プラド 美術館 ベラスケス。 プラド美術館の廻り方。エル・グレコ、ベラスケス、ゴヤ ベネチア絵画等無駄なく回る地図付き解説<旅スペイン・コム>

プラド美術館展

プラド 美術館 ベラスケス

ラス・メニーナス(女官たち・宮廷の侍女たち) ラス・メニーナス作品解説 『 ラス・メニーナス』は バロックの巨匠であるスペインの画家 ディエゴ・ベラスケスによる油彩画。 『女官たち』『宮廷の侍女たち』とも。 1656年に制作された大型の油彩画で現在はスペインの プラド美術館に所蔵されています。 1666年の蔵品目録に『家族の絵』『王家一家』の題で記録があり、宮廷の侍女たちを指す『ラス・メニーナス』という作品名は19世紀に入ってから付けられたものです。 画面の右側と正面から差し込む光によってもっとも明るく照らし出されているのは中央にいる マルガリータ王女。 王女を照らす光より少し柔らかい光によって侍女や慰め者たち、更に薄暗いなかに付き人やベラスケスといったように、光の明度によって遠近感が表現されています。 スペイン史上最高の名画とも言われるベラスケスの『ラス・メニーナス』は、多くの芸術家に影響を与え、サージェント、ピカソ、フランシス・ベーコンらの作品モティーフに用いられました。 特にピカソにおいては『ラス・メニーナス』から受けたインスピレーションをもとに58枚もの連作を制作しています。 本作『ラス・メニーナス』は、人気TV番組(NHK・Eテレ)『』のモデル作品にも取り上げられました。 ラス・メニーナス鑑賞のポイント ラス・メニーナスの登場人物たち 『ラス・メニーナス』には間接的な表現も含めて11人もの人物が描きこまれています。 一番左でキャンバスに向かっているのはベラスケス。 中央のマルガリータ王女の左の侍女がドーニャ・マリア・アウグスティーナ・デ・サルミエント、右の侍女がドーニャ・イザベル・ベラスコ。 侍女の右側に居る慰め者2人は左がマリア・バルボラ、右の犬に足を乗せているの画ニコラシート・ペルトゥサート。 侍女や慰め者の後ろに立つ2人は王妃の侍女であるドーニャ・マルセーラ・ウリョーアとドン・ディエゴ・ルイス・デ・アスコーナ、後ろの明るい戸口に立っているのは宮廷の式部官であったドン・ホセ・ニエート。 フェリペ4世と王妃マリアーナは壁にかかる鏡に映りこむ形で描かれています。 ベラスケスは誰を描いているのか スペイン・マドリードのアルカザール宮殿にベラスケスの大きなアトリエがありました。 『ラス・メニーナス』の舞台はこのベラスケスのアトリエだと考えられます。 ベラスケスは『ラス・メニーナス』のなかで大きなキャンバスに向かって作品を制作中していますが、この『ラス・メニーナス』の左端にある大きなキャンバスにはいったい誰が描かれているのでしょうか。 その候補には2つの説があります。 肖像画のモデルとなっているフェリペ4世夫妻はベラスケスの後ろの壁にかかる鏡のなかに映りこんでおり、ベラスケスやマルガリータ王女の目線はフェリペ4世夫妻がいる方向を向いています。 この説の通りであるなら、 『ラス・メニーナス』は王の目線で描かれた作品だということになります。 ベラスケスの横にいるマルガリータ王女は、夫妻の絵画制作のそばで何かをせがんでいるのでしょうか。 王夫妻の肖像画政策の邪魔にならないよう、侍女がマルガリータ王女に飲み物を差し出し気を引こうとしているのかもしれません。 この説の通りであるなら、じっとしていられない年頃のマルガリータ王女のために、王女の身の回りの世話をする侍女だけでなく、王女を楽しませる慰め者たちもアトリエにやってきているのだろうと考えられます。 マルガリータ王女をことのほか可愛がっていたといわれるフェリペ4世は、夫妻でマルガリータ王女の様子を見に来たところなのかもしれません。 鏡のなかに映るフェリペ4世夫妻の様子は、肖像画モデルとしてポーズを取っているようにも、マルガリータ王女の様子を微笑ましく見学しているようにも見え、どちらの解釈が正しいのか意見が分かれるところです。 ベラスケスの胸元に描かれた十字の謎 『ラス・メニーナス』のなかに描かれたベラスケスの胸元にはサンディアゴ騎士団の赤い十字章が描かれています。 しかし、ベラスケスが爵位を受けたのは1959年であり、『ラス・メニーナス』を描いたとされる1656年の時点ではベラスケスにはナイトの称号は与えられていませんでした。 そのため、この赤い十字章は後から描き加えられたものと考えられますが、ベラスケスが爵位を受けた年にベラスケス本人が描き加えたという説、ベラスケスの死後、王の指示により宮廷内の画家が描き加えたという説など諸説あり、誰がいつ描いたものなのか確定していません。 王族と共に描かれた慰め者たち ベラスケスは宮廷画家としてフェリペ4世や王族関係者の肖像画を多く手がけたほか、宮廷に暮らす慰め者と呼ばれる道化や矯人たちの肖像画も残しており、この『ラス・メニーナス』にも2人の慰め者が描かれています。 王族と慰め者がひとつの絵画に収まるのは大変珍しいことであり、王と慰め者をひとつの絵画に収めるわけにはいかずフェリペ4世を鏡の中に置いたとする説もあります。

