三井 クリニック 川越。 三井クリニック(埼玉県埼玉県川越市脇田町105 アトレ川越6F: 川越駅)

店舗・ATM案内 : 三井住友銀行

三井 クリニック 川越

院長プロフィール 院長挨拶 この度、八柱駅前にクリニックを開院することとなりました。 松戸市立病院での経験を生かして、地域の皆様のホームドクターとして、お役に立てればと考えています。 大きな病院に行く程ではないが、具合が悪い時など、是非ご相談ください。 今、話題の生活習慣病(いわゆるメタボリックシンドローム)は早期診断が何より大切です。 また、禁煙をしようとしている方も是非ご相談ください。 禁煙外来を行っています。 現在の日本は、高齢化が進み、血管の病気(大動脈瘤、閉塞性動脈硬化症など)の方が増えています。 この様な病気の早期診断を行います。 また、深部静脈血栓症(いわゆるエコノミークラス症候群)や下肢静脈瘤の診断と加療を積極的に行っています。 院長略歴 1994年、山梨医科大学医学部( 現山梨大学医学部 )卒業 1994年、医師国家試験合格 1994年~1996年:国保松戸市立病院にて卒後研修 1996年~1999年:信州大学第一内科、 1999年から国保松戸市立病院心臓血管外科に勤務 2001年から国保松戸市立病院心臓血管外科病棟医長 2009年3月、三井クリニックを開院。 所属学会 日本内科学会 日本循環器学会 日本心臓血管外科学会 日本胸部外科学会.

次の

関連施設

三井 クリニック 川越

院長プロフィール 院長挨拶 この度、八柱駅前にクリニックを開院することとなりました。 松戸市立病院での経験を生かして、地域の皆様のホームドクターとして、お役に立てればと考えています。 大きな病院に行く程ではないが、具合が悪い時など、是非ご相談ください。 今、話題の生活習慣病(いわゆるメタボリックシンドローム)は早期診断が何より大切です。 また、禁煙をしようとしている方も是非ご相談ください。 禁煙外来を行っています。 現在の日本は、高齢化が進み、血管の病気(大動脈瘤、閉塞性動脈硬化症など)の方が増えています。 この様な病気の早期診断を行います。 また、深部静脈血栓症(いわゆるエコノミークラス症候群)や下肢静脈瘤の診断と加療を積極的に行っています。 院長略歴 1994年、山梨医科大学医学部( 現山梨大学医学部 )卒業 1994年、医師国家試験合格 1994年~1996年:国保松戸市立病院にて卒後研修 1996年~1999年:信州大学第一内科、 1999年から国保松戸市立病院心臓血管外科に勤務 2001年から国保松戸市立病院心臓血管外科病棟医長 2009年3月、三井クリニックを開院。 所属学会 日本内科学会 日本循環器学会 日本心臓血管外科学会 日本胸部外科学会.

次の

三井病院の口コミ・評判(15件) 【病院口コミ検索Caloo・カルー】

三井 クリニック 川越

一般健診について 雇入時健診・定期健診・各種自費健診 健康の維持増進のためには、バランスのとれた食生活や適度な運動等のセルフケアが大切ですが、定期的な健康診断も欠かすことは出来ません。 当院では、労働安全衛生法に基づく「雇入時の健診」や「定期健診」などのほか、各種自費健診に応じておりますので、お気軽にご相談ください。 定期健診の項目について 定期健診・雇入健診・深夜健診の項目と金額は以下となります。 特定健診は、糖尿病やメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)等の生活習慣病のリスクが高い方、およびその予備軍の方を見つけ出し、生活習慣病のリスクに基づく必要度に応じて特定保険指導を実施します。 特定健診の目的は、高血圧や糖尿病などの病気を発見するだけでなく、生活習慣病の発症を未然に防ぐことにあります。 40歳を過ぎたら年に1回は健診を受けましょう。 健康診断で生活習慣病を予防 自覚症状が現れにくい病気の代表格に生活習慣病があります。 生活習慣病は早期発見が大切ですが、健康診断はそんな生活習慣病やその予兆を発見する良い機会です。 生活習慣病は「成人病」とも呼ばれ、糖尿病や高血圧、脂質異常症(コレステロールや中性脂肪が高い疾患)、痛風などがあります。 主に過食、運動不足、過度の飲酒、喫煙、ストレスの蓄積、そして肥満といった生活習慣の不摂生が原因で起きてきます。 生活習慣病と呼ばれる病気の多くは症状が現れてからでは治療が長引き、心臓病や脳卒中などの重大な合併症を引き起こす可能性が高くなります。 生活習慣病にならないためには、健康なときからの心がけ、そして自分の健康状態をチェックするために、 定期的な健康診断を受けることが大切です。 これといった自覚症状が無い厄介な生活習慣病を予防するためにも、また早期発見・早期治療のためにも、 年1回は健康診断を受けることをお勧めいたします。

次の