あん スタ ファンミ。 あんスタのガチャは渋いか検証と排出確率公開で出ない人が続出は必然?

あんスタのコスプレ4

あん スタ ファンミ

過去がわかる追憶シリーズ キラキラしたアイドルの成長物語を描く一方で、深く考えさせられるシナリオも多い 『あんさんぶるスターズ!』。 今回はプレイヤーである転校生が夢ノ咲学院にやってくる前の 過去エピソードが語られるイベントについて紹介していきます。 主に3年生が主役となる話が多く、キャラクターたちが抱える秘密や信念に触れる物語になっているので、『あんスタ!』を深く知りたいと思っている転校生さんに強くおすすめします! また注目すべきポイントは、キャラクターのビジュアルが少し変わっていること。 「このキャラクター、昔はメガネをかけていたんだ!」、「今と髪が変わってる!」など、視覚的にも新しい発見ができるのが楽しいです。 Valkyrieの歴史がわかります。 旧Valkyrieとfineの対決も。 Switchの登場回。 現在はひっそりと活動しているValkyrieですが、かつては夢ノ咲学院の頂点とも呼ばれるほどの実力を持ったユニットで、 斎宮宗と 影片みか以外に現在Ra*bitsのリーダーである 仁兎なずなも所属していました。 彼らがなぜ分かれることになったのか。 そんなValkyrieの歴史がわかる物語です。 当時の夢ノ咲学院は、やる気のない生徒が多く、そんな中でValkyrieのパフォーマンスはほかと一線を画していました。 ユニットとして組んだことはないが、5人の仲はとても良好。 fineとのドリフェスでは、Valkyrieのパフォーマンスの最中になぜか放送機器がすべて停止。 急きょ3人による生の歌声で対応するものの、散々な評価でValkyrieは敗北する。 彼らの敗北をきっかけに、夢ノ咲学院は動乱の時代へ。 その後、なずなは渉との会話をきっかけにValkyrieを脱退して、Ra*bitsのリーダーになった。 追憶*集いし三人の魔法使い Switchの登場回でもあり、夢ノ咲学院を動乱の時代に導いた英智の行動や理由が判明するシナリオです。 なので、この英智による改革がどういったものだったかを知ると、グッと『あんスタ!』のストーリーがおもしろくなります! 2年生になった英智は腐敗していた学院の現状を変えるため、かねてから 蓮巳敬人といっしょに考えていた計画を実行することに。 そのひとつとして、クラスメイトのつむぎに手伝ってもらいながら、夢ノ咲学院を代表する才能豊かな生徒を5人選出します。 英智や敬人は生徒会として 五奇人と名付けられた彼らをメインにして学院を盛り立てていきますが、その裏では彼らこそ学院が腐敗した原因だと流布。 英智が夢のために作ったユニットだったが、表向きはリーダーがつむぎで、日和と凪砂が二枚看板。 英智の存在を極力薄くする印象操作を行っていた。 渉とのドリフェス後に英智以外が脱退。 その後、厳しすぎる加入条件にクリアーした桃李たちが加わり、現在のfineに。 2年生になってから学校に顔を出すようになったが、入院することも多く、少ない時間の中で改革を進めていた。 渉とのドリフェス後に再び長期入院になっていた模様。 追憶*春待ち桜と出会いの夜 追憶シリーズは英智による改革が主軸になるため、どうしても物語を動かすのが3年生たちになります。 しかし、2年生たちだって学院にちゃんと通っていました。 全貌がわからず、目まぐるしい変化に振り回されるしかなかった2年生の生徒たち。 このイベントはTrickstarを中心とした、そんな 2年生視点で語られる過去ストーリーです。 1年前、アイドル学校である夢ノ咲学院は衰退気味で、入学してきたばかりの生徒たちも積極的に活動をしようと思う生徒はわずかでした。 またこのころはユニットに所属することが絶対ではなかったため、生徒たちはやるかやらないかも含めて、自由にアイドル活動に励みます。 