岡林 宏樹。 高知・下田川で小2男児が溺死 事故扱いに父親が疑問「違和感しか」

【高知 下田川】優空くんの友達「優空がラッコ泳ぎで溺れた…せや!サンダル流して自転車捨てて家帰ったろ!」

岡林 宏樹

2019年8月23日 金曜日 に痛ましい出来事があった。 高知県高知市を流れる下田川で、高知県南国市の小学2年生の岡林優空くん 7歳 が心肺停止状態で発見されたのである。 発見時、優空くんはうつぶせで川に浮いていたという。 ・ラッコ泳ぎをしていたら沈んでいった 優空くんは2019年8月22日 木曜日 に友達4人と下田川に行き、水遊びをしている間に行方不明になったと報じられている。 奈良新聞によると、その場にいた友達のひとりは「夕方ごろ川で流されるのを見た。 遊んではいけない場所だったので怒られると思い怖くなって帰った」と発言していたとのこと。 時事通信社は友達が「ラッコ泳ぎをしていたら、沈んでいった」と発言していたと報じている。 ・真相究明をするべく世間に情報求める このニュース、ほぼすべての報道機関が「優空くんが心肺停止で発見され他界した」という痛ましい出来事として報じているが、優空くんの父親である岡林宏樹さんはその報道に違和感。 インターネット上で気持ちを吐露し、真相究明をするべく世間に情報を求めている。 以下は、岡林宏樹さんのTwitterコメントである。 岡林宏樹さんが拡散を求めているため、書き込みのの大多数を引用掲載する。 ・優空くんのお父さんのツイッターコメント 「高知県水難事故の被災者の父親ですが、今回のあちこちの報道について余りにもかけ離れた報道、事実無言な報道、実際の事実、全てが伏せられてます。 どなたかお力添えお願いします」 「余りにも事実とはかけ離れた報道。 実際警察の供述文にも、、事実が伏せられた事実があります。 どなたか拡散、お願いします」 「高知県水難事故の被災者の父親ですが、今回のあちこちの報道について余りにもかけ離れた報道、事実無言な報道、実際の事実、全てが伏せられてます。 どなたかお力添えお願いします」 「沈んでしまうまでの数分間見ながらウチの子が乗っていた自転車まで、川から反対の山側に隠し証拠隠滅してるんですよ??で、知らん顔してそのまま夕食を食べ誰1人として親に話してないのですよ??行方不明の報道が出ても。 もう一度同じ事が言えますか?」 「沢山の方々の支援に感謝いたします。 余りにも食い違う事実を知ってもらいたい。 現在も平気で近所で過ごし、遊んでいると思うと悔しい気持ちで一杯です。 加害者側の親族一同にも1人も会ってませんが風化待ちでしょうかね?1人でも私は頑張ります」 「皆様に文章だけで理解してもらうのはSNS不慣れな人間なので、大変もどかしいのかもしれません。 申し訳ありません。 ただ僕は何故優空が服を着たまま川に入る行為に至ったのか?そして仰向けの状態でラッコ泳ぎの様な風に見えたのか?泳げない優空にラッコ泳ぎは難しいと思う。 どうしても分かりません」 「この場を借りて少し言わせて下さい。 22日午後1時〜3人で川遊びしていた。 そこに優空と1名合流。 計5人。 1度目の取調べでは、1人だけ服のまま川に入り口まで水に浸かりながら「助けて助けて」と叫びながら流された。 こちらを見ながら約20m程下流に。 続きます」 「それを全員が沈むのを確認してから、怖くなり現場から立ち去った。 その時に優空の自転車も一緒に乗って帰った。 確認の為に1度現場に戻った。 これが初日、2日目に聞いた話です。 僕が」 「そして告別式が終わり2回目をもう一度聞きたいと僕が言いました。 そしたら全員が川に入り膝まで浸かって遊んでいた。 そして3人が1回目と同じ溺れ方、内1人が仰向けになりラッコ泳ぎをしているよう。 との事でした。 そして沈むのを待って全員で靴、本をどうする?」 「との相談をしている。。 そのまま自転車に乗り優空のも乗って帰り、再度山側にのっていきました。 この時が15時20分。 優空は僕が集めた目撃情報によると14時40分〜15時20分の間に溺れてます。 15時30分から18時30分までの間に何度も何度も現場に行ってます」 「何度も現場に帰る、この事に疑問を感じませんか?助けるなら最初から助けますよね?この間には現場付近で当の4人以外の子供も含まれています。 この数時間の間の目撃情報は多数あります。 僕が水深、潮目を気にしていたのを覚えてますか?何日も通って、、、」 未だに不可解な点が多く、画像をアップするのを悩みましたが、より皆様に知ってもらう為に優空の写真を見ていただく事にしました。 引き続き皆様お力添えお願いします。 — 岡林宏樹 Hirohina6 8月22日に水難事故により7歳で我が子を亡くした父です。 1人になるとどうしても色々と考えてしまいます。 なにがあろうと、なかろうと小学生達は罪にはならない。 法によって守られますか?同じ事をしても大人なら犯罪、子供なら無罪。 やった事は無かった事に、、、.

