おしぼり 英語。 おしぼり

2/2 これってなんて言う?飛行機の中の英単語 [トラベル英会話] All About

おしぼり 英語

日本でもおにぎりやお寿司など、食品を手づかみで食べる習慣はありますが、 衛生面(O157などの菌)を考慮してか、 レストランなど、おしぼりを用意しているところが、 結構ありますよね。 しかし、マクドナルドなどの、ファーストフードは、 海外生まれなので、手づかみで食べますが、 おしぼりはないですよね。 海外って、おしぼりっていう習慣と言いますか、 サービスってないのでしょうか? それとも、手をきちんと洗うことが 徹底されているから、必要ないということでしょうか? 日本のおしぼりも、簡単に言えば、 手洗いをするのを簡略化と言いますか、 面倒くさいので、おしぼりで済ませている部分もありますが・・・。 もし、海外事情に詳しい方いましたら、 教えて頂けませんでしょうか? よろしくお願いします。 少なくともヨーロッパにはおしぼりは通常ありませんね。 あればいいのにと思いますが…。 日本から取り入れた,飛行機の中でおしぼりを配るサービスは欧州人にも評判がいいようです。 乾燥した気候のせいもあるかもしれませんが,日本ほどは「洗っていない手で触ること」をあまり気にしない文化だと思います。 果物にしても洗わずに食べることも多いし,以前はパンなどを買ったときも店員が手づかみにすることが珍しくなく,お金を扱う手でそれはうれしくないなあと思うことがよくありました。 しかし新型インフルエンザ流行のころには手洗いを励行する表示が増えましたし,トイレやカフェテリアなどでもワンプッシュで手に取れる消毒剤の瓶が置かれるようになり,今もそうなっているところが多くあります。 アメリカに長く住んでいます。 私はマックなどに行ったときは手を洗ってから ハンバーガーを食べますが、やはり包み紙のまま食べます。 サンドイッチは手づかみですね。 (紙ナプキンではさんでは食べません) さて、お絞りですが、和食レストランでは出てきます。 高級なところは布製。 そうでないところは紙(不職布 の使い捨て)です。 おしぼりの話からちょっとずれますが、スーパーのカート置き場のところには「アルコールのしみ込んだ除菌のPaper]があります。 こちらのTVでも放送していましたが、スーパーのカートって、すごく汚いそうです。 ( 便座より細菌が多いそうです) 今日もしっかり 拭いてからカートを使ってきました。 サニタイザーのこともそうですが、理にかなっているのがAmericaのやりかたかな?と思う。 しかし、本当に日本人のきれい好きは世界一ではないかと思います。 日本に帰った時など ちょっと、異常に感じることがあります。 ま、でもいいことでしょう。 (菌に対する抵抗力はなくなると思う) こっちの赤ちゃんは空港の待合室の床など、這い回っています。 お母さんたちはだれも「きたない。 」なんて言わないんですよ。 だから、子供たちは強い!! かな。。。。 ? 日本の外資はいざ知らず、アメリカ国内では手洗いは必ずたっぷり石鹸をつけてジャージャー大量の水を流しながらジャブジャブと激しく洗うのが普通です。 日本ではここまで手洗いが叫ばれていませんよね。 現状で比較すれば明らかにアメリカの方が衛生かなと思います。 アメリカではマックは包み紙で持って食べますし、サンドウィッチなどで手でつかんだ方が早い場合で、包み紙がない場合はペーパーナプキンで包んで持って食べます。 それからサニタイザーという小さなボトルに入った薬品を多くの人が持ち歩いています。 これがおしぼりの代わりかな。 これで手を消毒するとスッとして気持ちいいので、ボクも多用しています。 あとバッファローウィングを食べに行くと、必ずウェットティッシュが出てきますね。 これもおしぼりに近いといえば近いです。 ちなみにバッファローウィングとはアメリカ料理の一つで、鳥の手羽先を油で揚げてスパイシーなソースを絡ませたものです。 