感謝 の 言葉。 【目上へ】お礼・感謝の言葉の例文一覧

「感謝申し上げます」の意味と敬語表現・使い方と例文

感謝 の 言葉

日本人の「謙遜的な姿勢を重んじてきた」という性質上、褒められても「そんなことないですよ」「自分なんてまだまだ未熟です」というように、謙遜してしまいがちになってしまうという人も多いかと思います。 ある程度の謙遜は確かに好印象ではありますが、過剰すぎる謙遜姿勢は、お褒めの言葉を言った相手からすると、自分の言葉を軽んじられたように聞こえてしまい「せっかく褒めたのに嬉しくないのか?」と思われてしまうため、かえってマイナスな印象になる場合も多いのです。 褒めてもらった時は誰だって嬉しいはずですので、上司やお客様などに褒められた時には、過剰に謙遜せず、素直に「ありがとうございます」などといった感謝の言葉を伝えましょう! 「褒めてもらって」は謙譲語・尊敬語ではないためお褒めの言葉にはNG! ビジネスシーンなどの会話において、よくありがちなミスとして「尊敬語・謙譲語が混同する」「本来敬語ではない言葉を敬語と思い込んで使っている」などがあります。 そんなミスの代表例として、上司からのお褒めの言葉に対して「褒めてもらってありがとうございます」と返事をしてしまうケースが挙げられます。 「褒めてもらって」という言葉自体は、確かに他者からの褒め言葉に対する返事・返信の1つであり「褒める」という言葉に「もらう」が付いているため、一見謙譲語のように見えるかもしれません。 しかし、これは敬語ではなく、人間関係が重要視されるビジネスシーンにおいては、あまりふさわしいものではありません。 「褒めてもらって」という言葉をビジネスシーン等で用いる場合は「お褒め頂き」などを用いるようにし、感謝の言葉を添えるようにしましょう。 お褒めの言葉への正しい返事の仕方は? お褒めの言葉には「ありがとうございます」などの感謝の言葉で返事しよう! 褒められ慣れていないため、いざ上司などからお褒めの言葉を頂いても「そんなことありませんよ」と謙遜してしまうという人は「恐縮です」という言葉を用いることをおすすめします。 ビジネスシーンなどにおける会話・メールなどでも度々見かける「恐縮です」という言葉は、お褒めの言葉に対する返事・返信にも使えるのです。 「恐縮です」の「恐縮」という言葉には、相手から受けた厚意などに対して感謝する気持ちだけでなく、自分自身が相手にかけてしまった迷惑に対する謝罪・すまないという気持ちを表現する言葉でもあります。 また、人によっては相手への厚意に対して照れくさい気持ちや気恥ずかしさを表す場合もあり、様々な表現に使えますよ! 素直に感謝の気持ちを表現しにくいという時だけでなく「恐縮」という言葉は、突然のメールをする時や相手への頼みごとをする時などにも「お忙しいところ大変恐縮ですが」などというようなビジネスメールに最適な言葉に言い換える時にも便利な言葉でもありますので、ビジネスメールが苦手という方は是非覚えておきましょう。 感謝の言葉にさらにプラスアルファ!相手を立てる言葉で好感度アップ! お褒めの言葉に対する返事・返信のテクニックの1つとして「ありがとうございます」や「お褒めいただき光栄です」などの感謝の言葉に加えて「褒めて頂いた相手の立場を立てる言葉」を付け加えると、さらに相手の印象に残りやすく、褒められ上手になります。 