次の

高知小2水死、被害児童の父と一緒にいた子供の親の思い|NEWSポストセブン

岡林 宏樹

高知水難事故の小2男子の父、情報を呼びかける 未だに不可解な点が多く、画像をアップするのを悩みましたが、より皆様に知ってもらう為に優空の写真を見ていただく事にしました。 引き続き皆様お力添えお願いします。 — 岡林宏樹 Hirohina6 優空が事故にあった当日の時系列になります。 特に1時頃から17時36分の時間帯の目撃情報を求めております。 尚、父親の岡林宏樹はDMは開放してません。 目撃情報は私までお願い致します。 — 朝田龍太郎 maeken0084 皆さん遡って面倒かも分かりませんが僕のツイートした写真で川の様子を見てください。 状況が分かると思います。 本当に数多くの証言、数多くの目撃情報ありがとうございます。 まだまだ詳細な時間だとか目撃情報有りますがひとまずは、また状況情報集めてみます。 — 岡林宏樹 Hirohina6 涙が出ました。 徳島動物園。 沢山走り回ってた。。 走る事はもう出来ないけど。 余り口で僕には言ってはくれなかったけど、こんな物が残ってたなんて。 どうかこのままにしないで欲しい。 — 岡林宏樹 Hirohina6 8月22日(木)、高知県下田川で溺れ、亡くなった小学2年生、岡林優空くんの父親が、ツイッターで事故の目撃情報を提供してほしいと呼びかけています。 8月31日(土)には、より多くの人にこの件を知ってもらいたいという気持ちから、亡くなった優空くんの写真も公開しました。 父親の岡林宏樹さんは、22日の事故を、単なる事故として風化させてしまうことを恐れています。 現場の川の写真や、優空くんについての情報、事故を目撃したという小学生の話など、様々な情報を発信しました。 優空君を失った悲しみについても、思い出話を交えて時折ツイートしています。 高知水難事故は不可解な点多数 おはようございます。 皆さんもう遡って検索出来ないかも知れません。 記事が削除されて。 22日、23日に報道されたニュースで、1人で服のまま泳いでいて仰向けの状態でラッコ泳ぎをしていて溺れて、沈んでいった。 と有りましたのを覚えていますか? — 岡林宏樹 Hirohina6 沈んでしまうまでの数分間見ながらウチの子が乗っていた自転車まで、川から反対の山側に隠し証拠隠滅してるんですよ??で、知らん顔してそのまま夕食を食べ誰1人として親に話してないのですよ??行方不明の報道が出ても。 もう一度同じ事が言えますか? — 岡林宏樹 Hirohina6 岡林宏樹さんのツイッターによると、息子の優空くんが亡くなった事件について、かなり不可解な点が残ることが明らかになってきます。 これらは、マスコミの報道だけではわからなかったポイントです。 優空くんはほとんど泳げなかったにも関わらず、服を着たまま川に入っていた• 一緒にいた4人の小学生は泳いでおらず、そもそも現場の川は汚く、泳ぐような川ではない• 4人の小学生は優空くんが溺れているのをわかっていたが、怖くなりそのまま帰宅と証言• 子どもたちは帰宅途中、現場から優空くんの自転車を持ち出し、山に隠す• 家では誰も事故について話さず、優空くんが溺れたことを子どもたちが初めて証言したのは、警察の事情聴取• 泳ぎが苦手な優空くんが「ラッコ泳ぎ」をしていたという子どもたちの説明 岡林さんによってツイッターに投稿された写真を見ると、確かに泳げるような川には見えません。 大人に助けを求めなかった、事故後の子どもたちの行動を、優空くんが溺れていることを隠そうとしたと推測することも可能です。 こうした不可解な点が多いため、岡林さんは優空くんの死について、全容を知りたいと活動を続けています。 高知水難事故、いじめの可能性なども示唆 、、、イジメ?信じたくは有りませんが、遊びの中でのイジメがエスカレートしての突発的な事件だったのであれば、普段から遊んでいて憎悪感があったという事も考えられます。 無理矢理でも、止めていれば、、、遊ぶなとは言ってただけに、ツライです。 — 岡林宏樹 Hirohina6 もう1つ、岡林宏樹さんがツイッターで明らかにしているのが、事件の目撃者である小学生との関係性です。 特に、小学5年生の近所の子どもについては、以前からトラブルがあったことを示唆しています。 「小学校に何度も電話した」「遊ぶなと言っていた」「無理矢理でも、止めていれば」などの発言から、少なくとも、非常に仲の良い友達ではないことが推測できます。 いじめについては、「信じたくは有りません」としながらも、普段から遊んでいて憎悪感があった可能性は否定していません。 周囲の小学生は優空くんが溺れていることを知りながら、大人たちに助けを求めなかったという今回の一件。 その背景に、いじめなどを含めた子どもの人間関係が潜んでいたのなら、残された父親にはやり切れないものがありますね。 事件?どこをどう解釈したら事件になるのでしょうか? 子供だから許されるのですか? 小5までの子供が複数人いて、誰一人として助けにも行かず、大人を呼ぶこともせず沈んで死んで行くのを確認し、自転車まで隠すなんて完全に事件ですよ。 子供、子供っていうけど、それぐらい分かるわ。 うちの一番下の3才の子でも、お兄ちゃんが鼻血出すだけでも、まま!大変!お兄ちゃん血が出てる!!と教えてくれますよ。 お父様が不思議に思うのも無理はありません。 皆思ってますよ。 これは事件です。 人殺しです。 あんな汚い川で誰が1人で服着たまま、泳げない子がラッコ泳ぎ何てする? 上を向いて泳ぐのって結構難しいからね。 突き落としたんじゃないの? 後ろ向きで。 助けてって溺れて暴れてる姿がラッコに見えたんじゃないの? いち早く真実を解明して頂きたいですね。 でないとまた同じような説明をして殺人をおかすクソガキが出てくるんじゃないですか~。 また子供だからと事故で済ませるですか~? だったら、子供に頼めば何人だって殺せますね。 お父様、応援しています。 所轄警察は事件性を把握している可能性はあると思う。 自転車が隠された事情は把握していると思われるからですが、自転車に残された指紋などから調べれば自転車を隠した人は特定される可能性はあるだろう。 わざわざ手袋をはめてから移動するとは思えないからです。 この関係者の子供に警察関係の子がいたら指紋などの調査もしていないかもしれない、自分たちに都合のよくないことは隠すのが彼らの保身術であるからです。 大人の目撃者がいたら助けていた可能性が高いだけに目撃者は現れない可能性はあると思われる。 しかしながら子供の頃のいじめは程度がわからずついエスカレートしてしまう危険性が隠れているということを認識すべきです。 教師や関係者は放置せずいじめの本質がいたずらなど軽い気持ちから起こっていることを認識すべきです。 テレビなどで報道されるいじめやドッキリなど誘発しやすい番組の公然と放送される現状から大人にも責任があることです。 手加減ができない子供がいても不思議ではないからです。 私なども小学生から中学生低学年まではいじめられました。 先生は知らんふりです。 その後、見ているから先生の前でけんかしてみろと言われなした。 T先生は今でも忘れられません。 後で聞けばいじめている子は空手やボクシングの練習場に通っていたと聞きました。 事件性があっても刑法は14歳以下の被疑者の事件は処罰対象ではないため、積極的に捜査しないこともあるでしょう。 特に簡単な事件や交通違反ばかり狙っている警察官などはむつかしい事件は事故で勝たずけることも平気ですから。 事件をでっちあげることは警察の内部事情でするのですが、困ったものです。 徹底した捜査を望みたい。 刑法という範囲の問題でなく今後のいじめをなくする資料とするためです。 目撃情報も上がってくると期待もしたいです。 いじめ根絶は必要です。 政府によるいじめに相当する今回の消費税値上げのやめさせましょう。 これだけ高知の地価が震災の報道の風評被害のために下がっていて、資産価値がなくなっているのに、税金だけ上げるのは阿部政治は間違っている。 麻生財務相なんてなにもわかってない人に長くやられるのも老害の財務相もだめだ。 80歳のおじいが政権幹部なのも弊害が泣ければ幸いです。 事件解決を望みたい!.

