八月のシンデレラナイン アニメ 感想。 「八月のシンデレラナイン」アニメ7話を見る。(感想):+150mlなブロマガ

TVアニメ「八月のシンデレラナイン」公式サイト

八月のシンデレラナイン アニメ 感想

情報DB• ブログ 検索• アニメ:• 50音順• ゲーム:• 50音順• 漫画:• 50音順• 文学:• 50音順• ドラマ:• 50音順• 特撮:• 50音順• 日本映画:• 50音順• 海外映画:• 50音順• Web媒体• Web媒体• Web媒体• 論客目録• その他• この手のアニメは登場キャラが多すぎて扱いきれない事があるのだが、本作は一定数に絞ることにより回避している。 かといって絞られたキャラ以外 出てこないなんて事はなく校内で見かけたり、試合の応援に来たりもしてうまく使っている。 ストーリーも大抵の場合中途半端になる場合が多いが、本作は原作であったシーンをアニメオリジナルのシーンとうまく合わせて使っている。 話の流れも丁寧で終わり方も区切りが良く不満が少ない。 ・魅力的なキャラクター デザインも良好 【悪い点】 ・作画が残念。 予算の都合なのか絵の枚数が明らかに足りてなく使い回しや止め絵が多い。 この弊害をモロに受けているのが試合のシーンである。 投手のリリースポイントが不自然、長打を打ったようにしか見えないのに全部シングルヒットだったりと色々おかしい。 ・キャラクターの選出 キャラが多いので絞るのは良いのだが、何でこのキャラ? みたいな要素がある。 語尾が特徴的な中野と阿佐田はどちらか一人で良かったと思う。 セカンドとセンターには他にも魅力的なキャラが多いので、誰を出しても問題なさそう。 個人的に一番の問題点は岩城である。 ただでさえサードは東雲とポジションが被るのに何故わざわざだしたのか? 他にもポジション被りのキャラは いるが、それらは誰が正レギュラーになるか? という形で話に組み込んでいるのに岩城は何故かアニメではサードではなくレフトになっている。 レフトにも魅力的なキャラが多数いて試合の応援にもきているが、それらを差し置いて本職が応援団の岩城が試合に出ている光景は謎すぎる。 さらに最終回ではミート打ちでホームランという無理やりな描写まである。 誤解のないように書いておきますが岩城自体は良いキャラです。 ただ話の流れ的に不自然であると思ったので書きました。 【総合評価】 なかなか良くできているが作画の残念さが足を引っ張ている勿体ない作品。 作画が良ければもっと評価されていたと思います。 それでも個人的には充分楽しめました。 ちょくちょく良い内容の回もあったんだけど如何せん映像が悪すぎた。 流石にこれだけ映像が動かないとテンポも悪くなるし、試合の盛り上がりも緊張感も出てくるはずがない。 フォームとかもバラバラだし動きはかくかくなったり止まったり無茶苦茶だし、特に野球の場合は動作の細かさ丁寧さが重要になってくるだけにそこが出来てないと野球作品としては完全に死んでしまう。 恐らく絵を描いてる人に野球を全く知らなかったりちゃんと事前に野球を見て描いたりとかはしてないんだろうなと思う。 まぁ単純に金がなくて枚数も時間も掛けれなかったっていうのはあるだろうけど、せめて金はないなりに見せ方の工夫とかは必要だった。 映像面のせいで内容は良くても展開的に何やってるのか分かり辛いところがあったりおかしな点は多々あって、ストーリーはもうグダグダどころかボロボロだった。 さらにこの作品の不運なところは同時期にダイヤのaやMIXがやってて、その二つが野球作品として最上位に位置するだけに比較してしまってよりどうしようもなく酷く映ってしまう。 