アリーナ ザギ トワ インスタ。 アリーナザギトワの衣装と羽生結弦の仲が話題に!インスタグラム画像も必見!

アリーナ・ザギトワ

アリーナ ザギ トワ インスタ

人物 [ ] 生まれ。 で系の血を引いている。 父親はアイスホッケーのコーチで 、妹サビーナもフィギュアスケートをやっている。 名前のアリーナは、ロシア新体操の名選手で2004年の金メダリストのに由来する。 憧れの選手はと。 やファンシーグッズを好んで身の回りにおいている。 中でもがお気に入りで、ジュニア時代にプレゼントされたのティッシュカバーは長年愛用している。 2016グランプリファイナルでプレゼントの袋を持っていたに一つくれないかとお願いしてのぬいぐるみを譲り受けたことがあり、部屋に飾っている。 また、にはのぬいぐるみをおねだりし、もらったことがある。 が大好物であると語っており、世界ジュニア選手権優勝のお祝いに祖母がを買ってくれると約束してくれたという。 将来の夢は日本食レストランを経営すること。 箸の使い方は父から教わった。 2018年5月26日にはでを贈呈された。 贈呈式にはロシア訪問中の首相も出席した。 の「」を抱くザギトワ。 左から秋田犬保存会会長を務めるの、ザギトワ、、 ザギトワは日本で行われた平昌五輪開幕前の合宿に参加した際、秋田犬への愛を公言すると、地元関係者が贈呈を決定。 モスクワでの贈呈式でザギトワは、の会長からメスの子犬を贈られた。 理想の休日は「マサルと過ごす一日」と語るほど溺愛している。 ロシアでは秋田犬は珍しいため、「うわー、ハチコー!」と周りに注目されると明かしている。 なお同年7月には「マサル」のいとこでオスの子犬の「マサオ」がに贈呈された。 2018年11月に日本の繊維メーカーと広告出演契約、同年12月にザギトワとともにCMデビューを果たした。 なお、今回販売するペット用マットレスは数量限定商品であり、収益は公益社団法人秋田犬保存会に寄付されることになっている。 なお、「イリースカ」という名の猫も飼っている。 経歴 [ ] 金メダルを獲得した平昌オリンピック 5歳の時にスケートを始めたが 、専門的にフィギュアスケートを始めたのは7歳から。 それまではただ滑走していただけであり、競技を始めて3年経過した10歳まで表彰台には上ったことがなかった。 フィギュアスケートを始めた理由について「(母親が果たせなかった)夢を私に託した」と語っている。 2014年末、12歳の時に、ある大会に出場するために滞在していた際、母に懇願しでロシア団体金メダルを獲得したを育てたことで名声を得ていたの元を訪れる。 3回転ジャンプすら飛べなかったため即入門とはいかなかったが「もう一度、見たい」と年明けにモスクワへ来るよう促される。 2015年から親元を離れ、モスクワに住む祖母と同居しながらトゥトベリーゼの元でトレーニングを開始するも「自発的に練習することを理解できていない」と、わずか3か月で見限られた。 その後、同じリンク内でアンナ・ツァリョーワの指導を受けていたが、怪我の療養を経て故郷に帰ろうと決意し、花束を持ってトゥトベリーゼの元へ挨拶に行ったところ「もう一度試してみましょう」と声を掛けられ再び指導を受けることになった。 そのときのことをザギトワは「うれし涙が出ました」と振り返っている。 2015-2016シーズン、ロシアジュニア選手権では9位となった。 2016年の派遣選考となる国内大会の一つでは、モスクワ予選で12位と予選敗退し、ジュニアグランプリへの出場が危ぶまれたが、結果的には出場した [ ]。 才能の開花 衝撃的なジュニアデビュー [ ] 2016-2017シーズン、に出場。 1戦目のサン・ジェルヴェ大会は優勝で国際大会デビュー戦を飾る。 2戦目のリュブリャナ杯では、に敗れ3位だったものの、ジュニアグランプリファイナル進出を決めた。 ジュニアグランプリファイナルでは、とでジュニアクラスの世界最高得点を出し、ジュニア選手として史上初の200点超えとなる207. 43点で優勝した。 初出場のでは銀メダルを獲得。 