好き すぎ て 別れる。 好きなのに別れる理由って?復縁は可能?有効な対処法と別れた後の男性の心理

彼氏・彼女が好きすぎて別れる⁉ 恋愛ストレスの罠&対処法(2/2)

好き すぎ て 別れる

スポンサーリンク 好きすぎて別れたい 好きすぎて別れたい心理や理由は以下の様なものが当てはまります。 嫌われたくないあまり自分が出せない• 相手の心変わりが心配でたまらない• 相手の体が心配でたまらない• 「いつか必ず別れはくる」と考えてつらくなる• メールを待つ時間が煩わしくなる• 相手の幸せを優先する それではそれぞれの心理や理由を見ていきましょう。 嫌われたくないあまり自分が出せない せっかく付き合えることになれたのだから、 ずっと続けていきたいと思うのは当然です。 しかし、好きすぎてその関係を維持したい気持ちが先行してしまうと相手に嫌われたくない気持ちが強くなり、 常に相手の反応や都合に合わせて振る舞うようになっていきます。 はじめのうちは好きな気持ちが燃えているので許容できるものですが、自分を押し殺すことは心にとって大きなストレスとなります。 その結果疲れてしまい別れを考えることがあります。 またそのような気持ちは相手にも伝わり時間が経つにつれて徐々にお互いに溝ができ、いずれにしてもうまくはいかなくなります。 スポンサーリンク 相手の心変わりが心配でたまらない つきあっている相手のことが好きすぎて「だから別れたい」と思ってしまう心理には、 とにかく相手のことが心配」という心理です。 それは相手の心変わり。 これは離れているときだけでなく、いっしょにいるときでも芽生える不安です。 「いつか自分は飽きられてしまうのではないか。 相手が他の人を好きになってしまうのではないか」 と言う考えに囚われてしまう。 それがやはり、精神的なつらさを生むのです。 いっしょにいるときに、相手が他の異性に目をやっただけでも、「もしかして、ひと目ぼれ?」と考えてしまう。 それがしょっちゅうということになると、精神的にもちません。 つい「別れ」を考えてしまうのです。 相手の体が心配でたまらない 同じ心配と言う観点から「相手の体が心配でたまらなく別れたい」という心理になることもあります。 いっしょにいるときはいいのですが、離れているときに、「彼氏(彼女)は無事でいるか? 怪我したり具合が悪くなったりしていないか?」と不安になり、心配してしまうのです。 ほとんどの場合は杞憂にすぎず、要するに「考えすぎ」なのですが、しかしそこが「強すぎる恋愛感情」というものなのです。 ですから、ほんとうに相手が病気になったりすれば、その不安、心配はピークに達します。 同棲している関係でない以上、ずっとそばにいることはできません。 また、同棲していても仕事や学校、買い物などで1人で外出することは当然あるわけです。 「今ごろ、どうしているか。 熱が上がって苦しんでいるのではないか」と考えてします。 その想いが徐々に蓄積していき自分自身がくるしくなり「こんなに苦しいなら、いっそ別れたほうが・・・」という心理になるわけです。 スポンサーリンク 「いつか必ず別れはくる」と考えてつらくなる もし相手が心変わりせず、めでたくゴールインできたとしても、一生いっしょにいられるわけではありません。 いずれ、どちらかが先に人生を終えることで「別れ」は必ず訪れるのです。 つきあっている相手のことが好きすぎる人は、時としてそのことを考えてしまいます。 その想像は大変つらいものです。 「そんな悲しい別れがいつかくるぐらいなら、今、別れてしまったほうが楽かも」 という心理が生まれてしまうのです。 大好きだった人と血のにじむような努力の末、付き合うことができた。 まさに幸福の絶頂とも言えるかもしれませんが、その大きな気持ちゆえ、反対に別れたいと思ってしまうこともあるでしょう。 メールを待つ時間が煩わしくなる 大好きな人にああでもないこうでもないと考えながら、書いては消し、何度も推敲を重ねてやっとの思いで送ったメールがいつまで待っても返信がない。 最初のうちは相手の状況などを推し量ることで、 仕事だろうとか用事があるんだろうなどと気を遣うふりをして何とか冷静さを保っていられます。 しかし頻繁に続くことでそのバランスは次第に崩れ、修復できなくなっていきます。 結果様々考えたりすることが煩わしく感じてしまい気持ちが冷めることがあります。 スポンサーリンク 相手の幸せを優先する 好きすぎる気持ちが大きいと、付き合っていくうちに相手にもっともっと幸せになってほしいと考えることがあります。 そのような気持ちがどんどん膨らんでいくことで、今付き合っている自分よりも相手をより幸せにできる人がいるのではないか。 また、付き合っていることで相手の負担を増やしてしまっているだけなのではないかなど、自分に自信が持てなくなり自分のことは蔑にし、大切な人の幸せだけを考え過ぎてしまう結果別れたいという気持ちになることもあります。 好きすぎて別れたいと思う前に温度差を感じ取る事が大切 いかがでしたか?参考になりそうな項目はありましたでしょうか。 恋愛に心配や不安は常に付き纏うものですが、心配や不安に囚われ過ぎては好きな人とのお付き合いも楽しめません。 相手の事を大切に想う気持ちは大切ですが、あまり構えすぎてしまうと自分が持ちません。 そんな時は1人で悩まず素直に相手に相談しましょう。 ポイントとして相談する時はなるべく会って相談する事です。 遠距離恋愛などで、頻繁に逢えない場合はメールや電話でもいいのですが、好きのニュアンスを文字だけ、声だけよりも表情を交えて伝えた方がより相手に伝わりやすくなります。 お付き合いしてる相手に好きな気持ちを伝えられて嫌な気分になる人はいないでしょう。 そこで、自分がこれだけ相手を好きな気持ち、心配や不安に思っている事を話すだけでもスッキリするものです。 伝えることで相手もあなたをどう思っているのか何を考えているのかも話してくれるでしょう。 そうすれば自分と相手との温度差が縮まります。 その温度差を急がずゆっくり縮めて行けば好き過ぎて別れたくなってしまう気持ちも和らぐのではないでしょうか。 また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「」もあわせて読んでみましょう。 きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

次の

好きだけど別れたその後に起こること&別れる勇気を出して良かった体験談・告げると後悔するケース

好き すぎ て 別れる