それは 明星スバルや 氷鷹北斗たちも同じでした。 ドリフェスは基本的にユニット単位の参加しか認めていないため、かなり特殊な部類に入る。 零の弟である凛月や五奇人の夏目も出演する予定だったが、きな臭さを感じたため辞退している。 追憶*モノクロのチェックメイト 続いては Knightsの追憶シリーズ。 Knightsは夢ノ咲学院の最大勢力のひとつに挙げられているのですが、そのわりにはリーダーの 月永レオが長期に渡って不在であり、メインストーリーでは悪役じみた役どころにいました。 このイベントでは レオがなぜ学院を離れることになったのか、彼が離れた結果 Knightsにどんなことが起こったのかが詳しく描かれています。 学院で2番目に古いユニットなのですが、とにかく所属している人数が多く、真面目に活動しているメンバーは少ないという残念なユニットです。 また生徒会はドリフェスに参加するユニットは5人以下の少人数がお得だという情報も流し、大所帯ユニットの分裂を図った。 人数が多いチェスに対抗するため、Knightsのほか英智やつむぎなどのゲストも参加する予定だった。 結果的にはドリフェスが始まる前にレオが出演料を払う代わりに辞退してほしいと願いが聞き入れられ、不戦勝でKnightsが勝った。 チェックメイトでは、レオ、泉、凛月、嵐がKnightsとして参加。 一時は外部ファンの応援を得て人気になったが、その後はドリフェスの規模が校内限定になったため、得票数が稼げず没落していく。 追憶*それぞれのクロスロード このイベントは 朔間零を中心にした UNDEADや紅月たちの過去ストーリー。 ライブ途中から紅郎も参加したが、基本的には零、敬人、晃牙のことを指す。 零が生徒会を離れていったあとも、敬人が書類上で名前を残しており、返礼祭では零と晃牙のわだかまりを気にかけた敬人がその名前を復活させた。 現在は改善されており、Valkyrieがよくここで活動している。 地元の有力者の息子である羽風薫が出入りしており、経営者代行のような立ち位置にいる。 追憶*流星の篝火 守沢千秋、深海奏汰、三毛縞斑を中心とした過去ストーリー。 現在は戦隊ヒーローユニットとして認知されている流星隊ですが、じつは学院1の古参ユニットであり、その歴史は波乱万丈です。 『追憶*それぞれのクロスロード』では不良が集まっているユニットとも言われていました。 ある意味一番現在とのギャップが激しい物語かもしれません。 入学当初、流星隊に所属した千秋でしたが、アイドル活動そっちのけで遊んでいるメンバーが多く、ユニットは解散の危機にありました。 そこで千秋は、彼らの後始末を引き受けることに。 信者も多く、三毛縞家や神崎家もその一員。 とくに三毛縞家は代々、深海家と世間の衝突を防ぐクッション的な立場を担ってきたらしい。 特殊な環境ではあるが、それが日常なため、奏汰自身はあまりその特殊さを理解していない。 入るための条件などはとくになく、活動も漠然としていたが、願いごとを言うと、その望みが叶うため、多くの生徒に支持されていた。 公式的に生徒会が勝ったと残せればよかったため、最低限の告知しかしなかったにも関わらず、戦時中の決起集会のような異様な雰囲気になった。 もともと奏汰は棄権する予定だったが、最終的には負け戦と承知で、千秋と一緒に流星隊として出演した。 しかし、斑も含め、千秋を除くメンバーが脱退した。 その後も生徒会優位の学内では主だった活動ができず、一時は存続も危ぶまれたが、裏で英智が回してくれた外部仕事のおかげで活動を続けられていた。 以上が追憶シリーズのあらましでした。 今回は夢ノ咲学院で起きた出来事を中心に紹介しましたが、追憶シリーズにはここでは書ききれないキャラクターの関係性にまつわる萌えポイントがたくさんあります! シナリオのボリュームも大きいので、ダイヤを稼ぎがてら、じっくり堪能することをおすすめします。

