ライン 削除 の 取り消し。 【LINE】「削除」機能と「送信取消」機能の違いは?

【LINE】アカウント削除・作り直し・変更の方法やできないときの対処、その他疑問について(友達やスタンプの復元は?削除の理由は?など)

ライン 削除 の 取り消し

関連記事• 「うわー!!やってしまった!」 まだ送ろうと思ってなかったのに、間違ってLINEのメッセージを送ってしまうことは良くあります。 私もそういった間違いを犯したことは数知れず・・・。 まだ送ろうとする前だったので、 ちょっと恥ずかしいメッセージだったのにもかかわらず、誤送信してしまいどうしよう??なんて悩むことが。 特に 上司が相手だったり、好きな人が相手で誤送信をしてしまったら・・・、本当にあわせる顔がなくなってしまいますよね。 では、間違って送信してしまったLINEのメッセージを、相手が見る前に削除する方法はあるのでしょうか?そして、もう二度と同じ間違いを犯さないためにはどうすればいいでしょうか?今回はそんな記事をお届けします。 記事の目次• 誤送信したメッセージを相手が見る前に削除・取り消しすることは可能か? 気になっている異性相手に間違って送ってしまった誤送信。。。 上の画像のように送ってしまったら、「やってしまった!!」なんて思ってしまいますよね。 「それ、LINEで言うべき言葉じゃないでしょ?」って。 「でも、相手はまだ既読になってないということは見てないはず!相手がそれを見る前に、削除しよう!」ということで、送ってしまったLINE誤送信メッセージを削除する方法はあるのでしょうか?実際にやってみましょう。 まずは消したいLINEメッセージを長押しします。 そうすると、以下の画像のように削除が出てくるので、それを削除しちゃいましょう。 そうすると、削除したいメッセージを消すことができます。 しかし、こんな表示が出てきました。 「選択したメッセージはこの端末上でのみ削除されます。 相手側のメッセージは削除されません。 」 え?もしかして、相手の方のメッセージは削除できないの? 一応、こちらがわのメッセージ画面からは恥ずかしいメッセージは消えているけど?? 相手側から見た場合 これを相手側から見てみると・・・ 恥ずかしいメッセージは消えてしませんでした。 つまり、相手には見られてしまうことになります。 そして、あんなメッセージを気になっていた段階で送ってしまった場合・・・こんな残酷な返事が届くことも?? そりゃそうですよね・・・。 大切な言葉をLINEで言ってくるなんて。 そういった言葉はLINEではなくて、直接会った時に伝えましょう。 たとえそれがぎこちなかったとしても、頑張って伝えてくれることに意味があるのですから。 LINE誤送信を防ぐための3つの対策 やってしまったことを悔いても仕方ありません。 今後同じようなミスがないようにしていくことが大切ですよね?そのために出来ることをご紹介します。 対策1 Enterキーで送信をオフにする LINEアプリで その他>設定>トーク・通話>Enterキーで送信をオフにしておきます。 恐らく殆どの人はこの状態に設定されていると思いますが、もしそうなってないのであれば、しっかりとオフにしておきましょう。 オフにすれば、送信ボタンをクリックしないかぎり、相手に送信されることはありません。 対策2 大切な相手のトーク壁紙・背景を変える また、大切な相手とのトーク履歴画面の壁紙や背景を変えるっていうのも1つの手です。 そうすることで、この人は他の人と違って、気をつけてメッセジを送らないといけないと思うことができます。 変更方法は以下のとおり。 トーク画面で右上のvマークをタップして、設定を選択します。 そして、背景デザインをタップします。 デザインの選択は着せ替えを使ってない場合にのみ可能です。 もし着せ替えを使っている場合には、写真を撮る、もしくはアルバムから選択しましょう。 そうすれば、大切な相手とのトーク画面だけ背景画像を変更可能です。 対策3 恥ずかしいメッセージを打つときはメモ帳からコピペで 恥ずかしいメッセージを打ち込む時には、最初から相手とのトーク画面で編集しないようにしましょう。 例えば、メモ帳などでメッセージを考えて、それをコピペして貼り付けて送るようにすれば、より失敗は少なくなります。 LINEの誤送信を削除する裏ワザまとめ 結論から言えば、LINEの誤送信を削除することはできません。 そのため、一度送ってしまったメッセージはどうやっても取り消し不可能なのです。 それが原因で、彼氏と別れそうになってしまった友達もいました・・・。 そんなことがないように対策をしっかりとやって、誤送信を防いでいきましょう。 防止策1 Enterキーでの送信はオフ• 防止策2 大切な相手とのトーク画面は背景を変更• 防止策3 恥ずかしいメッセージはメモ帳からコピペで.