では、自身の持つFSと総合得点のジュニア歴代最高得点を更新し、前年度チャンピオンの本田真凜を破って優勝した。 しかし、フリーで自己ベストで世界歴代4位となる218. 46点を得点し逆転優勝した。 に参戦し、、に出場。 2戦ともSPの3回転ルッツ-3回転ループの連続ジャンプで転倒し、表彰台圏外からスタートするも、FSで巻き返し連勝。 も制し、続くも初優勝となった。 右足の怪我で休養していた絶対女王とのシニア初の直接対決となったでは、SP・FSともノーミスで1位となり、世界歴代2位の合計238. 24点で初優勝した。 それまで個人戦13連勝していたメドベージェワは合計232. 86点で2位となり、絶対女王に約2年ぶりに土を付けた。 はの選手として15歳で初出場。 団体戦はFSで滑走し、銀メダル獲得に貢献。 個人戦のSPでメドベージェワが先に出した自らのSP歴代最高得点となる81. 61点を、わずか20分後に82. 92点で更新した。 続くFSでは3回転ルッツ-3回転ループの連続ジャンプが単独になってしまうが、2本目の3回転ルッツに3回転ループを付ける驚異的なリカバリーを披露し、メドベージェワと156. 65点で同点となる。 SPとの合計得点239. 57点でそのまま逃げ切り、オリンピック金メダルを獲得した。 15歳9ヶ月での金メダル獲得は、で優勝した、団体戦で優勝したロシアのメンバーである以来史上3番目の若さ [ ]。 グランドスラムに王手がかかったは、最大のライバルであるメドベージェワが右足の怪我の療養で欠場したため、初優勝の大チャンスで迎えた。 SPでは連続ジャンプの着氷が若干乱れ2位となるも、トップとは僅か0. 76差と十分逆転可能な位置でSPを折り返す。 しかし、FSでは演技後半の最初の3回転ルッツでまさかの転倒。 その後に6本のジャンプが詰まっていたためミスの連鎖を止めることが出来ず、続く2本目の連続ジャンプである2回転アクセル後の3回転トゥループでも転倒。 さらに、執念で2本目の3回転ルッツに3回転ループを付けようとするも3回転ループで再び転倒。 会場では惨劇を目の当たりにした観客の悲鳴が響き渡り、プログラムは崩壊した。 7つのジャンプ要素のうち、3つの転倒に加えて3本のジャンプで回転不足判定を受ける悲惨な結果となり、表彰台にすら届かない総合5位。 個人戦連勝記録も10連勝でストップし、新星として快進撃を続けてきたシーズンは号泣で幕を閉じた。 SP後にはオリンピックの後にイベントが続き、「いつにも増して不安があり、心が落ち着きませんでした」と報道陣に漏らしていた。 不調による成績低迷 [ ] 2018-2019シーズンは世界選手権の悪夢から約半年後のから始動し総合238. 43点と高得点で優勝。 しかし、のSPでは、連続ジャンプの2つ目の3回転ループが単独ループになったり、FSでも1つ目の連続ジャンプが回転不足を取られるなど苦戦したが何とか優勝する。 続くでも、FSにて最後の3回転フリップが2回転フリップになるなど調子を取り戻せず、総合得点はGPヘルシンキより低い点数に留まった。 SPのリードに助けられ連勝し、に駒を進めるが、その連覇を狙ったグランプリファイナルでは3回転アクセル装備で快進撃を続けていたとシニア初激突。 SPではノーミスを決め紀平に続く2位と逆転優勝を狙える位置についたが、FSは3回転ルッツからの3回転トーループが抜けてしまい点数を伸ばせず、紀平にさらに差を広げられ準優勝に終わった。 ウォームアップ中にテレビのケーブルに引っかかって捻挫するというアクシデントがあり、その影響がFSに出たと思われる。 続くでもSPはノーミスの演技を見せて首位で折り返すが、FSではジャンプの転倒や抜け、スパイラルが解けてしまうミスを連発し、同門の後輩ジュニア勢に次々と抜かされ総合5位まで沈んだが 、翌年ののロシア代表3人のうちの1人には何とか選ばれた。 その連覇を目指した欧州選手権。 SPを首位で折り返すも回転不足を取られたり最後の3回転フリップの着氷で手が付きそうになるなど点数を伸ばせず、翌日のFSも連続ジャンプで抜けや転倒のミスを連発したほか、5本のジャンプで回転不足を取られ、格下で同じロシア代表のに逆転を許し銀メダルに終わった。 