せっかく女子野球という珍しいネタだっただけに残念という他ない。 部活として楽しくやる分には良いんだけど女子野球版ラブライブにしたかったのか、一から作って上を目指そうとしてるところにどうしても色々無理が生じてしまう。 野球はなかなか一朝一夕で出来るスポーツではなくて、まして女の子が高校生から初めていきなりバットにボールを当てたりとか守備がちゃんと出来たりとか難しいから感情移入し辛い部分でもある。 運動神経が良い人やセンスがある人が集まるならともかく、キャラクターを生かすために普段は明らかにインドア系の人もいる訳だしそれで果たしてやってて楽しく感じれるスポーツなのだろうかと違和感を感じる。 つまりキャラクターを生かすのかちゃんとした野球をやるのかどちらの魅力を見せるのかっていうところで、互いに潰しあってる。 語尾とか格好とかとにかくビジュアル面を重視していて、全員が全員目立つようにしてしまってるためにこの作品自体の色がないというのかそこも悪いところだった。 だから途中から観たら主人公が誰なのかも分からないぐらいグチャグチャだし、どう見ても被ってるキャラが数人いるし 笑 13話しかない中で全員を目立たせるなんて無理な訳で印象に残ったキャラクターは一切おらずそれだけで最早まとまりがない作品に見えてしまう。 総括するとキャラクターありきの作品なのに映像が悪いと話にならないし、どうせなら割り切ってエロを重視したりすれば野球に関する不自然な点はカバー出来たかも知れないんだけどやってる事がチグハグ過ぎた。 ただ個人的な評価としては映像よりも内容を重視してるので、あともう少し映像を頑張ってさえくれれば良い評価にしたんだけど流石に映像の悪さの方が目だってしまって勝ってしまった。 女子公式野球を扱ったアニメ。 新設の野球同好会が徐々に仲間を増やしながらも部へと昇格し さらには大会へも参戦していく王道の青春アニメです 仲間集めをしていたときは、どうやって9人まで揃えるのかな〜。 とおもっていたら その数が10を超えて、試合にでることができないメンバーまででてくるなど重いこと もやっていたのだけど、、、結局は題材が女子ということ以外は没個性だったかな また野球描写にも見張るところがなくて、スポーツを扱っているにしては打撃も投球も フォームの躍動感のなさは異常なほど、もしこれがは初心者ゆえのプレイの拙さだったり また女子ならではの筋力不足とかを踏まえたうえでの作画だとすれば、、、、いやいや それはさすがにありえないでしょう 王道の青春スポ根として最低限のハードルは越えていたのでギリギリ【普通】としますが しかし最近のアニメは漫画やラノベの原作が尽きてきたのか、いよいよスマホゲーにまで 手を伸ばして数を増やしてきていますよね。 それが悪いわけではないですが作りが無難な モノが多く、胸を張っての良作というのにはあまり出会えないなぁ 【良い点】 女子高校部活スポーツ青春の王道、女子硬式野球の困難さを丁寧に扱っていて好感が持てる。 明るく前向きな主人公、ガチ勢、下手だけど頑張り屋、ムードメーカ等々のキャラ配置も あざといキャラ付けも含めて 良い感じ。 顧問の先生の頑張りや、シビアながら理解もある学園長などの大人も良かった。 適度に困難や葛藤を交えつつ、全般的には明るく、過度な不快要素は少なめで見やすい。 EDのカバー曲が往年の名曲。 【悪い点】 展開が遅くて地味。 カタルシスが乏しい。 主要2〜3人以外はあまりドラマが無い。 