もえあず 糖尿病。 フードファイターは本当に糖尿病にならないの?

もえのあずきに吐きダコ&嘔吐疑惑!不自然な歯が分かる画像も紹介

もえあず 糖尿病

名前:もえのあずき 愛称:もえあず 生年月日:1988年2月1日 出身地:大阪府 身長:156㎝ 血液型:B型 所属事務所:ル・アイド 2012年3月13日に 「バクステ外神田一丁目」の1. 5期生としてアイドル活動開始。 2014年1月にテレビ東京系列で放送された 「元祖!大食い王決定戦~全国横断!新女王発掘戦~」では優勝し、東京で行われた決勝戦に進む。 2014年3月30日に放送された 「元祖!大食い王決定戦~爆食ニューヒロイン誕生戦~」では第3位。 セレブ出身の 「セレブ・アイドル」として知られて、趣味は株式投資。 2017年12月31日にはバクステを卒業し 「エラバレシ」となる。 元ホステスだった? アイドルで大食いタレントとして注目を集めている もえのあずきさんですが、まずは気になる 「元ホステスだった?」との話題についてもズバッと切り込んでいきたいと思います!! もえのあずきさんといえば、可愛いルックスで大食いセレブタレントとして人気があり、大食い番組には必ず出演していますが、どうやら 元ホステスという情報は週刊誌 「FLASH」にてスクープされていたとか・・・。 実は、 もえあずさんが大食いの番組などで食べ終わってからカメラが止まると、 食べたものを全て吐き戻しているそうです。 というか、大食いタレントでは戻すのは当たり前のことなんだそうです。 吐く際には手をのどの奥に入れて嘔吐するそうで、その時に歯が手に当たってしまうので、その当たってしまう部分の歯を抜いている事もあるんだとか・・・。 胃酸はとても強力な酸のために嘔吐を繰り返しすぎていると歯の表面のエナメル質が溶かされて歯がボロボロになってしまうそうです。 ちなみにこれは過食症の方や大食いタレントには多くみられる症状なので、 大食いあるあるなのでしょう。 もえあずさんの手の甲はそんなに酷くはないですね・・・。

次の

もえあずが境界型糖尿病だと判明!食べても太らない秘密とは?

もえあず 糖尿病

もえあずさんはなぜ大食いしても太らないのか!? もえあず(もえのあずき)さんは1988年生まれ、大食いアイドルとして有名でアイドルグループ『 エラバレシ』のメンバーでもあります。 なんとその食べる量はフライドチキンなら1度に70本。 バナナなら150本・・! 1食で約6キロも食べることが出来るんです。 でも彼女は157㎝、体重40キロと細めのスタイル。 つまり痩せています。 もえあずさんの日頃の食事を見てみると・・・ お寿司24皿を完食。 ちなみにその量ではお金を気にしてあまり食べていなかったそうです。 その後も止まらず・・・結局計54皿(108カン)総重量2. 4キロをたいらげました~ すごいですよね。 さらにその前に一升のご飯を朝ご飯に食べているそうです。 これは毎日で、マヨネーズさらにカレーをかけて食べそのカロリーは朝食だけでなんと6982kcalも摂取している計算になっていました。 ご飯5400kcal、カレー942kcal、マヨネーズ640kcal) この日はお寿司と朝食だけで計13000kcalということに。 番組ではお寿司を大食いした後のもえあずさんの胃を最新3DCTで撮影しました。 その結果、レントゲン技師の方にも「何コレ、見たことない胃ですね・・」と言わしめることに! 結果はというと、 もえあずさんの空腹時の胃のサイズは一般的な女性のサイズと一緒なんだそうですが、朝&昼を食べた後の胃は体の半分がほぼ胃。 恥骨のすぐしたまで胃が来ていて、他の臓器を押し出している状態ということがわかりました。 なんとそのサイズは空腹時と比べると約4倍にもなっていました。 さらに胃が膨らみすぎていて、肋骨も開いていることが映像からわかりました。 ちなみにこの胃のサイズは 体長5. 5mの麒麟とほぼ同じサイズなんだそうです\ ゜ロ\ /ロ゜ / ではなぜこんなにも大食いなのに痩せているのかと言うと・・・ お寿司を食べている間も40分の間に3回のトイレに行っていました。 その後もトイレに行き続け、1日20回くらいトイレに行っているそうです。 この結果を見てコメントした大竹真一郎医師によるともえあずさんの場合、食べたものが外に出るスピードが非常に速く、結果と入れの回数が多いため体重をキープできているのではないか、ということでした。 一般的に食べたものは体内で時間をかけて吸収され、吸収されなかった残りが便として排出されます。 その吸収にかかるスピードは短くて10時間、長いとなんと100時間!かかると言われています。 それがもえあずさんの場合は非常に速いため、吸収されることが少なく結果体重をキープできているということなんです。 『 人より非常に速い排泄のスピード』 これがもえあずの食べても太らない秘密という結果でした。 ただもえあずさんは過食嘔吐という摂食障害ではないか・・・という噂もありますよね。 その場合排泄ではなく上から出していることで吸収しない、その結果太らないということも考えられます。 上から出すか下から出すか・・という違いかもしれませんが、とりあえず食べてもすぐに体内から出してしまうことが大食いしても太らない秘密ということでしょうか。 あくまでも噂なので真相はご本人にしか分かりません。 個人的には上の大竹医師のご意見の通りなのかな?と思いました。 本当に吸収せず排泄しているのだとしたらなんともうらやましい体質ですよね。 もえあずさんは「境界型糖尿病」!? しかし!今回の血液検査でなんともえあずは「 境界型糖尿病」だということが判明しました。 境界型糖尿病とは空腹時の血糖値が正常と糖尿病の間にある状態で糖尿病に進行するリスクが高い状態のことをさします。 この結果を受けてもえあずさんが心配していたのがやはり「大食いの仕事を続けられなくなる!?」ということでしたが、お医者さんによるとお仕事としては仕方がないかもしれないが、普段の食事では少し控えめにした方がよいということでした。 確かに食べ過ぎはよくないですもんね・・体を大切に仕事も頑張ってほしいと思います! でも糖尿のことを考えたら本当は大食いは引退した方がいいでしょうね。 以上『 もえあずさんの大食いの秘密と境界型糖尿病の診断について』のご紹介でした。 個人的に私自身、境界型糖尿病と診断されたことがあるので気になって今回の内容をまとめてみました。 同じように診断された方がいたら、本当に注意したほうがいいですよー! 私は妊娠出産を挟んで結局3年後に正常値に戻すことができました。 糖尿病は怖いですが増えている現代病なので、皆さん健康診断にはきちんと行きましょうー! 時間がない方は血糖値だけなら自宅でも検査できますよ。