手つかみで食べないとかなり食べにくいです。 食べ終わった後は手にべっちょりソースがこびりつきますので、ウェットティッシュが必要になるというわけです。 こんばんは。 東南アジアですが、もともと習慣はなかったですよね、当然。 日本発生だろうと思ってましたが、やはりここの回答に前出のように、そうだったんですね。 で、現在はけっこう出てきます。 カンボジアに在住してますが、カンボジアのレストラン ローカルでなく、裕福な現地人や外国人が行く店 では出てきます。 ほぼ、使い捨てタイプかな。 カンボジアでは有料はまだ見たことないですが、ベトナムでは有料にわりと出会います。 ベトナムで、レストランではなくアイスクリーム屋 座ってサンデーやパフェを食べるところ で、出てきたおしぼり やはり使い捨て を使った人と使わない人がいたんですが、きっちり使った数だけお会計されていました。 いらなかったら、使わなければ払わなくていいシステムなんだ?!と驚きました。 タイでは布のおしぼりも結構出ます。 よく冷やしてあり、いい香りになってたりもします。 布おしぼりより下のランクの店が使い捨てタイプ、っていう感じを受けますが、あくまでも自分個人の印象です。 また、タイではセブンイレブンとかで、布製の使い捨ておしぼりのキンキンに冷えたやつを売ってます。 うっす~い、小さい簡単なタオルハンカチです。 衛生云々というより、屋外で汗でべとべとー!!というとき、手、顔、首、と日本からのお客様に「つめしぼ、気持ちいい~!」と一息ついて頂く時に使ったりします。 内容を一部紹介します。 「鼻をかむのはちり紙で」というのには驚きました。 日本だと当たり前のことなのですがね。 どれも、日本なら既に幼少時に教えられていることなのですが、外国では徹底されていないのでしょうか。 ともあれ、日本は世界から見ると「スーパークリーン」な国になると思います。 >海外って、おしぼりっていう習慣と言いますか、サービスってないのでしょうか? ありましたよ。 この5月に、イギリスのバーミンガムへ行って来たのですが、スペイン料理でシーフードのカフェ・レストランでの事ですが。。。 料理は、4人で生ガキを1ダース注文したら大皿の盛り合わせで、手で、貝殻ごと各自小皿に取って来て食べますし、車海老の焼いたのは、手で殻を取って食べますので、手拭き用の御絞りが出ましたよ。 それから、メルボルンの高級そうな中華料理店でも、御絞りが出てきましたね。 また、ヨーロッパに食事中に手を拭いたり洗ったりする習慣が無いかと言えば、ホテル等の高級レストランのフル・コース・ディナーでは、コースの途中で手を洗うフィンガー・ボール:が出てきますので、あるのでしょう。 ただ、現代のファスト・フードのように、食事も、効率化、低廉化が進んでくると簡素化されているという事ではないのでしょうか。 でも、ファスト・フードのレストランでも、ナプキンを置いていない所は無いように思いますけれど。。。 Q ちょっと調べ物をしていて、教えて欲しいのですが、飲食店以外でおしぼりを置いているお店って、どういうものがあるでしょうか? 具体的に知りたいことは、 1.お店の種類 2.おしぼりの種類(布、ビニールに入った紙、その他) 3.出し方(手渡し、据え置き、その他) 4.なぜおしぼりが使われてるの? 5.「お?このおしぼり(またはサービス)変わってるなぁ」なところ。 などです。 全項目じゃなくてもかまいません。 過去にあった質問で興味深かったのは「ネイルサロンでサロンのお姉さんが布おしぼりで爪の前処理用クリームをふき取っていた」というのがありました。 なるほど、お客さんが自分のために使う以外にも使い道ってあるんだなぁって、ちょっと感慨深かったです(変?) とはいえ、特に変わった使い方だけを探しているわけではないです。 どちらかといえば、お店のバリエーションを知りたいのが主ですので、いろんなお店でのおしぼり目撃情報をいただけたら嬉しいです。 