やはり会えない期間が続くと辛く寂しいものですし、離れていると不安もあります。 その辛さや不安に耐えきれなくなって、好きだけど別れる決断をしてしまうときがあります。 価値観の不一致とは、友達との関係性や異性への接し方、デートの仕方や頻度、金銭感覚などです。 特にお金に関する感覚のズレは、受け入れなきゃと思っても、受け入れがたい部分もあります。 その葛藤に苦しくなってしまい、好きだけど別れるという選択を選ぶ心理に陥ってしまいます。 いくら大好きでも度重なる浮気では我慢の限界もきます。 浮気性の彼氏を持つ女性に多い理由ともいえます。 束縛とは相手のことが好きゆえに起こしてしまう行為ですが、「LINEの返事はすぐに返すこと」とか、「常にどこにいるかを報告する」とか、「異性の友達はすべて削除する」などきつすぎる束縛をされると、された方は精神的にも追い詰められて疲れてしまい、好きだけど別れるという結果になってしまうのです。 大体のカップルはタイミングを見て結婚しているのに、自分の相手は結婚する意思が見られない場合があります。 結婚願望のある女性に多い理由ですが、なかなかプロポーズしてくれない男性に痺れを切らし、好きだけど別れるという結果になってしまうのです。 女性には出産があります。 子供を持ちたいと願う女性の苦渋の決断ともいえるでしょう。 親の助けがあって今日まで成長することができ、感謝しなければならない相手です。 その親が別れをアドバイスしたり、結婚の反対してきたら、気持ちは好きだけど別れる選択しかないという追い詰められた心理になります。 大切に育ててもらってきたからこそ、親の意見を無碍にすることは難しいでしょう。 自分が有り余る愛情表現をしているのに、相手からはまったく反応がなければコミュニケーションもうまく取れず、たとえ付き合っているとしても寂しさを感じてしまうからです。 相手に嫌われないようにLINEが来たらすぐ返事するようにしたり、毎回楽しめるデートプランを考えたり、新しい店を探したり、喜んでもらえるようにプレゼントを渡したり。 好きでいてもらうためにあれこれ尽くし疲れてしまい、好きだけど別れる選択をするケースです。 こういったケースはのちほどまた解説しますが、新しい相手をうまくいかず破局してしまった場合に、不満なく好きだけど別れた相手を思い出し、未練が残ってしまいます。 好きだけど別れると言う男女の心理・本音 好きだけど別れる理由について解説してきましたが、別れたいと思うときの男性と女性の心理には違いがあります。 一体どんな心理と本音が隠されているのか解説していきます。 結婚相手として不十分というのは、例えば収入が低い、もしくは不安定、転勤が多い、彼氏の親が過干渉、親と同居が絶対条件、などです。 こういった自分の理想の結婚生活と合わない面があると、自分の理想の結婚のために好きだけど別れるという決断をするのです。 将来設計がしっかりしている女性に多い心理です。 2)彼氏に結婚願望がない 彼氏に結婚願望がない場合も、好きだけど別れるという心理になってしまいます。 結婚を視野に入れている女性にとって、結婚願望のない男性とズルズルと付き合うことは耐えがたいことでしょう。 そしてある程度の年齢で出産したいという本音もあります。 出産にはタイムリミットがありますので見切りをつけるのも理解できます。 結婚願望が強い、子供が欲しいと願う女性に多い心理です。 3)浮気が辛い 彼氏のことが大好きだと、1、2回の浮気でもそのたびに彼氏が謝り、許してしまう女性もいます。 浮気する=モテる指針ともなりますので、そんな男性の本命の女性という立場であれば、優越感があったり「最後は必ず自分のところに帰ってくる」という自負もあります。 でも、いくら大好きな彼氏でも浮気が度々となると辛いものです。 離れている時間があると「今、誰かと会っているかもしれない」「仕事で忙しいなんて嘘かもしれない」と考えてしまい、一人の時間も辛くなってしまいます。 そういった彼氏に振り回されることに疲れたという本音です。 男性に尽くしてしまう女性に多い心理です。 4)自己肯定が低い 相手に非がなく交際は順調にいってるのに、「こんな自分といて相手は幸せなの?」と不安になってしまう女性がいます。 彼氏から愛情表現があっても「愛されている」という自信に繋がらず、自己肯定力が低い女性に多く見られるタイプです。 こういったネガティブ思考の女性は、彼氏とちょっとした喧嘩をしても「愛されていない」「自分と別れたがっている」という思考回路となってしまい、相手が別れたがっていると思い込み、好きだけど別れるという決断を生んでしまうのです。 5)他の男性に言い寄られている 彼氏のことは大好きだけど、実はもっと素敵で魅力的な男性から言い寄られて、結果彼氏のことは好きだけど別れるというケースもあります。 素敵な男性と付き合いたいという女性の本音ですね。 モテる女性や恋多き女性に多い心理です。 6)体の相性が悪い 一緒にいて楽しくて価値観も同じ、気持ちの面で相手になにも不満もないけれど、体の相性だけが合わないという場合も、好きだけど別れる心理となってしまいます。 そんな理由で…と思われがちですが、特に女性にとって生活の質を格上げさせるためにも体の相性は重要です。 だからといって男性に「体の相性が悪いから…」と本音はさすがに恥ずかしくて言えないので、好きだけど別れるという結果になってしまいます。 自分の非に身に覚えがなく、「好きだけど別れる」と女性側から言い出してきたときは、体の相性が悪い場合もあるかもしれません。 あまりにも依存されると、自分のコミュニティがなくなってしまい息苦しくなってしまうからです。 彼女からの依存に疲れて、好きだけど別れるという心理になるでしょう。 2)社会的な地位が上がって自分に自信がついた 男性は年齢とともにキャリアを積んで、社会的地位が上がっていく傾向があります。 社会的地位が上がっていくと経済的にも余裕ができたり、自分に自信がついていきます。 自分に自信が持てるようになると、もっと自分に合ったいい女性がいるのではないかと考えるようにもなるでしょう。 そのため、今の彼女は嫌いではないけど、もっといい女性を手に入れたいという本音のために、好きだけど別れるという結果になってしまいます。 自信過剰で上昇志向のある男性に多い心理です。 3)「結婚アピール」に疲れた 結婚願望が強い彼女と付き合っていると、ある程度付き合えば次は「結婚アピール」をしてきます。 いくら彼女が結婚願望が強くても、男性の方に結婚する意思がなければ成立しません。 いくら彼女のことが好きでも、会うたびに結婚について聞かれたり、アピールされると正直ウザイと思ってしまうのが本音でしょう。 こういった状態が続くと好きだけど別れるというケースになってしまいます。 結婚願望が明らかに違う男女の心理の結果とも言えます。 4)将来の家庭の理想像の食い違い 恋人の期間であれば我慢できることでも、結婚となると価値観や将来像が食い違うと大変な問題となります。 例えば、子供が何人ほしいとか、将来は共働きしてほしい、専業主婦になってほしい、実家の稼業をついてほしい、など様々な事情があります。 