たんこぶ 冷やす。 たんこぶができてしまった際の冷やす時間

後頭部を強打、たんこぶが出来たあとの対処法と治療法

たんこぶ 冷やす

とっても身近な「たんこぶ」ですが、正しい対処法についてはあまり知られていない気がします。 そこで今回は、そんなたんこぶと正しい対処法についてご紹介していきます。 どうしてたんこぶができるの?たんこぶの仕組み たんこぶって一体どうしてできるのでしょうか。 みなさんはたんこぶを作りやすい、たんこぶのゴールデンエイジというものが存在するのをご存じですか。 ここではそんなたんこぶの不思議について説明します。 たんこぶにも種類がある! たんこぶとは頭部を強く打った時にできるみなさんご存じのあのこぶですが、たんこぶには種類が二種類あることをみなさんはご存じでしょうか。 一つは硬いこぶ、皮下血腫と呼びます。 もう一つはぶよぶよしているたんこぶ。 これは少し覚えるのが難しいのですが帽状腱膜下血腫と呼びます。 この二つのたんこぶがどう違うのか説明していきますね。 *皮下血腫 これはいわゆる普通のたんこぶです。 たまに皮膚の下にある皮下組織の毛細血管がやぶれて出血し、ぽつぽつと赤や紫色の斑点ができることがありますがあまり心配はいりません。 皮下組織に血液が溜まっている為、硬いこぶができる。 これが皮下血腫という種類のたんこぶです。 *帽状腱膜下血腫 これは頭蓋骨を覆っている膜と頭蓋骨の間に出血し、血がとどまっている状態を指します。 小さい血管がたくさんあるので血が固まることなくどんどん溜まっていき、巨大なぶよぶよのたんこぶが出来上がることも珍しくありません。 ぶよぶよのたんこぶができれば、それは帽状腱膜下血腫という種類のたんこぶです。 ゴールデンエイジと呼ばれるたんこぶを作りやすい年齢がある! 独立行政法人国民生活センターが1997年に発表した0歳から19歳までの頭部外傷に関する統計を見ると、5歳ごとの年齢別の調査ではなんと0歳~4歳が全体の半数以上の58. 4%を占め一番頭部外傷が多い年齢層だとわかりました。 さらに、その中で17. 1%がなんとまだ幼い1歳児という結果がでているのです。 また、事故がおきる場所としては、たんこぶゴールデンエイジの1歳を含む生後6か月~4歳までのこどもを見てみると階段が一番事故が多い場所だそうです。 1歳くらいのこどもといえば、早い子でちょうど一人歩きを始める時期ですよね。 一人歩きを始める時期のこどもは本当にびっくりするくらいよく転びます。 まだ歩きだしていない赤ちゃんであっても油断はできません。 1歳となれば目を離した隙にハイハイで階段やベランダなどにのぼっていてママをびっくりさせることも珍しくありません。 まだ小さい0歳から4歳のこどもを抱えるママ、特に1歳児のこどもがいるというママはかわいい我が子に頭部外傷が起きないように注意する必要があると言えそうです。 たんこぶを作りやすいのはやっぱり男の子? たんこぶなどの頭部外傷を受けやすいのはやはりなんといっても男の子です。 ただ、この差がはっきりと出てくるのは生後5カ月後。 そこから15歳になるまでにこの男女差はどんどん広がっていき5歳から9歳の間にかけては男の子の頭部外傷率は女の子のなんと2倍に。 10歳から14歳まではさらに2. 3倍にまで広がっていきますから男の子がどれだけわんぱくかがよくわかりますよね。 男の子をもつママ!たんこぶには特に要注意です。 出来てしまったたんこぶには〇〇が効く説は本当? よく、「ハチに刺されたらおしっこをかけたら直る!」といったような迷信がありますが、「たんこぶの説」なんていうのも聞いたことはないでしょうか? たんこぶの説を見てみましょう。 たんこぶには砂糖水が効くって本当? たんこぶが砂糖水に効くというにわかに信じがたいこの話。 まさか!と笑っている方もいらっしゃるかと思います。 