次の

もえのあずきに吐きダコ&嘔吐疑惑!不自然な歯が分かる画像も紹介

もえあず 糖尿病

大食い王決定戦」へ出場したことがきっかけでした。 その後、 「元祖!大食い王決定戦~新爆食女王襲名戦~」で優勝し、5代目女王として正式に認定されました。 それ以降、アイドルでありながら本格的な大食い選手として、テレビでも多く取り上げられるようになりました。 境界型とは、血糖値が「糖尿病型」でなく、糖尿病とは診断されないものの、「正常型」とも言えないタイプのことで、つまりは 糖尿病予備軍ということです。 この若さで、糖尿病になるリスクが非常に高い状態にあるというのです。 普段から、大食い選手権のときのように大量に食べているわけではなくても、あれだけの量を一度に食べるのはかなり体に負担がかかります。 大食いアイドルとして番組に出演する以上、食べることが仕事なわけですから食べ続けるしかありません。 しかし、このまま暴食を続けていては体が持ちませんから、普段の食事では栄養面や食べる量をきちんと考えた方が良いと言えますね。 もえのあずきさんも、番組の企画で大食い後に胃のレントゲン撮影をしたところ、恥骨あたりまで胃が大きくなっていて、この大きさはなんと体重1トンのキリンと同じくらいとのことです。 胃だけが異常に発達していることで大食いができるわけですが、問題なのは胃の中のものをどう処理するのか、ということです。 当然、全てを吸収していては太る一方ですよね。 しかし、フードファイターと呼ばれる人たちは太っているどころか、小柄で細身の人が多いです。 大食い女王と言えばギャル曽根さんですが、彼女も小柄でとても華奢ですよね。 しかし、食べた後には妊婦さんのようにお腹が出ているのがわかります。 人それぞれの体質にもよりますが、この胃の中のものが一般の人よりもかなり速いスピードで消化され 便として排出される人と、食べた後で 全て故意に吐き戻す人がいます。 食べてすぐに便として排出される人は、胃下垂という、胃が人よりも腸に近いためほとんど体内に吸収されることなく排出でき、たくさん食べても太ることはありません。 ギャル曽根さんはこのタイプの人で、食べた後は臨月の妊婦さんのようなお腹になります。 一方、大量に食べた後で全てを故意に吐き戻すタイプの人は「過食嘔吐」と言われ、無我夢中で食べたあとで太ることを恐れて指などを入れて故意に吐いてしまいます。 そのため、継続して故意に吐き戻す 過食嘔吐の人の手には、「吐きダコ」ができます。 これは、指を口に入れて吐く際に、 手の甲が歯に当たって荒れてしまったり、 胃酸で荒れてしまったりして、どんどん皮が厚くってタコになっていることを指します。 もえのあずきさんは、後者の 過食嘔吐タイプなのではないかと言われています。 胃が一般の人よりも異常に発達していて、フードファイターとして数々の選手権にも出場しているもえのあずきさんですが、その 手には吐きダコと思われる跡があります。 画像で見ても、左手の中指の付け根あたりが赤くなって腫れているのがわかりますよね。 明らかに吐きダコの特徴と一致します。 ただ、過食嘔吐を繰り返して吐きダコがある人と比べると、もえのあずきさんの吐きダコはかなり 軽度と言えます。 過食嘔吐が慢性化すると、吐きダコはずっと炎症を起こしている状態になるので、赤くなる程度であれば大食いをした時のみ吐き戻しているのかもしれません。 