キャラデザは嫌いではないが、あまり良くもない。 野球の魅力を作画やストーリーであまり表現できていない。 【総合評価】 悪くはない内容だけど、地味。 女子野球物だと「大正野球娘」が抜きん出て面白く、「プリンセスナイン」は好きじゃないけどインパクトはあり、本作は一番普通。 評価は良い寄りの「普通」 物語自体は非常に真面目です。 高校部活もののフォーマットを一切外れない無難なお話ですが、そこが悪いわけではない。 その無難なお話すら描けなかった絵が悪い。 これは製作工程上の問題だと思うので、外野がどうこう言っても意味ないとは思うけど。 それでも自分がこの作品を最後まで見たのは、これが女子硬式野球を扱っているから。 高校スポーツの鬼子ともいうべき女子硬式野球。 それは主人公がリトルリーグで全国大会優勝チームのスタメンであったにもかかわらず、高校で野球を続けられないという点に端的に表される。 リトルリーグのチームメイトが、高校生になって当然のように甲子園を目指す中、主人公にだけはその道が閉ざされるという不条理。 ここを逃げずに描いた時点で、この作品の真面目さは最大限に評価されねばならない。 そこから再び野球を始める主人公の姿。 野球を女の子の手に取り戻そうとする主人公の姿、そこに「甲子園」という高校野球の象徴を超越する野球の本質を描ければ、名作になっただろうと思う。 ただしそれは絵によって、アニメーションによって表現されなくてはならない。 野球という競技の躍動感、緊張感、苦難や歓喜がアニメーションによって描かれなくてはならない。 この作品にはそれが出来なかった。 ゲームの販促だから納期の問題があったとか、絵がダメだった理由はいくらでもあるだろう。 しかしそれによって、この作品の可能性が完全に失われてしまった事は、記憶に留めておかなくてはならないのではないだろうか。 ゲームはやってません 【良い点】 話の流れ自体は丁寧に作られている 【悪い点】 悪く言えば華とかインパクトがないしスローテンポなためにちゃんと試合ができるようになるのかが不安 作画が悪い絶望的とは思わないが明らかに悪い 【総合評価】 ソーシャルゲームのアニメ化にしてはストーリー自体は好感は持てます ただ、作画とか諸々が不安を感じるには十分な材料だと思われます。 評価対象は「作品の中身」。 自作自演厳禁• 品位等書き方に適切さを欠くもの禁止• 著しく無意味な書込み(同じようなことずっと繰り返し言ってるだけも含む)禁止• その作品の評価と全く関係ない書込み禁止違反された場合、削除と違反ポイント付け アク禁等 が行われます。 現在受付けてる削除提案理由• 特定のコメントの批判 作品の評価ではなく評価の評価になっている• 世間一般・他の方の評価・見方の批判 作品の評価ではなく評価の評価になっている• 他人の評価のコピー• どの作品にでもコピペ出来る具体性の無い評価• HNに問題有り 他者の侮辱, 犯罪者名, 公人名 作者等 の使用, etc... 人種差別等差別用語の使用• とりわけ乱暴な言葉遣い(死ね、... 作者・演技者に対する作品の制作能力と関係ない点の批判(もしくは人格批判にまで脱線した批判)• アダルト系用語の他者への配慮の欠ける書き込み• 書いていることと評価付けが逆• 対象作品以外の事柄への語りがメインになってしまっている、または割合は少なくとも比較して過度に貶める形で挿入されている。 但し見てない上での断定評価文・または強過ぎると判断される批判文を書いている場合にはマナー違反として削除されます• 推理系の作品の核心のネタバレ•