おそらく出血をしたということは頭に血が溜まっていないということで血が出たほうが安心だと言われているのでしょうが、表面のみならず頭部の深いところで同時に出血が起きていたらどうでしょう?とても危険ですよね。 お医者さんによってもこのたんこぶについての見解は様々です。 中には打撲の度合いと病状はあまり関係なく、固いものに頭をぶつけた場合でも大丈夫なことが多く、逆に柔らかい場所で転んだだけで脳内出血を起こす場合もあるので注意深く見るようにというお医者さんもいます。 しかし、ほとんどのお医者さんが打撲の程度と病状は関係しているという見解をされています。 つまり、強く衝撃を受ければ受けるほど、脳内になにかしらの病変を抱えやすいという見方です。 頭部を打撲した後、こどもがどのような症状を見せた場合に脳内出血を起こしていたかについて論文からの統計を比較した調査によると、• 脳内出血の危険率は吐いた場合:1. 03倍• 意識がなくなる・ボーっとしてすぐに泣かなかった場合:2. 帽状腱膜下血腫ができた・慌てるほどの出血があった場合:4. 6倍 このような確率だったという結果がでています。 このことからもわかるように、「たんこぶや出血があった場合は安心。 」という説は完全な間違いであるどころかとても危険な説だということがよくわかりますよね。 頭を打った後に出血があったり、ぶよぶよたんこぶができた時こそすぐにこどもを脳外科に連れていくべきです。 きちんと知ろう!正しいたんこぶの処置と病院に行くべき目安 では、どうすれば正しいたんこぶの処置と言えるのか、そしてこどもがたんこぶを作った時に病院に行くべき目安はなんなのでしょうか。 まずは、たんこぶの正しい処置法としては• 傷についた砂や泥を流水できれいに洗い流す。 出血がある場合はすぐに脳外科を受診してください。 傷もなく、たんこぶだけであれば30分ほど冷やすようにしましょう。 冷やしているにも関わらず徐々に腫れがひどくなったり、ぶよぶよとしたたんこぶが出来てきた場合には脳外科を受診しましょう• 手足のまひ、泣かないでうとうとするなどの意識障害、吐き気や嘔吐、頭痛、けいれんなどが見られない場合は念のためにお風呂は避け、24時間様子を見ましょう。 吐き気や嘔吐、頭痛、手足のまひ、意識障害などが見られれば、すぐに脳外科を受診してください。 けいれんが見られた場合はすぐに救急車を呼ぶようにしましょう。 と推奨されています。 頭を打った後にぶよぶよのたんこぶが出来たり、出血が見られたりした場合、そして嘔吐や頭痛、意識障害など上記の中でなにかしらの症状が見られた場合はすみやかに脳外科を受診させましょう。 くれぐれも「ただのたんこぶだから・・・」と軽く考えることは危険ですのでやめるようにしましょう。 たんこぶをつくらせない為にできること 一番頭にけがをしやすい0歳~4歳児。 赤ちゃんを床よりも高い位置に寝かせる場合は、必ず柵やガードをするなどして転倒を防ぐということが大切になります。 6カ月~1歳頃まで この時期の赤ちゃんはハイハイしたり、つかまり立ちをはじめたりと行動範囲が広がります。 家の中の段差にはとにかく気を付けましょう。 つまずいて転んだり、這い上がって落ちたりとどこでどう転倒するか予測がつかず、ママがちょっと目を離した隙に・・・ということも考えられます。 階段などの段差の前には柵をして入れないようにする• 家具にガードをつけて角をなくす• 床にあまり物を置かない• ベビーカーに乗せる場合は必ずベルトをする これらの工夫が必要です。 1歳~4歳まで この時期のこどもはとにかく活動範囲とできることがぐっと広がりますよね。 階段の上り下りなどはなるべく手をつないだり、下から見守るようにしましょう。 また、この時期のこどもは高いところから飛び降りたりしたがる時期でもあります。

