コロナ アルコール 度数。 混同されがち!「エタノール」と「アルコール」の違い

消毒用アルコールと同じ度数の「お酒」続々 新型コロナ対策で

コロナ アルコール 度数

こんにちは。 Jewelです。 先日、普通に販売されている「ハンドクリーンジェル 300ml 」が、容器に貼付してあるラベルに「ハンドクリーンジェル Hand Cleaning Gel 手指用洗浄ジェル アルコール71%配合」と表示されているにも関わらず、 実際は、アルコールの配合割合は、71パーセントを大幅に下回っていた事実が発覚、大きなニュースとなり、多くの方が、「それはひどい!」と思われたかと思います。 私自身、今までは、除菌殺菌洗浄ジェルなどは1本家にあるかないくらいでしたが、最近は家に常備し、ネットでも洗浄ジェルを探す際に「アルコール〇〇%配合」かを気にして、弱アルコールとか書いてあるとこれでは、効果がないのかな、、、 などと不安になることがありました。 アルコール入りの手指の洗浄ジェルはコロナの影響で購入される方が増えたかと思いますが、 今回は、アルコール濃度がどのくらいあれば今回のコロナ対策に有効なのか、大学の研究結果を元に解説していきたいと思います。 コロナに有効なアルコール濃度は? 一般的な殺菌(除菌、消毒)に最適なアルコール濃度 現在、細菌などの菌類の殺菌や様々なウィルスの抗ウィルスに有効なアルコールの濃度(度数)は、 日本薬局方(局方): 76. 9~81. 5~71. WHOのガイドランと日本薬局方で随分差がありますね。。 そこでこの差を検証した研究があります。 2019年の実験では、殺菌・抗ウイルス効果をもたらすエタノール濃度が、 WHOの指標の数値では一部効果がない細菌やウィルスもあるという結果が出ています。 死滅させたい菌やウィルスによって有効なアルコール濃度が異なるので、全て同じアルコール濃度のもので対処していても意味がないわけです。 例えば300mlのジェルに対するアルコール濃度のことを言います。 エタノールとアルコールの違い エタノールはアルコールの一種となります。 アルコールには色々な種類がありますのでアルコール=エタノールという訳ではありませんが、消毒を目的としたエタノールは消毒用アルコールで間違いありません。 エタノールの濃度は、商品に記載されているアルコール〇〇%と同じ意味となります。 コロナを退治することを殺菌、除菌とは言わない 新型コロナウィルスは名前の通り、「ウィルス」です。 ウイルスには「エンベロープウイルス」と「ノンエンベロープウイルス」の2種類が存在し、ウイルスが膜状のものに包まれているか包まれていないかの違いで分けられています。 コロナはエンベローペウィルスで、膜状の物に包まれている状態です。 そして、このエンベロープウイルスは、アルコールなどの消毒剤で膜を破壊し、ウイルスにダメージを与えることができるのです。 このダメージを与えた状態のことを、「抗ウィルス効果があった」、「不活化効果」があったといいます。 「殺菌」はその名の通り、 「菌」を殺すことを指します。 ウィルスと菌(細菌や真菌など)はそもそも構造も感染の仕方、増殖の仕方なども違うため、全く別物なのです。 なので、ウィルスを殺菌した、除菌したとは言わないのです。 つまり、コロナの不活化(死滅)にはエタノール(アルコール)の濃度が50%以上のジェルやスプレーなどであれば効果が見込める可能性があるという事です! 1分間手指にゴシゴシジェルを揉みこむイメージでしょうか。 コロナ対策に有効な手指消毒のアルコール度数 いつも70%以上のアルコール濃度の除菌ジェルやスプレーを探してしまっていましたが、 コロナに対しては50%以上で効果があるかもしれないとなると、選択肢が広がって安心ですね。 あまり、アルコールが強いと肌によくないと考える方もいらっしゃると思いますので、自分の肌に合った効果があるものを使って行けるといいですね。

