コロナ バイト 辞める。 コロナのせいで、バイトのシフト減った!どうすればいいの?

バイトをコロナ対策で辞める。高校生です。

コロナ バイト 辞める

退職意志を伝える相手・時期・伝え方 退職の意思は「責任者」に告げる そもそも、アルバイトを「辞めたい」と思ったときには、まず一緒に仕事している「責任者」に伝えよう。 お店ならば「店長」、オフィスワークなら「社長」や「部長」「課長」などで、多くの場合は正社員の役職者だ。 仮に、辞めたいと先輩、アルバイト仲間に伝えても、適切に判断できる人でないと、相手も困ってしまう。 また、自分が何度も「辞めます」ということになっても面倒だし、なにより噂となって間接的に上司に伝わってしまうのはマナー違反だ。 自分のためにも、まずは「責任者」にきちんと話そう。 アルバイトだけでなく、どんな仕事でも、無期契約であれば法律上は14日前に退職を申し出れば辞めることができるが、実際の職場では就業規則や雇用契約書によって辞める1カ月前までに申し出るよう定めている会社が多く、バイト先によっては2カ月以上前に伝える必要があるところもある。 例えば、1カ月前にはシフトが決まるシフト制の職場(コンビニやファストフード店など)では、急な退職はシフトに穴が空いてしまい、周囲のスタッフに迷惑がかかるので、余裕をもって「辞めたい」と伝えるようにしよう。 また、辞める意思を伝えたのに辞めさせてもらえないなどの問題がある場合は、労働相談情報センターや労働基準監督署などに相談をしてみよう。 辞める意思は「直接合って」伝える 「アルバイトを辞めます」と伝えるのは誰でも気まずいものだろう。 だからといって、電話やメール、LINEで「退職したい」と伝えるのは避けよう。 仕事を教わった先輩や責任者には、きちんと直接会って誠意を持って伝えるのが基本だ。 スマホの画面越しや受話器越しよりも、案外、対面のほうがスムーズに伝えられることも多い。 ただ、責任者が忙しくてなかなか会えない場合もある。 そのときは、電話やメールで「大事な話があるのですが、お時間いただけないでしょうか」とアポイントを取り、時間を作ってもらおう。 話を聞いてもらうタイミングは、仕事終わりで相手の手が空いたときか、「お話があるのですが、どこかお時間を頂けませんか」と時間をもらうのがスマートだ。 世間は広いようで狭いもの。 「バイト先をバックレた」「あいつは前のバイトをフェードアウトした」などのマナー違反をすると、のちのち自分がソンをすることはよくある話だ。 最後まで責任をもって対応しよう。 【辞めることを伝える時のポイント】 辞めたいと伝えたのに引き止められてズルズル・・・・。 こうした「辞められないトラブル」を避けるには、正直な理由と時期をストレートに伝えるのがいちばんだ。 不満があって辞めると思われると「条件を改善するから」「いっしょに良くしていこう」と遺留される要因になることも。 変にごまかさず、自己都合になる理由を伝えるのが無難だ。 ・学業(ゼミ)に専念したい/資格の勉強に専念したい• ・インターンがある/就職活動に専念したい• ・サークルや部活に集中したい• ・引っ越し/大学の校舎が代わるため• ・家庭の事情で など 【伝え方の例】 「来月、アルバイトを辞めたいと思い、お時間を頂きました。 演習が今月末から増える予定でして、これまでと同じようにシフトに入ることができません。 自分でもきっちり学びたいですし、中途半端なシフトではみなさんに迷惑をかけてしまいます。 退職までの日付や引継ぎについて相談させてください」 「今日はお時間を頂き、ありがとうございます。 実は今月いっぱいで、アルバイトを辞めたいと思っています。 来月からインターンがはじまる予定でして、これまでと同じようにアルバイトができません。 就活を控えて本気で取り組みたいと考えているため、退職までの日付や引継ぎについて相談させてください」 退職する前に確認/やっておくこととは? 店長などに辞める意思を伝え、受理してもらったら、退職に向けて準備をしよう。 「引き継ぎなんて面倒くさいなあ……」と思うかもしれないが、どんな仕事でもつきものだ。 将来、社会人になっても必ず役に立つはず。 ていねいに行うとよいだろう。 お世話になった人には個別に気持ちを伝えよう。 また、最終出社日にはあいさつが求められることも。 気心の知れた職場スタッフとはいえ、上司や先輩全員の前となると緊張するだろう。 どのように感謝の気持ちを伝えればいいのか、ここではポイントを紹介しよう。 例文をもとに、自分の言葉にアレンジすると気持ちが伝わるはずだ。 【最終日前に個別にあいさつするとき】 先輩や社員、アルバイト仲間など、特にお世話になった人がいる場合は、退職の日までに個別にあいさつを。 特に最終出社日は慌ただしくなるため、連絡先を交換するならこのタイミングがベスト。 特に当初は不慣れでたくさんご迷惑をおかけしましたが、ここでアルバイトできて、本当に良かったです。 お世話になりました」 【最終日に全員の前であいさつするとき】 全員の前で挨拶する機会があるなら、通常のあいさつに加えて、手短に感謝の気持ちをプラスする。 思い出に残っているエピソードを織り交ぜると効果的だ。 みなさんには大変お世話になり、感謝の思いでいっぱいです。 特に慣れない時期に、ミスが続いたときにフォローしてもらったことは、ずっと忘れません。 この経験を活かして、今後もがんばっていこうと思います。 ありがとうございました」 【最終日のあいさつのポイント】 最終日には出勤時はいつもより早めに出社し、すれ違うスタッフに「今日が最後です、今までお世話になりました」などと一声あいさつしよう。 パート・アルバイトの場合、菓子折りを持って配る必要はないが、長く勤務していたり、思い入れが強い場合、全員に合えない場合は差し入れ+メモを残すでもいい。 また、退勤時は、その場にいるスタッフに声を掛けるとともに、最後に責任者にも謝意を伝えよう。 私、今日で最後になります。 至らないところも多々あったと思いますが、楽しく働くことができました。 ありがとうございました」.