世界選手権優勝 スーパースラム達成 [ ] 前年の雪辱戦となったはSPをノーミスでこなし82. 08点を獲得。 最大のライバルであった紀平が3回転アクセルに失敗し11. 18点という大差をつけて首位で折り返した。 その後のFSでも、今までの不振を振り払う完全復活の演技を披露し、総合237. 50点で念願の初優勝を飾った。 これにより、、、、、、全ての主要国際大会のタイトルを手中に収めたことになり、わずか16歳10ヶ月という若さでフィギュアスケート界の頂点を極めた。 6冠(スーパースラム)を達成した選手は(19歳5ヶ月)以来、女子シングル史上2人目。 競技会への参加を一時停止 [ ] 2019年12月13日、に出演したザギトワは、今後の競技会への参加を一時停止し、アイスショーなどへの出演は続けることを明らかにした。 同月15日、自身のにて「立ち止まったり、去るつもりはありません。 新展開や終了についても考えていません」「まだロシア代表チームに所属しており、国際大会で自分の国のためにプレーすることができます」と引退を考えていないことを表明した。 これが通称 ザギトワルールである。 サン・ジェルヴェ大会では女子選手として史上6人目となる3回転-3回転 3Lz-3Lo のコンビネーションジャンプを成功させた。 記録 [ ]• 女子シングルジュニアクラスショートプログラム世界最高得点 70. 92(、2017年にが更新)• 女子シングルジュニアクラスフリースケーティング世界最高得点 136. 51()• 女子シングルジュニアクラスフリースケーティング世界最高得点 138. 02(、2018年にが更新)• 女子シングルジュニアクラストータル世界最高得点 207. 43()• 女子シングルジュニアクラストータル世界最高得点 208. 60(、2018年にが更新)• 女子シングルジュニアクラス史上初200点超え()• 女子シングルショートプログラム世界最高得点 82. 選手権 9 1 詳細 [ ] 2019-2020 シーズン 開催日 大会名 SP FS 結果 2019年12月5日-8日 () 2 79. 60 6 125. 63 6 205. 23 2019年11月22日-24日 () 4 66. 84 3 151. 15 3 217. 99 2019年11月1日-3日 () 2 74. 24 3 141. 82 2 216. 06 2018-2019 シーズン 開催日 大会名 SP FS 結果 2019年3月20日-24日 () 1 82. 08 1 155. 42 1 237. 50 2019年1月24日-25日 () 1 75. 00 4 123. 34 2 198. 34 2018年12月20日-22日 () 1 80. 62 12 131. 41 5 212. 03 2018年12月6日-9日 () 2 77. 93 2 148. 60 2 226. 53 2018年11月16日-18日 () 1 80. 78 1 142. 17 1 222. 95 2018年11月2日-4日 () 1 68. 90 1 146. 39 1 215. 29 2018年9月26日-29日 () 1 79. 93 1 158. 50 1 238. 43 2017-2018 シーズン 開催日 大会名 SP FS 結果 2018年3月19日-25日 () 2 79. 51 7 128. 21 5 207. 72 2018年2月21日-23日 () 1 82. 92 2 156. 65 1 239. 57 2018年2月9日-12日 団体戦() - 1 158. 08 2 団体 2018年1月18日-20日 () 1 80. 27 1 157. 97 1 238. 24 2017年12月22日-24日 () 1 78. 15 1 155. 44 1 233. 59 2017年12月7日-10日 () 2 76. 27 1 147. 03 1 223. 