よろしくおねがいします。 タイプあり。 ガソリンスタンド 2. 袋入り布・ 3. 手渡し 4. サービスと取引相手だったから。 渡すときは、袋の口を破いておしぼりだけ。 袋入り布 3. 証券会社・銀行の2階のお得意様室。 布だけ 高級タオル 3. おしぼり皿に載せて 1. 冠婚葬祭ホール 2. 蒸し器が置いてある 1. テレビ局 2. 袋入り布 3. スタッフ室. 舞台出入り口 1. 事務所内 1. 携帯ショッフ 2. 自由にどうぞ 3. ロビー 1. 怖い人の事務所 2. 高級布 3. 手渡し 4. 風俗 2. タイプあり。 ガソリンスタンド 2. 袋入り布・ 3. 手渡し 4. サービスと取引相手だったから。 渡すときは、袋の口を破いておしぼりだけ。 袋入り布 3. 証券会社・銀行の2階のお得意様室。 布だけ 高級タオル 3. おしぼり皿に載せて... Q 今年1月19日に物損事故を起こしてしまったのですが、後になって相手方が痛いと仰られたので、 2月8日に人身事故に切り替えでの現場検証と、警察に行って状況の説明をしました。 その時に警察の方に、「裁判所からの出頭命令が必ず来るから行くように」と言われました。 しかし、ずっと待っているのですがなかなか通知が来ません。 もう警察に行ってから2ヶ月と2週間程度になります。 相手方は全快し、車も双方共に直りました。 免許の点数も、6点の減点で違反者講習を受けてきました。 (2点が安全運転義務違反、4点は人身事故による付加点数です。 私の過失は軽い、との事でした。 ) 後は、罰金だけだと思うのですが、一向に来ないのです。 周りの人に聞けば「罰金は来ない事もある」だとか「忘れた頃に来るよ」なんて意見ばかりで、スッキリしない気分です。 この手の話にお詳しい方や、同じような経験をされた方、アドバイス頂ければ幸いです。 A ベストアンサー そもそも【十分】と【充分】は別のことばです。 国語辞典では「十分」も「充分」も同じこと、を踏まえてのご質問と見うけます。 私は、事務的文書では「十分」に一本化していますが、私的文章では、両者を使い分けています。 情緒的な差という人もいますが、語の本来の意味は異なります。 ・旧かな遣いの時期は区別がし易かったが、新かな遣いになり混同を助長。 ・漢字の学習の底が浅く安易になった、即ち本来の意味に注意を払わない。 原意:古代に枝や縄の結節で数字を示した方法の延長が現在の字形。 九が数の窮まった値として縁起よく、重視されてきた。 【充】:満ちる、満たす、余すところなく、担当する、埋める。 【分】:実は、発音も意味も一意でないのです。 【十分】の発音はshi2fen1 【分】fen1の意味は 部分、分割したもの など。 【十分】の発音はchong1fen4 【分】fen4の意味は 成分、本分、職責 など。 さて、お尋ねのこと「私はじゅうぶん満足した」はどう書くか。 ・単純に量的に満たされたならば【十分】。 ・心または腹が充足感を以って(徐々に内部から)満たされた場合は【充分】。 としたいところです。 【充】については以下の用法で感覚をつかんで下さい。 充電・充填・充足・充実・充溢・充血・充ちる(潮が、悪意に、月が、刑期がetc) ついでに、 「十分ご説明をいただいて、充分満足いたしました」のごとき用法も。 いまや、【十分】【充分】を使い分けるか否かは個人の好みです、読む人の感性に合わなければそれまでのこと、自己満足の域を出ません。 いずれにせよ、公式文書や事務的文書では、好悪を捨てて、国語辞典を標準とするに越したことはありません。 そもそも【十分】と【充分】は別のことばです。 国語辞典では「十分」も「充分」も同じこと、を踏まえてのご質問と見うけます。 私は、事務的文書では「十分」に一本化していますが、私的文章では、両者を使い分けています。 情緒的な差という人もいますが、語の本来の意味は異なります。 ・旧かな遣いの時期は区別がし易かったが、新かな遣いになり混同を助長。