次の

映画「プラド美術館 驚異のコレクション」公式サイト 2020年公開

プラド 美術館 ベラスケス

9月14日更新 プラド美術館展・10万人セレモニー開催しました 本日、特別展「プラド美術館展」は、10万人目のお客様をお迎えしました。 その記念すべき方は、仙台市からお越しの関谷千津子さん。 神戸に単身赴任中のご主人さんに勧められて、来館されたそうです。 ちょうど先日、NHKの「日曜美術館」のベラスケス特集をご覧になったばかりで、やはりベラスケス作品を楽しみにしているとのこと。 関谷さんには当館の蓑館長から、展覧会図録とプラド美術館のトートバッグをプレゼントいたしました。 関谷さん、本日はご協力、有り難うございました! 「プラド美術館展」は、いよいよ残る会期は1ヶ月。 これだけのベラスケス作品を国内でまとめて見る機会は、当分ないでしょう。 会期末は混雑も予想されますので、できるだけお早めにお越し下さい! 8月16日更新 Eテレ「日曜美術館」にてプラド美術館展特集 再放送決定! NHKの「日曜美術館」で今年4月に放送され、反響が大きかったベラスケスの特集がアンコール放映されます!ゲストには、ベラスケスの大ファンだという「ジョジョの奇妙な冒険」の漫画家・荒木飛呂彦さん。 「媚びてる絵はわかるんです。 でもベラスケスは違う」など、ベラスケス愛にあふれた発言は、荒木ファンの間では神回として話題となりました。 そして、もう1人のゲストは岩波新書から「ベラスケス 宮廷のなかの革命者」を上梓されたばかりの早稲田大学名誉教授の大髙保二郎さん。 ベラスケスがなぜ「画家の中の画家」なのか、その秘密に迫ります。 (そして、なんと9月9日には、その大髙さんの講演会が当館で予定されています。 )これはもう見るしかない! 日曜美術館「静かな絵画革命~宮廷画家ベラスケスの実験~」再放送 8月19日 日 9:00~9:45 8月26日 日 20:00~20:45 8月2日更新 プラド美術館展・5万人突破! 本日 8月2日 、プラド美術館展の入場者が5万人となり、セレモニーを開催しました。 記念すべき5万人目の来場者は尼崎市から来られた牛丸湧惺 うしまるゆうせい 君 12歳。 お母さんとお姉さんと姪っ子との4人での来館でした。 湧惺君には当館営業広報課長の古巻から本展図録とプラド美術館トートバッグを記念に贈呈しました。 夏休みの宿題のため、この展覧会を選んだという湧惺君。 セレモニーではテレビ局から思わぬ取材を受けた形となりましたが、それも宿題の足しになれば嬉しいです。 湧惺君、ご家族のみなさま、どうも有り難うございました。 特別展「プラド美術館展 ベラスケスと絵画の栄光」は、好評開催中! 会期末は混雑が予想されますので、お早めの来場を! 7月25日更新 ゆかた姿で「プラド美術館展」に無料ご招待!! みなとこうべ海上花火大会-ゆかた姿でアートを楽しみませんか- 8月4日 土 は、「第48回みなとこうべ海上花火大会」が神戸港で開催されます。 当館の3階テラスや大階段からも花火をキレイにご覧いただけます。 そこで、 花火大会当日の8月4日 土 のみ、ゆかた姿で当館へご来館の方を対象に、特別展「プラド美術館展」へ無料ご招待いたします。 ビーチサンダルなどをご持参ください。 過去の様子です。 こんなにキレイにみえます。 6月12日更新 「プラド美術館展」開会式&内覧会実施しました! 「美の無敵艦隊、神戸に」-東京で30万人を動員した話題の展覧会がついに神戸にやってきました。 本日は特別展「プラド美術館展」の記者説明会及び開会式でした。 開会式にはプラド美術館のアンドレス・ウベダ副館長やスペイン大使館臨時代理大使、井戸知事のほか、300人を超える関係者が集まり、華やかなムードの中でオープニングを迎えました。 以下、関係者の言葉をいくつかご紹介します。 「今回は、プラド美術館の規定で一度に貸し出せるベラスケス作品数の限度である7点を出展した。 どれも最重要作ばかりで、なおかつベラスケスの様々な特長を表すセレクトとなっている。 『知識』、『神話』、『宗教』等の各章にもベラスケス作品が配置され、同時代の画家たちと比較して、その独自性を理解できる構成となっている。 」(プラド美術館・ハビエル・ポルトゥス・スペイン絵画部長) 「ベラスケス作品が7点というだけでなく、今回は全身像など大型作品が多数出展されている。 こんな機会は二度とないと思うので、ぜひ多くの人にご覧いただきたい。 」(当館蓑館長) 「プラドの最も美しい作品たちが揃った。 16-17世紀にスペインの歴代国王が熱心に収集した成果。 ベラスケスだけでなく、ムリーリョ、スルバランなどのスペイン人画家のほか、ティツァーノ、ルーベンス、ブリューゲルなど同時代の国際アートシーンを代表する作家の重要作品も含まれる。 開催に尽力下さった日本の関係者に御礼申し上げる」(プラド美術館アンドレス・ウベダ副館長) 王室のコレクションだけあって、まさに「王道」を行く、正統派ど真ん中の展覧会となりました。 大型作品が、当館の7mの天井高(うち5mは色壁)に実にしっくり収まっており、荘厳な空間となっています。 皆さん、ぜひ、その目で実感して下さい。 5月10日更新 プラド美術館展で中野京子さん講演会! あの「怖い絵」シリーズでおなじみの中野京子さんの講演会が、当館のプラド美術館展の期間中に開催されます。 テーマは、「宮廷画家と王家の人々」。 スペイン・ハプスブルク家の栄枯盛衰と宮廷画家・ベラスケスについて、独自の視点から語って頂きます。 ぜひ展覧会と一緒にお楽しみください。