多くの人は自分の言動に対して喜んでくれたりことは嬉しいことです。 気持ちの良い返事・返信で、互いに褒め合ったり、認め合ったりすることで、より信頼できる仕事相手・取引相手になれることでしょう。 NGなお褒めの言葉へのメールの返信とは? 返事・返信にお褒めの言葉に対する感謝の言葉を書かない ビジネスシーンなどにおいては、対面だけでなくメールでの取引・コミュニケーションも多くなります。 そのため、メール上でのトラブル等を防ぐためにも、ビジネスメールにおけるお褒めの言葉に対する返事・返信方法も理解しておく必要があります。 プライベートでは、SNSをはじめ、ショートメールでのやり取りがほとんどという人も多く、なかにはビジネスメールなどの、比較的長文で敬語などを多用するメールに対しては苦手意識を持っているという人も多いことでしょう。 基本的な言葉の使い方や相手に合わせた使い方を理解すれば、簡単に好印象なメールを送れますよ。 お褒めの言葉に対するメールでの返事・返信においても、対面の時と同様に褒めて頂いた相手へ感謝の気持ちを伝えるようにしましょう。 対面とは違い、メールの送り主の顔・表情を読み取ることができないメールでは、書いている文章でしか相手の気持ちを読み取れません。 そのため、感謝の一文があるだけで雰囲気が変わります。 お褒めの言葉に対して「ありがとうございます」とだけ書く また、メールでお褒めの言葉を頂いた時にやってしまいがちなミスの1つとして「ありがとうございます」のひとことで終わってしまっているというケースです。 よく知った相手で、なおかつ対面の場合であれば「ありがとうございます」のひとことでも問題はありません。 メールを送ってきた相手の顔や表情がわからないビジネスメールにおいて好印象の返事・返信をするためには、自分が送る文章から感謝の気持ちが相手に伝わるようにすることを心がける必要があります。 「ありがとうございます」という言葉だけでは、相手によっては傲慢なイメージや冷たい印象を感じてしまう場合もあるのです。 お褒めの言葉への正しいメールの返信の仕方は? お褒めの言葉に対する感謝の一文を入れる 敬語やマナーが学べる本の2つ目は『私の敬語正しいと思っていたけれど。 』です。 可愛い絵柄が印象的なこちらのコミックエッセイは、著者であり会社員歴15年の森下えみこさんが同僚や上司とのコミュニケーションのなかで、正しい敬語や話し方を学び直すという内容になっています。 取り扱っている内容も様々であり、電話・メール・対面コミュニケーションなどから、尊敬語・謙譲語・丁寧語の基本など社会人なら今更聞けない内容も多く、敬語に自信がないという人の学び直しにもぴったりです。 『私の敬語正しいと思っていたけれど。 一見難しく見えるかもしれませんが、何度もやり取りしていくなかで、相手に合わせたコツが掴めてくるのです。 今回ご紹介したポイントも参考にしながら、憧れの「褒められ上手」になりましょう! また、個人が持つビジネスマナーの知識・技量を表す資格の1つに「ビジネスマナー検定」があります。 この検定では今回取り上げた敬語・言い換えをはじめ、様々な観点から受験者のマナーが試されます。 関連記事ではビジネスマナー検定の内容についてまとめています。 挑戦してみたいという方は要チェックですよ!.