将来像を共有できないと結婚できませんので、好きだけど別れるという結果になってしまうのです。 好きだけど別れて後悔するパターン 好きだけど別れる時は、何か別れないといけない事情が発生して別れますので、相手を嫌いになったわけではありません。 つまり未練が残り後悔してしまうのです。 それではどんな別れ方をしてしまうと後悔するパターンとなるのでしょうか。 楽しかった思い出は美化されてしまうので、ますます未練が残るでしょう。 遠距離恋愛だからって諦めなければよかったと後悔する人が多いようです。 親や周囲が反対して、その時は精神的にも疲れてしまって、周囲がそういうならもう別れた方がいいかも、と思い詰めてしまっても、時間がたつとやっぱり相手に対する思いが募ってしまいます。 冷静になって別れを告げられた相手の気持ちを考えたら、胸が張り裂けるくらい痛くなるのではないでしょうか。 周囲の意見よりも、自分たちにとっての幸せは何なのか、を考える必要もありますね。 相手から別れを告げられるまでは、大好きな相手との思い出しかないからです。 こういった場合は、自分が嫌いになるきっかけがないので、好きな気持ちをズルズルと引きずり、相手から復縁を言い出されないかを待つ傾向がみられます。 もしその新しく付き合った相手とうまくいかなかったら、やはり思い出すのは、自分から振ってしまった相手のようです。 自分から振った相手とは幸せで楽しい思い出しかありませんので、あの時ずっと付き合っていたら…とついつい無い物ねだりで考えてしまいます。 好きだけど別れる方がいいパターン 好きだけど別れて後悔するパターンを解説しましたが、反対に好きだけど別れる方がいいというパターンもあります。 どんなパターンだと好きだけど別れる選択をしてよかったと思えるのでしょうか。 不倫の関係は多くの人を傷つけてしまいます。 お互いによほどの覚悟がないと乗り越えられませんし、多くの不倫をしている男性は、家庭を壊す気がなくて遊ぶために女性と不倫関係でいることが多いでしょう。 女性がいくら家庭のある男性のことが好きで尽くしても将来が見えません。 下手をしたら、男性の奥さんにばれて訴えられたり、損害賠償を請求されたりするかもしれません。 そういった理由により不倫関係の場合は、好きだけど別れる選択をすべきパターンなのです。 結婚したい、という思いに応えることのできない相手は、責任が取れない、1人のパートナーに縛られたくない、気楽でいたい、など理由があります。 あなたがいくら好きで付き合っても、そういった相手の気持ちを変えることは難しいかもしれません。 結婚はともかく、出産はタイムリミットがあります。 そういった相手に振り回されるのではなく、潔く次の恋を探しましょう。 浮気癖がある男性はなかなかすぐには直らないものです。 一度や二度どころではなく、何回も浮気をしてしまい、その度にあなたに許しを請うでしょう。 その度に許しても、何度も続いては辛くなるのは必然です。 離れている時間、信じたいけどもしかしたら別の女性といるかもしれない…と考え続けるのは辛いものです。 どんなに好きでも、あなたが我慢する必要はありません。 将来を共に長く過ごす相手とはお金の価値観がズレているとストレスに感じてしまいます。 たとえ好きという感情が残っていても、自分たちの将来を想像して楽しく描けないようであれば、好きだけど別れるという決意することをお勧めします。 別れて後悔しないために考えたいこと 好きだけど別れる選択をした後、後悔するパターン、しないパターンを解説してきましたが、できるだけ恋愛において後悔はしたくありませんよね。 せっかく大好きになって恋人となった相手と別れて後悔しないために、別れる告げる前に考えたいことを4つ解説していきます。 そして何もかもが気に入らなくなり、好きだけど別れるという結果になってしまいます。 そういうときは、冷静になって彼のことをもう一度考えてみましょう。 人間は頭でごちゃごちゃ考えても思考がまとまりづらいので、ノートに書き出していくことをお勧めします。 事実を文字に起こすとクリアになっていきます。 出会ったときの気持ち、付き合いたてのころを思い出して、彼のいいところ、彼との楽しかった思い出を100個書き出してみましょう。 100個も書き出すと、実は素敵な人だったと前向きになれるでしょう。 あなたの気持ちが変わると相手の気持ちも必ず変わるものです。 もし書き出せないようだったら、本当はあなたの気持ちがもうないのかもしれません。 その別れる判断をする前に、相手と少し距離を置くようにしてみましょう。 しばらく相手に会わず距離を置くことで冷静になれるはずです。 自分は本当はどう思っている?どうありたい?と問うてみましょう。 もしかしたら離れている時に相手に会いたくなったり、やっぱり自分にとって大切な存在であったことに気づくかもしれません。 別れてから大切な存在だったと気づいてももう遅いのです。 離れている時は相手を思いやる時間です。 別れてしまう前に、少し距離を置くようにしてみましょう。 自分に自信のない人は、なんでもないことをネガティブに捉えてしまう傾向があります。 相手がなんの悪気もなくした言動をネガティブに捉えて勝手に疲れてしまい、好きなのに別れるという決断をするのはとてももったいないですし、別れた後必ず後悔してしまいます。 相手と自分は違いますので、愛情表現も違います。 ああしてくれなかったから、と一方向から見るのではなく、必ず自分を想ってくれての言動だと捉えてみましょう。 相手なりの愛情表現で精いっぱいあなたを愛してくれているはずです。 相手の愛を取りこぼさないようにすることで、好きだけど別れるという結果を回避することができるのです。 例えば、相手の嫌だなと思っていることを本音を出し合って話し合ったり、価値観のズレの不安や、遠距離恋愛で寂しくてたまらないことなどです。 もしかしたら相手にとっては何でもないことですぐに改善できたり、価値観の違いであれば譲歩しあったり、妥協案を出せたり。 遠距離恋愛でもできるだけ寂しくないように会える回数やLINEの回数を増やしたり。 1人で抱え込んでいたことも、打ち明けることによって意外とすっきり解決できる場合もあるのです。 好きだけど別れる理由はさまざま! 好きだけど別れる理由はさまざまあることを解説してきました。 好きだけど別れるには別れた方がいいものもありましたが、すれ違いや勘違いの感情があったり、外的要因があったりと、ちょっとした理由の積み重ねで悲しい結果になっているということです。 せっかくお互い恋に落ちた相手ですので、後悔する結末は嫌ですよね。 別れを切り出す前に冷静になって考えてみましょう。 この人に出会えてよかった、と思える日が来ることは素晴らしいことです。 良い結果を出すには2人で努力してみましょう。

次の

好きすぎて別れたいと思ったことありますか?

