比企谷八幡 ss クロスオーバー。 俺ガイルおすすめSSまとめ【やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。】

俺ガイルおすすめSSまとめ【やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。】

比企谷八幡 ss クロスオーバー

雪ノ下「.......... あら 」 結衣「ヒッキー!! 」 八幡「ん、ああ..........。 」 八幡 頭が痛い.......... どうも記憶が曖昧だ。 なぜ俺はこんなところにいるのだろうか。 雪ノ下「まったく.......... 転んで頭を打ったあなたを、わざわざ病院まで連れてきてあげたのにお礼の一言もないの? 」 由衣「ヒッキー! 心配したんだからね!?」 八幡 転んで頭を打った.......... ? 確か俺は家のベッドで本を読んでいたはずなんだが..........。 まあ、とにかくお礼くらい言っておこう。 八幡「そうだったんですか.......... 見ず知らずの俺のためにわざわざありがとうございました。 」 雪ノ下 「え?」 結衣「ひ、ヒッキー? 」 八幡「はい?」 八幡 いや、お礼言ったら疑問形で返されるってどういうことだよ..........。 てか、俺の名前ヒッキーじゃないんだけど..........。 雪ノ下「ふ、ふざけないでちょうだい。 いくらなんでもこんな状況でふざけられると少し腹が立つわ。 やはり貴方は更正が必要なようね」 八幡「別にどこもふざけてはいないんですけどね..........。 」 結衣「なにかあったの.......... 悩みでもあるの.......... ?」 八幡「ねえよ..........。 」 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 医者「恐らく.......... 記憶喪失でしょう」 雪ノ下「嘘..........。 」 結衣「え!なんで!?」 医者「頭を打ったせいだと思われます。 お話を聞く限り、失ったのは主に今から中学生くらいまでの記憶だと思われます。 」 雪ノ下「.......... 彼は治るのでしょうか?」 医者「戻らないということはないと思います。 日常生活を送るうち、ふとした事で記憶を取り戻すことがあるかも知れません。 」 結衣「そうなんですか.......... ゆきのん!」 雪ノ下「ええ.......... 仕方がないわね、やりましょう由比ヶ浜さん。 」 結衣「うん!」 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 八幡 いきなり記憶喪失だと説明され、本当は高校生だなんて言われても実感わかねえよ.......... あげくの果てに、なんで高校生の俺は奉仕部なんていう得体の知れない部活に入ったんだ? 八幡 「し、失礼します.......... 」 雪ノ下「あら、来たのね。 まずその腐った目でこちらを見るのをやめて頂戴。 ひどく不愉快だわ。 大体、よくそんな目をしたまま今まで生きてこられたわね.......... 私なら生きているのに耐えられないわ。 ねえ、あなた恥ずかしく.......... 」 八幡 「お、おい! なんで俺は入った瞬間そんな暴言を浴びせられなきゃならないんだよ!?」 雪ノ下「あら、ごめんなさい。 ショック療法よ?わからなかった?」 八幡「流石にわかる訳ねえだろ..........。 」 八幡「せめて、もう少し他のショックはなかったのかよ..........。 」 結衣「じゃ、じゃあさ!ヒッキーこれ食べてみてくれない?」 八幡「なにこれ?」 結衣「え?? クッキーに決まってるじゃん? あ、ゆきのんも食べる?」 八幡「」 雪ノ下「」 八幡「な、なあ雪ノ下。 クッキーってこんなに焦げがついてて鉄のように硬いものだったか? もしかしてここ何年かでクッキーに変化が.......... ?」 雪ノ下「残念ながらクッキーの定義は変わった覚えがないわ.......... 」 八幡「そうかよ.......... まあ、とりあえず食べてみるか..........。 」 雪ノ下「そうね..........。 」 八幡 っっ!? な、なんだこの革命的なクッキーは!? まるで歯ごたえは岩おこし。 口いっぱいに、こしょうとチョコ?の味が広がり.......... 八幡「ゲホッゲホッ、グオハッ!」 結衣「え!? なに!?大丈夫!?」 八幡「あ、いや、喉に詰まっただけだ。 それより由比ヶ浜、これはなんのクッキーだ?」 結衣「抹茶のクッキーだよ。 レシピ通り作ったんだけど、ちょっと焦がしちゃった。 えへへへ..........。 」 八幡 はにかむ顔が可愛いな.......... ってそうじゃねえ!どうやってレシピ通り作って、あんな物ができる!? 雪ノ下なんて今は平然としているが、さっきまでやばかったぞ.......... あ 八幡「....................。 」 雪ノ下「ひ、比企谷君?」 結衣「ヒッキー?」 八幡「高校の教室でバレンタインデー、みんながチョコを貰う中、一人貰えずに机にぼーと座っている俺の姿が浮かんできた..........。 」 結衣「ヒッキー..........。 」 雪ノ下「貴方の思い出した悲しい出来事はともかくとして、少し進展したわね..........。 」 結衣「私のクッキーのおかげ!? それならもっと作ってこよ.......... 」 材木座「んふお!八幡よ! 我は剣豪将軍.......... !」 八幡 「おい、雪ノ下」 雪ノ下「なにかしら?」 八幡 「今、この暑いのにコートを着た不審人物がドアを開け、俺の名前を呼びながらこちらに向かってきているのだが..........。 」 雪ノ下「ああ、あれは貴方の友達.......... ケホン。 失礼、比企谷君に友達はいなかったわね。 貴方の知り合いよ。 」 八幡「さりげなく、人のことデイスッてんじゃねーよ。 てか、あれが俺の知り合いなのか......... めんどくさそうだ。 」 材木座「ケフコン!ケフコン! いきなりだが八幡よ、この世界は我らに優しくはないと思わないか? そこでだ!我は.......... 」 八幡「何いってんだ、この世は八幡大菩薩によって管理されているんだぞ? 