ご 承知 おき の ほど。 「ご承知おきください」の意味・ご承知おきくださいの正しい敬語

「ご承知おき下さい」という言い方は、目下の者が使ってもいいか?

ご 承知 おき の ほど

「ご承知おきください」は、後から事前の説明がなかったと言われたら困る場面で、頻繁に使われている言葉です。 「ご承知おきください」はよく使われている言葉ではありますが、正しい敬語ではありません。 今回は、「ご承知おきください」の正しい使い方や意味・類語などについて詳しくご紹介します。 日常の会話で「ご承知おきください」を使う際の参考にしてください。 「ご承知おきください」の意味 「ご承知おきください」は、「知っておいてほしい・分かっていてほしい」という意味で使われます。 「ご承知おきください」の「承知」という言葉は、「了解」の謙譲語です。 了解はすべて分かったうえでの承諾で、「承知」は相手の言っている部分だけを理解したことを表す言葉です。 「ご承知おきください」はよく使われている言葉ですが、「承知」は謙譲語ですので、目上の方に対して使うべき言葉ではありません。 「ご承知おきください」の類語 「ご承知おきください」の類語をご紹介します。 「ご承知おきください」は、「お含みおきください」や「ご理解ください」などが類語にあたります。 「承知」という言葉の類語は「了解」「了承」です。 「承知」は全貌が分からないが相手の言っていることは理解した。 という意味で、「了解」は全貌を理解したうえで相手の言う事を理解した。 という意味になります。 「了承」はこれから行うことに対して許可するという意味です。 「ご承知おきください」の使い方3つ 使い方1は「ご承知おきお願いします」です。 「ご承知おきお願いします」は、「事前に何かしらのことを分かっていてほしい」という意味で使われます。 「台風が近づいている。 危険だと判断したら電車の運行をとりやめる。 このことを分かったうえで出かけてほしい」というような場合などに、慣用句的な表現として使われます。 例文 「ご承知おきお願いします」という言い回しを使った例文をご紹介します。 例えば、「台風のために電車の運行をとりやめることがございます。 あらかじめご承知おきの上でご利用をお願いいたします。 」という形で使うことができます。 他にも、「3か月間は解約できません。 ご承知おきのうえご契約をお願いいたします。 」という文でも「ご承知おきお願いします」を使うことができます。 「ご承知おきのほど」は、「ご承知おきお願いいたします」が使われる場面で使われている言い回しです。 「ご承知おき」も「ご承知おきのほど」も意味は同じです。 「ご承知おき」に「ほど」を付けることによって、表現を柔らかくしています。 例文 「ご承知おきのほど」という言い回しを使った例文をご紹介します。 「ご承知おきのほどよろしくお願いいたします。 」というような形で、「ご承知おきのほど」を使うことができます。 「ご承知おきお願いいたします」が使われている場面で、「ご承知おきのほどよろしくお願いいたします。 」という表現が使われる場合があります。 「ご承知おきください」は正しい敬語ではないので、別の言葉に言い換えることが必要です。 「ご承知おきください」は「お含みおきください」に言い換えることができます。 「お含みおきください」を使うことで、正しい敬語表現になります。 「お含みおきください」というと「覚えていてほしい」というようなニュアンスとなります。 例文 「ご承知おきください」の代わりに使うことができる、正しい敬語表現を例文でご紹介します。 例えば、「3か月間解約できません。 ご容赦ください」「こちらの契約は3か月間解約できません。 お含みおきください」というような形の文にすることができます。 「ご承知おきください」は敬語表現として正しくないので、「ご容赦ください」や「お含みおきください」を使い、「ご承知おきください」を言い換えましょう。 敬語を使うことが苦手な方におすすめの本はこちら 敬語を使うことが苦手な方におすすめする本は、敬語「そのまま使える」ハンドブックです。 敬語「そのまま使える」ハンドブックは、日常の会話の中でよく使われる基本中の基本の敬語の言い回しを、豊富な例文で紹介しています。 例文で紹介されているので、本で紹介されている例文をそのまま覚えたり、そのまま使うだけで、正しい敬語を話すことができます。 新社会人の方や、敬語を学びなおしたいという方はぜひ読んでみてください。 「ご承知おきください」と「ご了承ください」の使い分け方法をご紹介します。 「ご承知おきください」は知っておいてほしい事柄に使われるので意味が少しずれますが、「ご承知おきください」を使うよりも「ご了承ください」を使う方が丁寧です。 「ご承知おきをお願いします」は「ご了承をお願いします」と違い、「貴方には分からないだろうがこの部分だけは理解しておいてほしい」というニュアンスになるため、失礼になってしまいます。 例文 「ご了承ください」を使った言い換えの例文をご紹介します。 例えば、「3か月間は解約できません。 ご了承ください。 」という形の文にすることができます。 「ご承知おきください」を使うよりも丁寧な表現になります。 「ご承知おきください」を正しく使おう.