次の

八月のシンデレラナイン(ハチナイ)攻略Wiki|ゲームエイト

八月のシンデレラナイン アニメ 感想

情報DB• ブログ 検索• アニメ:• 50音順• ゲーム:• 50音順• 漫画:• 50音順• 文学:• 50音順• ドラマ:• 50音順• 特撮:• 50音順• 日本映画:• 50音順• 海外映画:• 50音順• Web媒体• Web媒体• Web媒体• 論客目録• その他• この手のアニメは登場キャラが多すぎて扱いきれない事があるのだが、本作は一定数に絞ることにより回避している。 かといって絞られたキャラ以外 出てこないなんて事はなく校内で見かけたり、試合の応援に来たりもしてうまく使っている。 ストーリーも大抵の場合中途半端になる場合が多いが、本作は原作であったシーンをアニメオリジナルのシーンとうまく合わせて使っている。 話の流れも丁寧で終わり方も区切りが良く不満が少ない。 ・魅力的なキャラクター デザインも良好 【悪い点】 ・作画が残念。 予算の都合なのか絵の枚数が明らかに足りてなく使い回しや止め絵が多い。 この弊害をモロに受けているのが試合のシーンである。 投手のリリースポイントが不自然、長打を打ったようにしか見えないのに全部シングルヒットだったりと色々おかしい。 ・キャラクターの選出 キャラが多いので絞るのは良いのだが、何でこのキャラ? みたいな要素がある。 語尾が特徴的な中野と阿佐田はどちらか一人で良かったと思う。 セカンドとセンターには他にも魅力的なキャラが多いので、誰を出しても問題なさそう。 個人的に一番の問題点は岩城である。 ただでさえサードは東雲とポジションが被るのに何故わざわざだしたのか? 他にもポジション被りのキャラは いるが、それらは誰が正レギュラーになるか? という形で話に組み込んでいるのに岩城は何故かアニメではサードではなくレフトになっている。 レフトにも魅力的なキャラが多数いて試合の応援にもきているが、それらを差し置いて本職が応援団の岩城が試合に出ている光景は謎すぎる。 さらに最終回ではミート打ちでホームランという無理やりな描写まである。 誤解のないように書いておきますが岩城自体は良いキャラです。 ただ話の流れ的に不自然であると思ったので書きました。 【総合評価】 なかなか良くできているが作画の残念さが足を引っ張ている勿体ない作品。 作画が良ければもっと評価されていたと思います。 それでも個人的には充分楽しめました。 ちょくちょく良い内容の回もあったんだけど如何せん映像が悪すぎた。 流石にこれだけ映像が動かないとテンポも悪くなるし、試合の盛り上がりも緊張感も出てくるはずがない。 フォームとかもバラバラだし動きはかくかくなったり止まったり無茶苦茶だし、特に野球の場合は動作の細かさ丁寧さが重要になってくるだけにそこが出来てないと野球作品としては完全に死んでしまう。 恐らく絵を描いてる人に野球を全く知らなかったりちゃんと事前に野球を見て描いたりとかはしてないんだろうなと思う。 まぁ単純に金がなくて枚数も時間も掛けれなかったっていうのはあるだろうけど、せめて金はないなりに見せ方の工夫とかは必要だった。 映像面のせいで内容は良くても展開的に何やってるのか分かり辛いところがあったりおかしな点は多々あって、ストーリーはもうグダグダどころかボロボロだった。 さらにこの作品の不運なところは同時期にダイヤのaやMIXがやってて、その二つが野球作品として最上位に位置するだけに比較してしまってよりどうしようもなく酷く映ってしまう。 せっかく女子野球という珍しいネタだっただけに残念という他ない。 部活として楽しくやる分には良いんだけど女子野球版ラブライブにしたかったのか、一から作って上を目指そうとしてるところにどうしても色々無理が生じてしまう。 野球はなかなか一朝一夕で出来るスポーツではなくて、まして女の子が高校生から初めていきなりバットにボールを当てたりとか守備がちゃんと出来たりとか難しいから感情移入し辛い部分でもある。 運動神経が良い人やセンスがある人が集まるならともかく、キャラクターを生かすために普段は明らかにインドア系の人もいる訳だしそれで果たしてやってて楽しく感じれるスポーツなのだろうかと違和感を感じる。 つまりキャラクターを生かすのかちゃんとした野球をやるのかどちらの魅力を見せるのかっていうところで、互いに潰しあってる。 語尾とか格好とかとにかくビジュアル面を重視していて、全員が全員目立つようにしてしまってるためにこの作品自体の色がないというのかそこも悪いところだった。 だから途中から観たら主人公が誰なのかも分からないぐらいグチャグチャだし、どう見ても被ってるキャラが数人いるし 笑 13話しかない中で全員を目立たせるなんて無理な訳で印象に残ったキャラクターは一切おらずそれだけで最早まとまりがない作品に見えてしまう。 総括するとキャラクターありきの作品なのに映像が悪いと話にならないし、どうせなら割り切ってエロを重視したりすれば野球に関する不自然な点はカバー出来たかも知れないんだけどやってる事がチグハグ過ぎた。 ただ個人的な評価としては映像よりも内容を重視してるので、あともう少し映像を頑張ってさえくれれば良い評価にしたんだけど流石に映像の悪さの方が目だってしまって勝ってしまった。 