好き すぎ て 別れる

恋愛をしていると、好きな人とはずっと一緒にいたい、相手にも自分のことを好きでいて欲しいと思うのは当然のことですが、 好きだけど別れてしまうカップルというのは多くいます。 しかも、別れることによって、結果としてお互いに良いということもあります。 好きだけど別れてしまうのはなぜなのか、そして、別れる勇気を出してよかった経験談と、告げると後悔するケースなどを詳しくご紹介します。 今回、男女それぞれ100名を対象にアンケートを実施。 「好きなまま別れた彼のことをスッキリ忘れられたか」 「俺のこと大好きだな…と思っていた彼女から振られたことはあるか」 「好きな人と別れなきゃ良かった…と後悔した経験はあるか」 これらを質問形式で調査し、ひと目でわかるグラフに表しました。 また男女それぞれに聞き取り調査を行い詳しいエピソードも加えましたので、ぜひ参考になさってみてください。 復縁メニューはこちら• 女性100名にアンケート!好きなまま別れた彼のことをスッキリ忘れられた? 女性たちにまず問いかけたのが「好きなまま別れた彼について」です。 別れる前から別れるとき、別れた後まで、彼のことスッキリ忘れられたかどうか、尋ねてみました。 このことから多くの女性は「彼のことが好きなまま別れたときそうやすやすとは忘れることができない」ということが明確になりました。 彼が好きだから付き合ってきたわけですがその幸せから一転、彼との繋がりがなくなる苦難を味わったことでしょう。 大事な人を失ったつらさは、まるで自分の肉体の一部が欠けてしまったかのように思えるもの。 これ以上のつらさはないかもしれません。 女性たちに過去のつらい経験を聞くことができました。 元彼とは喧嘩別れです。 お互いに好きなのに喧嘩するとヒートアップしちゃう。 いつかは別れるだろうなと思ってました。 本当まじヤバいくらいに暴力沙汰になりそうなくらい酷いものだったから。 今となっては別れて良かったんだと思います。 でも私に新しい彼氏ができるまでは、ずっと元彼を好きなままだろうな。 好きでも別れたら毎日の生活にも支障が出るのが普通 好きな彼氏と別れたらほとんどの場合、毎日の生活にも支障が出るほど大変な思いをすることでしょう。 自分の中の彼氏の存在を消さなければならないつらさは、何よりも苦痛な作業です。 何をしていても、何を見ても彼氏を思い出し、辛くて泣きたくなることもあります。 しかしこれはいたって普通のことです。 好きな人との別れは、これほどまでに大きなダメージを感じるものなのです。 好きなまま別れた…その切ない理由や原因 お互いの束縛に疲れてしまったから 好きな人と別れたくなる理由として、相手の束縛が激しすぎるという点をあげる人は多くいます。 付き合い始めの頃は、束縛されることで愛情を感じていたのに、付き合いが長くなるごとにひどくなる束縛に耐えられなくなってしまうのです。 例えば、「異性がいる飲み会には絶対参加してはいけない。 仕事の場合でもなるべく避けること」「LINEは絶対にすぐに返して。 今何しているか知らないと不安になる」「もっと私のこと愛して。 好きでいて!別れたら死ぬ!」などと、ずっと言われ続けてしまうと、男女ともに疲れてしまうものです。 どんなに相手のことが好きでも、束縛が強すぎると、これから付き合い続けることに不安を感じるのは当然です。 飲み会への参加を制限するくらいならまだ可愛いかもしれませんが、LINEをすぐに返さないと激怒するなんて、ちょっと束縛が強すぎです。 社会人であれば、仕事中にすぐにLINEを返すことができないなんてことも多々あるのは当たり前。 そういうのを理解せずに四六時中連絡してくると、仕事にも支障をきたしてしまうかもしれません。 また、ことあるごとに「OOしてくれないと死ぬ!」などと、死ぬことをほのめかして束縛する人は、しつこいメンヘラです。 本当に死なないということはわかっていても、「死んでやる!」なんて何度も言われたら疲れてしまいますよね。 このように、好きなのに束縛が強すぎて耐えられないという人は、男女ともにとても多いのです。 自分がしつこいメンヘラではないか、好きすぎて相手に精神的負担をかけているのではないか、一度自問自答してみても良いかもしれませんね。 プライドが高すぎる、マイナス思考すぎるなど、性格の不一致も大きな原因! 離婚する理由のナンバーワンは、性格の不一致や、価値観の違いだと言われていますが、実は別れる原因で一番多いのも性格の不一致だと言われています。 相手のことを嫌いになったわけではないのに、性格があまりに違いすぎて相手のことを受け入れることができず、結果として別れてしまうのです。 例えば、男性はプライドがとても高い人が多いというデータがありますが、プライドの高い彼氏と付き合うことに疲れてしまて、別れを決断する女性も多いものです。 なんでも自分で決断しようとしたり、毎回自分の意見を無視されてしまうと、嫌気がさしてしまいますよね。 どんなにイケメンで優しい彼でも、プライドが強すぎると、ずっと一緒に生きていくイメージが持てないのも分かります。 また、片方がマイナス思考すぎる、またはポジティブ思考すぎるという理由で別れてしまうというカップルもいます。 マイナス思考の恋人を持つと、ちょっとした失敗をするだけで落ち込んで弱気になり、ぐちをこぼすようになります。 もちろん、恋人にぐちをこぼすこと自体は全然割ることではないのですが、ほんの些細なことで毎回盛大に落ち込まれると、話を聞くだけでもしんどくなってしまいます。 「どうしてこんな些細なことにウジウジずっと悩んでいるの?」「自分に自信なさすぎでしょ。 しっかりしてよ」と、思わず言ってしまって、二人の仲に亀裂が入ってしまうことも。 このように、マイナス思考の人は自己肯定感が低いことが多く、マイナスな発言ばかりするというデータもあります。 二人でいるときはとことん楽しみたいのに、ちょっとしたことですぐに落ち込んで、マイナスな発言ばかりで場をしらけさせてしまう恋人は、どんなに好きでも付き合い続けるのは難しいと思うかもしれません。 また、逆に、ポジティブ思考すぎてついていけないと感じる人もいます。 何を相談してもポジティブすぎる回答しか返ってこないので、本当に話を真剣に聞いてくれているのか不安になったり、あまりにポジティブすぎて自分との差を感じ、長く付き合い続けることに不安を持つパターンです。 このように、性格の不一致が原因の場合は、なかなかすぐに改善することが難しい根本的な問題なので、好きなのに別れてしまう大きな原因の一つになってしまうのです。 そのほかの部分は大好きだからこそ、ちょっとした性格の違いが大きく感じてしまうこともあるでしょう。 結婚したいのに、片方が結婚する気が全くないから お互い好きで付き合っているカップルが別れてしまう原因として次に多いのは、結婚観の違いです。 例えば、女性の方はなるべく早く結婚したいと思っているのに男性がまだ結婚したくないと結婚を渋っている場合、どんなに好きでも別れてしまうことはあります。 一般的に、女性は出産のことを考えるとなるべく早く結婚したいと思っていることが多く、彼氏が結婚の気配が見えないと不安になります。 