規制の強化で2007年8月末に生産を終了。 ここでは、 1996年3月発売のカワサキ バリオス ZR250A と 1997年2月発売のカワサキ バリオス2 ZR250B の違いを比較しました。 1 33. 1 圧縮比(:1) 12. 2 12. 2 最高出力(PS) 40 40 最高出力回転数(rpm) 15000 15000 最大トルク(kgf・m) 2. 4 2. 6 2. 6 エンジンオイル量(オイル交換時) L 2. 1 2. 1 エンジンオイル量(フィルタ交換時) L 2. 55 2. 55 推奨エンジンオイル(SAE粘度) 10W-40 10W-40 ドレンボルトサイズ(呼び径) 12 12 クラッチ形式 湿式・多板 湿式・多板 変速機形式 リターン式・6段変速 リターン式・6段変速 1次減速比 3. 291 3. 291 2次減速比 3. 428 3. 428 変速比 1速 2. 8920 1速 2. フロントスプロケットを27mmナット1本で留めてるので交換の時、かなり力が要る。 エーインパクトが必要。 リヤブレーキサポートのフックがスイングアームの外側。 リヤブレーキサポートのフックがスイングアームの内側。 タンデムステップがステップと別れてる。 タンデムステップがステップと一体。 - キャブレターにスロットルセンサーが付いて、点火時期ができ低回転域が改良。 - 排気ガス規制のため第2次エアー装置がある。 (社外マフラーに交換すると、アフターファイヤーが出る時がある) バリオスとバリオス2の中古車価格と買取相場• 口コミ・インプレ.

次の

バリオス2/カワサキの新車・中古バイク一覧|ウェビック バイク選び

バリオス 2 マフラー

19位 4. 4点 評価人数:54人 台 72件 788人 1件 車輌プロフィール 1992年デビューのバリオス(リアモノショック仕様)をベースに、低中速トルク強化&ツインショック化したのが、このバリオス-II。 登場は1997年で、初期はバリオスも併売された。 レーサーレプリカのZXR250(1988~)の超高回転ユニットを祖とする高圧縮比エンジンや、全域で扱いやすさとスムーズレスポンスに貢献するスロットルポジションセンサー「K-TRIC」付きCVKD30キャブレター、ねじれ剛性に優れる鋼管ダブルクレードルフレームなどのエクイップメントはバリオスから継承。 2本サスに変更することで、バリオスよりもシート下にスペースができた。 仕様変更を受けながら、2007年に生産を終えるまでの10年間、カワサキ250㏄モデルの中核を担ってきた。 車名のバリオス(BALIUS)は、ギリシア神話に登場する神馬のこと。 タンクには車名表記と馬が組み合わされたエンブレムが取り付けられていた。 なお、2002年から数年間、スズキにOEM供給されていた時期もあり、供給先ではスズキ流に「GSX250FX」と呼ばれていた。 1 圧縮比(:1) 12. 2 最高出力(kW) 29 最高出力(PS) 40 最高出力回転数(rpm) 14000 最大トルク(N・m) 20 最大トルク(kgf・m) 2. 8 燃料(種類) レギュラーガソリン 満タン時航続距離(概算・参考値) 546. 6 エンジンオイル量(オイル交換時) L 2. 1 エンジンオイル量(フィルタ交換時) L 2. 55 推奨エンジンオイル(SAE粘度) 10W-40 ドレンボルト呼び径 mm) 12. 0 クラッチ形式 湿式・多板 変速機形式 リターン式・6段変速 変速機・操作方式 フットシフト 1次減速比 3. 291 2次減速比 3. 428 変速比 1速 2. 0 ホイールリム形状(後) MT ホイールリム幅(後) 4. 0 タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・前) 2. 00 タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・後) 2.

次の