次の

事 故 概 要

岡林 宏樹

最初、一緒にいた児童らは、優空 ひなた を探していた遺族に対して「一緒に遊んでいない」などと嘘をついていた。 遺体発見前、警察が児童らから聞いた証言は「優空は一人で川に入りふざけている様子だった。 そのうちふざけて泳ぎ出し、ラッコ泳ぎしているみたいに見えた。 」だった。 遺体発見後、警察はこの児童らの証言を元に【ふざけて川遊びしてるうちに足を深場に取られ溺死した水難事故】と判断して検案書を作成しており、これは同日の県警発表の記者クラブからの報道記事にも記載されている。 遺体確認の際に刑事から「これは事故です。 もし何かこれ以上証拠が出ても児童は罪に問う事は出来ません。 」との説明を受け、遺族はその時に初めて現場に児童らが居たことを知った。 現在まで、児童らの証言は二転三転しており、当日の川に入ったとされる箇所が次々と変わり、川の水位についても各児童ごとに証言が違う。 最終的に はワニ遊びをしていたなどという証言も出たと刑事から聞いた。 事故発生直後、児童らは優空の自転車に乗って近所の神社にクワガタを探しに行き、その後、自転車は児童らの自宅裏の山側(梨畑付近)に隠している。 児童らはその後何度か川に確認をしに戻っており、その際にも優空の自転車を再度乗って行ったと証言している。 当日、優空が持っていたお気に入りの図鑑は、中までびしょ濡れの状態で、履いていたクロックスと一緒に堤防の犬走りに置かれていた。 児童らは「図鑑と靴をどうしようか」と全員で相談したと証言している。 下田川は潮の影響により干満の差が激しく、川の深さも変わりますが、未だに正確な事故発生位置の特定すら出来ていません。 担当刑事からも「当時の状況はよくわからないし、事故発生から時間が経ちすぎて児童らの証言も曖昧になるでしょう。 」と言われましたが、これは当初から懸念されていた事であり、何度も遺族から伝えていた事です。 我々遺族は、顔を水につけるのも苦手だった優空が自ら川に入り1人で泳いだということに強い違和感を持っています。 1日も早い再捜査が行われる事を願っています。 詳細を以下時系列にまとめました。 警察・消防による下田川下流に向けての捜索が始まる。 警察の聞き取りにより、 4人の児童が優空と一緒にいたことが発覚。 全員一致する証言は「怖くなって逃げた」「 4人とも川には入っていない」だった。 優空が沈むのを見届けてから「クロックスと図鑑はどうする?」と 4人で話し合い「逃げる際、 B君(次男)が優空の自転車に乗って帰った」とも証言。 この時、僕はまだ当該児童らが事故当時に優空と一緒にいた事を知らされていなかった。

次の