次の

LINEに「友達削除機能」が追加。 「ブロック」との違いを検証してみた|タブロイド|オトコをアゲるグッズニュース

ライン 削除 の 取り消し

LINEでメッセージの取り消しと間違えて削除をしてしまった LINEの調査によれば、LINEユーザーの8割もの人が、誤ったメッセージを送ってしまったことがあるそうです。 所謂、誤爆を取り消すことのできる「送信取消」に助けられたユーザーも多いかもしれません。 しかし、 LINEには「送信取消」と「削除」の2種類が存在します。 誤って削除をしてしまうと、相手側のメッセージは消えません。 しかも、自分の側のメッセージは消えているので、メッセージの取消操作もできません。 こんな時にどうすれば、相手側のメッセージを取り消せるのか、徹底解説していきます。 LINEのメッセージの送信取消とは LINEのメッセージの送信取消とは、自分側と相手側のメッセージを消す操作です。 メッセージ送信から24時間限定ですが、既読か未読かも関係なく送信したメッセージを取り消すことができます。 メッセージを取消するためには、メッセージを長押しして上の画像のような操作一覧を出す必要があります。 LINEのメッセージの削除とは LINEのメッセージの削除とは、自身の端末の表示でのみメッセージを消す操作です。 相手側のメッセージは残ったままです。 LINEのメッセージを削除すると送信取消できない 上述の通り、メッセージを削除してしまうと自身の端末からメッセージが消えてしまいます。 そして、メッセージを長押ししないと「送信取消」のボタンが出てこない為、相手側のメッセージを消すことができなくなってしまいます。 この「削除」自体を取り消す方法はありません。 また、削除したメッセージを同じ端末の上に復活させようと思っても、削除の前のメッセージのバックアップを取っていないといけません。 けれど、 間違えてメッセージを削除してしまっても、簡単に相手側のメッセージを取り消す方法があるのです。 PC等の別端末には削除前のメッセージが残っている LINEのメッセージの削除とは、端末上からメッセージを削除するだけです。 つまり、 PCやスマホの2台持ちなどをしている人は、PCやもう1台のスマホからLINEのアプリを開くと、削除したメッセージがそのまま残っているのです。 別端末から取り消しを行えば、相手のメッセージも取り消しできる PCなどの別端末にはメッセージが残っている為、「送信取消」のボタンを出すことができます。 ここから送信取消の操作をすると、相手側のメッセージは無事に削除されます。 実際の手順を紹介 以下では、実際に端末を使ってメッセージを削除してみます。 メッセージを長押しして、メニュー一覧を出します。 一覧の中から、削除を選択します。 削除すると、端末上のメッセージは消えます。 しかし、送られた方のメッセージは消えていません。 メッセージを消した端末で送信取消をしようにも、メッセージがないのでメニューの一覧を出せません。 PC版のLINEを確認すると、削除した筈のメッセージが残っています。 メッセージを右クリックすると、操作の一覧が出てきます。 ここから送信取消を行えます。 確認をタップして送信取消を実行します。 メッセージを取り消した旨が表示されます。 相手側のトークを確認すると、メッセージが消えているのが分かります。 メッセージ復元の復元は最終手段 メッセージの復元を使えば、別端末が無くても削除したメッセージの送信取消ができます。 しかし、androidもiOSも注意点があるので、以下に記述します。 androidの注意点 androidのメッセージの復元は、バックアップを取った時点まで復元されます。 仮にメッセージ削除直前にバックアップを取っておらず、バックアップを取ったのが1年前なら、1年前のトーク履歴に復元されてしまいます。 赤で囲んだ部分にバックアップ日時が書かれますので、復元する前によく確かめましょう。 iOSの場合 iOSの場合は、上述の通り1度アプリを削除しなければメッセージの復元ができません。 LINEのパスワードを確認しておくなど、アカウントを引き継げる準備をしっかりしましょう。 また、LINEアプリを入れ直した時にicloudが有効でないと、メッセージの復元ができません。 androidと同じく、いつバックアップを取ったのかの確認も必須です。 別端末を持っていない方向けの削除したメッセージの取消方法 下記では、PCやタブレットなどの別端末を持っていない方向けの方法を紹介していきます。 別端末を持っていない方の場合は、メッセージを削除する前にバックアップを取っておかないといけません。 ホーム画面の右上の設定一覧を開きます。 設定一覧の中からトークを選択します。 トークの一覧の上にある「トーク履歴のバックアップ」を選択します。 androidはGoogleドライブにバックアップされ、iOSはicloudに保存されます。 バックアップはすぐに取れますので、その後に「送信取消」をします。 ただ、今回は間違えて「削除」をしたとします。 メッセージが消えました。 削除なので、相手のメッセージは消えていません。 設定一覧からトークを開きます。 トークの一覧の下にある「復元」を押します。 これでトークが復元されました。 iOSの場合は、1度アプリを削除して入れ直すとバックアップされたところまでメッセージが復活します。 メッセージが復活したら、メッセージを長押しして「送信取消」を行いましょう。 これで送信取り消し完了です。