次の

コロナの今も募集中!おすすめの在宅バイトはコレ!【バイトが見つからない人向け】

コロナ バイト 辞める

「コロナだから仕事に行きたくない」 「コロナが怖いから仕事を休みたい」 「コロナが恐怖だから仕事辞めたい」 と考える人が続出している訳ですね。 ほんの一部ではありますが、仕事に行くことに恐怖を感じ、「仕事辞めたい」「仕事休みたい」と悩む人たちの声を集めてみました。 看護師って割りに合わない。 安い給料で、命がけの看護。 感染するリスク。 家族にも感染するリスク。 命がけで働いて、感染した途端 プロがなにしてるだと ウイルス扱い。 恐怖しかない。 もう決断の時が近いかも。 辞めて次は見つかってるのか?同じくらい稼げるのか?その時の感情だけで言ってない?…まぁ生活かかってるし普通に考えたらそうだけどさ、君はPC業務じゃんか接客業の気持ちも考えてよ — コロナ怖い MVeuQvkdXjveq6L 社長より「コロナいつ終わるかわからんからテレワークも時短も全部やめて5月から通常勤務に戻すわ!」とのこと。 — 仕事辞めたいちゃん gabbyga11 明日コロナでリモートワークなのに上司に怒られるために出社させられる。 辞めたいこんな会社。 「コロナが怖いから仕事を辞めたい、休みたい」と思う理由 新型コロナウィルスに恐怖を感じ、仕事に行きたくない、休みたい、辞めたいと思う人が多くいるのにはそれなりの理由があります。 そういう人たちが「仕事に行くのが怖い」と感じる理由は主に5つあるようです。 以下に挙げてみます。 通勤が怖い コロナウィルスの感染拡大がなかなか収まらないいま、知らない人と接近するのはかなりのリスク。 特に多くの人が恐れているのが通勤の電車やバスでの感染リスクです。 始業時間をずらしている会社もありますし、通勤時間を自分でずらしている人もいるでしょう。 それでも電車やバスの中では人と接近することを完全に避けることは難しいですよね。 通勤で電車やバスに乗っている時間が長い人もいるでしょうから、恐怖以外の何ものでもありません。 職場が3密で怖い 次に恐怖を感じている人が多いのがこれ。 日本にあるほとんどの職場が現在NGとされている「密閉・密集・密接」の環境にあります。 これまでは人と人とが近づいてはいけないなんて事がなかったので仕方ないんですよね。 新型コロナウィルスの感染拡大にともなって、3密ではない環境に改善している職場もあるようですが、 まだまだ対策が不十分だったり、そもそも改善すらしない職場も。 仕事中は長い時間職場にいる訳ですから、そこが感染リスクが高いとなると、怖いのは当たり前です。 上司・同僚の意識が低くて怖い 残念なことに、ここまで感染が広まり危険性が叫ばれている今でも、コロナを甘く見ていて感染予防をきちんとしない人が多くいます。 それが同じ職場の上司や同僚だったら…。 感染リスクの恐怖とともに、思うように仕事ができず強いストレスを感じて、毎日くたくたになってしまいますよね。 最近よく聞く話としては、上司や同僚が• 飲食前に手を洗わない• ソーシャルディスタンスを守ってくれない• 職場や働き方を改善する気が全くない• 平気で食事や飲みに誘ってくる• 外出自粛をしていない• 自分は大丈夫だと間違った思い込みをしている などが挙げられます。 自分がどんなに気をつけていても、上司や同僚が何も考えていなければ巻き込まれて感染してしまうかもしれません。 また、 自分だけは気をつけようと何とか頑張っていても、相手が平気で遊びに出かけていたり、コロナを甘く考えているような話を聞かされるとストレスにもなりますよね。 そんな人間関係の中で働いていたら、恐怖と疲れでボロボロになってしまうのは当たり前です。 