30 2017年11月17日-19日 () 5 62. 46 1 151. 34 1 213. 80 2017年11月3日-5日 () 4 69. 44 1 144. 44 1 213. 88 2017年9月14日-17日 () 3 71. 29 1 147. 17 1 218. 46 2016-2017 シーズン 開催日 大会名 SP FS 結果 2017年3月13日-19日 () 1 70. 58 1 138. 02 1 208. 60 2017年2月11日-18日 () 1 58. 30 1 128. 76 1 187. 06 2017年2月3日-5日 ロシアジュニアフィギュアスケート選手権() 1 74. 46 1 142. 36 1 216. 82 2016年12月22日-25日 () 3 74. 26 2 146. 95 2 221. 21 2016年12月8日-10日 () 1 70. 92 1 136. 51 1 207. 43 2016年9月21日-24日 () 1 68. 09 4 109. 29 3 177. 38 2016年8月24日-27日 () 1 68. 07 1 126. 30 1 194. 37 2015-2016 シーズン 開催日 大会名 SP FS 結果 2016年1月21日-23日 ロシアジュニアフィギュアスケート選手権() 12 52. 85 8 108. 08 9 160. 『マサル愛用』篇(2018年12月2日 - ) - WEB限定 脚注 [ ] []• 2017年9月16日• fsrussia. ru(ロシアスケート連盟) 2017年3月18日• 2018年2月18日• 2018年5月26日. 2018年5月27日閲覧。 Sports. ru 2018年5月26日. 2018年5月27日閲覧。 2018年10月6日. 2019年9月20日閲覧。 クーリエ・ジャポン 2018年11月4日. 2019年9月20日閲覧。 朝日新聞デジタル 2018年7月10日. 2018年8月11日閲覧。 朝日新聞デジタル 2018年12月6日. 2018年12月7日閲覧。 「ニュース&トピックス」 2018年12月6日. 2018年12月7日閲覧。 クーリエ・ジャポン 2018年3月26日. 2019年9月20日閲覧。 fsrussia. ru(ロシアスケート連盟)• - (2016年12月10日配信、2018年2月23日閲覧)• - ハフポスト(2018年2月21日配信、2018年2月23日閲覧)• - ハフポスト(2018年2月23日配信、2018年2月23日閲覧)• - (2018年3月24日配信)• デイリースポーツ 2018年12月9日• 2018年12月23日• 2019年12月14日. 2019年12月14日閲覧。 産経新聞. 2019年12月14日. 2019年12月14日閲覧。 Instagram 2019年12月15日. 2019年12月15日閲覧。 産経新聞. 2019年12月15日. 2019年12月15日閲覧。 日本経済新聞 2018年6月6日• 2019年1月30日• 国際スケート連盟• 公式インスタグラム. 2019年11月5日閲覧。 2018年8月15日. 2018年8月15日閲覧。 2019年1月18日. 2019年1月18日閲覧。 airweave 2018年12月2日. 2018年12月7日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 (英語)• (ロシア語)• azagitova -• teamzagitova - 1906-1907:• 1908-1911:• 1912-1914:• 1922-1926:• 1927-1936:• 1937:• 1938-1939:• 1947-1948:• 1949-1950:• 1951:• 1952:• 1953:• 1954:• 1955:• 1956-1960:• 1962-1964:• 1965:• 1966-1968:• 1969-1970:• 1971-1972:• 