女子公式野球を扱ったアニメ。 新設の野球同好会が徐々に仲間を増やしながらも部へと昇格し さらには大会へも参戦していく王道の青春アニメです 仲間集めをしていたときは、どうやって9人まで揃えるのかな〜。 とおもっていたら その数が10を超えて、試合にでることができないメンバーまででてくるなど重いこと もやっていたのだけど、、、結局は題材が女子ということ以外は没個性だったかな また野球描写にも見張るところがなくて、スポーツを扱っているにしては打撃も投球も フォームの躍動感のなさは異常なほど、もしこれがは初心者ゆえのプレイの拙さだったり また女子ならではの筋力不足とかを踏まえたうえでの作画だとすれば、、、、いやいや それはさすがにありえないでしょう 王道の青春スポ根として最低限のハードルは越えていたのでギリギリ【普通】としますが しかし最近のアニメは漫画やラノベの原作が尽きてきたのか、いよいよスマホゲーにまで 手を伸ばして数を増やしてきていますよね。 それが悪いわけではないですが作りが無難な モノが多く、胸を張っての良作というのにはあまり出会えないなぁ 【良い点】 女子高校部活スポーツ青春の王道、女子硬式野球の困難さを丁寧に扱っていて好感が持てる。 明るく前向きな主人公、ガチ勢、下手だけど頑張り屋、ムードメーカ等々のキャラ配置も あざといキャラ付けも含めて 良い感じ。 顧問の先生の頑張りや、シビアながら理解もある学園長などの大人も良かった。 適度に困難や葛藤を交えつつ、全般的には明るく、過度な不快要素は少なめで見やすい。 EDのカバー曲が往年の名曲。 【悪い点】 展開が遅くて地味。 カタルシスが乏しい。 主要2〜3人以外はあまりドラマが無い。 キャラデザは嫌いではないが、あまり良くもない。 野球の魅力を作画やストーリーであまり表現できていない。 【総合評価】 悪くはない内容だけど、地味。 女子野球物だと「大正野球娘」が抜きん出て面白く、「プリンセスナイン」は好きじゃないけどインパクトはあり、本作は一番普通。 評価は良い寄りの「普通」 物語自体は非常に真面目です。 高校部活もののフォーマットを一切外れない無難なお話ですが、そこが悪いわけではない。 その無難なお話すら描けなかった絵が悪い。 これは製作工程上の問題だと思うので、外野がどうこう言っても意味ないとは思うけど。 それでも自分がこの作品を最後まで見たのは、これが女子硬式野球を扱っているから。 高校スポーツの鬼子ともいうべき女子硬式野球。 それは主人公がリトルリーグで全国大会優勝チームのスタメンであったにもかかわらず、高校で野球を続けられないという点に端的に表される。 リトルリーグのチームメイトが、高校生になって当然のように甲子園を目指す中、主人公にだけはその道が閉ざされるという不条理。 ここを逃げずに描いた時点で、この作品の真面目さは最大限に評価されねばならない。 そこから再び野球を始める主人公の姿。 野球を女の子の手に取り戻そうとする主人公の姿、そこに「甲子園」という高校野球の象徴を超越する野球の本質を描ければ、名作になっただろうと思う。 ただしそれは絵によって、アニメーションによって表現されなくてはならない。 野球という競技の躍動感、緊張感、苦難や歓喜がアニメーションによって描かれなくてはならない。 この作品にはそれが出来なかった。 ゲームの販促だから納期の問題があったとか、絵がダメだった理由はいくらでもあるだろう。 しかしそれによって、この作品の可能性が完全に失われてしまった事は、記憶に留めておかなくてはならないのではないだろうか。 ゲームはやってません 【良い点】 話の流れ自体は丁寧に作られている 【悪い点】 悪く言えば華とかインパクトがないしスローテンポなためにちゃんと試合ができるようになるのかが不安 作画が悪い絶望的とは思わないが明らかに悪い 【総合評価】 ソーシャルゲームのアニメ化にしてはストーリー自体は好感は持てます ただ、作画とか諸々が不安を感じるには十分な材料だと思われます。 評価対象は「作品の中身」。 自作自演厳禁• 品位等書き方に適切さを欠くもの禁止• 著しく無意味な書込み(同じようなことずっと繰り返し言ってるだけも含む)禁止• その作品の評価と全く関係ない書込み禁止違反された場合、削除と違反ポイント付け アク禁等 が行われます。 現在受付けてる削除提案理由• 特定のコメントの批判 作品の評価ではなく評価の評価になっている• 世間一般・他の方の評価・見方の批判 作品の評価ではなく評価の評価になっている• 他人の評価のコピー• どの作品にでもコピペ出来る具体性の無い評価• HNに問題有り 他者の侮辱, 犯罪者名, 公人名 作者等 の使用, etc... 人種差別等差別用語の使用• とりわけ乱暴な言葉遣い(死ね、... 作者・演技者に対する作品の制作能力と関係ない点の批判(もしくは人格批判にまで脱線した批判)• アダルト系用語の他者への配慮の欠ける書き込み• 書いていることと評価付けが逆• 対象作品以外の事柄への語りがメインになってしまっている、または割合は少なくとも比較して過度に貶める形で挿入されている。 但し見てない上での断定評価文・または強過ぎると判断される批判文を書いている場合にはマナー違反として削除されます• 推理系の作品の核心のネタバレ•