次の

おしぼり

おしぼり 英語

日本でもおにぎりやお寿司など、食品を手づかみで食べる習慣はありますが、 衛生面(O157などの菌)を考慮してか、 レストランなど、おしぼりを用意しているところが、 結構ありますよね。 しかし、マクドナルドなどの、ファーストフードは、 海外生まれなので、手づかみで食べますが、 おしぼりはないですよね。 海外って、おしぼりっていう習慣と言いますか、 サービスってないのでしょうか? それとも、手をきちんと洗うことが 徹底されているから、必要ないということでしょうか? 日本のおしぼりも、簡単に言えば、 手洗いをするのを簡略化と言いますか、 面倒くさいので、おしぼりで済ませている部分もありますが・・・。 もし、海外事情に詳しい方いましたら、 教えて頂けませんでしょうか? よろしくお願いします。 少なくともヨーロッパにはおしぼりは通常ありませんね。 あればいいのにと思いますが…。 日本から取り入れた,飛行機の中でおしぼりを配るサービスは欧州人にも評判がいいようです。 乾燥した気候のせいもあるかもしれませんが,日本ほどは「洗っていない手で触ること」をあまり気にしない文化だと思います。 果物にしても洗わずに食べることも多いし,以前はパンなどを買ったときも店員が手づかみにすることが珍しくなく,お金を扱う手でそれはうれしくないなあと思うことがよくありました。 しかし新型インフルエンザ流行のころには手洗いを励行する表示が増えましたし,トイレやカフェテリアなどでもワンプッシュで手に取れる消毒剤の瓶が置かれるようになり,今もそうなっているところが多くあります。 アメリカに長く住んでいます。 私はマックなどに行ったときは手を洗ってから ハンバーガーを食べますが、やはり包み紙のまま食べます。 サンドイッチは手づかみですね。 (紙ナプキンではさんでは食べません) さて、お絞りですが、和食レストランでは出てきます。 高級なところは布製。 そうでないところは紙(不職布 の使い捨て)です。 おしぼりの話からちょっとずれますが、スーパーのカート置き場のところには「アルコールのしみ込んだ除菌のPaper]があります。 こちらのTVでも放送していましたが、スーパーのカートって、すごく汚いそうです。 ( 便座より細菌が多いそうです) 今日もしっかり 拭いてからカートを使ってきました。 サニタイザーのこともそうですが、理にかなっているのがAmericaのやりかたかな?と思う。 しかし、本当に日本人のきれい好きは世界一ではないかと思います。 日本に帰った時など ちょっと、異常に感じることがあります。 ま、でもいいことでしょう。 (菌に対する抵抗力はなくなると思う) こっちの赤ちゃんは空港の待合室の床など、這い回っています。 お母さんたちはだれも「きたない。 」なんて言わないんですよ。 だから、子供たちは強い!! かな。。。。 ? 日本の外資はいざ知らず、アメリカ国内では手洗いは必ずたっぷり石鹸をつけてジャージャー大量の水を流しながらジャブジャブと激しく洗うのが普通です。 日本ではここまで手洗いが叫ばれていませんよね。 現状で比較すれば明らかにアメリカの方が衛生かなと思います。 アメリカではマックは包み紙で持って食べますし、サンドウィッチなどで手でつかんだ方が早い場合で、包み紙がない場合はペーパーナプキンで包んで持って食べます。 それからサニタイザーという小さなボトルに入った薬品を多くの人が持ち歩いています。 これがおしぼりの代わりかな。 これで手を消毒するとスッとして気持ちいいので、ボクも多用しています。 あとバッファローウィングを食べに行くと、必ずウェットティッシュが出てきますね。 これもおしぼりに近いといえば近いです。 ちなみにバッファローウィングとはアメリカ料理の一つで、鳥の手羽先を油で揚げてスパイシーなソースを絡ませたものです。 