1973:• 1974:• 1975:• 1976:• 1977:• 1978:• 1979:• 1980:• 1981:• 1982:• 1983:• 1984-1985:• 1986:• 1987-1988:• 1989:• 1990:• 1991-1992:• 1993:• 1994:• 1995:• 1996:• 1997:• 1998:• 1999:• 2000-2001:• 2002:• 2003:• 2004:• 2005:• 2006:• 2007:• 2008:• 2009:• 2010:• 2011:• 2012:• 2013:• 2014:• 2015:• 2016-2017:• 2018:• 2019: 1930:• 1931-1936:• 1937-1939:• 1947-1948:• 1949:• 1950:• 1951-1952:• 1953:• 1954:• 1955:• 1956:• 1957:• 1958:• 1959:• 1960-1964:• 1965-1966:• 1967:• 1968:• 1969-1970:• 1971-1972:• 1973-1975:• 1976:• 1977-1980:• 1981:• 1982:• 1983-1988:• 1989:• 1990:• 1991-1995:• 1996-1997:• 1998-1999:• 2000-2001:• 2002:• 2003:• 2004:• 2005-2006:• 2007-2008:• 2009:• 2010:• 2011:• 2012-2013:• 2014:• 2015:• 2016-2017:• 2018:• 2019: 1987:• 1988:• 1989-1990:• 1991:• 1992-1994:• 1995:• 1996:• 1997:• 1998-2001:• 2002-2003:• 2004:• 2005:• 2006:• 2007:• 2008:• 2009:• 2010:• 2011:• 2012-2013:• 2014:• 2015:• 2016:• 2017:• 1977:• 1978:• 1979:• 1980:• 1981:• 1982:• 1983:• 1984:• 1985:• 1986:• 1987:• 1988:• 1989:• 1990:• 1991:• 1992:• 1993:• 1994:• 1995:• 1996:• 1997:• 1998:• 1999:• 2000:• 2001:• 2002:• 2003:• 2004:• 2005:• 2006:• 2007:• 2008:• 2009:• 2010:• 2011:• 2012:• 2013-2014:• 2015:• 2016:• 2017:• 2018-2019:.

次の

ザギトワとマサルは今?インスタ・おそろいの衣装でアイスショーに出演!

アリーナ ザギ トワ インスタ

さん azagitova がシェアした投稿 — 10月 15, 2016 at 11:29午前 PDT アイススケートが舞台の日本のアニメ 『ユーリ!!! on ICE』 ロシアでもジャパニーズアニメが人気なのか 流石!認知されているんですね。 将来は姉妹対決の可能性もある? アリーナ・ザギトワも 数年前まではまだ、 アカ抜けない感じの女性でしたが ここ2年ほどでびっくりするくらい スタイルといい、美貌といい 女性としての魅力が出てきました なので、おそらく妹も もっと良い意味で化けると思います。 特に日本と違ってロシアは 大人になるまでの成長がすごく早い これは数年以内に 姉妹対決なんてことも実現あるかも! いやきっと、この姉にこの妹です 十分に可能性はあるでしょうね 今回は美人すぎるフィギュアスケート選手 『アリーナ・ザギトワ』の妹についてでした。 ブログでお取り挙げ有難う御座います。 お礼と云うワケでは有りませんが追加情報など・・ 既にご存知の事とは思いますがロシアのフィギュア女子は超激戦区です。 