客がストレス過ぎる 「仕事を辞めたい」「行きたくない」と思う人の中には、接客業についている人も多いようです。 その大きな原因となっているのが利用客。 今現在も必要とされている接客業の多くは、スーパー、ドラッグストア、コンビニ、ホームセンターなどの生活必需品を販売しているお店。 今は他のお店が休業しているため、人々はこういった場所に息抜きを求めて出かけてきます。 自然と人が集まってきますから普段よりも仕事が増え、激務で常に疲れてしまいます。 それでもただ買い物をされるだけならまだいいですが、外出自粛のストレスがたまっている人が多いため、• マナーを守らない• 欠品があると責められる• 理不尽なことで責められる• 店舗のシステムに文句を言われる• 客同士でトラブルが起こる• 店員の扱いが雑 などの被害を毎日のように受けることに。 ライフラインを守るために頑張って仕事をしているのに、こんな事されたら辞めたいと思うのも当然です。 コロナ前から辞めたかった 実はこれも多いパターン。 「今の仕事を辞めたい」と思う人はいつの時代も多くいるもの。 「仕事を休みたい」「仕事行きたくない」と思う理由は人それぞれですが、なかなか辞めるふんぎりがつかないまま何となく仕事を続けていたら、コロナの感染拡大にのみこまれてしまった…。 そんな人も少なくないでしょう。 以前から辞めたいと思っていたところにコロナが広まってしまえば余計仕事が辛くなりますから、さらに本気で辞めようか考えるのは当たり前ですよね。 仕事を辞めたいと思うなら辞めていい ここまでを書いてきて、今お仕事をして下さっている皆さんに改めて感謝の気持ちが湧いてきました。 どんな仕事であれ、休みたいのに休めない状況にいるという事はその仕事は必要とされているという事。 新型コロナウィルスの感染リスクがある中で、通勤してお仕事をして下さっている皆さまには感謝しかありません。 本当に本当にありがとうございます! と、このように書きながらもあえて言います。 どうしても辛い・怖いなら辞めていい と。 多くの人は責任感を持って仕事を続けてくれているのだと思いますが、今回のコロナの影響は自分の命にかかわります。 もちろん、「人のために頑張る!」という気持ちは素晴らしいものですし、そう思っている人には感謝しかありません。 ですが、人間だれしも自分の命が大事です。 「自分の命を守りたい!だから仕事辞めたい!休みたい!」と思ってそれを実行に移したところで、誰も責めたりはしません。 万が一、誰か責める人がいても、その人が自分の健康を守ってくれる訳ではありませんから、 辞めたい・休みたいと心から思うのならそうしてもいいと私は思います。 収入減でも在宅で稼げる!おすすめの在宅バイト 「本当はすぐにでも仕事辞めたいけど、収入が減ったら生活できない…」とふんぎりがつかない人もいるでしょう。 確かに収入の問題は大切です。 こちらも命に関わってきますからね。 でも大丈夫です! 家から一歩も出ずに、安全に稼げるおすすめの在宅バイトが存在するんです! それは女性向けの「チャットレディ」のお仕事。 男性向けにも最近は「チャットボーイ」と呼ばれるお仕事がありますね。 仕事内容は、 自分の家でスマホ又はパソコンを使って異性とTV電話をしてお金をもらう、というものです。 仕事に必要なものは• 年齢が確認できる身分証明書• スマホ又はパソコン• Wi-Fi環境 のみ! これらがあれば、数時間でお仕事が始められます。 TV電話をする際はサイトのシステムを使いますから、本名や電話番号、メールアドレスなどの個人情報が相手に知られることは一切ありません。 コロナで家にいる人が増えている今だからこそガンガン稼げますし、通勤もなく在宅で安全に稼げるのは大きいですよね。

