オーバー シュート 飛行機。 オーバーシュート、ロックダウン… 新型コロナで片仮名乱発「分かりづらい」

オーバーシュート、ロックダウン… 新型コロナで片仮名乱発「分かりづらい」

オーバー シュート 飛行機

[ ] [ ] 【オーバーシュート】 おーばーしゅーと Over Shoot 行き過ぎ. 何らかの調節・操作を行う際、操作量が大きくなりすぎて過剰な応答が生じる事。 操作を機敏に行おうとすればするほど発生しやすい。 反面、オーバーシュートを起こさない慎重な微調整では応答が遅すぎる場合もある。 代表例として、における攻撃時の操作が挙げられる。 航空機載が敵への命中を期待できるは1kmに満たず、機体の速度に比して非常に短い。 このため、少し加速しすぎるだけで敵機を追い越してしまうし、減速しすぎれば離れすぎて射程圏外に逃げられる事になる。 加えて射角も非常に狭く、を取る敵機へ追随する操作を少しでも失敗すれば取り逃したり逆襲を受ける。 しかも、敵機は常に回避や反撃によって能動的に状況を変えようとするため、時間を掛けた安全確実な操作は事実上不可能である。 こうした事情から、では判断・操作ミスによるオーバーシュートが多発する。

次の

キャビンアテンダント/客室乗務員の英語・英会話: 安全デモ

オーバー シュート 飛行機

[ ] [ ] 【オーバーシュート】 おーばーしゅーと Over Shoot 行き過ぎ. 何らかの調節・操作を行う際、操作量が大きくなりすぎて過剰な応答が生じる事。 操作を機敏に行おうとすればするほど発生しやすい。 反面、オーバーシュートを起こさない慎重な微調整では応答が遅すぎる場合もある。 代表例として、における攻撃時の操作が挙げられる。 航空機載が敵への命中を期待できるは1kmに満たず、機体の速度に比して非常に短い。 このため、少し加速しすぎるだけで敵機を追い越してしまうし、減速しすぎれば離れすぎて射程圏外に逃げられる事になる。 加えて射角も非常に狭く、を取る敵機へ追随する操作を少しでも失敗すれば取り逃したり逆襲を受ける。 しかも、敵機は常に回避や反撃によって能動的に状況を変えようとするため、時間を掛けた安全確実な操作は事実上不可能である。 こうした事情から、では判断・操作ミスによるオーバーシュートが多発する。

次の

飛行機脱出は手ぶらで!乗客の大半が客室乗務員の指示に従わない実態に運輸安全委員会から異例の『要望』

オーバー シュート 飛行機

Amazonで公開している本のリスト。 Howard Johnsonの会社。 EDN連載中のコラムなども読める。 Douglas C. Smithの会社。 高周波・高速信号測定に関するTipsがぎっしり。 Ed Sayerのコンサルティング会社。 東海岸にあるのが珍しい。 Scott McMorrowのコンサルティング会社。 Tom Dagostinoもモデリングで参加している。 IBIS関連の情報が充実。 Eric Bogatinのシグナルインテグリティトレーニング会社のサイト。 メンバー登録すれば役に立つ論文やコラムが読める。 シグナルインテグリティのメーリングリスト。 非常に活発な議論が展開されている。 インテルから発行されている は、Pentium II以降のインテルアーキテクチャ IA-32 のPCハードウェア設計者には大変参考になる資料だが、その中の信号波形を解説した図 Figure 9-2 に「アンダーシュート Undershoot 」という用語が出てくる。 反対の言葉:「オーバーシュート Overshoot 」というのは、電圧-時間 VT 波形において、立ち上がりエッジからHigh電圧に移行する部分で、規定されたHigh電圧を超えて電圧レベルが 一般的には 瞬間的に上回ってしまう現象を表す言葉で、広く使われておりこの定義自体に異論を唱える技術者は少ない。 そもそも「オーバーシュート」は、戦闘機がドッグファイト中に、追跡していたハズの敵機より前に飛び出てしまうことをこのように呼ぶように、想定していた あるいは規定された 経路を「行き過ぎて」逸脱してしまうことを表現している。 こちらの意味に従うと、インテルの言うところの「アンダーシュート」はやはり「オーバーシュート」と呼ぶべきではないか。 実際、一般的に言われる「オーバーシュート」を「 正の オーバーシュート」、「アンダーシュート」は「負のオーバーシュート」と呼んでいる技術者もおり、またそのように定義・解説しているツールやドキュメントもある。 個人的には、どちらも「オーバーシュート」と表現すべきだと考えている。 では、その場合「アンダーシュート」は使わないのか? というと、そうでもない。 その場合の「アンダーシュート」は「規定 想定 された時間に、規定 想定 した電圧に達しない場合」、一般的には、想定された経路に「届かずに」逸脱してしまうこと、を示す言葉としたい。 また、技術者によってはオーバーシュートの「跳ね返り」による、一時的な電圧低下 波形割れ・リンギング を「アンダーシュート」と呼ぶ人もいるようなので、注意が必要だ。 この用語もオカシイのでいずれ取り上げたい。 【参考】.

次の