次の

「頭を打ったとき」どう対処する?―大人の場合

たんこぶ 冷やす

スポンサーリンク 頭をぶつけてしまってたんこぶができてしまった場合、すぐに対処を行う必要があります。 効果的な方法となってくるのが、よく冷やすことです。 ぶつけてしまった際にすぐに冷やすことによって治りも良くなってきます。 たんこぶができてしまう症状は、内出血が原因となっているので、すぐに冷やすことによってその出血を止めることが可能になってきます。 そのような処置を行うことによって症状も軽くすることができますし、効果的な対策にもなってきます。 ですが、ただ冷やして対処を行うのはすぐに行わないと効果も薄くなってしまい、ある程度出血が起きてしまうことによってあまり効果もなくなってきてしまいます。 ですが、全く意味がないというわけではなく、できることなら早い段階で処置を行うことが大切です。 冷やす際の時間としては10分ぐらい冷やしたら休ませるようにしましょう。 ずっと冷やしておくのではなく、間を空けることによって効果も大きくなってきます。 処置を終えるまでの時間に関しては、1〜2時間ぐらいにして、あまり長時間行ったとしても意味がないことも多くなっています。 スポンサーリンク たんこぶの症状は、内出血が原因になっています。 ですので、冷やすことによって治りは良くなってきます。 その時間に関しては10分ぐらいの時間で、それくらいの間隔で冷やしたり、やめたりすることによって効果も期待することができます。 この処置は、内出血を止めるために行っていることになるので、ある程度出血が起きてしまってからでは効果も薄くなってきてしまいます。 また、この際に砂糖を混ぜている水を使って冷やすことによって、効果があるともいわれているので、上手くいけば問題も小さくすることが可能になってきます。 たんこぶの症状になってしまった際には出血を抑えてあげることが何よりも重要で、これは初期の治療が終わったとしても同じことです。 ですので、たんこぶができてしまって大きく腫れたりしていなかったとしても行う処置によっては問題が出てきてしまうこともあります。 たんこぶができてしまった際は10程度の間隔で冷やすようにして適切な時間で処置することが大切です。 適切な処置を行うことによってたんこぶが治る期間も短くなってきます。 スポンサーリンク.

次の

正しい「たんこぶ」の処置。治療を間違うと中々治らないので注意! | 楽しい子育て応援ブログ

たんこぶ 冷やす

スポンサーリンク 大人のたんこぶは、頭にできた場合には目立つことが少なくいいのですが、おでこにできればとても目立ち、大人にとっては仕事にも影響する場合もあるでしょう。 大人のたんこぶを少しでも早く治すためには、応急処置や適切な対処方法を知っておく必要があります。 ここでは、早く治すために重要な応急処置の方法や対処法について紹介します。 【応急処置の必要性と方法】 頭をぶつけてたんこぶができても、あまり気にせずそのまま放置をする大人もいるのではないでしょうか。 この症状は内出血によって起こるため、できるだけ早く応急処置をすることが大切です。 この対処をしないことで症状が悪化し、数ヶ月経っても治らないといったこともあります。 できるだけ早く応急処置をして、この内出血を早く止めることが治りを早めることになります。 たんこぶの応急処置の方法は、とにかく冷やすということが、自分でできる対処方法です。 冷やすことにより内出血を止めることができます。 保冷剤や氷水で冷やしたり、熱を冷ますシートや湿布などがあれば活用するのも良い方法です。 スポンサーリンク 【たんこぶができた時の対処法】 この症状は頭やおでこなどを強く打つことで起こることから、まず意識があるのか、吐き気やめまいはないかなどを確認することが大切です。 子供の時とは違い、大人ではかなり強く打ちつけている可能性もあることから、このような症状があるケースでは、一刻も早く病院に行く必要があります。 もし、意識がはっきりとしていて、吐き気やめまいがなくても、出血をしているような状態であれば消毒をすることも必要になります。 上記のような症状がない場合では、応急処置で紹介した冷やすだけで十分に対処できます。 【症状によっては病院に行く】 軽度な症状なら応急処置だけで問題ありませんが、症状が明らかにひどかったり、強い痛みが生じるといったケースでは、一度病院で診察を受けることが大切です。 この症状では、自己判断での対処方法で済ませがちです。 しかし、たんこぶは頭をぶつけたことで起こります。 この時の衝撃によっては脳に影響を及ぼしている可能性もあります。 重症化を防ぐためには、病院を活用することも忘れないようにしましょう。 いかがでしたか。 大人のたんこぶは頭を強打しているので、場合よっては重症化する可能性もあります。 また、大人はこのたんこぶが目立つことで仕事にも影響することから応急処置が重要になります。 たんこぶだからと軽視することなく、適切な方法で処置をしたり、少しでも不安を感じれば病院での診察を受けることが大切です。 スポンサーリンク.

次の