次の

【感謝の言葉・名言(英語&日本語)】ありがとうは人生に奇跡を起こす!

感謝 の 言葉

ここでは感謝の名言を厳選して30個集めました。 言葉のシャワーを浴びて感謝のツボを刺激しましょう。 「感謝は人の心を開き、運命を開く」 (本田健:作家) 「感謝は、過去を意味あるものとし、今日に平和をもたらし、明日のための展望を創る。 」 (メロディ・ビーティ:アメリカの作家) 「感謝は、あなたが成長し、広がるのを助けます。 感謝は、あなたの人生に、喜びと笑いをもたらすだけでなく、あなたの周りにいる全ての人々の人生にも喜びと笑いをもたらします。 」 (アイリーン・キャディ:「聖なる楽園」フィンドホーンの創設者の一人。 ) 「感謝はライフスタイル。 選ぶもの」 (こうのひろゆき:コーチ) 「私の、このヘタな文字、つたない文章も、見てくれる人のおかげで書かせていただけるんです。 〈おかげさん〉でないものは、この世に一ツもありません。 みんな〈おかげさん〉で成り立っているんです」 (相田みつを:詩人・書家) 「感謝のキャッチボールが幸せのホームランとなる」 (作者不明) 「「今日は勘弁してくれたまえ、一文の持ち合わせもないんだ」こう言いつつ詩人はこじきの手をぎゅっと握った。 こじきはどんな大金をもらうよりも詩人の手のぬくもりを感謝した。 」 (ツルゲーネフ:ロシアの小説家) 「感謝の心が人を育て、感謝の心が自分を磨く」 (作者不明) 「感謝の念は教養の結実である。 粗野な人々の間には見受けられない。 」 (サミュエル・ジョンソン:イギリスの詩人) 「「感謝する心」は、人間社会のなかで心穏やかに生きる最高の発明品」 (斎藤茂太:精神科医・随筆家) 「感謝を口にすることは礼儀正しく楽しい。 感謝を行動で表すことは、高潔で気高い。 感謝を生きることは天国に触れること。 」 (ジョハニス・A・ゲイアートナー:アメリカの神学者) 「素敵な夫婦関係の決め手は、「ありがとう」のたった一言。 」 (斎藤茂太:精神科医・随筆家) 「感謝する理由が見つからなければ、落ち度はあなた自身にある」 (北米ミンカス族の格言) 「仏法が分かるということは、今まで当り前にしておったことが、ひじょうにありがたいことになるということ。 」 (米沢英雄:医師) 「我々が感じる不満の全ては、我々が持っているものに対して感謝の念を抱くことがないことから生じている。 耳が聞こえる。 体が動く。 気分も悪くない。 有難い!人生は美しい!」 (ルナール:フランスの劇作家) 「恩恵に感謝するものは、恩恵からより以上のものを引き出す」 (パブリアス・シラス:古代ローマの詩人) 「感謝の心が高まれば高まるほど、それに正比例して幸福感が高まっていく」 (松下幸之助:パナソニック創業者) 「苦労を語る前に、私はまず自分自身の幸運に感謝したい。 」 (松下幸之助:パナソニック創業者) 「感謝しなさいと人から言われても感謝できるものではない。 自然に自発的に様々なものに感謝できた時が脱皮であり人格者となるのである」 (作者不明) 「人が人よりも機械を信用し、人の情熱や誠意よりも数字を信頼し、社会が人を信頼しなくなった時、感謝の気持ちは存在するのだろうか。 」 (M・トケイヤー:ユダヤ教指導者) 「不満はね、ストレスの素よ。 感謝はエネルギーになるのよね」 (森光子:女優) 「感謝する技術とは、あなたの感謝の気持ちに手や腕や脚をつけ、声を加えることで感謝することである。 感謝する技術とは、他人も幸福にしようと努力することで自分の幸福を感謝することである」 (W・A・ピーターソン:アメリカの作家) 「トイレでも感謝。 何事も感謝。 」 (松浦弥太郎:雑誌『暮しの手帖』編集長) 「現在の生活の状態、境遇、職業、何もかも一切のすべてを、心の底から本当に満足し、感謝して生きているとしたら、本当にその人は幸福なのである。 心が積極的になれば、たとえ人生に苦難苦痛があろうと、心の力で喜びと感謝に振りかえることができる」 (中村天風:思想家) 「祈りをしているうち、感謝の気持ちが生ずるようであれば、(潜在意識への引き渡しが完了した証拠なので)その祈りはかなえられる。 」 (ジョセフ・マーフィー:アイルランドの著述家) 「感謝は喜劇、でも求めたら悲劇」 (こうのひろゆき:コーチ) 「私たちをとりまくすべての美、気づかれないような美に、感謝の心を持ちなさい。 太陽の光、夕焼け、星、雲、木、人々に感謝の心を持ちなさい。 」 (オショウ:インドの宗教家) 「お礼を言っても、心で感謝してないのは、「お礼お礼詐欺」だよ」 (ながれおとや:なぞなぞ作家) 「私は感謝しなけりゃいけないな。 本当に不思議なものだな、家内を思い出すとありがとうっていうのが自然と出てくるんだから、これは不思議だ。

次の

感謝の言葉の丁寧な伝え方や言い方!例文や名言・お礼の一言を紹介!