名も無き神である俺にしかわからないが.......... 」 材木座「は、八幡さん?」 雪ノ下「!?」 結衣「!?」 八幡「.......... あ、すまん。 」 雪ノ下 「そういえば、貴方がこの部活に入ったばかりの頃、似たような話をしていたけれど、中学の頃の話だったのね.......... 」 結衣「だ、大丈夫だよ! 男の子はみんなそういう時期があるよ!」 八幡「慰めるな.......... 余計悲しくなる。 」 結衣「ごめん..........。 」 材木座「ま、まあ。 今日はとりあえず帰るとしよう.......... 八幡よ! また会う日を我は待ち望んでいるぞ!」 八幡「おう、またな。 」 結衣「..........。 」 八幡「..........。 」 雪ノ下「ふう、暗くなってきたし私達も帰りましょう。 」 結衣「そうだね! せっかくだし途中まで三人で一緒に帰ろうよ!」 八幡「まあ、いいんじゃねえの。 」 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 八幡 はあ、まだ一日しかたってないがやけに疲れたな.......... こんなのが、毎日続くのかよ..........。 ガチャ 小町 「あ、お兄ちゃんおかえり~! 」 八幡 「おう.......... なんか背伸びたな、お前。 」 小町「そりゃ、小町はもう中学生ですから。 ほんっと、しょうがないな~ごみいちゃんは。 学校どうだった?」 八幡「いろいろあって疲れたな。 授業は意味不明だし、変な部活にいかなきゃならないし。 」 小町「そうだね~確かにいきなり飛び級したようなものだからね、そりゃ疲れるよね。 」 八幡「まあ、そういうことだ。 あ、そーいやこいつらが何故かついてきたんだが..........。 」 雪ノ下「こんばんは、小町さん。 」 結衣「や、やっはろ~小町ちゃん。 」 小町「あー、雪ノ下さんに結衣さん! いつも兄がお世話になっております~!」 雪ノ下「少し比企谷君に試したいことがあるのだけれど、あがっても構わないかしら?」 小町「どうぞ、お構い無く~! あっ! 小町は急に用事を思い出したから、ちょっと出掛けてくるねお兄ちゃん! 」 八幡「え、あ、いや、急すぎるだろ..........。 」 雪ノ下「何をぐずぐずしているのかしら、比企谷君。 早く貴方の部屋へ案内して頂戴。 」 八幡「はあ..........。 」 八幡「それでここが俺の部屋の訳だが、そろそら何をしに来たのか教えてもらえないか?」 雪ノ下「そうね、時間がないわ。 始めましょう、由比ヶ浜さん」 結衣「うん.......... ごめんね? ヒッキー。 」 八幡「由比ヶ浜.......... ? 雪ノ下.......... ? お前ら何を.......... っておいちょっと待て!」 雪ノ下「何をしているの? 暴れないでじっとしてなさい。 」 八幡「いや、いきなり人をベッドに押し倒すんじゃねえよ。 頼むからわかるように説明してくれ..........。 」 結衣「つまりね、いつ記憶が戻るかわからないしショック療法で戻しちゃおうって、ゆきのんと決めたの。 」 八幡「え.......... っておい! なんで制服脱いでんだよ!?」 雪ノ下「あら、私達の下着姿が気に入らないというの?」 八幡「い、いや。 そういうことじゃ..........。 」 結衣「ヒッキー、緊張しないでリラックスしててね.......... ちょっと恥ずかしいけど頑張るから.......... 」 八幡 「え、いや、その雪ノ下!? 由比ヶ浜!?」 雪ノ下「あら、女の子二人に抱きつかれて嬉しくないの? じっとしてなさい?」 結衣「ヒッキー.......... 」 八幡「お前ら落ち着けって! いくら俺が記憶喪失だからといって、そんな一日で戻そうとする必要なんてないだろ!?」 雪ノ下「いいえ、あるわ。 時間がないのよ。 」 八幡「意味がわからん..........。 」 結衣「私もわからないけど.......... なんか早くしないとダメな気がするんだ。 」 八幡「ますますわからん......... い、いやだから!」 雪ノ下 「比企谷君!」 結衣「ヒッキー!」 八幡「わ、わかったよ..........。 」 八幡 な、なんでこんな美少女二人に抱きつかるというラブコメ的展開になったんだ.......... ? 訳がわからないが心地よい.......... いや、ここで身を委ねてはいけない。 無になろう。 これは何か裏があるに違いない。 目を閉じて何も考えるな。 そのうちにきっと二人も落ち着いて.......... 雪ノ下「比企谷君、比企谷君! 」 結衣「ヒッキー!」 八幡 ああ、暖かくて気持ちいい.......... 抱きつかれるって意外と良いものだな.......... それにしてもそんな涙声になるほど必死に名前を呼ばなくてもいいだろうに 八幡「.......... そんな必死に呼ぶなって、そのうち戻るから.......... あれ、お前らいつの間に服を。 」 雪ノ下「ひ、比企谷君」 結衣「あ.......... ヒッキー!!」 八幡「ちょっ.......... だから抱きつくなってさっきから..........。 」 医者「信じられん、一度心臓と脳が完全に停止したのに、一瞬でここまで復活するとは.......... 」 八幡「え?.......... ?」 雪ノ下「覚えてない? 貴方は私たちを庇ってトラックに跳ねられたのよ?」 結衣「それからずっと二人で名前を呼び続けて.......... やっと伝わった.......... !!」 八幡 ああ、思い出した......... じゃあ、あの世界は.......... 夢、だったのか? 八幡 「ああ、ありがとうな二人とも。 なんか夢の中でお前らの声が聞こえた気がするよ。 」 雪ノ下「ええ」 結衣「うん!」 八幡「なんだ、お前ら。 いつもなら何かとバカにしてくるのに珍しいな。 」 雪ノ下「ふふふふ」 結衣「えへへへ.......... 」 八幡 この事故をきっかけに、俺たちの関係はまた変わっていくのだろうか。 そういえば二人との出会いも事故からだったな.......... そんなに事故も悪いものではないのかもしれない。 八幡 「俺の青春ラブコメは間違っていなかったのかもしれないな..........。