手つかみで食べないとかなり食べにくいです。 食べ終わった後は手にべっちょりソースがこびりつきますので、ウェットティッシュが必要になるというわけです。 こんばんは。 東南アジアですが、もともと習慣はなかったですよね、当然。 日本発生だろうと思ってましたが、やはりここの回答に前出のように、そうだったんですね。 で、現在はけっこう出てきます。 カンボジアに在住してますが、カンボジアのレストラン ローカルでなく、裕福な現地人や外国人が行く店 では出てきます。 ほぼ、使い捨てタイプかな。 カンボジアでは有料はまだ見たことないですが、ベトナムでは有料にわりと出会います。 ベトナムで、レストランではなくアイスクリーム屋 座ってサンデーやパフェを食べるところ で、出てきたおしぼり やはり使い捨て を使った人と使わない人がいたんですが、きっちり使った数だけお会計されていました。 いらなかったら、使わなければ払わなくていいシステムなんだ?!と驚きました。 タイでは布のおしぼりも結構出ます。 よく冷やしてあり、いい香りになってたりもします。 布おしぼりより下のランクの店が使い捨てタイプ、っていう感じを受けますが、あくまでも自分個人の印象です。 また、タイではセブンイレブンとかで、布製の使い捨ておしぼりのキンキンに冷えたやつを売ってます。 うっす~い、小さい簡単なタオルハンカチです。 衛生云々というより、屋外で汗でべとべとー!!というとき、手、顔、首、と日本からのお客様に「つめしぼ、気持ちいい~!」と一息ついて頂く時に使ったりします。 内容を一部紹介します。 「鼻をかむのはちり紙で」というのには驚きました。 日本だと当たり前のことなのですがね。 どれも、日本なら既に幼少時に教えられていることなのですが、外国では徹底されていないのでしょうか。 ともあれ、日本は世界から見ると「スーパークリーン」な国になると思います。 >海外って、おしぼりっていう習慣と言いますか、サービスってないのでしょうか? ありましたよ。 この5月に、イギリスのバーミンガムへ行って来たのですが、スペイン料理でシーフードのカフェ・レストランでの事ですが。。。 料理は、4人で生ガキを1ダース注文したら大皿の盛り合わせで、手で、貝殻ごと各自小皿に取って来て食べますし、車海老の焼いたのは、手で殻を取って食べますので、手拭き用の御絞りが出ましたよ。 それから、メルボルンの高級そうな中華料理店でも、御絞りが出てきましたね。 また、ヨーロッパに食事中に手を拭いたり洗ったりする習慣が無いかと言えば、ホテル等の高級レストランのフル・コース・ディナーでは、コースの途中で手を洗うフィンガー・ボール:が出てきますので、あるのでしょう。 ただ、現代のファスト・フードのように、食事も、効率化、低廉化が進んでくると簡素化されているという事ではないのでしょうか。 でも、ファスト・フードのレストランでも、ナプキンを置いていない所は無いように思いますけれど。。。 Q ちょっと調べ物をしていて、教えて欲しいのですが、飲食店以外でおしぼりを置いているお店って、どういうものがあるでしょうか? 具体的に知りたいことは、 1.お店の種類 2.おしぼりの種類(布、ビニールに入った紙、その他) 3.出し方(手渡し、据え置き、その他) 4.なぜおしぼりが使われてるの? 5.「お?このおしぼり(またはサービス)変わってるなぁ」なところ。 などです。 全項目じゃなくてもかまいません。 過去にあった質問で興味深かったのは「ネイルサロンでサロンのお姉さんが布おしぼりで爪の前処理用クリームをふき取っていた」というのがありました。 なるほど、お客さんが自分のために使う以外にも使い道ってあるんだなぁって、ちょっと感慨深かったです(変?) とはいえ、特に変わった使い方だけを探しているわけではないです。 どちらかといえば、お店のバリエーションを知りたいのが主ですので、いろんなお店でのおしぼり目撃情報をいただけたら嬉しいです。 