感謝 の 言葉

それは『人間関係が良くなる』ということです。 世の中には意外ときちんとお礼を言えない人が多いのです。 ありがとうの気持ちを伝えるということができる人は、相手を喜ばせることができる人です。 すると、人間関係も良くなっていくのです。 それは『信頼してもらえる』ということです。 ありがとうの気持ちを伝えるという事は、感謝の気持ちを相手に伝えるという事です。 自分の気持ちを言葉できちんと表現し、相手に伝える事ができる人は、信頼してもらえるというメリットがあります。 それは『自信の評価が上がる』ということです。 世の中には、感謝の気持ちを自分の言葉で伝えられない人が多くいます。 そんな中、お礼が言える人は社会人として礼儀がある人ということになります。 礼儀がある人は周囲からの評価が高くなります。 それは『仕事を回してもらえる』ということです。 お礼がきちんと言える人は、社会人として礼儀をわきまえている人です。 そのような人と仕事をする事は大変気持ち良いと感じます。 また一緒に仕事がしたいと思う為、仕事を回してもらえるのです。 それは『助けてもらいやすくなる』ということです。 助けてもらった後に、自分の言葉でお礼を伝えると、「礼儀正しい人」という印象を与えることができます。 すると、「また助けてあげよう」と思ってもらえる為、助けてもらいやすくなります。 それは『直接会って伝える』ということです。 直接会って伝える方が、あなたのありがとうと言う気持ちはより相手に伝わりやすくなります。 それは『電話で伝える』ということです。 相手が遠方の場合は、わざわざ会いに行くことは難しいでしょう。 お礼を伝える為だけにわざわざ遠出をすることは、経費の無駄遣いにもなります。 そのような場合は、電話で丁寧に感謝の気持ちを伝えるようにしましょう。 それは『手紙に感謝の気持ちを認(したた)める』ということです。 要するに、感謝の気持ちを手紙に書くということです。 手紙を書く際には、必ず手書きで書くようにしましょう。 オフィスソフトなどを使って作成したものを打ち出すよりも、気持ちが伝わります。 それは『メールで伝える』ということです。 ただし、メールで伝える場合には、文章に気をつける必要があります。 文章に細心の注意を払わなければ、気持ちが伝わりにくくなるからです。 この後に例文を紹介しておりますので、そちらを参考にしてみてください。 それは『第三者を介す』ということです。 これは、かなりテクニックが必要です。 それは『すぐに伝える』ということです。 感謝の気持ちはできるだけすぐに伝えましょう。 タイミングがずれてしまうと、どれだけ丁寧な言葉を使っても、感謝の気持ちが相手に伝わりにくくなってしまいます。 お礼や感謝にはスピードが大切なのです。 それは『落ち着いた時』です。 すぐにお礼を伝えたくても、お互いに慌ただしくてそれが難しいケースもあるでしょう。 その場合は、お互いに落ち着いてから伝えるようにすると良いでしょう。 慌ただしい状態よりも、感謝の気持ちが伝わりやすくなります。 それは『相手の都合を確認する』ということです。 お礼の言い方やタイミングで最も大切なのは、相手の都合です。 特に直接会って感謝の気持ちを伝える際には、相手が落ち着いている時の方が伝わりやすくなります。 必ず相手の都合を確認しましょう。 それは『「ありがとう」を多用する』ということです。 「ありがとう」という言葉を何度も多用したお礼の言い方は、より相手に感謝の気持ちが伝わりやすくなります。 「ありがとう」を多用してもくどいと言うことはありません。 それは『プチプレゼントを添える』というお礼の言い方です。 これは特に親しい間柄の人にすると良い、お礼の言い方です。 金額が高いものは、逆効果になります。 決して高くない文房具などをプリプレゼントとして添えるのが、良い方法と言えるでしょう。 それは『一筆箋などを使用する』というお礼の言い方です。 特に一言の挨拶として、日頃のお礼を相手に伝える場合には、一筆箋やメッセージカードのようなものを使用すると良いでしょう。 肩を張らないお礼の言い方として、最適な方法になります。 それは『大変お世話になりました』です。 お礼の言い方としては大変シンプルです。 ですが、シンプルである分、使いやすいとメリットがあります。 実際に相手にお世話になっているのですから、その事を簡潔で伝わりやすい形で表現する事で、より伝わりやすくなります。 それは『感謝の気持ちでいっぱいです』です。 こちらもあまり形式ばらないメッセージ例文になります。 ですが、あなたの感謝の気持ちは充分相手に伝わります。 シンプルな言葉であればあるほど、あなたの感謝の気持ちというものは、相手により伝わりやすくなるのです。 