堂本剛 病気。 堂本剛の病気が過酷すぎる….気になる現在は!?

堂本剛はパニック障害!どんな病気?ソロになって落ち着いた?

堂本剛 病気

ここから堂本剛の深刻な病気について紹介していきます 堂本剛さんは、2018年現在で 2つの病気を発症したことが明らかになっています。 1つ目は2003年に開催されたコンサート中に、堂本剛さんが突然倒れたことで発覚しました。 オフィシャル携帯サイトで「 過呼吸・パニック障害」であると発表したんですね。 はげしいめまいと吐き気に襲われ、精神的に不安定な状態になる病気ですが死ぬことはありません。 しかし、発症した患者は「このまま死ぬんじゃないか」と感じるほど、強い症状が出るとのこと。 2つ目は、「 突発性難聴」です。 2017年6月に、左耳に違和感を感じ病院で検査してもらったところ、上記の病気にかかっていると判明しました。 6月27日から7月3日にかけて入院しましたが、完治に至っていません。 これからも通院しながら治療を続けていくと報じられ、音楽活動に制限がかかるのではと心配されています。 スポンサーリンク 2.堂本剛がかかった病気の原因がヤバかった… 堂本剛さんを襲った病気ですが、 原因は何だと考えられているのでしょうか? 1つ目の「パニック障害」については、原因はある程度分かっています。 堂本剛さんが発症した2003年は、CDを発売すれば大ヒットを記録し、ドラマに出演すれば高視聴率をたたき出した時期。 仕事で大成功を収めていた一方、 過度のストレスや疲れ、さらに周囲からのプレッシャーを感じる日々を送りました。 自律神経をコントロールできなくなり、パニック障害を発症したのではないかと考えられているんですね。 2つ目の「突発性難聴」は、医学技術の進歩が目覚ましい現代においても 原因はハッキリと分かっていません。 ウイルスに感染したのか、内耳循環障害、あるいはストレスが原因ではないかと考えられています。 以前にパニック障害を経験しているので、堂本剛さんはストレスを抱えやすいタイプとも言われているのです。 いずれにしても、完治が難しい病気を2つも抱えることになりました。 スポンサーリンク 3.堂本剛が病気により受けた驚きの影響とは? 堂本剛さんは、病気にかかったことで 「人との繋がりが増えた」と自身の口から明らかにしました。 仕事を最優先で行い続け、全力疾走していた彼は休む事をあまり知りません。 突っ走り続けてしまったので、周囲の人々とコミュニケーションを取る機会を持てずにいたのです。 ところが、突発性難聴と診断され入院したときに、休む事を覚えました。 多くの人が見舞いに訪れ、様々な話をするうちに人との繋がりが増えたとのこと。 こうした状況でも「歌い続けたい」との気持ちを持てたのは、多くの人に支えられていると実感したからです。 堂本剛さんは突発性難聴を発症したことで、驚くような影響を受けました。 スポンサーリンク 4.堂本剛の病気と「激太り」の意外な関係性とは? 堂本剛さんは、ここ数年でかなり 太ったとファンの間で話題になっています。 特に顔の太り具合が目立ち、ネット上では「激太り」などと表現されているんですね。 太った原因として様々な点が挙げられていますが、ファンが特に支持しているのが 抗うつ薬の副作用というもの。 2003年に発症したパニック障害は、完治したと思っても強い不安に襲われ再発する可能性があります。 そのため、抗うつ薬などの薬を飲み続けることが大切だと言われているんですね。 特に堂本剛さんのように、強いプレッシャーやストレスがかかる環境に身を置いているなら猶更。 こうした薬は効き目が強い分、副作用も起こりやすいと言われています。 副作用の一つが「むくみ」であり、 太りやすい体質へと変化させるとのこと。 堂本剛さんの病気が間接的な影響を与えて、激太りになったと噂されています。 スポンサーリンク 5.堂本剛に待ち受ける今後の予想が絶望的だった… 音楽を続けるのに大打撃となる、耳の病気を発症した堂本剛さん。 発症する前に出版した書籍の中で、何度も 死にたいと思う時期があったと赤裸々に語っていました。 本来は人前に出るのを得意としておらず、無理にアイドルとしての活動を続けた反動が、パニック障害に繋がったと考えているんですね。 堂本剛さんが2つの病気を発症したことを通して、ファンが今後の予想をしています。 その予想というのは、 「芸能界を引退する」という絶望的なものです。 突発性難聴のまま音楽活動を続けるのは、本人にとってもファンにとっても残酷な結果を招きます。 そのため、ファンは「早めに引退を決断してほしい」と考える人も多いんですね。 引退するかどうかは本人が決める事ですが、絶望的な予想がファンを中心に流れています。 堂本剛の病気まとめ ここでは、 堂本剛さんの病名や驚きの症状、今後の予想について紹介していきました。 堂本剛さんは、「パニック障害」と「突発性難聴」の2つの病気を発症している事が分かっています。 音楽活動を続けるつもりでいますが、見通しは非常に厳しいとの予想もされているので前途多難なのは確実。 今後、堂本剛さんがどんな決断を下すのか、注目していきたいですね。