ジュニアで無敵の強さを誇ったツルスカヤ選手も露杯では4位。 思うに6月に行われるとされているルール変更はこのロシア勢の勢いを少しでも抑えたいとからだと思われます。 そしてピョンチャンで1. フィニッシュとなった本国ロシアでは報道が過熱気味で、ザギトワ選手の父上様人気テレビ番組にご出演。 佇まいが軍人のよう・・イジェフスク在住ですしね・・ もしかして、それなりに有名人?他の選手やソチで金メダルのソトニコワ選手(元気そうで何より)とハグでご挨拶してます。 一方ザギトワ選手はメドベージェワ選手他と恒例のクレムリンを表敬訪問。 男子並みのスピードと跳躍力。 表現力。 そして滑らかで美しいスケーティング、スピン、スパイラル、レベル4のステップ。 正に正統派。 多くの選手がリスペクトするのも頷けます。 お節介な隠居の爺エピです。 何度も申し訳ありませんが・・また見つけました。 以前もご紹介したこのヴィデオでパパ・ザギトワ氏が『イヤ、寝る暇は無かった。 朝5時30分には1番下の妹をこのリンクに送ってきたんだ』と仰ってました。 Youngerでは無く?Youngest?これが非常に気になって(暇に任せて)調べてみたたところ・・ このヴィデオの2分過ぎにバイクを中心にザギトワ選手のご家族の写真が・・サビーナちゃんは抱きつくようにしてママの後ろに、そしてバイクに隠れるようにもう一人・・恐らくザギトワ選手は3姉妹の長女。 多分2~3年前に撮られた写真ではないかと推察します。 それにしても美形一族です・・お婆様もお若いころはさぞ・・ 今回のオマケ その1 動物愛に溢れるザギトワ選手。 抱かれている仔犬たちが安心しきっています。 その2 2018露の国内大会のスルツカヤ選手のSP・・ため息が出るように・・美しい・・ジャンプに少しだけ難有り・・171cmのスルツカヤ選手。 後姿がコストナー選手に似てきました。 音楽の理解度や滑らかなスケーティングはザギトワ選手やメドジェーデワ選手より高い位置に有る様に思います。 スピンやスパイラルもさすがです・・ザギトワ選手も同じような癖が有りますが・・コンポーネントとコンポーネントの繋ぎで脚がバタつく。 恐らく次の事を考えているんでしょうね・・集中しきっていないように見えます。 これが見る者を不安にさせ、調和を乱してしまう。 フィギュアの選手は一人っ子の方が向いているのかも入れません・・・.

次の

アリーナ・ザギトワさんのインスタグラム写真

アリーナ ザギ トワ インスタ

アリーナザギトワは今どうしてる?近況最新情報は! アリーナザギトワ選手は2019年に突然の 活動休止宣言をしました。 そこから、2020年の2月には 活動休止宣言から引退報道の真実という密着番組にも出演したました。 こちらはアリーナザギトワ選手自身が Instagram(インスタグラム)にアップしていた動画の画像です。 アリーナザギトワ選手は 平昌オリンピックで燃え尽きてしまっていたんですね。 でも、なぜフィギュアスケートを続けてきたか?というのが、コーチである エテリ・トゥトベリーゼコーチに宣言書を書き、オリンピック後も変わらずにトレーニングを続ける、という宣言書でした。 しんどかったでしょうね。 目標がオリンピック優勝であって、達成できたとき、次どこに向かっていけばいいのか。 2018年当時はアリーナザギトワ選手の時代でしたが、2019年は後輩たちである ロシア3人娘が出てきて、グランプリファイナルではその3人のロシア女子が表彰台を独占し、まさかのアリーナザギトワ選手は最下位で終わるというなんとも涙ぐましい結果になりました。 そのあと、活動休止を宣言。 メンタルがついていっていなかったのでしょうね。 その時のメンタル崩壊か?!というネタも別記事で記載させていただいておりますのでよかったらどうぞ。 世界中がコロナで外出を控えなければならない中で、トレーニングも外でできないし、リンクも使えない状況です。 そんな中でもアリーナザギトワ選手は自宅でのトレーニングを欠かしません。 元気にやっているようですね!