おばちゃん 英会話。 子どもいない、気まずい・・・英会話の先生との会話でも

子どもいない、気まずい・・・英会話の先生との会話でも

おばちゃん 英会話

家族は family、親戚は relative s と言いますが、その中でもそれぞれのメンバーを英語で何て言うのか確認してみましょう。 一親等 父:father 母:mother 親:parent s 子供:child 息子:son 娘:daughter childの複数形はchildrenです。 ここまでは余裕ですね! 2. また、兄弟姉妹をまとめて sibling s と言うこともあります。 <例文> 兄弟姉妹はいますか? Do you have any brothers or sisters? Do you have any siblings? 祖父母や孫は grandがつくルールですね。 三親等 おじ:uncle おば:aunt 甥:nephew 姪:niece 曾祖父:great-grandfather 曾祖母:great-grandmother ひ孫:great-grandchild ひ孫息子:great-grandson ひ孫娘:great-granddaughter 少しややこしくなってきました。 ひいおじいちゃん・おばあちゃん(曾祖父母)やひ孫には更に greatがつきます。 四親等 いとこ:cousin 大おじ(自分の両親から見たおじ):granduncle, great-uncle 大おば(自分の両親から見たおば):grandaunt, great-aunt いとこは意外とよく使いますよね。 大おじ・大おばは、自分の両親にとってのおじ・おば、つまり祖父母の兄弟にあたります。 あとは「母方の」とか「父方の」と言いたい時もありますよね。 姻族 夫:husband 妻:wife 配偶者:spouse 義理の父:father-in-law 義理の母:mother-in-law 義理の息子:son-in-law 義理の娘:daughter-in-law 義理の兄弟:brother-in-law 義理の姉妹:sister-in-law 結婚してできる相手側の家族の呼び方です。 配偶者=spouse("スパウス"と発音)はあまり聞きなれないかもしれませんが、書類などではよく出てきます。 国際結婚するともらえる「配偶者ビザ」というのも spouse visaと言います。 また、 in-lawというのは「法律上の」というような意味なので、「義理の」という意味で使われます。 その他 継父:step father 継母:step mother 継子:step child(男の子はstep son, 女の子はstep daughter) 異母(異父)兄弟姉妹:half-brother, half-sister また父親や母親の再婚によって新しくできた家族を step familyと呼んだりもします。 呼び方はどうする? おじいちゃん:grandpa おばあちゃん:grandma グランパ、グランマのように発音します。 また、名前をつけてはっきりさせたい時には、grandpa Jamesやgrandma Suzanのようにファーストネームをくっつけます。 おじさん、おばさんは目の前にいる場合にはファーストネームで呼ぶことが多いです。 日本だと呼び捨ての感覚なので違和感ありまくりですが、海外ではOKなのです。 もちろん、こちらも名前をくっつけてuncle Andrewやaunt Jessicaのように呼ぶこともあります。 日本でいう「ひろしおじさん」とか「やすこおばさん」の感じですね。 あとはほぼほぼファーストネームでそのまま呼ばれることが多いです。 日本でいう「お兄ちゃん」や「お姉ちゃん」という呼び方も特にはなく、兄弟間でファーストネームで呼びあっているので、知らない人が聞いていてもどちらが兄や姉なのかわからないことも多々あります。 英文例 家族や親戚、帰省に関わる英会話をいくつかご紹介します。 I'm going to visit my parents in Nagoya next week. 来週、名古屋の実家に帰る予定です。 日本語で「実家に帰る」というとgo backを使いたくなりますが、それだと長い間戻る(引越す)ようなニュアンスも含まれてしまうので、休みの間に帰省する場合にはvisitの方がしっくりきます。 My whole family got together during the Obon holidays. 家族親戚一同がお盆休みに集まりました。 I haven't met my cousins on my father's side for a while. 父方のいとこにはしばらく会ってないです。 I have to write a thank-you letter to uncle David about my birthday present. お誕生日プレゼントのお礼状をDavidおじさんに書かなきゃ。