次の

プラド美術館前のベラスケス像

プラド 美術館 ベラスケス

2020年4月10日(金)に公開を予定しておりました『プラド美術館 驚異のコレクション』につきまして 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、ご来場されるお客様の安全と健康を第一に考え、 公開を延期することといたしましたのでお知らせいたします。 延期後の公開予定日は、日程が決まり次第お知らせいたします。 また、お買い上げ頂きました前売券(ムビチケカード)は 延期後の上映にもご使用いただけますので、そのままお持ちくださいますようお願いたします。 公開を楽しみにされていた皆様には、心よりお詫び申し上げます。 ご迷惑をおかけいたしまして私共としても大変心苦しい次第ではございますが、 何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。 2020年4月6日 東京テアトル株式会社/株式会社シンカ 1746年3月30日はスペインの巨匠画家フランシス・デ・ゴヤの誕生日です。 映画『プラド美術館 驚異のコレクション』でも代表作『裸のマハ』や『黒い絵』シリーズ が登場しますが、そんなゴヤの『裸のマハ』や『着衣のマハ』の模写が東京のレストラン 「スペインクラブ」で見ることができます。 スペイン文化省が特別に支給(年間4~6枚限定)したキャンバスを使用し、模写作者カルメン・ウヘナ がプラド美術館のモデル作品の前で自筆で描いています。 現在、プラド美術館では模写を許可していない ばかりか、『裸のマハ』『着衣のマハ』に関しては貸出さえも禁止しています。 そのため、現在、日本で 閲覧可能な『裸のマハ』『着衣のマハ』唯一の模写作品となります。 映画を観た感想をSNSに プラド美術館 を付けて、希望の商品を記載し投稿。 都内の録音スタジオで2日間かけて収録したナレーションでは、ヨーロッパ特有の人名や地名に四苦八苦しつつ、充実感と大きな手応えを感じたと語りました。 今回初めてマスコミの前でのアフレコ収録に緊張したという今井氏は、本作のナレーションの話がきたときの気持ちついて「すごくびっくりしましたね。 僕自身はスペインが好きでフラメンコであったり、スペイン文化特使としても様々な活動をこれまで重ねてきましたが、僕にとって初めてスペインで訪れたのがマドリードで、人生で初めて美術館に行ったのがプラド美術館だったんです。 だから、すごくご縁があるというか。 僕自身はプラド美術館での経験から、1人旅するときは旅先で美術館へ行く楽しみを知りましたから、身に余る光栄でしたね。 」と起用を喜んだ。 プラド美術館について「作中でも説明されますが、プラドは草原という意味なんですね。 首都マドリードの中心地にありながら緑豊かな中に、200年もの歴史があるので、重厚感というものがすごくある。 世界3大美術館と言われるほど、館内に入る前からゾクゾクするものがありましたね。 