次の

堂本剛の耳の状態は?突発性難聴と戦う苦悩と現在の最新情報まとめ

堂本剛 病気

このパニック障害の原因としてまず挙げられるのが、 やはり剛くんが幼い頃から人気が出て、芸能活動が忙しくなったこと。 入所は 2001年で12歳のときですから、 まだ小学生です。 実はこの以前から、堂本直宏の芸名で ドラマや映画・バラエティーに出演していたそうですが。 それから精神的な負担と自由な時間が欲しい という理由で活動を停止していました。 しかしそれから少ししてお姉さんが勝手に ジャニーズ事務所に履歴書を送ったのですが このとき私生活が充実していたことから、乗り気でなかったようです。 そのお姉さんや彼女の噂についてはこちらです。 剛くんの光一くんに対しての第一印象は 「真面目で、仲良くなれそうにない奴」 であったそうですが、話をしているうちにだんだんと心が通じ合ってきて、 それが直接的ではないかも知れませんが、最終的には入所を決断しました。 それからすぐに人気が出て、 しかも子役経験があることから ドラマや映画で 引っ張りダコとなりました。 これでは、芸能活動を停止した意味がなくなってしまったと思います。 1995年から1997年に放送されたテレビドラマ 『金田一少年の事件簿』では主演を演じ、人気は絶頂でした。 当時 「シャキーンシャキーン」 という効果音と見事なカメラワークのあとの 「犯人はお前だ!!」 という決め台詞が流行りました。 日常の些細なことに対して、しょうもない推理をする子たちも続出しました。 すげーイケメンです。 こりゃ人気出ますよねww 精神的な苦痛を感じる日々 しかしながら当時は高校生であるのにも拘らず、 ほとんど余裕のない生活を過ごしていたとのこと。 この当時を振り返り、剛くんはインタビューでこのように述べています。 「(~前略)でも僕、ほとんど記憶ないんです、もう。 しんどすぎて。 かわいそうやなと思うんですけど。 全然覚えてないんです。 自分が誰と会って何したかなんて。 忙しすぎて、ほとんど寝てないから。 当たり前よね。 しかしながらそれに反して人気はどんどん出て 仕事も入るので、こなすしかありません。 自分自身を押し殺しながらそれに応じているうちに、 どんどん精神的に蝕まれていった。 人は本来、苦手なことはできないはずなのに それを無理して、得意な人以上に対応していたわけですからね。 全国のテレビに出て、一挙手一投足が注目されるわけですから、 普通に考えてそのプレッシャーたるや、 中高生が普通経験することでもないでしょう。 1997年のCDデビュー 『硝子の少年』の際には過呼吸を発症し、 2003年5月の 「Dome F Concert」コンサート中には 体調不良で倒れてしまったそうです。 光一や音楽の支え このとき救ってくれたのは音楽、 そして相方である光一くんであると語っています。 18歳の頃からの5年間がもっとも辛い時期だったとして、 「もしこれらがなければ、自分はもうこの世にいないと思う」 とまで語っています。 どれほどまでに追い込まれていたかがよくわかる発言ですね。 光一くんは、 剛くんをよく観察しながら理解して、 彼が精神的に危なそうだと思えることは自分が担当したり また発作が出そうなときはフォローをしたりしていたようです。 この辺りは、本当に剛くんを思いやる気持ちがなければ タイミングとかがわかりませんからね。 私の印象としても光一くんは非常に思いやりのある人ですから、 間違いなく 人一倍の気遣いをしていただろうと思います。 ちょうど剛くんがもっとも辛かったであろう時期に 光一くんに対して書いた手紙があり、 それを番組内で読み上げたことがありました。 その内容については、こちらをご参照ください。

次の

堂本剛の病気の現在は?うつ?原因は彼女?公表?堂本光一?

堂本剛 病気

先月27日に突発性難聴を発症して入院し、出演予定だったテレビ番組やイベントを欠席している人気デュオ・の(38)が、15日放送のbay fm『堂本剛とFashion&Music Book』(毎週土曜 後10:00)に出演。 自身の病状について初めて語った。 番組冒頭で退院を報告した剛は、発症時について「急に水中に潜った感じで、両耳が全く聞こえなくなって。 右耳だけかろうじて陸に上がったみたいな感じがした。 例えば紙をこする音の周波数だけがやたらと聞こえてきて、めちゃくちゃ耳について痛くて頭が響く感じで」と回想。 深夜だったため翌日に病院に行ったところ「重度の突発性難聴」と診断を受け、緊急入院を提案されたが、仕事の都合で発症から1週間後に入院することになった。 入院中は4〜5時間をかけて点滴、鼓膜へのステロイド注射、高酸素気圧マシンでの治療などを受けた。 退院は完治したためではなく、体内へのステロイドの許容量が上限に達したためだったことを明かし、「医学的治療はストップしたが、耳鳴りはしててロウ(低音)がほとんど聞こえていない」と現状を説明した。 現在は鍼灸治療を行っているが「そうとうな激痛で、もうやりたくないと思うけど、やらないと仕方ないので痛みに耐える日々をなんどかやらないといけない。 そこまでやらないと戻らない可能性が高いので、早めに処置しなきゃいけない段階」と痛みを伴う治療であることを吐露。 退院から1ヶ月は「爆音は絶対禁止というドクターストップがかかってしまって。 前ほどは音がうるさくないけど、ひどい時は自分が咀嚼するたびに『ホワンホワン』って鳴って、それで食べるのに疲れちゃう」と打ち明けた。 現在は音が小さければ作曲作業は可能だが「ライブや爆音にさらされるのは、どこまで耐えられるのかがわからなくて。 今の僕は頭が痛すぎて耐えられない」と告白。 つらい日々を送っているが「お参りに行っていただいたり、ニュースで知って声をかけてくださる方がいることを改めて知れて、勇気になります。 病院の先生も担当じゃないのに親身に情報をくださったり、僕の未来を守ってくださって」と感謝の言葉も述べた。 今後に向けて「もうちょっと治療しながら様子を見ないと、プロとしての仕事ができないのが現状。 プロとしての仕事をするにはちゃんと治さなきゃいけないので、みんなに力を借りながら頑張ってやってみようかなということなので、皆さんもうしばらくお待ちいただければなと思います」と呼びかけた。 堂本剛は先月27日に突発性難聴のため入院し、今月4日に退院していた。

次の