次の

あんスタ×キンプリイラスト 大和アレクサンダーの腹筋にファン歓喜

あん スタ ファンミ

新章の気になるポイントをおさらい! Happy Elementsよりスマートフォン向けに配信中のアプリ『あんさんぶるスターズ!』。 新ユニットのALKALOIDとCrazy:Bが発表され、『!』が2つになった 『あんさんぶるスターズ!!』に着々と進んでいます。 ここでは夢ノ咲学院から飛び出した次の舞台、アンサンブルスクエアについての情報をまとめてみました。 世界にも通用するような次世代のアイドルを育て、広げていることを意識しており、建物の中には4つの芸能事務所が入っています。 これまで夢ノ咲学院で活躍していたアイドルたちは、ユニットごとに4つの事務所のどこかに所属しており、これまで以上の活躍を見せてくれることになります。 事務所方針は 「ファンとアイドルの幸せを創造する」。 これまで無所属だった夢ノ咲学院のアイドル科の生徒たちですが、新章からは入学の時点で自動的にスタプロ所属に。 ただし、あとから事務所を変更することは自由にできるようです。 所属ユニット fine トーク番組、イベント司会、キャンペーンキャラクターなど企業のイメージアップに繋がる仕事が中心。 Trickstar バラエティ番組、インタビュアー、司会、ラジオのパーソナリティー、キャンペーンキャラクターなどの仕事が中心。 流星隊 スポーツを含めたバラエティ番組、グルメレポート、子ども番組などの仕事が中心。 ALKALOIDA トーク番組、ラジオのゲスト、音楽番組のアシスタント、ファッションモデルなど宣伝活動を目的とした仕事が中心。 玲明学園と秀越学園を経営しており、玲明学園で育成した精鋭を秀越学園に囲う手法で質の高いアイドルを所属させていましたが、現在は【SS】による影響で少し停滞気味。 事務所方針は 「最高峰のエンターテイメント」。 所属ユニット Eden トーク番組のゲスト、CMのキャンペーンキャラクター、ファッションモデル、映画、演劇などビジュアルの煌びやかさを生かした仕事が中心。 Valkyrie トーク番組のゲスト、芸術番組のナレーション、映画、演劇などアーティスト的な側面を生かした仕事が中心。 2wink 子ども番組、バラエティ番組、ライブ中継、イベント司会など経験を必要とする仕事が中心。 Crazy:B バラエティ番組やトーク番組のゲスト、ラジオのパーソナリティー、CM、ファッションモデルなど自身を発信する仕事が中心。 古くからある老舗芸能事務で、アイドルだけでなく、バンドグループやシンガーソングライターなどアーティストの所属が多いようです。 そのためライブ活動が盛んに行われています。 事務所方針は 「音楽を通じて心を通わす」。 所属ユニット UNDEAD バラエティ番組の司会、ラジオのパーソナリティー、CM、ファッションモデルなどビジュアルとキャラクターを生かした仕事が中心。 Ra*bits CMのキャンペーンキャラクター、街頭レポート、子ども番組、ナレーションなどクリアな印象に繋がる仕事が中心。 紅月 情報番組のコメンテーター、ラジオ番組のパーソナリティー、ドラマ、映画など文化的な仕事が中心。 新設して日が浅く、所属するアイドルも少人数の事務所。 現在は劇場の運営や俳優育成、番組制作など事業を拡大中。 事務所方針は 「マルチプレイヤーの創造」。 所属ユニット Knights CM、ファッションモデル、バラエティ番組、グルメレポート、ドラマなどビジュアルを生かした仕事が中心。 Switch トーク番組のゲスト、コメンテーター、ラジオのパーソナリティーなどトークを生かした仕事と、子ども向けバラエティ番組、イベント出演などショウパフォーマンスを生かした仕事を行う。 MaM バラエティ番組、グルメレポート、ライブ中継、スポーツバラエティの司会などアクティブな仕事が中心。 まだはっきりとは判明していませんが、転校生もプロデューサーとしてここに所属している可能性が高そうです。 建物自体は近代的ですが、周りには緑もたくさんあって自然豊かな印象があります。 街中ではあるものの、英智いわくやや立地条件が悪いらしく、現段階では「急ぎの場合はヘリを飛ばすのがいちばん早い」そうです。 逆に言うと、これから交通網が敷かれ、どんどんと発展する土地と言えるかもしれません。 設備としては、アイドルに必要なものはすべて揃っており、巨大かつ最新の機器で行うライブは非常に気持ちよさそうです。 またそういったステージがひとつだけではないことも明かされています。 そのほか新章からはライブ以外の仕事にも積極的に参加するため、ESの近所にはあるTV局とも提携し、夢ノ咲学院にはなかった設備も作られているようです。 またES施設でもっとも注目したいのが 寮の存在が示唆されていること! アイドル全員が寮に入っているわけではなさそうですが、それでも共同生活というのはこれまでにない要素! 個室なのか、相部屋なのか、パジャマ姿のアイドルに遭遇したり、みんな朝食を食べるシチュエーションもあったり……!? といろいろ妄想が広がりますね。 彼のお見舞いには姫宮桃李や伏見弓弦はもちろん、Trickstarまでやってきますが、いつもそばにいる日々樹渉だけは顔を出しませんでした。 そのころ渉は、卒業を前に演劇の道へ本格的に歩き出すことを決意。 氷鷹北斗の母がいる劇団に所属することになります。 自分の人生すべてをアイドルに捧げようとする英智と、役者としての天賦の才を持つ渉。 このまま道が分かれてしまうのかと周りも心配し始めたころ、英智はこれまで秘密裏に行っていたES計画の内容を明らかにし、Trickstarに自分の事務所に入ってほしいと打診。 また次世代を担う理想のアイドル像としてESのお披露目ライブをしてほしいとオファーします。 それを受けたTrickstarはESお披露目のライブをするために動き出そうとしますが、そこで「なぜ英智が作ったビルなのに、お披露目ライブの主役が英智ではないのか」と悔しく思っている桃李の存在に気づきます。 Trickstarが勝利し、みんなが浮かれていた春の【DDD】でもひとり悔しい思いをしていた桃李。 再び彼にそんな思いをさせないように、今度こそ全員が笑えるライブを作るため、Trickstarは第2回目の【DDD】開催を宣言。 最終的には夢ノ咲学院のユニットだけでなく、Edenなどのほか事務所のユニットも巻き込み、数日間に渡る第2回目の【DDD】を行い、アイドルたちは自分たちの未来や新しい時代を祝福するのでした。 今後、ESでどんな出来事が起こるのか。