次の

社告:「おばちゃん英会話」注文方法変更 「スマートレター」購入、封書で郵送を /神奈川

おばちゃん 英会話

家族は family、親戚は relative s と言いますが、その中でもそれぞれのメンバーを英語で何て言うのか確認してみましょう。 一親等 父:father 母:mother 親:parent s 子供:child 息子:son 娘:daughter childの複数形はchildrenです。 ここまでは余裕ですね! 2. また、兄弟姉妹をまとめて sibling s と言うこともあります。 <例文> 兄弟姉妹はいますか? Do you have any brothers or sisters? Do you have any siblings? 祖父母や孫は grandがつくルールですね。 三親等 おじ:uncle おば:aunt 甥:nephew 姪:niece 曾祖父:great-grandfather 曾祖母:great-grandmother ひ孫:great-grandchild ひ孫息子:great-grandson ひ孫娘:great-granddaughter 少しややこしくなってきました。 ひいおじいちゃん・おばあちゃん(曾祖父母)やひ孫には更に greatがつきます。 四親等 いとこ:cousin 大おじ(自分の両親から見たおじ):granduncle, great-uncle 大おば(自分の両親から見たおば):grandaunt, great-aunt いとこは意外とよく使いますよね。 大おじ・大おばは、自分の両親にとってのおじ・おば、つまり祖父母の兄弟にあたります。 あとは「母方の」とか「父方の」と言いたい時もありますよね。 姻族 夫:husband 妻:wife 配偶者:spouse 義理の父:father-in-law 義理の母:mother-in-law 義理の息子:son-in-law 義理の娘:daughter-in-law 義理の兄弟:brother-in-law 義理の姉妹:sister-in-law 結婚してできる相手側の家族の呼び方です。 配偶者=spouse("スパウス"と発音)はあまり聞きなれないかもしれませんが、書類などではよく出てきます。 国際結婚するともらえる「配偶者ビザ」というのも spouse visaと言います。 また、 in-lawというのは「法律上の」というような意味なので、「義理の」という意味で使われます。 その他 継父:step father 継母:step mother 継子:step child(男の子はstep son, 女の子はstep daughter) 異母(異父)兄弟姉妹:half-brother, half-sister また父親や母親の再婚によって新しくできた家族を step familyと呼んだりもします。 呼び方はどうする? おじいちゃん:grandpa おばあちゃん:grandma グランパ、グランマのように発音します。 また、名前をつけてはっきりさせたい時には、grandpa Jamesやgrandma Suzanのようにファーストネームをくっつけます。 おじさん、おばさんは目の前にいる場合にはファーストネームで呼ぶことが多いです。 日本だと呼び捨ての感覚なので違和感ありまくりですが、海外ではOKなのです。 もちろん、こちらも名前をくっつけてuncle Andrewやaunt Jessicaのように呼ぶこともあります。 日本でいう「ひろしおじさん」とか「やすこおばさん」の感じですね。 あとはほぼほぼファーストネームでそのまま呼ばれることが多いです。 日本でいう「お兄ちゃん」や「お姉ちゃん」という呼び方も特にはなく、兄弟間でファーストネームで呼びあっているので、知らない人が聞いていてもどちらが兄や姉なのかわからないことも多々あります。 英文例 家族や親戚、帰省に関わる英会話をいくつかご紹介します。 I'm going to visit my parents in Nagoya next week. 来週、名古屋の実家に帰る予定です。 日本語で「実家に帰る」というとgo backを使いたくなりますが、それだと長い間戻る(引越す)ようなニュアンスも含まれてしまうので、休みの間に帰省する場合にはvisitの方がしっくりきます。 My whole family got together during the Obon holidays. 家族親戚一同がお盆休みに集まりました。 I haven't met my cousins on my father's side for a while. 父方のいとこにはしばらく会ってないです。 I have to write a thank-you letter to uncle David about my birthday present. お誕生日プレゼントのお礼状をDavidおじさんに書かなきゃ。

次の

テレ朝POST » プライドを捨てれば、英語が喋れる。“おばちゃん英会話”を広める理由

おばちゃん 英会話

今日も応援をお願いします。 戸田です。 今までに何度かお話ししましたが、 私の妻のナオは、YouCanSpeak を使って英語を勉強しています。 勉強していると言っても気合いを入れているわけではなく、 仕事の合間に気が向いたときに YouCanSpeak をやる というくらいのレベルです。 ほとんど本すら読まない彼女だけど(涙)、 YouCanSpeak は楽しみながらやっています。 そして、私のほうからは別に何も聞かないのですが、 ときどき、その日に勉強したことを聞かせてくれます。 「今日は、これが言えるようになった。 」 と言って、その日に練習した英文を聞かせてくれたり、 「アキラさん、この whose って何なん?」 と質問したりといった具合。 昨夜は、彼女の花屋での出来事を英語で説明してくれました。 そして、 「犬をつれた おばちゃんが私の店に来た。 」 と英語で言おうとして A woman with a dog … と言い始めました。 私: 「おおっ!?」 なぜ私が驚いたかというと、英語で 「犬をつれた おばちゃん」 と言おうとしたとき、英語の初心者はたいてい、 思わず 「a dog」から言い初めてしまうからです。 日本語で考えることに慣れていると、 必ず 「犬」が最初に思い浮かぶから、 思わず最初に 「a dog」と言ってしまう。 しばらく前の彼女なら、間違いなく「a dog」から言い始めて その後、言葉が続かなくて悩んでいるところでした。 英語と日本語は語順が逆だからこうなってしまうんですね。 でも、ナオは自然に 「a woman」から言い始めることができたので 「さすが、YouCanSpeak は効くなあ!」 と感心したわけです。 そしてこの後、 Mary whose father is a doctor is… と関係代名詞も披露してくれました。 「ケッ!そんなことか・・・」 と、つまらないことに思えるかもしれないけれど、 これが意外に難しいんですよ。 教材を使って 独学で 勉強していると、 初めて英語を話すときに、必ずここでつまずきます。 どうしても、日本語の語順で言葉が出てきてしまう。 こういうことは、 文法の本を読んで頭で理解してもダメなのです。 繰り返しアウトプットして体で覚えなければダメ。 いくら文法を勉強して TOEICで満点を取ってもダメ。 そんなのは、 通信教育で空手を学ぶようなもの です。 リスニング教材を聞いたり、 問題集を解いたりしてインプットをたくさんしても、 英語を話せるようにならない理由の一つはここにあります。 独学で英語を話せるようになりたいなら、 まずは一人練習でアウトプットをたくさんすること。 アウトプットをたくさんして、英語を体で覚えること。 これが大切。 ちなみに、アウトプットの練習をやりたいだけ一人でできる YouCanSpeakはこちらです。 英会話の一人練習に最適です。 編集後記 英語メール講座の読者さんだけに公開しています。 よかったら、してください。

次の