次の

比企谷八幡

比企谷八幡 ss クロスオーバー

自らの置かれた境遇 スクールカースト下層、ぼっち に対し完全に開き直っており、目と性格が腐っているとよく言われる。 いわゆる死んだ魚のような目。 ひょんなことから平塚静に奉仕部へと入れられ、更生のための奉仕活動に従事するはめになる。 これまでに作った幾多のトラウマにより、常に斜に構えて物事を偏見的に見る高二病的な考えを持つ。 それゆえに他人の言葉の裏を読む癖があり、特に好意やフラグ的なものを疑い、内心で予防線を張ってしまう。 その割に戸塚や妹の小町に対しては非常に甘く、2人の事には最優先で取り組む。 一方で、貸し借りにうるさい律儀な一面もあるため、小町は「捻デレ」と評している。 将来の夢は「専業主夫」としていて、嫁に養ってもらう前提らしい(ちなみに家事はできない)。 過去には多くのバイトでバックれた経験もあるが、奉仕部の仕事は逃げられないのもあってそれなりにしっかりとやっている。 学業は国語で学年3位を取っているように得意分野は高いのだが、数学は9点で学年最下位と得手不得手が非常にはっきりしている。 その他、大抵の事はそれなりにこなす事が出来る器用さも持ち合わせている。 趣味は読書で、読んでいるのはライトノベルが主だが一般的な小説も読む。 好物は甘いものとラーメンで、MAXコーヒーを愛飲している。 前述の通りぼっちのためクラスでは他人と会話をする機会が少なく、クラスメイトからも殆どが「ヒキタニくん」 正しくはひきがやと読む で三浦のみ「ヒキオ」と名前を正しく呼んでもらえない。 また過去には友達から友達とすら認識されていなかったこともあった。 結衣や戸塚とは比較的親しくなったが、それでも自分から積極的に話しかける事は無い。 奉仕部の依頼でもその性格ぶりから、「斜め下」な解消法を提案する事が多い。 時に汚れ役・憎まれ役的な立ち回りをするため、一見すると自己犠牲的に写るが、実態は他人を信用しないがゆえの行動であり、雪ノ下陽乃はその行動の本質を「自意識の化け物」と評している。 なおアサシンの耐久が高いのは、生前奉仕部の部長の毒舌に耐え続けたのとリア充共と関わらないように身を護っていた事によってランサーの『刺し穿つ死棘の槍 ゲイ・ボルク 』やギルガメッシュの『天地乖離す開闢の星 エヌマ・エリシュ 』を受けても平塚先生の拳骨より遥かに痛かった程度のダメージにしかならない。