それは『ご厚意に深く感謝いたしております』です。 これはビジネス文書の形式になります。 会社全体に対して、感謝の言葉やメッセージを送る際には、このような例文を使うと良いでしょう。 多くの会社などで使われている、定番中の定番の例文と言っても良いでしょう。 「感謝しております」の類語や敬語、英語での表現方法について、詳しくご紹介している関連記事があります。 リンクいたしますので、ご覧ください。 それは『平素はなにかとご高配いただき、誠にありがとうございます』です。 特に前半の『平素はなにかとご高配いただき』は「日頃からなにかと大変お世話になり」という意味が込められています。 会社全体から会社全体に伝える際に、良く使用されている例文です。 それは『日頃はひとかたならぬお引き立てにあずかり、心より御礼申し上げます』です。 これは「日頃から、何かと弊社に仕事を回して頂き」などのような意味が込められています。 特に営業部隊などでは、個人的なお礼状の時などに、このような例文が使われています。 それは『先日は身に余るお心遣いを賜り、厚く御礼申し上げます』です。 これは個人的にお世話になった時などに、良く用いられる例文です。 仕事関係で有力な人を紹介してもらったりした時には、このような例文を使って、感謝の言葉のメッセージを送ると良いでしょう。 それは『常々格段のご配慮をいただき、誠にありがとうございます』です。 これは、会社全体から会社全体へ感謝の気持ちを伝える際に、良く用いられるメッセージの例文になります。 「いつも、たくさんのお気遣いをいただき」などのような意味が込められています。 それは『過日は過分のお心配りにあずかり、厚く御礼申し上げます』です。 これは個人的にお世話になった場合に、良く用いられるメッセージの例文になります。 また、『過日』という言葉を用いているところから、お世話になって少し時間が経った時に使用する例文です。 それは『ご多忙なところお時間を頂戴し、ありがとうございました』です。 これも個人的にお世話になった時に用いられる、お礼のメッセージ例文になります。 特に個人的に面談して頂いた際などに使用すると、あなたの感謝の気持ちが、相手に明確に伝わるでしょう。 それは『ご紹介いただきましたこと、恐悦至極に存じます』です。 特に『恐悦至極に存じます』は、かなり固い表現方法です。 口語でこのように伝えることはありません。 また、メールよりも手紙に感謝の気持ちを認(したた)める際に、良く用いられる表現方法です。 それは『大変お世話になり、衷心より御礼申し上げます』です。 『衷心』を分かりやすい言葉に表現にすると、「心から」や「心より」などのようになります。 あまり口語ではこのような表現は用いられません。 ビジネス文書として感謝状を送る際に用いられる表現です。 それは『一言お礼をお伝えしたく、筆をとった次第です』です。 「筆をとった」という表現を用いていることから、口語で用いられることはありません。 また、メールでもこのような表現方法はおかしくなります。 手書きの手紙に認(したた)める際に用いられます。 それは『日頃より格段のお引き立てを賜り、拝謝致します』です。 『拝謝』とは「首(こうべ)を垂れてお辞儀をする」ということです。 要するに、「頭を下げてお辞儀をし、感謝の気持ちを表します」ということを伝えています。 文書の際に用いられる表現方法です。 それは『先日は大変なお心遣いを賜り、痛み入ります』です。 『痛み入る』とは、「感謝の気持ちで胸がいっぱいになっています」ということを伝えています。 この表現は文書だけでなく、口語としても用いられるケースがあります。 それは『多大なご尽力に対し、代表して謝意を表します』です。 『謝意』は感謝の気持ちを伝える以外に、謝罪の場面でも使われることがあります。 大変堅苦しい表現方法です。 口語として使われることはありません。 それは『Thank you very much. 』です。 日本語での意味は、「いろいろありがとう」になります。 英語での表現方法としては定番中の定番です。 それは『Thank you so much. 』です。 日本語での意味は、「本当にありがとう」になります。 1つ目の表現方法よりも、感謝の気持ちを深く表現しています。 また、言い方も大変丁寧な表現方法になります。 感謝の言葉で大切なことは伝える際のタイミング 感謝の言葉を伝える表現方法は、たくさんあります。 ですが、表現方法よりも大切なのは、伝える際のタイミングです。 できるだけ早く伝えることで、感謝の気持ちはより相手に深く伝わります。 タイミングを見計らって、早い段階で伝えるようにすると良いでしょう。

次の