次の

新型コロナウイルスに有効なアルコール濃度のエビデンス|育児研究 着太郎|note

コロナ アルコール 度数

「フマキラー キッチン用アルコール除菌」のエタノール濃度は? 「フマキラー キッチン用アルコール除菌」のエタノール濃度を尋ねると、すぐに 「およそ45%です」と回答がありました。 こちらは ネットの情報でも45%であるとのことだったので、聞かれたら答えるスタイルなんですね。 ついでに「今流行のコロナウイルスにはさすがに効果ないですよね?」と聞いてみたところ、「試験できていないためはっきりとは言えないが、インフルエンザウイルスのようなアルコールに弱いものには効果があるため、ドアノブ等の手が触れる場所の除菌には効果があるものと考えられます。 手指の消毒には使用できませんが…」と教えてくださいました。 そこでは 「エタノール濃度49%」と表記されているので、45%程度と答えていても実際は少し多めに入っているのかもしれません。 以下、個人的感想 45%だとそんなに高い濃度というわけではないですが、きちんと開示してくれるんですね。 「ジャム瓶等に使う予定なら、熱湯消毒の方が殺菌できていいですよ」というアドバイスもくれて、正直だなという印象です。 こちらはネットで調べても濃度がわからなかったので、アバウトでも答えが聞けて良かったです。 以下、個人的感想 「高濃度アルコール(業務用製品等を除く)」とパッケージに書いてあるので、もっとビシッと濃度を答えてほしかったですが、やはり正確な濃度は答えてくれないものなんですね。 「イオントップバリュ キッチンアルコール除菌スプレー」のエタノール濃度は? 「イオントップバリュ キッチンアルコール除菌スプレー」のエタノール濃度を尋ねたのですが、「確認しますのでしばらくお待ちください」と言われ、少し待つことに。 その後すぐに「24%以上です、ということだけお答えできます」と回答がありました。 ついでに手指の除菌についても聞いてみましたが、「使用できなくはないが、肌保護成分が入っていないためオススメできない」と教えてくださいました。 以下、個人的感想 質問ごとに待ち時間が発生したうえ、返ってきた返事が慎重な感じだったので、どこか関連部署等に確認していたのかな?と感じました。 少し時間はかかるものの、確認体制がしっかりしていて安心感がありますね。 すばやく安全に除菌したい場合は、「ドーバー パストリーゼ77」のような エタノール濃度70~80%の除菌スプレーを用いる方が効果的ですが、食卓やキッチンの台をふいたりするのに使うには値段が高すぎますよね。 フマキラーのキッチン用アルコール除菌スプレーについて、手の除菌にしても問題ないかを「フマキラー(株)お客様相談室」に問合わせたところ、「当該製品は法的に医薬品としての認可を受けておらずまた、手に使用した場合の効果等を確かめてはおりませんので、メーカーとしては確証をもって大丈夫だとは言いきれません。 」との返答でした。 主旨はわかりますが、客対応なのだからもう少し言い方があるのでは?と感じました。 これとは対照的だったのがアルタン(株)です。 同様の内容で問合わせたところ、「アルタン78-Rは手指の除菌目的でご使用頂いても成分上、安全性や効果に問題はございません。 汚れを落とす効果についてはアルコール度数 78度 によるものと推察致します。 しかし、本品は製品分類を「食品添加物」として販売しておりますので、基本的には食品を扱う現場で、調理器具や物品にお使い頂く商品となっております。 食品工場・飲食店様などでは、食品に触れるという点を考慮し手指にも食品添加物である本品をご利用頂いている事例は多数ございます。 また、消毒用アルコールでも同様のことですが、使用頻度によっては皮脂がアルコールに溶けて脱落するのを繰り返すことによって手荒れを起こすことがあります。 異常が発生した場合にはすぐに使用を中止してください。 以上の点をご了承頂き、ご使用下さいます様お願い致します。 」と、ひじょぉ~・・・・・~に懇切丁寧な誠意ある回答を得られました。 「汚れを落とす効果についてはアルコール度数 78度 によるものと推察致します」というのは、私がこのアルタン78-Rをティッシュに噴霧して机などを拭くと、何回拭いても黒くなって汚れが落ちていることが目に見えて明らかなので、この点にもふれたことによります。 アルタン78-Rのアルコール度数は78度とのことで、フマキラーのキッチン用アルコール除菌スプレーは約45%ということなので、アルコール度数は45度でいいですね?こちらを同じようにティッシュに噴霧して机などを拭いても黒くはなりませんでした。 汚れの落ちはアルタン78-Rに比べたらアルコール度数で33度も少ない分、効果は低いようです。 問題は手の除菌効果で、こちらも低いようでは困ります。 この点はどの程度か素人にはよくわかりませんが……。 ま、きちんとした対応をしてくれた会社の製品の方が、品質も良く感じられるのは人情ってもんでしょう。 企業イメージの観点からも、「お客様相談室」との看板を掲げているならなおさら、回答の言い方にはもっと気をつかってほしいと思いました。 ところで、手の除菌用で使うアルコールスプレーですが、このサイトで扱われているフマキラー、カビキラー、イオントップバリューの3社以外でもいろいろあると思います。 もっとなんか手ごろで効果がそこそこある製品はありませんか?ご案内願います。 返答が遅くなってしまい大変申し訳ありません。 手の除菌には(気休め程度に)100円ショップの除菌ウエットティッシュしか使っていなかったため、少し調べてみました。 サクラ様が現在使用している「アルタン78-R」と同じくらいアルコール(エタノール)が入っている製品は、スプレータイプだとサラヤの「手指消毒 アルコールスプレー VH(76. 9~81. 4%)」、ジェルタイプだと健栄製薬の「手ピカジェル(76. 9~81. 4%)」などがあるようです。 私も素人なので確実に大丈夫とは言えないのですが、除菌効果はエタノール濃度70~80%程度が最も高いようなので、そのくらいの量が入っているものの方が今の時期はやはり安心感がありますよね。 手指用の消毒用アルコールは、エタノールだけでなく保湿剤が入っているため、キッチン用除菌アルコールよりかは手にやさしいものが多い印象です。 ちなみにサイトで紹介している3社ですが、我が家ではアルコール濃度が高すぎると机などのニスが溶けてしまうため、普段使いにはアルコール濃度が少し低いものを使用しているという事情があります。 しかし、食中毒が気になる時期はキッチンのみ「ドーバー パストリーゼ77(エタノール濃度77%)」を使用することもあります。 HPによると手指に使用しても問題ないと書かれていますし、専用の携帯用スプレー容器も売られているため、こちらを使用してみるのもよいかもしれません(手荒れ防止にハンドクリームは必要そうですが)。 あまり参考にならず申し訳ありません。 今後、ドラッグストアなどで入手しやすいものを使用してみたいと思います。