次の

LINEの「送信取り消し」と「削除」の違い、間違えた場合の対処法も

ライン 削除 の 取り消し

もくじ• 「削除」機能と「送信取消」機能の違い LINEに従来からあった「削除」機能は、一度送信したメッセージを削除する機能です。 新たにLINEに追加された「送信取消」機能は、一度送信したメッセージを取り消しする機能となります。 「あれ!?この2つの機能って、どう違うのか!?」と迷う人もいるかと思います。 2つの機能は使い方が似ていて、機能的にはわずかな差しかありません。 2つの機能とも、削除もしくは取消した場合には、一度送信したメッセージがトーク履歴から消えることは同じです。 2つの機能の違いは、一度送信したメッセージが相手側のトーク履歴に残るか残らないかだけです。 ちょっとした違いなんですが、勘違いして使ってしまうと大きな失敗をしてしまう可能性があるので注意してください。 メッセージを送信された側から見ると違いがよく分かる メッセージを送信された側のLINEを見てみると、「削除」機能と「送信取消」機能の違いがよく分かります。 まずは「削除」機能のほうを見てみます。 まずは試しに、「テスト」とメッセージを送信してみます。 「送信したメッセージ」を削除します。 メッセージを送信した側のLINEでは、メッセージを削除すれば、画面からメッセージが表示されなくなります。 しかし、メッセージを送信された側のLINEを見ると、送信されたメッセージは表示されたままです。 今度は、「送信取消」機能のほうを見てみます。 試しに「テスト2」とメッセージを送信してみます。 「送信したメッセージ」を送信取消します。 メッセージを送信した側のLINEでは、メッセージを送信取消すれば、「メッセージの送信を取り消しました」と表示され、送信したメッセージが表示されなくなります。 メッセージを送信された側のLINEを見ると、「〇〇〇がメッセージの送信を取り消しました」と表示され、送信されたメッセージが表示されなくなります。 基本的には「送信取消」機能を使うことが多くなりそう あくまでも「削除」機能は、自分が使っているLINEのトーク履歴を削除して整理するものです。 (自分で送信したメッセージだけでなく、友だちが送信したメッセージも削除して整理できます) 間違えてメッセージを送信してしまった場合や、一度メッセージを送信してみたけど、後から考えれば取り消しておきたい場合などは、「送信取消」機能を使うことになります。 基本的には、LINEのトーク履歴を整理する程度の「削除」機能に対して、間違いや後からの取り消しができる「送信取消」機能を使うことが多くなりそうです。 関連記事.

次の