過食嘔吐は、摂食障害の一種で、極度のコンプレックスなどから太ることを恐れ、常に食べては吐くというのを繰り返す病気です。 もえのあずきさんは、仕事として大食いをした際にそれらが体内に吸収されて太るのを防ぐために過食嘔吐を繰り返している可能性があります。 アイドルですから、体型の維持は大切です。 あれだけの量を食べて、体型の維持し続けるのはかなり難しいでしょうから、故意に吐くという行為も致し方ないのかもしれませんね。 暇人見聞録. 頻繁に吐き戻していると、 胃酸の影響で歯がボロボロになってしまう特徴もあります。 胃酸によってまず歯の表面のエナメル質が溶かされ、半透明な歯になります。 次第に歯自体が溶けてボロボロになってしまうそう。 症状がひどくなると歯の神経にまで影響を与え、歯の神経を取ったり歯を抜かざるを得なくなります。 歯医者さんは歯を一目見ただけで患者が過食嘔吐だと分かると言うほど、胃酸の歯への影響はとても大きいのです。 もえのあずきさんの歯については以前からネットでも話題になることが多く、その内容は明らかに歯の治療が施されている感じで不自然であるというものです。 実際、もえのあずきさんの歯を見てみると、 前歯は不自然なほど白く整っていますよね。 ここまで綺麗だと自分の歯ではなく、差し歯、あるいは全て被せ物がされている可能性が高いです。 歯に被せ物をして虫歯などの治療を行うことは珍しいことではありませんが、前歯まで全てとなるとかなり特殊です。 また、上の歯の中央から数えて 左に4つ目の歯が抜けていて、無い状態です。 この若さで歯が抜けたとなれば、やはり過食嘔吐を繰り返した胃酸の影響の可能性が高いと言えます。 もえのあずきさんの吐きダコは、病気による過食嘔吐の人よりも程度は軽いので、実際に過食嘔吐なのかはわかりません。 大食いの際には大抵1時間のうちに4、5回はトイレに行くそうですから、もしかすると一般の人よりも早く消化が出来ている可能性もありますし、トイレで吐き戻している可能性もあります。 どちらにせよ、あれだけの量を驚くべきスピードでたいらげているわけですから、体はかなりのダメージを負っています。 大食いアイドルとして人気を集めているのは良いことですが、健康第一で頑張って欲しいですね。 もえのあずきさんについての総まとめは・・・ ・もえのあずきさんは、「境界型糖尿病」の疑いがある ・もえのあずきさんは、手の甲に吐きダコらしき物が確認できる ・もえのあずきさんの大食いタイプは、過食嘔吐の可能性が高い 大食い界の新女王として、確たる地位を築いている大食いアイドルのもえのあずきさん。 お嬢様アイドルとして注目を集める一方で、フードファイターとして数々の選手権で記録を残し、その豪快な食べっぷりと上品な食べ方が人気を集めています。 そんなもえのあずきさんですが、左手中指の付け根に吐きダコがあり、また歯が無かったり、治療が施されている形跡から、過食嘔吐なのではないかという疑いが。 手の吐きダコの痕跡や不自然な歯を見ると、かなりその可能性は高そうです。 実際に過食嘔吐によって体型を維持しているのか、単に消化が早く太りにくい体質なのかは明らかになっていませんが、どちらにせよ大食いはかなり体に負担をかけます。 境界型糖尿病と診断もされていますから、どうか健康第一で無理なくお仕事を頑張ってほしいですね。

次の