次の

バイトを辞めることをLINEで連絡するのはよくない?理由と最善策まとめ!

コロナ バイト 辞める

新型コロナウイルスの感染が広がる中でも、リスクは承知の上で「生活のためにどうしてもバイトをしなければならない」という方もいるでしょう。 特に一人暮らしをしている学生であれば、両親にも援助を頼めず、生活や学費を稼ぐためにアルバイトをしなければならないかと思います。 そんな学生は、「 コロナが流行っている中、応募しても受からないのではないか?」といった疑問を持つかと思います。 この疑問を本記事にて解決します。 コロナが原因で不採用になる? 新型コロナウイルスの影響で、娯楽施設をはじめとするお店にはお客様が来ません。 「お客様が来ない」という状況では、お店側も「従業員もいらない(人員を増やしたり、新たに雇う必要はない)」と考えるのが普通。 ですので、多くの企業では今、人手を必要としていません。 ところが、 スーパーや医療関係、工事現場などの一部の業界では人手を必要としています。 社会生活を維持するうえで必要な施設は、休むわけにはいかないからです。 「この状況でもアルバイトを募集している」ということは「人手が不足している」ということなので、コロナウイルスが原因で不採用になることはありません。 そもそも、人手を必要としていないのなら求人を出しません。 もし応募して不採用になったら、原因は他にあるかと思います。 ただし、「募集をかけたままで、取り消し忘れた」といったケースもあるので、念のために応募前に連絡をしたほうが良いでしょう。 こういったケースでは「コロナウイルスの影響で客足が遠のいているので、今は採用を一時中断しています」と言われる可能性もあります。 コロナでも募集中のバイトはある? 募集している可能性の高い業種• スーパーマーケット• コンビニエンスストア• ドラッグストア• ホームセンター• 100円ショップ• ガソリンスタンド• 飲食店・喫茶店・居酒屋• 医療施設• 交通機関• 金融機関• 工事現場 スーパーなどの食料品を売っているお店は、 社会生活を維持するうえで必要な施設として国や都道府県の「休業要請」の対象外とされています。 こういった施設では、すでにいる従業員がコロナ感染を危惧して辞め、人手が足りずにアルバイトの募集を行っている可能性が高いです。 また、繁華街や都心のお店よりも、住宅街のお店の方が人員が不足している傾向にあります。 外出自粛や休業要請で繁華街・都心に行く人が減り、その反面、テレワークをする人が増え、住宅街のスーパーやコンビニを利用する人が増えているためです。 出勤中の電車内で感染• バイト先のスタッフから感染• 接客したお客様から感染 自分が感染するだけではなく、自分が人に感染させてしまう可能性もあります。 特に、人が密集して換気が悪さそうな(いわゆる「3密」が成立する)施設でバイトをすると感染リスクが高いと判断できますので、避けたほうが良いでしょう。 なるべく電車などを使わない近所で、接客が少なそうなバイトを選んだほうが良いと思います。 また、緊急事態宣言が出された中、バイトをする必要が本当にあるのか?考え直すことも大切です。 学生であれば親に相談し、バイトをしないで済むなら、そうしたほうが良いでしょう。 まとめ コロナウイルスが原因で不採用になることは考えられません。 コロナのことを考えて不採用にするなら、そもそも募集をしないからです。 コロナが蔓延する中、あえてアルバイトをすることに賛成はできませんが、生活をするためにどうしても働かなくてはならないのなら、スーパーやコンビニ、ドラッグストアなど社会生活を維持するうえで必要な施設の求人を見てみると良いでしょう。

次の