世界選手権2020がコロナで中止になってしまいましたが、 アリーナザギトワ選手にとって、2019年世界選手権優勝したのに2020年は出場すらできなかった状況だったので、アリーナザギトワ選手にとっては今回の中止は精神的にはよかったのではないでしょうか。 あわせて読みたい アリーナザギトワの生年月日(年齢)や出身地,性格について! アリーナザギトワ選手の生年月日(年齢)や出身地や性格について一挙公開させて頂きます! 生年月日 は 2002年5月18日 で 現在17歳 です。 オリンピックで優勝した時は若干の15歳だったのです。 最強の15歳なのではないでしょうか!!! 出生地 は 沿ヴォルガ連邦管区 ウドムルト共和国イジェフスク で、なんだそりゃ?という方もおられるかもしれませんが、 ロシア連邦なので、小さな国が集まったのがロシア連邦なので、州のような存在で共和国が存在するんです。 アリーナザギトワ選手の生まれたこの 沿ヴォルガ連邦管区 という地域はロシアの人口の約20パーセントの方が住まれているという大都市なのです。 そして現在の トレーニング地 は首都 モスクワ で、都市人口としてはヨーロッパで1位となっております。 簡単に言えば、都会っ子、というところでしょうか。 そして 趣味 は ペットの世話と絵画鑑賞 ということで、好きな国は日本。 ありがとうございます。 将来の夢は日本食のお店を経営することだそうです。 回転寿司にロシアの後輩フィギュアスケーターを率いて楽しんだそうです。 メンバーは アンナシェルバコワ選手 アレクサンドラトゥルソワ選手 アリョーナコストルナヤ選手 の3人! あわせて読みたい かなりテンションがあがっていたそうですよ! フィギュアスケートといったらロシアと日本の日本柱のようなところはありますね。 食文化でもつながっていて欲しいなって思います。 また、この4人で回転寿司に行ったのが 炎の体育会TV の撮影だったそうで、 ここでアリーナザギトワ選手の勝負への意気込みと執着がすごかったらしいですよ! そして気になる浴衣姿の4人がこちら 実際の競技の中では 負けているシーンもあったのですが、 まさかのカーリングの勝負のときに 私の方が美しく滑ったから芸術点は上よ! など、 いやいや、カーリングに芸術点関係ないでしょ! というところなのですが、 絶対勝ちたい性格のアリーナザギトワ選手から思わずでた言い訳がもはやおもしろくてわらってしまうほどでした笑 ここで、 性格は?! で、 素直なんですね! それでいて 勝負強さと執着がすごいってことですよね笑 そんなアリーナザギトワ選手だからこそコーチの指導内容などしっかりと素直に受け止めて練習を続けてきたからこそ、今の強さがあるのではないでしょうか。 アリーナザギトワ【2020最新現在】身長、体重は? アリーナザギトワ選手の 身長、体重について一挙公開させて頂きます! 2019年10月時点での最新の情報で、 身長162cm であることがわかりました。 平昌オリンピックの時は155cmだったので7cmも伸びた、ということになります! 骨全体で一年半で7cm伸びたって、すごい成長ですよね! 気になる体重は?というところなのですが、 おそらく 現在の体重は 45kgないくらい であると思われます! ちなみに ロシア女子の後輩3人組は40kgないくらい なのでめちゃめちゃ細いんです。 なぜこんなに断言できるのかというと、 私自身が産後一年で現在身長が158cmで体重が45kgだからです。 なので、 同じくらいより少し身長の高いアリーナザギトワ選手はもっとトレーニングもしているし、すごい体型美でわたしなんかよりお腹も出ていないので、 45kgない でしょうね。。。 お腹に脂肪がないので、しっかりとした筋肉が体重のほとんどをしめていると思われます!!! アリーナザギトワの平昌オリンピックの時の身長と体重は? アリーナザギトワ選手の平昌オリンピックの時の体型はどんなものだったのか?というところで調べさせていただきました! こちらの画像は平昌オリンピックの時の画像です。 15歳の時点では155cmでしたので、約1年半の間に7cmほど伸びたことになります。 