木村 屋 本店。 【メゾンカイザー社長】木村周一郎の経歴は?木村屋の長男ゆえの苦労も

木村屋本店の店舗一覧やお得なクーポン情報

木村 屋 本店

6月1日より営業再開致します! また、テイクアウトも始まります。 店内のアラカルトメニュー全品お持ち帰り可能です。 21:00、ドリンクL. 21:30) 6月1日より、時短で営業再開致します。 テイクアウトも開始致しますので、ご利用ください。 定休日• 年中無休• O 21:00) 平均予算• 2,490円(通常平均)• 2,980円(宴会平均)• 2,000円(ランチ平均) クレジットカード• VISA• MasterCard• JCB• アメリカン・エキスプレス• UC 予約キャンセル規定• 予約日の1日前【必ずお電話で予約担当者にお伝えください】• キャンセル料:• 30%• お電話でキャンセルのご連絡をいただけず当日ご来店なされない場合はキャンセル料として100%ご請求させていただきます。 お店のホームページ• 160席• 座敷席あり• 掘りごたつ席あり 宴会最大人数• 110名様(着席時) 貸切可能人数• 90名様 ~110名様• 掘りごたつ個室あり(90名~110名様用)• 店内全面禁煙 お子様連れ お子様連れOK• 設備・サービス:• お子様メニューあり 外国語対応• 外国語メニューあり:• 英語メニューあり 携帯・Wi-Fi・電源• 携帯の電波が入る( ソフトバンク 、NTT ドコモ 、au ) その他の設備・サービス• 23時以降も食事ができる• カラオケあり• マイク利用可• プロジェクター・スクリーンあり• ビンゴゲームあり.

次の

店舗のご案内

木村 屋 本店

代々守り受け継ぐ酒種 明治7年に開発された酒種(さかだね)あんぱんを受け継いで140年以上、酒種発酵種は代々酒種を守る種師に受け継がれてきております。 酒種は米、麹、水から出来ており、あんぱんに最適な材料とは何か。 工程とは何か。 酒種をどのように伝承していくのか、社内で数名集って酒種伝承会議を開催して産地、品種等の原材料の選定から作り方まで、常に試作と試食を繰り返し、もっともおいしいあんぱんを探求し続けております。 酒種とは米と麹と水から作られた発酵種です。 正式には酒種酵母菌のことを言い、米食文化である日本独特の酵母です。 日本では古来から、日本酒を造る時の発酵源として使われています。 イーストとの違い イーストも酒種も同じ酵母と言う仲間ですが、増殖するために栄養源として食べるものが違います。 一般に市販されているイーストは、砂糖を製造する過程でできる糖蜜を栄養源として化学的に管理された機械ラインで大量に製造されます。 一方、上記のように米と麹と水から作られた発酵種である酒種は米を栄養源とし、空気と水のきれいな所で自然の中より酵母菌を採取し、麹を手助けとして日数をかけて増殖します。 酒種は簡便性に於いてはイーストには劣りますが、風味の点においては優れています。 ただし自家製造のため、特別な環境・場所が必要であり、しかも酒種の管理は難しく、勘・コツ・経験が必要になります。

次の

麺酒場 木村本店

木村 屋 本店

1900(明治33)年創業の「木村屋 田村町本店」。 あんぱんの代名詞とも言える木村屋總本店から暖簾分けされた同店は、パンの製造販売から洋食屋を経て洋菓子も扱うカフェレストランに。 名物は、40年来同じ製法を守るバナナケーキだ。 色白に焼いたクレープは半生のような感覚でしっとり滑らか。 切ると真ん中にバナナがドンと現れる。 濃厚なバナナは香りでも、味わいでも断トツの存在感。 ぽってりとした食感のカスタードクリームがプリンのような喉越しの良さを出している。 万人が好む素直で優しい味と手づかみで食べられる気軽さは、長年にわたり新橋ワーカーの差し入れやおやつに活躍してきた。 リキュールも加えない、徹底した無添加なので子ども向けにも使える。 「何の変哲もないレシピ」と言いながらも、バナナは追熟させて食べ頃になったものを使うなど、基本はしっかりと。 奇をてらわず、普通に美味しいものを作る姿勢がロングセラーを生み出した。 「この先も100年愛される店に」との理念が、連日の賑わいにつながっている。

次の