次の

「ご承知おきください」の意味は?類語やメールでの使い方を解説

ご 承知 おき の ほど

気になる項目をクリック• 1.「ご承知おきください」の意味 「ご承知おきください」は、「承知」と「ください」を合わせて丁寧にした謙譲表現になります。 「知っておいてください」や「覚えておいてください」といった意味になり、相手の方に何かを覚えてもらう場合に使用することが多いです。 会話などの口頭で使用するだけでなく、注意事項が記載された書類や取扱説明書といった何かを知らせるための書類・資料などにも多く使用されているのも特徴になります。 また、「ご承知ください」と短縮することや「ご承認いただきたい」と言い換えるも可能です。 2.「ご承知おきください」を使用した例文 ここでは、「ご承知おきください」を使用した例文を紹介します。 そのままビジネスの場面で使えるものを揃えたので、ぜひ覚えておきましょう。• 例文1.「こちらの内容をご承知おきください」 一般的な使い方をする場合には、この表現を覚えておきましょう。 相手の方に何かを知っておいてもらいたい場合に使用します。 主にプレゼンや勉強会などで教える立場になった場合に使用することが多いです。 場合によっては、「可能であれば」「絶対に」「ぜひ」などをつけることもできます。 どれくらい重要な内容なのかで文頭につける言葉を組み合わせるのも良いでしょう。 例文2.「〇〇と申します。 ご承知おきを」 自己紹介をするときに使用することができる表現になります。 自分のことを覚えてもらいたい場合に使用することが多いです。 「お見知り置きを」と似たような感覚で使用することが可能であり、似たような意味になります。 ただし、通常であれば「お見知り置きを」を使うことが多いため、意味が通じない場合もあります。 例文3.「ご承知おきいただけますか?」 自分のことやしたいこと、伝えたいことなどを知ってもらう・覚えてもらえるかどうかをお願いする場合に使用します。 「お許しいただけますか」や「」に似た使い方が可能です。 「ご承知いただけますか」のように短縮して表現するのもありでしょう。 また、「ご承知おきいただけると」や「ご承知いただきますようお願いいたします」のように 強制的な意味をつけることも可能ですが、強制さを失礼に思う方もいるため注意が必要です。 3.「ご承知おきください」は目上の方には使用できない 「ご承知おきください」 一見丁寧そうな表現ですが、実は目上の方には失礼な表現になってしまいます。 「承知」は「分る」や「知る」を謙譲表現したもので、それに「〜おいてください」を付け加えています。 これによって、「承知」する、へりくだるのが目上の方になってしまい、失礼な表現になってしまうのです。 さらに言えば「」には強い強制のイメージがあるため、使用は避けたいところです。 そのため、目上の方には別の表現を使用する必要があります。• 4.「ご承知おきください」の別の表現 目上の方には「ご承知ください」が使用できないことが分かりました。 実際には他に変わる表現を使用しなければなりません。 ここでは、目上の方にも使用できる表現をいくつか紹介します。 失礼な思いをさせないためにも、これらの表現を覚えておきましょう。 表現1.「お含み置きください」 「覚えておいてください」を丁寧な表現で表した言い方になります。 「ご承知おきください」とは違い、目上の方に使用することが可能です。 なぜなら、「お含み置きください」は尊敬語であり、目上の方を上げることになるからです。 「含み置く」には、物事を理解してするといった意味合いがあります。 ビジネスシーンで上層部の方などにはこちらの表現の使用が適していると言えるでしょう。• 表現2.「ご認識ください」 何かを知っておいて欲しい場合に使用されます。 もっともシンプルで使いやすいので、身内の上司などに使用してください。 しかし、社外や目上の方へはやはり「お含み置きください」の方が丁寧であり適していると言えます。 公の場面などでの使用は控えるようにしましょう。 表現3.「目を通していただければ幸いです」 主にプレゼンなどで使用する表現になります。 資料が用意されている場合、全てを説明することは不可能です。 そのため、「後で目を通していただければ幸いです」を使用することで、 説明の時間を省くことができます。 「幸いです」よりも強制の意味を強めたい場合には、「目を通していただきたいと存じ上げます」や「目をお通しください」などに言い換えが可能です。 5.【注意】使い方に気をつける表現 その他、似た意味を持つ表現がありますが、使用するのに気をつけたいものがあります。 これから紹介する表現は、ビジネスシーンでの使用には向いていません。 なので、間違って使用しないようにしてください。 表現1.「ご承認ください」 何かを承認・認めてもらう場合に使用する表現になります。 似たような表現ですが、「承知」と「承認」では意味が変わってきてしまうため、「ご承認ください」を「ご承知おきください」の代わりに使用することはできません。 また、この表現をより丁寧に使用する場合には、「ご承認をいただきたく」などを使用するようにしましょう。 表現2.「知っておいてください」 「ご承認おきください」を一番シンプルに表現すると、「知っておいてください」になります。 ただし、何かを知って欲しい場合には「覚えておいてください」の方が分かりやすく使いやすいです。 また、丁寧さも高くはないため、ビジネスシーンでの使用も避けたいところです。 何より表現が幼稚であるため、お客の前では決して使用しないでください。 6.「ご承知おきください」の英語表現 「ご承知おきください」の英語表現は.