結婚願望が強い女性であればあるほど、長く付き合っているのに結婚の話が出ないことに怖さを感じ、別れを切り出される可能性は高くなるでしょう。 一方で男性は、そもそも結婚願望がない人も多く、仕事に忙しくて結婚どころじゃないと思っている人も多いものです。 結婚は責任が増えて大変だと、無意識に結婚の話題になるのを避けている場合も。 20代後半から30代の、いわゆる結婚適齢期と呼ばれる時期は、仕事も脂が乗ってきて忙しくなる時期。 そんな時に、仕事ばかりに追われてしまい、彼女との結婚まで考えることができないという男性は多くいます。 女性と違い、出産のタイムリミットもないので、結婚の計画や具体的なイメージをしたことがないという男性が多いのも、男女の認識が違う原因です。 お互いに好きで、楽しく、長く付き合っていたのに、女性が結婚の話題を出すことでギクシャクしてうまくいかなくなり、好きなのに別れるという決断をするカップルは意外にも多いのです。 男性100名にアンケート!コイツ俺のこと大好きだな…と思っていた彼女から振られたことはある? 次は男性心理に迫ったアンケートです。 男性が「俺のこと大好きだな」と思わせておいた彼女から振られた経験があるかどうか、聞いてみました。 これは意外に多い数字といえます。 この結果によると「自分を好きだと思っていたのは勘違いだった」という可能性が高いことがうかがえます。 あるいは女性の気が変わったとも考えられます。 いずれにしても男性にとって青天の霹靂であることに間違いないでしょう。 実際に振られた経験のある男性に尋ねてみました。 元カノに二股かけられてました。 まったくそういう風に見えなかったんで心底参ってます。 俺もいたらなかったところがあったかもですが、もう仕方ないですね。 忘れたいところだけど正直、当分忘れられそうにありません。 相手も自分を好きと思っていただけにダメージが大きい 男性が「相手も間違いなく自分を好きだろう」と思っていたときに振られた場合、そのダメージはかなり深く重いものとなります。 これは男性特有の単純さに端を発しています。 「確実に彼女は自分を好き」ということを確認しません。 「おそらく好きだろう」ということだけで満足してしまうためです。 そこに女性特有の「気の変わりやすさ」が入ると、いくらうまくいっていた恋愛関係でもすぐに真っ二つに別れてしまうでしょう。 好きな人と別れる!勇気の引き出し方 友達に相談して、決断を後押ししてもらう!共通の友達ならより良い! 好きな人と別れたいけど、どうしても自分だけでは決断できないという人は多いですよね。 特に、長く付き合っていた彼と別れるのは大きな勇気がいるものです。 自分の中では、別れるという決断はできているけど、勇気が出なくてなかなか彼に話を切り出すことができないという女性にオススメの方法は、彼と共通の知り合いに相談してみることです。 共通の知り合いがいなければあなたの友達で良いので、「彼のこと好きなんだけど、別れようと思っている。 どう思う?」と、あなたの今の率直な気持ちを伝えてみましょう。 長く一人の相手と付き合っていたり、相手のことを好きすぎると、相手への思いや情が強くて、正常な判断ができない場合があります。 そんな時に第三者の友人に相談することで、当たり前のことに気づくことができたり、自分と彼の関係性を客観視することができるのです。 「自分では普通だと思っていたけど、やっぱりそれっておかしいことなんだ」と気づくことができたり、「好きなのに別れるなんておかしいと思ってたけど、そんなこともないんだな。 」と感じることができるでしょう。 一般的に、人は決断する時に何か後押しが欲しいと感じるものなので、友達に相談することでその人が大きな後押しになれば、別れる勇気が出てくる可能性が高いでしょう。 彼との共通の友人であれば、彼のこともあなたのことも良くわかっているはずなので相談にも真剣に乗ってくれて、しっかり考えてアドバイスをしてくれるはずです。 もし可能であれば、好きなのに恋人と別れた経験がある人に相談に乗ってもらうことができるとより良いでしょう。 経験談からアドバイスされると、説得力があって、別れる勇気が出しやすくなります。 また、相談内容によっては、「それだったらまだ別れないほうがいいよ」「考え直しなよ」などと言われることもあるかもしれません。 そんな時は、その人以外の友達にも相談してみることをお勧めします。 複数の友達に話を聞いてみて、アドバイスをもらって、客観的に判断してみましょう。 恋は盲目と言いますが、確かに、彼のことが好きすぎて、見えていなかったことがあるんだな、と感じることと思います。 別れないで、一度距離を置いてお互いに考える期間をもつ 別れたいと思っていても、本当に別れてしまっていいのか考えすぎてしまい、結局行動に移せないというのは良くあることです。 それもそのはず、別れてしまって後悔しては遅いと、みんなわかっているからです。 一度別れてしまってから後悔して、それから復縁を考えても、復縁するためには時間がかかり、確実に復縁できるとも限りません。 そこでオススメの方法は、別れずに、一度距離をおいてお互いのことを考える時間を持つことです。 すぐに別れるのではなくて、「OOについて一度ちょっと距離をおいて、冷静に考える時間を持ちたい。 」と伝えて、少しの間考える時間を持つのです。 この時、どうして別れることを考えているのか、どうして二人の今後の関係に不安を持っているのかを彼に直接伝えましょう。 距離を置くというのは、彼女の決断によっては別れる可能性があるということなので、男性の方も真剣に考えてくれるようになります。 言われるまで、彼女がこんなことで悩んでいたなんて気づいていなくて、驚く人が多いとは思いますが、二人の今後のことなので、彼にも真剣に考えてもらうことは必要です。 彼と絶対に別れるといういことをすでに決めてしまっている場合はこんなことをする必要はありませんが、そうではなく、彼にも二人の問題について考えて欲しいという気持ちがあれば、一度距離を置くのは非常にオススメの手段です。 ただし、距離を置いたからといって、必ずしも良い方向に進むとは限りません。 例えば、彼の方が二人の関係にあぐらをかいて、二人の問題について真剣に考えてくれないこともあるでしょう。 彼が真剣に考えてくれない場合は、これから二人の間に問題が起きても、彼は真剣に考えない可能性が高いと言えます。 彼女が距離を置きたいと思うほど思い悩んでいるのに、彼氏が全く真剣になってくれないのであれば、これから付き合い続けていくのも難しいでしょう。 また、距離を置くことで、あなた自身も普段見えないものが見えてくるはずです。 人は距離が近すぎると自分の感情を客観的に見えなくなることがあります。 彼のことを好きだと思っていたけど、実はそれはただずっと長く一緒にいたことで情が写ってしまっただけだと気づいたり、彼のことをもう好きではないと気づくこともあるでしょう。 これらは、距離を置いてみないと気づくことは難しいところです。 