次の

『俺ガイル』主人公、比企谷八幡を描いたおすすめSS・二次小説作品まとめ【随時更新】

比企谷八幡 ss クロスオーバー

通称 総武魔法科高校。 西暦2095年11月に発生した大亜連合工作部隊による横浜への上陸作戦に伴う一連の緊張状態を鑑み、急遽魔法師を増員すべく、既存の国立魔法大学付属高校に加え新設校として設立された魔法科高校。 だが、その実態は数字のつく伝統校に入れなかったもの、もしくはその伝統校から転校してきたものにより編成された『劣等生』たちの集団である。 基本的に一人で何でもできる比企谷八幡には魔法の才能もあった。 一般家庭で生まれておきながら、魔法の名家にも匹敵する能力。 比企谷七郎と四葉真夜の間に双子の弟として生まれる。 題名通り、八幡はやたらハイスペックですが、活躍はあまりしません。 俺ガイル勢は、比企谷家のみ登場します。 全17話 執筆中 作(HAMELN) 小さい時家族に捨てられた八幡は、店をやりながら魔法科高校に進学する。 チート。 全30話 執筆中 作(pixiv) 入学式の会場となる講堂付近のベンチに真新しい制服に身を包んだ2人組の男子生徒がいる。 片方は心底うんざりそうに、そっぽを向いていて、もう片方は何処かの自販機ででも買ったのか缶コーヒーを片手に話していた。 全50話 執筆中 作(pixiv) 俺は裏切られた。 あの部員2人に・・・小町「およ?お兄ちゃん帰ってきてたの?お帰・・・お兄ちゃんまた裏切られたの?」お?小町にばれちまったか。 妹だから分かるか 全10話 執筆中 作(HAMELN) 超能力が科学によって体系化され「魔法」が一般化された時代 基本的に一人で何でもできる比企谷八幡には魔法の才能もあった。 一般家庭で生まれておきながら、魔法の名家にも匹敵する能力 彼はその腐った目で何を見るのだろうか 全12話 執筆中 全18話 執筆中 作(HAMELN) ぼっちが攻撃されないために必要なことは目立たないことである。 出る杭は打たれ、頑張りすぎたものですら頑張りすぎだと非難されるのだ。 「魔法」それは血筋によって濃緑が左右されるまさに出る杭の代表的なものだ。 ただし、皆が魔法を使えるところなら話は別だ。 それがプロのぼっちである俺 「比企谷八幡」がこのめんどくさそうな高校、「国立魔法大学附属第一高校」を受験した理由だ。 全16話 執筆中 作(HAMELN) ことの初めは俺が中学卒業まじかになったある日の事。 共働きの両親が珍しく朝から家にいて、さらに珍しくこの俺に話があるとのことだ。 「八幡もうすぐ卒業だが、進路は決まったの?」 全43話 執筆中 作(HAMELN) 「比企谷君、その制服は何かしら」「ヒッキー!」 第一高校入学式の日、だが、まだ開会二時間前の早朝。 全27話 完了 全8話 執筆中 作(pixiv) 少し早め、いや、まだ入学式の準備をやっているとき、国立魔法大学付属第一高校の校門を通ってきたのは三人の男女だった。 一人は男子で頭にあるアホ毛が特徴のやる気の無さそうな新入生、比企谷八幡と彼を挟む形で右にいるのが黒く長い髪を心地よい風に靡かせながら凛とした面持ちの少女、雪ノ下雪乃、左には緩くウェーブのかかった茶髪を揺らしながら上機嫌に歩く少し童顔な少女、由比ヶ浜結衣の3人は歩みを止めてこれからどんな生活になるのか、楽しみにしつつ校舎を見上げる。 全14話 執筆中 作(pixiv) 比企谷八幡。 八歳の時に親が交通事故で死んでしまったので、それから、十二歳まで一人暮らししていたが、九島烈が、八幡の才能に目をつけ引き取り、今は、九島烈の弟子として九島家本邸に住んでいる。 全6話 執筆中• 204•

次の