次の

TVアニメ「あんさんぶるスターズ!」Fan Meeting Tour

あん スタ ファンミ

過去がわかる追憶シリーズ キラキラしたアイドルの成長物語を描く一方で、深く考えさせられるシナリオも多い 『あんさんぶるスターズ!』。 今回はプレイヤーである転校生が夢ノ咲学院にやってくる前の 過去エピソードが語られるイベントについて紹介していきます。 主に3年生が主役となる話が多く、キャラクターたちが抱える秘密や信念に触れる物語になっているので、『あんスタ!』を深く知りたいと思っている転校生さんに強くおすすめします! また注目すべきポイントは、キャラクターのビジュアルが少し変わっていること。 「このキャラクター、昔はメガネをかけていたんだ!」、「今と髪が変わってる!」など、視覚的にも新しい発見ができるのが楽しいです。 Valkyrieの歴史がわかります。 旧Valkyrieとfineの対決も。 Switchの登場回。 現在はひっそりと活動しているValkyrieですが、かつては夢ノ咲学院の頂点とも呼ばれるほどの実力を持ったユニットで、 斎宮宗と 影片みか以外に現在Ra*bitsのリーダーである 仁兎なずなも所属していました。 彼らがなぜ分かれることになったのか。 そんなValkyrieの歴史がわかる物語です。 当時の夢ノ咲学院は、やる気のない生徒が多く、そんな中でValkyrieのパフォーマンスはほかと一線を画していました。 ユニットとして組んだことはないが、5人の仲はとても良好。 fineとのドリフェスでは、Valkyrieのパフォーマンスの最中になぜか放送機器がすべて停止。 急きょ3人による生の歌声で対応するものの、散々な評価でValkyrieは敗北する。 彼らの敗北をきっかけに、夢ノ咲学院は動乱の時代へ。 その後、なずなは渉との会話をきっかけにValkyrieを脱退して、Ra*bitsのリーダーになった。 追憶*集いし三人の魔法使い Switchの登場回でもあり、夢ノ咲学院を動乱の時代に導いた英智の行動や理由が判明するシナリオです。 なので、この英智による改革がどういったものだったかを知ると、グッと『あんスタ!』のストーリーがおもしろくなります! 2年生になった英智は腐敗していた学院の現状を変えるため、かねてから 蓮巳敬人といっしょに考えていた計画を実行することに。 そのひとつとして、クラスメイトのつむぎに手伝ってもらいながら、夢ノ咲学院を代表する才能豊かな生徒を5人選出します。 英智や敬人は生徒会として 五奇人と名付けられた彼らをメインにして学院を盛り立てていきますが、その裏では彼らこそ学院が腐敗した原因だと流布。 英智が夢のために作ったユニットだったが、表向きはリーダーがつむぎで、日和と凪砂が二枚看板。 英智の存在を極力薄くする印象操作を行っていた。 渉とのドリフェス後に英智以外が脱退。 その後、厳しすぎる加入条件にクリアーした桃李たちが加わり、現在のfineに。 2年生になってから学校に顔を出すようになったが、入院することも多く、少ない時間の中で改革を進めていた。 渉とのドリフェス後に再び長期入院になっていた模様。 追憶*春待ち桜と出会いの夜 追憶シリーズは英智による改革が主軸になるため、どうしても物語を動かすのが3年生たちになります。 しかし、2年生たちだって学院にちゃんと通っていました。 全貌がわからず、目まぐるしい変化に振り回されるしかなかった2年生の生徒たち。 このイベントはTrickstarを中心とした、そんな 2年生視点で語られる過去ストーリーです。 1年前、アイドル学校である夢ノ咲学院は衰退気味で、入学してきたばかりの生徒たちも積極的に活動をしようと思う生徒はわずかでした。 またこのころはユニットに所属することが絶対ではなかったため、生徒たちはやるかやらないかも含めて、自由にアイドル活動に励みます。 