別れを切り出そうか悩んでいるあなたにとっても、そして彼にとっても、距離を置いてみることは大きな意味を持つことなのです。 ここで一つ、注意点があります。 「距離を置こう」と言われると、別れを切り出されていると勘違いされてしまうことがあるということです。 「距離を置こう」というのは、別れるという意味ではないのに、変に彼の方が勘ぐってしまうことがあるのです。 そのため、ちょっと距離を置いて考えた後に、もう一度やり直す意思があることを示す必要があります。 効果的なのは、次会う日程を事前に決めておくことです。 お互いに距離を置いて二人の将来について真剣に考えてみてから、もうちいどあって話をしようと持ちかけてみましょう。 そうすることで、自然消滅を防ぐことができるでしょう。 別れた後のことをシミュレーションして、具体的にイメージを持つ 人は、知らないことや、想像のできないことに対しては不安や恐怖を覚えるというデータがあります。 彼と別れるのも同じことで、別れた後に自分がどうなるのか、自分の生活にどんな変化が起こってくるのかを想像できないと、別れるという行為が怖くなり、不安を感じてしまいます。 そのため、別れるための勇気が欲しいのであれば、別れた後の自分の感情や、別れた後の生活を具体的にイメージしてみることをお勧めします。 彼と別れたら、もう一緒にいつも行くあのカフェに行くことはできなくなるな。 飲み会の時には必ず連絡していたけど、それもしなくて良くなって、異性がいる飲み会にも参加できるようになるな。 仕事で大変な時はいつも彼に相談していたけど、別れた後は誰に相談しようかな?家族かな?友達かな? こんな風に、彼と付き合ってきた日々を思い出して、それがなくなったときにあなたはどうなるのかを考えて見るのです。 特に、別れた時にどんな感情になるのかを想像することがとても大切です。 もちろん、想像したからといって実際にそうなるかどうかなんて分からないのですが、想像してみるだけで少しずつイメージが湧いてきて、別れるという決断がしやすくなります。 想像した結果、別れた後も楽しく暮らしていけそうであれば別れを切り出せば良いですし、もしそうでなければ、先に説明したように、まず距離を置いて、冷静に考える機会を設けるのが良いでしょう。 モヤモヤと不安だけを持て余すよりも、実際に生活がどうなって、あなたがどんな気持ちになるのかを想像した方が、良い決断ができるようになるのです。 好きだけど別れたその後にあなたを待っていること 別れたあと、急にモテる時期が来る 別れた後に、実はあなたが想像もできなかったことが待っています。 それが、人生最大のモテ期がくることです。 実は、長く付き合っていた彼と別れた後にはモテ期がくることが多いのです。 どうして別れた後にモテるようになるのでしょうか? その理由の一つとしてあげられるのは、あなたのことを諦めていた人があなたにアプローチするようになることです。 彼と付き合っていることで、あなたはだれかのものとして周りに認識されます。 あなたのことを、素敵だな、好きだなと思っていた男性も、彼氏持ちだと知ると、アプローチをしなくなりますが、彼と別れたと聞くと、急に連絡をよこしたり、アプローチするようになる人が出てくるでしょう。 彼氏持ちの人を奪うような気持ちはないけれど、フリーであればトライしたいという男性は多くいるのです。 彼と長く付き合っていればいるほど、あなたの周りには「あなたのことが気になっているけど、彼氏持ちだからアプローチできない」と思っていた男性が多くいるので、それだけ、別れた直後にモテるようになるのです。 彼氏と付き合っていた時には彼のことしか考えられなくなって、周りの人からの好意は感じることはなかったかもしれませんが、別れた直後にあまりに多くの人にアプローチされると、驚くかもしれませんね。 また、男友達が多い人や、交友関係が広い人は特に、周りに仲の良い男性も多いので、モテるようになるでしょう。 もう一つの理由としてあげられるのは、別れたことで時間ができて、自分磨きをする人が増えることです。 彼氏と別れると、今まで彼氏のために使ってきた時間は全てあなたの自由時間になります。 彼氏と別れたことで、これまでできなかったことをやってみようという気持ちになり、自分磨きに精が出るのです。 ダイエットやオシャレなど、外見を磨くことももちろんですが、多くの人は自分の時間を有効活用して趣味に打ち込んだりして、内面が豊かになっていきます。 内面が豊かになって、趣味や好きなことを楽しむことができるようになると、はたから見てもキラキラと楽しそうに、輝いて見えるようになるのです。 あなたも経験があるかもしれないですが、内面が素敵な人や、いつも何かを楽しんでいる人というのは、魅力的ですよね。 余暇時間が増えて、それを充実させようとすることで、あなたも自分でも知らないうちに魅力的になって行くのです。 また、失恋や別れの辛さが原動力になって、自分磨きを頑張れるという人も多いでしょう。 別れた後は一人で思い悩んで辛い時期があるかもしれませんが、それを乗り越えるために人は何か他のことにエネルギーを使おうとします。 その時に、自分磨きを始めて見ると、普段はできない努力ができたり、頑張れるようになるのです。 自分磨きをするようになって、毎日が充実してくると、男性からのアプローチが増えて、モテるのも納得できますよね。 最後の理由としてあげられるのは、彼氏と別れたことで、交友関係が広がるということです。 彼氏と付き合っていると、どうしても彼氏との時間を優先してしまって、交友関係が狭まってしまいますよね。 フリーの時は友達とものよく遊んだり、飲み会にも行っていたのに、付き合った途端に友達付き合いが悪くなるというのは良くあることです。 でも彼と別れて時間ができるようになると、友達と過ごす時間も必然的に増えてきて、交友関係が一気に広がります。 周りの友達も、あなたが別れたことを知れば、積極的にいろんな集まりに読んでくれるようになるでしょう。 こんな風に、交友関係が広がると、男性との出会いも多くなり、あなたがフリーで今彼氏がいないことが判明すると、アプローチしてくる男性は多いはずです。 モテるというのは、いわば男性とあなたとのマッチングです。 物理的に多くの人に会えば会うほど、マッチングする確率も高くなるので、交友関係が広がれば広がるほど、モテる確率も上がるのです。 失恋や、長く付き合っていた彼とのお別れはとても辛いものですが、モテ期がくると思えば、なんだかどうでも良くなってしまうかもしれませんね。 ただし、注意点もあります。 それは、彼と別れたばかりでさみしいからと言って、焦って適当に彼氏を作らないことです。 別れた後は誰しも心にぽっかりと穴が空いたように寂しく感じると思いますが、そこで手っ取り早く新しい彼氏を作ってはいけません。 相手のことをよく知らないのに、さみしいという気持ちだけで付き合ってしまうと、相手にも失礼だし、何よりあなたが恋愛を楽しむことができないでしょう。 別れたからと言ってすぐに新しい彼氏を作ろうとせずに、ちゃんとお互いのことを理解してから、本当に付き合いたい人と新しく付き合いましょう。 そのほうが、長く真剣な恋愛を続けることができるでしょう。 