次の

八月のシンデレラナイン

八月のシンデレラナイン アニメ 感想

テレビ東京、AT-X他にて 2019年4月放送開始!• 放送局• 放送開始日• テレビ東京• 4月7日• 毎週日曜 深夜1時35分〜• テレビ大阪• 4月8日• 毎週月曜 深夜1時05分〜• テレビ愛知• 4月7日• 毎週日曜 深夜1時35分〜• TVQ九州放送• 4月9日• 毎週火曜 深夜2時35分〜• BSテレ東• 4月8日• 毎週月曜 深夜0時30分〜• AT-X• 4月9日• ネット配信も決定!• ネット配信先• 配信開始日• あにてれ• 4月10日• 毎週水曜日12時• アニメ放題• 4月10日• 毎週水曜日12時• AbemaTV• 4月13日• 毎週土曜日12時• Amazon プライム・ビデオ• 4月10日• 毎週水曜日12時• GYAO!ストア• 4月10日• 毎週水曜日12時• クランクイン!ビデオ• 4月10日• 毎週水曜日12時• J:COMオンデマンド メガパック• 4月11日• 毎週木曜日0時• TSUTAYA TV• 4月12日• 毎週金曜日19時• dアニメストア• 4月10日• 毎週水曜日12時• ニコニコチャンネル• 4月16日• 毎週火曜日12時• ニコニコ生放送• 4月16日• 毎週火曜日23時30分• バンダイチャンネル• 4月10日• 毎週水曜日12時• ひかりTV• 4月10日• 毎週水曜日12時• ビデオパス• 4月11日• 毎週木曜日0時• ビデオマーケット• 4月10日• 毎週水曜日12時• hulu• 4月10日• 毎週水曜日12時• PlayStationStore• 4月10日• 毎週水曜日12時• U-NEXT• 4月10日• 毎週水曜日12時• Rakuten TV• 4月10日• 毎週水曜日12時.

次の