」と振り返り、「15年ほど前に突然、突拍子もなくフラメンコを勉強したいとの思いから、思い立って強行2泊4日でマドリードに行きました。 プラド美術館との出会いは、僕の、スペイン、ヨーロッパに関わる上ではすごく重要なものだったと思います」と熱く語った。 アカデミー賞俳優のジェレミー・アイアンズがナレーション、日本版が今井さんということで、難しかった点については「ジェレミーさんは僕よりうんと年上の名俳優で。 僕は38歳ですが、よく人から、声が低いなと言われていて、年齢的には当てはまるかなと不安があったんです。 普段のお芝居とは違って、これだけ壮大なドキュメンタリーですから、自分の中で躍動感を大きく出すイメージでやりました。 ただ、僕にとってこれだけ膨大な台詞をしゃべるナレーション、吹き替えは初めてでした。 でも、すごく、やりがいであったり、手応えを感じましたね。 」と自信を覗かせつつも、「ティツィアーノなどの人名や地名、ヨーロッパ特有の発音がありますから、カミカミの今井翼でしたね。 」 と悪戦苦闘を振り返った。 「画家たちの当時の思想であったり、美術館に携わる人や舞踏家などのいろんな角度からの証言もあるので、知識があってもそれ以上に覆されることが当然あると思う。 」と、本作の人間ドラマや歴史ドラマの観点にも言及。 さらに「僕自身もこの仕事を務める中で、いろんなことを知ることができたので、これを持ってマドリードへ行ってプラド美術館でまた絵を見たいなと掻き立てられましたね。 」と想いを馳せる。 最後に「迫力ある作品の数々も見物ですが、美術館スタッフや各界の第一人者が語る証言は目から鱗が落ちる内容です。 また、最先端の機材で撮影した映像の美しさや、高揚感あふれる音楽を通して、感動と発見があふれる作品になっています。 僕は喜びを噛みしめながら何度も見直しました。 美術に造詣が深い方はもちろん、美術館巡りが好きな方も世代の違いや知識の有無関係なく、ぜひ映画館の大きなスクリーンでスペイン美術の躍動感と臨場感をお楽しみいただきたいと思います」と締めくくった。 日本語吹替版のナビゲーター役に今井翼氏が決定いたしました! フラメンコが得意で、2012年には世界初のスペイン文化特使に就任するなど スペインとゆかりの深い今井さんがプラドの魅力を伝えます。 また今井さんからは、以下のコメントが届いています。 この作品で得た知識を持って、再びプラド美術館に足を運びたくなりました。 栄光の時が刻まれた美術ドキュメンタリー、日本版もぜひご期待ください! 【イベント中止のお知らせ】 新型コロナウイルスに関する政府からの呼びかけ、および報道を鑑みまして、 3月14日に予定しておりました下記イベント 「プラド美術館はなぜこれほど世界中の人を魅了するのか~スペシャルコースと貫井一美さんのお話を楽しむランチ会~」 は中止となりました。 お申込みをくださった方々、参加をご予定くださった方々には、心よりお詫びを申し上げます。 なお、参加費の払い戻しにつきましては、主催者より個別にご連絡をさせていただきますので ご了承ください。 peatix.

次の