別れたことを後悔して、復縁をしたくなる 別れた後にモテ期がきて、新しい恋愛を楽しむ人も多いですが、もちろん、別れたことを後悔してしまうケースも多々あります。 別れたことを後悔すると、多くの女性は彼と復縁しようと思いますが、一度別れたカップルがよりを戻すのは簡単なことではありません。 適切にアプローチすれば復縁できる可能性は高いですが、それでも時間がかかってしまいます。 一度別れてしまうと、後悔したからと言ってすぐに元どおりにはなれないのです。 どうしても復縁したい場合は、復縁の可能性を高めるために、まず一旦距離をおいて、お互いに冷静になる期間を設けることをおすすめします。 なぜ彼と復縁したいと思っているのか、そもそも別れを切り出した原因は何だったのか?その時の問題はすでに解決したのか?これから復縁してもうまくやっていけるのか?自問自答して考えてみましょう。 しばらく距離を置くとお互いに冷静になって話ができるようになるので、そしたら彼と話し合う機会を設けるのです。 そもそもどうして別れを切り出そうと思ったのか、それにもかかわらずどうしてよりを戻したいと思っているのかを素直に打ち明けてみましょう。 彼があなたへの未練がある場合はすぐに復縁できますが、そうでない場合は長期戦になります。 一旦友達の関係に戻って、彼からの信頼を取り戻してから、十分に期間をあけて、彼にアプローチする必要があるのです。 このように、一度別れてしまってから復縁するのは非常に労力と時間がかかることなので、安易に別れを切り出したりせずに熟考してから別れる必要があります。 恋愛に疲れてしまい、しばらく恋愛から離れて趣味や仕事に打ち込むようになる 別れた後、恋愛に疲れてしまい、しばらくは恋愛なんてしたくないという気持ちになる人も多いでしょう。 元彼と過ごしてきた時間が長ければ長いほど、喪失感がすごくて、恋愛をする気が起きないという人は多いものです。 すぐに他の人と付き合うなんてとても考えられないから、趣味や仕事に打ち込んで恋愛のことは考えないようにするのです。 失恋の痛みは新しい恋で癒したほうが良いと言われることがありますが、それはその通りで、彼と別れた悲しみや喪失感は、仕事や趣味ではなかなか埋めることができません。 どんなに仕事を頑張って忙しくしても、彼のことを考えてくよくよしてしまうことがあるでしょう。 別れた直後は仕事や趣味に精を出してみるのも良いのですが、長期的に見ると、新しい恋を探すことの方がメリットが多いのでおすすめです。 すぐに誰かと付き合う気はなくても、気になる人とご飯に行ってみるなど、交友関係を狭めない努力をしましょう。 次の恋愛をする気はなかったのに、次第に好きになる人ができるかもしれません。 好きな人ができれば、元カレへの未練も薄くなり、くよくよと過去のことで悩むこともなくなるでしょう。 別れた後も体の関係を続けてしまう 別れた後に起こることとして、よくないのは、恋人ではないのに体の関係だけを続けてしまうことです。 別れたのに、一人になりたくなくて、さみしいからつい体の関係を持ってしまうという女性は少なくありません。 元カレなら、体の相性や相手の性格についても良くわかっているので、セフレにするのはちょうどいいと感じるのです。 また、男性も、別れた彼女の方から体の関係を求められると、断ることはできないもの。 ついついセフレとして付き合いをずるずると続けてしまうのです。 お互いに付き合っている人がいなくて、単に寂しさを埋めるために体の関係を持つのは必ずしも悪いことではありません。 お互いに楽しければ良いという考えの人であれば、それでも楽しくやっていけるでしょう。 しかし、彼に本命の彼女ができて、セフレとして二番目の位置に長くいてしまうのは避けた方が良いでしょう。 もしも本命の彼女がいるのに彼のことをまた好きになってしまったら、辛くなるのはあなたの方です。 セフレというのは、いつ別れるかが難しいので、元彼とセフレ関係になるのはできるだけ避けるべきでしょう。 そうしないと、あなたの次の恋が遠ざかってしまうかもしれませんので、注意しましょう。 好きだけど別れる決断をして良かった成功談 彼より素敵な人はいないと思っていたのに、もっと素敵な人に出会った 一途に人を好きになる人は、付き合っている人がいると、その人しか眼中になくなって、「あなたしか好きになれない!」という気持ちになるものです。 でも、付き合っている彼と別れたことで、もっと素敵で自分に合う人と付き合えるようになったという成功例があるのでご紹介します。 大学生のAさんは、彼氏の強い束縛に悩んでいました。 男友達と一緒にいるだけで浮気を疑われるので、なるべく男友達は作らないように交友関係を狭めていたのですが、そのせいで女の子の友達も少なく、大学でなかの良い友達もほとんどいませんでした。 彼は、男友達との浮気を疑うだけでなく、心配だからとLINEを定期的にチェックしたりするほど束縛が激しかったのです。 それでも、Aさんは男性と付き合った経験が少なかったので、それが普通だ、それが彼の愛情表現だと思うようにしていました。 でもある日、ゼミの男友達と一緒にいるところを見つかって彼に激怒されてから二人の関係に疑問を持つように。 彼の束縛について友達に相談したら、異常だから別れるようにと言われ、別れたのでした。 彼と付き合っているときは、「俺以上にお前のことを好きになるやつはいない」などと彼に言われ続けていて自信をなくしていたのですが、彼と別れてから交友関係が広がると、親しい男友達がたくさんでき、元彼と別れた半年後、その中の一人と付き合うことになりました。 新しい彼は交友関係を狭めたくないからと、束縛することはせず、彼女の友達付き合いを尊重してくれ、LINEをチェックすることもありませんでした。 男性と付き合った経験が少なかったAさんは、新しい彼氏の態度があまりに元彼と違うのに驚き、こんなに自由に楽しい恋愛があるということに気づいて、元彼と付き合っていたときよりも楽しく彼氏と付き合うことができています。 別れることを告げて、彼が真剣に二人の関係について考えるようになり、関係が前よりも良くなった 結婚観の違いによって別れた彼氏と、もう一度よりを戻して、より相手のことが好きになり、絆が強くなったという体験談もありますのでご紹介します。 社会人4年目のBさんは、同じ会社の先輩と付き合って3年になっていました。 そろそろアラサーになってきていて、周りの友達も結婚して子供が生まれる人が増え、自分も結婚して子供が欲しいと思っていた矢先、彼から「俺は結婚願望がない」と伝えられてしまいました。 そろそろ結婚もありかもしれないと思っていたのに、彼に結婚願望がないと知って絶望した彼女は、悩んだ末に別れを切り出すことに。 「あなたは結婚したくないと言っているけど、私は好きな人とは結婚して、その人の子供を産みたい。 あなたが絶対に結婚しないのであれば、悲しいけどもう別れたい」と素直に伝えてみました。 別れを切り出されるなんて想像していなかった彼はその時点で非常に驚き、「別れたくない!」ととっさに懇願してきたようです。 