スウィッチ 運動。 スイッチおすすめソフト ジャンル別人気ゲーム50選【最新版】

スイッチ「フィットボクシング」ダイエット効果は⁉1か月間プレイしてみた感想をレビュー

スウィッチ 運動

フィットネス系のソフト フィットネスに特化したソフトたちです。 フィットボクシング• リングフィットアドベンチャー などがあります。 フィットネスに特化しているので、ダイエット目的で購入する人が多数です。 痩せる効果は高く、運動をして健康的に痩せることに加えて、楽しみ方を提供してくれますよ。 ダイエット特化の「フィットボクシング」 フィットボクシングについては、私の記事でも多く取り上げさせていただいております。 ボクササイズをニンテンドースイッチで行ってしまおうというものです。 実際に、私は痩せることに成功しましたが、結構な運動量なので、本格的に痩せようと考える人以外は続けるのが難しいのではないかと思います。 その分、成果は高いでしょう。 スポーツゲームで遊びながらダイエット スポーツゲームと言えば、従来であれば、コントローラーで操作して、遊ぶだけでしたが、ニンテンドースイッチには、ジョイコンによる動作が入ってきます。 これによって、遊んでいるうちに身体を動かし、気づいたらダイエットになっているという効果が望めます。 パーティ系スポーツゲーム• フィッシング• テニス パーティ系のスポーツゲーム バラエティ豊かにゲームが収録されているので飽きがこないのが特徴です。 みんなで楽しみながらプレイできるし、オンラインを通して知らない人と対戦することもできちゃいます。 東京2020オリンピック オリンピックゲームとして、スポーツゲームが多数収録されているのがコレ。

次の

【ゲーム】任天堂Switchでおすすめ!体を動かせるソフト『運動系ジャンルの紹介』|カズキナ.com

スウィッチ 運動

フィットボクシングを使い始めて1か月になりました フィットボクシングを始めた理由は、 手軽にエクササイズをやりたい、面白そうだなと思って購入! つい数か月前まで、外を走るという運動を行っていたのですが、雨が降っているとか、ちょっと疲れているとか、明日またやろうとか、やらない理由を作ってはやめる日が多くなっていました。 何かにつけて延期するようになってきたときに出会ったのが 「自宅で気軽にできる」エクササイズ、フィットボクシングでした。 使い始めて 1か月。 総プレイ時間は現在10時間を超えました! ダイエット効果は? 続けてできるの?実際にどうなの? といった事を紹介していきます。 フィットボクシングの基本情報• ニンテンドースイッチ専用ソフト• 2018年12月20日発売• メーカー:イマジニア• ジャンル:エクササイズ 実は、Wiiのソフトで「シェイプボクシング」というソフトがありました。 その後継作にあたる「フィットボクシング」はありそうでなかった、 ニンテンドースイッチ初のエクササイズソフトとなるわけです。 両手に Joy-Conを持って、 音楽に合わせてボクシングをしているように、パンチを打ちます。 まるでリズムゲームをしているかのように、ゲーム感覚で体を動かすことが出来る為、 楽しみながらエクササイズができると話題になっております。 誰もが聞いたことがあるような人気楽曲でエクササイズ• インストラクターは有名声優• 目的に合わせて「ダイエット」「体力強化」「健康維持」などプランが選べる• バトルなど複数プレイもできる フィットボクシングって実際にダイエット効果あるの? だいたい 30分程度のエクササイズで310キロカロリー! 30分エクササイズってかなりしんどいんですが、たったの310キロカロリーなんて信じられません。 普段運動をしていない人にとって、かなりキツいのがこの「フィットボクシング」 何故なら、 私、普段の生活でパンチなんてしないから! そもそも、人に向かってパンチすることもなければ、シャドーボクシングみたいなことしてカッコよさアピールもしないし。 筋トレしても、腕立て伏せくらいなもんだし、 パンチの動作って意外と難しいんですよ。 そして、ジョイコンの パンチや動作の判定がかなり厳しめ! ゆっくりパンチしたら、成功扱いにしてくれません。 シュッ、ピタっという感じで、早い動作でないと、パンチを繰り出していると判定しないのです。 これが地味にしんどい。 早く出したパンチをピタッと止めるわけですから、なかなかのもんです。 どの部位が鍛えられる? ボクササイズって、上半身のトレーニングと考えがちですが、そうではありません。 ゲームによって、トレーニングが追加されるのです。 最初は、パンチの練習程度の軽いもの 始めて 1週間は、上半身、主に腕・肩周りが筋肉痛激しかった! まあ、筋肉痛になるってことは、それなりに効いているってことでしょう!ってことで続けていると、 色々なトレーニングが追加されてきます。 特にキツいのが、 「ダッキング」「ウィービング」「スウェーバック」の足を使う3つの項目。 ダッキング:しゃがんで避ける動作• ウィービング:しゃがみながら横に上半身をスライドさせる動作• スウェーバック:腹筋を使って後ろへのけぞる動作 1か月もプレイしていると、パンチに関する腕の筋肉痛は全くと言っていいほどなくなりました。 しかし、 スウェーバックなどの腹筋を使う動作が頻繁になると腹筋がいまだにやられます。 足の動作は、ステップもありますが、筋肉痛になるというより、息が切れる。 有酸素運動の面が強くなります。 実際に痩せた? 実は、 全く痩せていません! 最初の写真の通り、カロリー数で考えたら、1キロの脂肪燃焼はしているはずなのですが、どうやら、カロリー摂取量がそれを上回っている様です。 1日30分、300キロカロリー消費して、缶ビール2本飲みます。 これでトントンです。 (むしろオーバー) なので、現状まったく痩せてはおりません。 腕周りの筋肉は間違いなくついています。 継続して4カ月、どんどん痩せてきました! フィットボクシングはダイエット効果があるという結果はコチラ その他、効果を感じられる事 筋トレ効果はあります。 ダイエット効果は、 食事制限と併用で間違いなくあります。 運動における、 体力向上も見られます。 実際に、物を持って疲れたという事が減りました。 それ以外の効果で私が一番すごい効果あるなと感じたことが 肩こりが治る そうなんです、肩こりが全くなくなりました。 おそらく、凝り固まった肩周りの筋肉が毎日ほぐされて、血液循環が良くなったのでしょう。 何より、もともと肩を痛めていて、腕を前後にブンブン回せなかった(正確には後ろ回り)のですが、多少可動域が広がりました。 これは意外な効果でしたね。