次の

アルコール濃度が60%以下のアルコールハンドスプレーはコロナ...

コロナ アルコール 度数

ビールは好きですか?夏になるとキンキンに冷えたビールが最高においしいですよね!ビールが大好きな人でも、意外と「ビールの度数については詳しく知らない」という人は多いのではないでしょうか。 スーパーやコンビニで缶ビールを手に取ってラベルを見ると、「アルコール〇%」という表記がありますよね。 同じビールでも、アルコールの度数が高いビールと低いビールがあるということを知っていますか?そして、「度数が高い」「度数が低い」というのはどういうことなのでしょうか? 今回は、意外と知らないビールの度数についての基礎知識と、度数の高いビールと低いビールのおすすめをランキング形式で紹介します。 この記事を読んでビールの度数についての知識を深めて、ビールをさらに楽しんでくださいね! まずは、ビールの度数についての基礎知識を紹介します。 ビール党に限らず、お酒が好きな人にはアルコール度数について基本的なことを知っておいて欲しいと思います。 また、度数の高いお酒をたくさん飲んだ時に身体に起きる変化についても説明します。 ビールの「度数」とは何なのか キリンビールの公式サイトによると、アルコール度数とは、「それぞれのお酒に含まれているお酒の割合のこと」です。 缶ビールの成分表を見てみると、「アルコール分5%(100ml当たり)」という表記があると思います。 これは、100mlのビールにアルコール分が5%含まれている、ということです。 ちなみに、アルコールの割合を表す時に「〇度」の他に「5%」という表現が使われることがありますが、表現が違うだけで意味は同じです。 【成分(100ml当たり)】アルコール分(度数):5%エネルギー:42kcalたんぱく質:0. 2~0. 4g脂質:0g炭水化物:3. 0g糖質:3. 0g食物繊維:0~0. 2g食塩相当量:0~0. 02g賞味期間:9ヶ月 辛口でアルコール度数が高いイメージのアサヒスーパードライですが、アルコール度数は標準的な5%です。 ビールは酵母によって味わいが大きく異なります。 アサヒスーパードライの公式サイトによると、アサヒスーパードライの辛口とキレの良さは、アルコール度数が高いからではなく、アサヒスーパードライに使われている「318号酵母」という酵母の働きによるものだということです。 そして、ビールにも食品と同じように賞味期限があることを知っていましたか?普段は特に気にせず飲んでいると思いますが、封を開けなければ永遠に保存できるものではないので気を付けましょう.

次の