この時のアリーナザギトワ選手の体重は?というところで、 40kg前後であったのではないか と言われています。 実際にロシア3人娘である アンナシェルバコワ選手 アレクサンドラトゥルソワ選手 アリョーナコストルナヤ選手 も40kg前後の体重しかない、と言われています。 というのも、この4人のコーチであるトゥトベリーゼコーチの門下生たちは1日の体重変動が100gもあってはいけない、と言われているくらいなのです。 4回転ジャンプができるロシア女子たちのことを思うと、40kg前後だろう、というところなのです。 しかもめちゃめちゃ細い。。。 そして現在の写真。 え、全然太ってない!!! と驚かれたと思います。 正直、15歳の時はまだまだ子供であったので、体の丸みなども出てきてないときだったのです。 が、現在は胸も大きくなって、 かなり女性らしい体型 であることがわかります。 こちらは引退騒動の時の取材番組でのアリーナザギトワ選手。 細いですね。 筋肉もあります。 アリーナザギトワが太ったから引退って本当? アリーナザギトワ選手が太ったという理由で不調なのではないか?とささやかれていましたが、前の見出しの内容のように、太ったわけではない。 まだ 体重もおそらく45kgないくらい であると予想さされ、決して太ってない。 女性らしい姿になったからだ、と断言できます。 では、なぜこの不調が続いていて、活動休止まで追いやられていたのか? というのが、 オリンピックで優勝したから というのが、不調の原因であると考えられ、 本人も、 目標を達成したあとにさらに自ら目標を立ててモチベーションを高めていくことがとても難しい と話していました。 それは、羽生結弦選手にも言えることで、 羽生結弦選手は今は自分のスケートがしたい。 ネイサンチェン選手に本気で勝ちたい。 という気持ちがあって、 モチベーションを保ち続けているのでしょうね。 羽生結弦選手はアリーナザギトワ選手よりも長期間の戦いをしていますよね。 だって、 オリンピックに二回も優勝しているんですから。 そして 2020年の四大陸選手権ではスーパースラムを達成し、 あわせて読みたい もうフィギュアスケートを続けていくのがしんどいって、みんな思っちゃいますよね。 そんな世間の目もしんどくなって、活動休止に至ったのではないでしょうか。 引退はまだしない。 けど、次のシーズンはどうなるか、、、 というところで、 現段階では 引退しないでいてくれますように!!! というお祈りで話は終わっておきましょう。 アリーナザギトワが大学進学でコーチを目指す! 影響を受けた4人のコーチとは! アリーナザギトワ選手の活動休止には実はもう一つ理由があったのです。 それは、 現在、大学入学のための国家統一試験に向けて勉強している。 とのこと。 スポーツ一筋で来た、アリーナザギトワ選手が ロシア語、数学、生物を受験 するらしいですよ!!! 恐らくスポーツ大学に進学し、コーチを目指すことになるとのことでした。 コーチになりたい!!!ということは、今までのコーチの元で練習してきて、こんな人たちになりたい!そう思ったからコーチを目指したいのでしょう。 どんな方々だったのでしょうか!!! アリーナザギトワ選手の 現在のコーチは誰ということで過去のコーチなどとともに調べさせていだだきました! 現在のコーチは エテリ・トゥトベリーゼ セルゲイ・デュダコフ(一番左) で、もう有名過ぎるほど有名なコーチですよね! ロシアのモスクワでフィギュアスケート と言ったらもうエテリコーチしかいないでしょう。 で、1人、元コーチで ナタリア・アンティピナ コーチ がいました。 この方はなんと2015年までコーチをされていたそうです。 そして振付師はイケメンで有名な ダニイル・グレイヘンガウス 美男美女か!!! 現在の世界女王アリーナザギトワはこのコーチたちとザギトワ本人の努力の上なりたっているのですね。 こんなすごいコーチになれたらなって思うでしょう。 そして1人でも多く、素晴らしいフィギュアスケーターを生み出してくれたらなと思います。

次の