それから彼女は、ちょっと距離をおいてお互いに冷静になって考えようと提案します。 結局、半月距離を置いて、よりを戻すことになったのですが、別れを切り出す前よりも彼との関係はより強くなりました。 というのも、別れを切り出されたことで、彼女が悩んでいたことを知った彼が反省し、結婚について真剣に考えてくれたのです。 彼自身は結婚について真剣に考えたことはなく、「まだまだ先のことだからどうでもいいかな」と思っていたようですが、彼女に言われたことで真剣に考え、彼女となら結婚したいという結論を出したのです。 よりを戻してすぐ結婚したわけではありませんが、腹を割って二人の将来のことについて話しあい、より付き合いが蜜になった二人。 将来を見据えて付き合う覚悟ができたことで、別れを切り出す前よりもお互いのことを思いやることができるようになったと言います。 女性にアンケート!好きな人と別れなきゃ良かった…と後悔した経験はある? 好きな人と何らかの理由で別れた後、もし後悔することがあればどんな時でしょうか? 女性たち100名に率直な意見を尋ねました。 女性に質問!好きな人と別れなきゃ良かった…と感じた瞬間は? 「好きな人と別れたあと後悔したことがある」と答えた女性が、約8割という高いスコアを叩き出しました。 これは別れを後悔するという前提には「本当に好きだった」ことが条件です。 一般的な女性は男性と別れたあと、なるべく早く忘れようとします。 これは意図的に精神的なつらさを紛らわそうとするためですが、女性ならではの性質でもあります。 男性はいつまでも引きずる傾向があるのに対し、女性はいち早くその苦しみから抜けようとします。 しかしその苦しみの中には必ず「後悔」が潜んでいます。 実際に、好きな人と別れて後悔したことのある女性たちの声を聞いてみました。 ネットで知り合った男性と一度だけデートしたことがあります。 でもその時は何だかイマイチな印象で、次に会う約束もせずに別れてしまいました。 でもその後なぜか「元気にしてるかなぁ」と気になるように。 でも理性的な私が「NG」を出すんです、ネットで知り合った人はダメだよって。 そんなわけで最近は、気になったり、ダメ出ししたりの繰り返しです。 多くの女性は別れたあと後悔しても自分から行動を起こさない 別れて後悔したことのある女性たちの多くは、機会があれば再び会おうとは考えないようです。 まだ相手のことを好きでも、よっぽどでない限り重い腰を持ち上げません。 これは相手の出方によっては復縁の可能性もある、ということです。 しかし男性に比べ、未練が吹っ切れるのが早いのは間違いありません。 好きな人に別れを告げるのは待って!後悔しやすいケース 別れる理由を説明せずに一方的に別れたパターン! 別れた後に後悔するかもしれないと考えると、なかなか別れを切り出すことはできませんよね。 しかし、別れを告げた後に後悔するパターンを知っていれば勇気が出るものです。 後悔するパターンとしてよくあるのは、別れる前にしっかり話あいをしないで勢いで別れてしまった例です。 しっかり話し合いをしないと、「もしかしたら話したらうまく言っていたかも」と、後悔する可能性が高くなります。 お互いのこれからのためにも、何に不満を持っているのか彼に伝えて、話し合いをしてから別れることをお勧めします。 一緒にいて、落ち着いた気持ちになれたということに気づく 彼氏でも友達でもそうですが、一緒にいて何も話さなくてよかったり、安心感があるような関係性になれ人ってそれほど多くないですよね。 心が許せる特別な人は大切にすべきなのですが、別れた後に彼といる自分が幸せだったことに気づくこともあります。 長く付き合っていると、彼といるときに落ち着いていられることや、安心感があることが普通になってしまいますが、別れた後にそれは特別なことだったと気づくのです。 刺激的な恋愛も楽しいものですが、お互いが安心して一緒にいられる関係の方が、尊く、得難いものです。 もしも彼と過ごすときに心地よさを感じたり、心が穏やかになれるのであれば、安易に別れ話をするのは避けたほうが良いでしょう。 一度別れてしまうと、もう一度よりを戻して元のように付き合い続けるのは簡単なことではありません。 包容力があり、一緒にいて落ち着いた心地がする人は大事にすべきなのです。 本当に好きだった人と別れるのは、どんな理由であっても辛い また、どんな人であっても、好きだった人と別れると多少は後悔するものです。 他に好きな人ができて別れた場合は別ですが、そうでなければ「この人以上に好きな人にこれから出会えるのか」「別れないで、我慢して付き合っていた方が幸せだったんじゃないのか」と後悔してしまうのは普通のことです。 長く付き合った人であればあるほど、後悔は大きくなり、未練も長引くでしょう。 確かに、心から愛していて、本当に好きだと感じる人と別れてしまうと悲しくて、落ち込むことはあるでしょう。 でも、好きだけど別れた方が良いというケースが多いのも事実です。 一度別れるという決断をしたのであれば、後悔しても立ち止まらずに、次の幸せに向けて頑張りましょう。 きっと、元彼よりも素敵な人と出会うことができるはずです。 好きだけど別れたいと思ったときどうしたらいいの?どうして好きなのに別れたいと思ってしまうの?という疑問や、別れた後に後悔するパターンと別れてよかったパターンを紹介しましたが、いかがでしたか? この記事で伝えたように、性格の不一致や結婚観の違いによって好きなのに別れたいと思うのはよくあることで、別れた後にもっと幸せになれることもあります。 長く一人の人と付き合っていると、この人しかいないという気持ちになってしまいがちですが、実はそんなことはないのです。 別れる前に、相手になぜ別れたいのかという理由を伝え、二人でしっかり話し合いをしていれば、未練も残りにくく、より良い出会いに繋がりやすいでしょう。 好きでも別れた方が良いパターンも意外と多いということを理解して、彼と別れることも具体的にイメージして考えてみることをおすすめします。 恋は盲目だと言いますが、好きだからと言って彼の全てを許そうとせずに、自分の気持ちに正直になって、自分の気持ちを一番に考えて行動してみましょう。 【期間限定・6月28日(日曜)迄】絶対復縁したい人以外は試さないでください。 こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。 あなたの復縁の悩みは、少しでも解消したでしょうか? もしも、まだ 「やっぱり不安がある…。 」 「彼の本当の気持ちを知りたい…。 」 「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」 こんな感じならば、【】の占いを初回無料でプレゼントします。 雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。 今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【】を初回無料でプレゼントします。 復縁成功の可能性や、絶望的な状況からの復縁方法も初回無料で復縁診断できます。

次の