よろしくおねがいします。 タイプあり。 ガソリンスタンド 2. 袋入り布・ 3. 手渡し 4. サービスと取引相手だったから。 渡すときは、袋の口を破いておしぼりだけ。 袋入り布 3. 証券会社・銀行の2階のお得意様室。 布だけ 高級タオル 3. おしぼり皿に載せて 1. 冠婚葬祭ホール 2. 蒸し器が置いてある 1. テレビ局 2. 袋入り布 3. スタッフ室. 舞台出入り口 1. 事務所内 1. 携帯ショッフ 2. 自由にどうぞ 3. ロビー 1. 怖い人の事務所 2. 高級布 3. 手渡し 4. 風俗 2. タイプあり。 ガソリンスタンド 2. 袋入り布・ 3. 手渡し 4. サービスと取引相手だったから。 渡すときは、袋の口を破いておしぼりだけ。 袋入り布 3. 証券会社・銀行の2階のお得意様室。 布だけ 高級タオル 3. おしぼり皿に載せて... Q 今年1月19日に物損事故を起こしてしまったのですが、後になって相手方が痛いと仰られたので、 2月8日に人身事故に切り替えでの現場検証と、警察に行って状況の説明をしました。 その時に警察の方に、「裁判所からの出頭命令が必ず来るから行くように」と言われました。 しかし、ずっと待っているのですがなかなか通知が来ません。 もう警察に行ってから2ヶ月と2週間程度になります。 相手方は全快し、車も双方共に直りました。 免許の点数も、6点の減点で違反者講習を受けてきました。 (2点が安全運転義務違反、4点は人身事故による付加点数です。 私の過失は軽い、との事でした。 ) 後は、罰金だけだと思うのですが、一向に来ないのです。 周りの人に聞けば「罰金は来ない事もある」だとか「忘れた頃に来るよ」なんて意見ばかりで、スッキリしない気分です。 この手の話にお詳しい方や、同じような経験をされた方、アドバイス頂ければ幸いです。 A ベストアンサー そもそも【十分】と【充分】は別のことばです。 国語辞典では「十分」も「充分」も同じこと、を踏まえてのご質問と見うけます。 私は、事務的文書では「十分」に一本化していますが、私的文章では、両者を使い分けています。 情緒的な差という人もいますが、語の本来の意味は異なります。 ・旧かな遣いの時期は区別がし易かったが、新かな遣いになり混同を助長。 ・漢字の学習の底が浅く安易になった、即ち本来の意味に注意を払わない。 原意:古代に枝や縄の結節で数字を示した方法の延長が現在の字形。 九が数の窮まった値として縁起よく、重視されてきた。 【充】:満ちる、満たす、余すところなく、担当する、埋める。 【分】:実は、発音も意味も一意でないのです。 【十分】の発音はshi2fen1 【分】fen1の意味は 部分、分割したもの など。 【十分】の発音はchong1fen4 【分】fen4の意味は 成分、本分、職責 など。 さて、お尋ねのこと「私はじゅうぶん満足した」はどう書くか。 ・単純に量的に満たされたならば【十分】。 ・心または腹が充足感を以って(徐々に内部から)満たされた場合は【充分】。 としたいところです。 【充】については以下の用法で感覚をつかんで下さい。 充電・充填・充足・充実・充溢・充血・充ちる(潮が、悪意に、月が、刑期がetc) ついでに、 「十分ご説明をいただいて、充分満足いたしました」のごとき用法も。 いまや、【十分】【充分】を使い分けるか否かは個人の好みです、読む人の感性に合わなければそれまでのこと、自己満足の域を出ません。 いずれにせよ、公式文書や事務的文書では、好悪を捨てて、国語辞典を標準とするに越したことはありません。 そもそも【十分】と【充分】は別のことばです。 国語辞典では「十分」も「充分」も同じこと、を踏まえてのご質問と見うけます。 私は、事務的文書では「十分」に一本化していますが、私的文章では、両者を使い分けています。 情緒的な差という人もいますが、語の本来の意味は異なります。 ・旧かな遣いの時期は区別がし易かったが、新かな遣いになり混同を助長。