次の

ニンテンドースイッチでダイエット!!【アームズは痩せるエクササイズソフトなのか検証】|サトマガ

スウィッチ 運動

Wii Fit並みの人気になりそう。 我が家にはNintendo Switchがありません。 でもちょっと欲しいかも。 というか、けっこう欲しいかも。 だって、今回ハンズオンした米Gizmodo記者のVictoria Song曰く、任天堂の『』は 息切れするほどの運動量らしいんですよ。 つまりこれがあれば、私のFitbitのエクササイズカウントもすごいことにいくのでは…? では気になる『リングフィット アドベンチャー』がどういうものなのか、ハンズオンを紹介しましょう。 ちなみに日本では 10月18日に発売です。 を見た人は、それがどれくらい 馬鹿げた風に見えるかを知っているでしょう。 左の太ももにJoy-Conを装着して、弾力性のあるセンサー内蔵抵抗バンド型リングにもう一方のJoy-Conをセットして、運動するアレです。 まぁ、最初はね、あのトレイラーを見ながら鼻で笑いつつ「ギークめ…」みたいな感想だったわけですよ。 でも、ギズモードの室内フィットネス実験台を自負する自分としては、ハンズオンのチャンスは逃せません。 Image: で、結論からいうと、バカにしていたにもかかわらず、 20分のデモを楽しんじゃったんです。 周囲の目なんて気にしないし。 プレイしている姿が間抜けに見えることは重々承知ではありましたが、気にならないんですよ。 ゲームにはいくつかのモードがありますが、ストーリーモードでは宿敵のDragaux(日本版えは ドラゴ)というムキムキドラゴンを倒さないといけません。 ちなみに任天堂によると、このドラゴンは、「ジム文化のネガティブな部分」を表しているのだそうです(具体的になんだろう…?)。 結構な運動量 その場で走るとゲーム内のキャラクターが動きます。 キャラの動きの速度を上げたかったら、プレイヤーがしゃかりきになるしかありません。 スピード出るとキャラの髪の毛に火がつきます。 リングを握ることで障害物を撃ったり、引っ張ってコインを吸収します。 走行中にリングを下げるとジャンプします。 バトルモードでは、いろんな運動で攻撃。 たとえば、スクワット20回で敵を倒したり、攻撃をかわすために「Ab Guard」と呼ばれる腹筋にリング・コンを押し当てる動作をしたりします。 トレイラーでは簡単そうに見えるリング・コンの操作ですが、やってみると遥かに難しいことに気づきました。 私は全部で3段階プレイしましたが、プレイ直後に記事を書こうとしたら腕がピリピリしていました。 Image: ミニゲームも豊富ですし、特定の筋肉に働きかけるエクササイズも設定できます。 これは、あたえられた形の通りにリングコンを操作し、形を再現しないといけないゲームです。 20秒間で何度もリングを押したりしていたので、胸筋が鍛えられたと思います。 簡単そうに聞こえるかもしれませんが、息切れするほどのハードさでした。 ちなみに、運動しているときに、足のストラップの位置が移動していることに気づきましたが、ゲームの邪魔をするほどではありませんでした。 心拍数も測定できる 特筆すべき機能として、エクササイズの後にJoy-Conの赤外線センサーの上に指を置いて心拍数を測るものがあります。 正確さはよくわかりませんが、そのとき装着していたApple Watch Series 5と比較して、Joy-Conのほうは 平均して毎分約10拍多いように感じました。 カロリー消費で考えると、『Dance Dance Revolution』をハードモードでプレイしたほうが効果的かなと思いました。 ジムの代わりにはならない うーん、Wii Fitの後継機という感じで、 ジムの代わりになるとは言えないかもしれません。 心拍数は130bpmまで上がって、カーディオマシン(トレッドミルや、フィットネスバイクなどの総称)を使ったときと同じくらいにはなりました。 スクワットやチェスト・トゥー・ニープレス、プランクといったボディウェイトのエクササイズにビジュアルガイドがつくのは良いなと思いました。 筋力トレーニングが大嫌いな人にとって、『リングフィット アドベンチャー』は楽しく運動するきっかけとなるのでしょう。 任天堂の説明によると、1日1時間ストーリーモードでプレイしたとしても、3カ月ほど楽しめるそうです(には「 1日30分程度のプレイで約3か月のボリューム」と書いてあります)。 問題は続けたくなるほどモチベーションを上げられるか、かも。 私はWii Fitを持っていて、数カ月はプレイしていたんですが、自分一人でコツコツプレイするのが向かなかったみたいでやめてしまいました。 やっぱりエクササイズには競い合えるライバルの存在が不可欠なんですよね。 その点、Fitbitは良い。 私の場合、フィットネストラッカーで競い合っている友達に勝ちたいから生活の中にこの『リングフィット アドベンチャー』を取り入れるとかなら良いかも。 10月18日発売、お値段はソフトもリングも込みで 7,980円(税別)です。

次の