それは 明星スバルや 氷鷹北斗たちも同じでした。 ドリフェスは基本的にユニット単位の参加しか認めていないため、かなり特殊な部類に入る。 零の弟である凛月や五奇人の夏目も出演する予定だったが、きな臭さを感じたため辞退している。 追憶*モノクロのチェックメイト 続いては Knightsの追憶シリーズ。 Knightsは夢ノ咲学院の最大勢力のひとつに挙げられているのですが、そのわりにはリーダーの 月永レオが長期に渡って不在であり、メインストーリーでは悪役じみた役どころにいました。 このイベントでは レオがなぜ学院を離れることになったのか、彼が離れた結果 Knightsにどんなことが起こったのかが詳しく描かれています。 学院で2番目に古いユニットなのですが、とにかく所属している人数が多く、真面目に活動しているメンバーは少ないという残念なユニットです。 また生徒会はドリフェスに参加するユニットは5人以下の少人数がお得だという情報も流し、大所帯ユニットの分裂を図った。 人数が多いチェスに対抗するため、Knightsのほか英智やつむぎなどのゲストも参加する予定だった。 結果的にはドリフェスが始まる前にレオが出演料を払う代わりに辞退してほしいと願いが聞き入れられ、不戦勝でKnightsが勝った。 チェックメイトでは、レオ、泉、凛月、嵐がKnightsとして参加。 一時は外部ファンの応援を得て人気になったが、その後はドリフェスの規模が校内限定になったため、得票数が稼げず没落していく。 追憶*それぞれのクロスロード このイベントは 朔間零を中心にした UNDEADや紅月たちの過去ストーリー。 ライブ途中から紅郎も参加したが、基本的には零、敬人、晃牙のことを指す。 零が生徒会を離れていったあとも、敬人が書類上で名前を残しており、返礼祭では零と晃牙のわだかまりを気にかけた敬人がその名前を復活させた。 現在は改善されており、Valkyrieがよくここで活動している。 地元の有力者の息子である羽風薫が出入りしており、経営者代行のような立ち位置にいる。 追憶*流星の篝火 守沢千秋、深海奏汰、三毛縞斑を中心とした過去ストーリー。 現在は戦隊ヒーローユニットとして認知されている流星隊ですが、じつは学院1の古参ユニットであり、その歴史は波乱万丈です。 『追憶*それぞれのクロスロード』では不良が集まっているユニットとも言われていました。 ある意味一番現在とのギャップが激しい物語かもしれません。 入学当初、流星隊に所属した千秋でしたが、アイドル活動そっちのけで遊んでいるメンバーが多く、ユニットは解散の危機にありました。 そこで千秋は、彼らの後始末を引き受けることに。 信者も多く、三毛縞家や神崎家もその一員。 とくに三毛縞家は代々、深海家と世間の衝突を防ぐクッション的な立場を担ってきたらしい。 特殊な環境ではあるが、それが日常なため、奏汰自身はあまりその特殊さを理解していない。 入るための条件などはとくになく、活動も漠然としていたが、願いごとを言うと、その望みが叶うため、多くの生徒に支持されていた。 公式的に生徒会が勝ったと残せればよかったため、最低限の告知しかしなかったにも関わらず、戦時中の決起集会のような異様な雰囲気になった。 もともと奏汰は棄権する予定だったが、最終的には負け戦と承知で、千秋と一緒に流星隊として出演した。 しかし、斑も含め、千秋を除くメンバーが脱退した。 その後も生徒会優位の学内では主だった活動ができず、一時は存続も危ぶまれたが、裏で英智が回してくれた外部仕事のおかげで活動を続けられていた。 以上が追憶シリーズのあらましでした。 今回は夢ノ咲学院で起きた出来事を中心に紹介しましたが、追憶シリーズにはここでは書ききれないキャラクターの関係性にまつわる萌えポイントがたくさんあります! シナリオのボリュームも大きいので、ダイヤを稼ぎがてら、じっくり堪能することをおすすめします。

次の