次の

外国人が驚く日本文化

おしぼり 英語

東京オリンピックも日に日に近づいてきましたね。 テレビやネット上でも東京オリンピックの話題が増えてきました。 外国人を絡ませたTV番組なども多く、実際に日本への訪日外国人もどんどん増えているようです。 外国人から見て、日本の驚くカルチャーというと、 ウォシュレット、自動販売機、コンビニ充実、並ぶ文化、私物を置きっぱなしで席を離れる、回転寿司、アニメ、マスクをしている人が多い、お風呂や温泉文化、電車が時刻通り運行、ハンコ文化・・・ などのワードが並びます。 その中から今回は食に関わるものをみてみましょう。 おしぼり文化 おしぼりは外国人に非常に高評価のようです。 日本国内で外食すると布や紙のおしぼりが出てくることが多いですね。 このように食前や食後におしぼりで手を拭くという文化、さらには、夏はひんやり、冬はあつあつの布製のおしぼりが提供されるなど、季節や環境に応じたおもてなしとして提供されている文化も、外国人からみると希有なようです。 ちなみに外国ではおしぼりという概念自体がないため、日本語でたった四文字の「おしぼり」を一言で言うことができません。 英語で表現するとすれば、hot wet towelやcold wet towelでしょうか。 「いただきます」と「ごちそうさま」 日本では普段、朝昼晩の食事の時だけでなく、例えば外でソフトクリームを食べる時やおやつを食べるような時でさえ、何気なく「いただきます」「ごちそうさま」を言っていますね。 これも外国人からみると非常に珍しい行いのようです。 でも日本人の私たちからすれば、例えば夕食時に家族が揃って食べ始めるときに、「いただきます」は、一種の掛け声的になっていて、もしこの「いただきます」がなかったら、それぞれ何も言わずに勝手に食べ始めるのか…と思うとちょっと不思議な気もします。 料理の順番がない フランス料理など特にヨーロッパでは、料理の順番やナイフ、フォークなどの順番までも決められていることが多いです。 それに対し、日本料理では、一部、食べる順番が決められている場合もありますが、定食のように、ご飯、みそ汁、焼き魚、おしんこなど一気に並べられて提供されることも多いです。 そして基本的に並べられた料理はみなさんもそれぞれ思うように好きな順番で食べていますよね。 食器を手で持って食べる ご飯やお味噌汁、牛丼やかつ丼などの丼もの、お蕎麦やうどんなど、とにかく日本では器を手にもって食することが多いですよね。 外国ではこのような食べ方はあまりしないようです。 確かに、洋食屋さんでは私たち日本人でも器を持ち上げて食べることは少ないないですね。 余談ですが、日本の家庭では、器や箸など自分専用のものを所有することが多いですが、これも海外では珍しいことのようです。 お皿やお椀、箸などの見た目の美しさ 日本食の特徴として、割烹などをみると料理自体のおいしさだけでなく、繊細な見た目を重視していることがわかります。 それと同時に、食される器や箸などにもその思想が反映されています。 料理や器などで季節感を演出する日本食は外国人からも美しいと評判です。 最近はインスタ映えなどの言葉がありますが、美しい日本の料理はまさに外国人からすると異国情緒あふれる「インスタ映え」するものなのかもしれません。 このように、外国人からみた日本の食文化はまさに異文化であり、興味深いようです。 (細かく言うともっと色々あると思いますが・・・) 「おしぼり」は、おもてなしを具現化する日本の文化として、世界に誇れるものです。 今後ますます増える外国人へのおもてなしのひとつとして、今一度、おしぼりの提供の仕方やおしぼりの種類などを見直してみるいい機会かもしれませんね! この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます•

次の