次の

「ご承知のとおり」のNG例とお勧め文例30選

ご 承知 おき の ほど

「ご承知おきください」とは? 「ご承知おきください」という表現は、慣習的に何気なく使っている人も多いかもしれません。 まずはその詳しい意味から紹介します。 知っておいてください、という意味 「ご承知おきください」とは、「知っておいてください」という意味の表現です。 「承知」には、内容を聞き知ること・受け入れること・引き受けること、といった意味があります。 「おき」は、「前もって準備する」という意味で、「用意しておく」という場合の「おく」と同じ意味です。 これを合わせると、「ご承知おきください」は、あらかじめ理解しておいてください・知っておいてください、という意味になるのです。 「ご承知おきください」の正しい使い方 意味が分かったところで、「ご承知おきください」の使い方を紹介します。 ポイントは、相手によっては失礼になるという点です。 敬語として使うのは不適切 「ご承知おきください」はあらゆるビジネスシーンで使用されていますが、実は、敬語として使うのは不向きなケースがあります。 「ご承知おきください」の「ください」は命令の補助動詞です。 そのため、「してください」という表現には、強制するようなニュアンスが入ります。 また、「承知」に使われている漢字「承る(うけたまわる)」は謙譲語であることから、自分以外の人の行為に使うと、不釣り合いな印象を与えてしまうのも理由のひとつです。 文法上の間違いはありませんが、目上の人には好まれる表現ではないと覚えておきましょう。 上司には「お含みおきください」 上司や目上の人に「ご承知おきください」という意味の言葉をかけるのであれば、「お含みおきください」が適切です。 「含みおく」とは、事前に(物事を)理解し了解しておくこと、という意味があり、「お含みおきください」とすることで、相手に了解してもらう・心にとめてもらう、といった意味になります。 「ください」という表現を使用してはいますが、「お含みおきください」は依頼やお願いのニュアンスが強くなり、ビジネスでもおすすめの表現です。 目上の人にも使える類語 「お承知おきください」は目上の人には使いにくい表現ですが、似たような表現は他にもいくつかあります。 類語として使える言い回しをいくつか紹介しましょう。 「ご了承ください」より「ご了承願います」 「了承」とは納得して承知する、という意味の言葉で、「ご了承ください」とすると「どうか納得して受け入れてください」という意味になります。 先にも少し触れましたが、「ください」という言葉の意味から、どうしても押しつけがましいニュアンスが生まれるのが懸念点です。 「了承」という言葉を使うのであれば、「ご了承願います」という表現がおすすめです。 目上の人でも問題なく使え、「ご了承のほどお願い申し上げます」とするとより丁寧になります。 「ご容赦ください」には許しを得る際の表現 「ください」を使う表現では、「ご容赦ください」という言い回しもあります。 自分に非がある場合などに、許しをもらう際の表現です。 たとえば、「急な変更になり恐縮ではございますが、何卒ご容赦ください」という風に使います。 相手に理解を求めるとともに、過失を認め反省しているので許してください、というニュアンスになります。 「ご認識おきください」はあまり使わない 知っておいてください、という意味で「認識」という単語を使用した表現もいくつかありますが、「ご認識おきください」という表現はしません。 「認識」を使うのであれば、「ご認識のほどお願いいたします」や「ご認識のほどお願い申し上げます」というのが正しい表現です。 「お知りおきください」は使わないのがベター ~おきください、という表現では「お知りおきください」という表現もあります。 知っておく、承知しておくという意味の「知りおく」を丁寧にしていますが、あまり使用する表現ではありません。 同様の意味で使用するのであれば、「ご承知おきください」がベターです。 「お見知りおきください」は異なる意味 「お知りおきください」と語感が似た表現に「お見知りおきください」があります。 似ているように聞こえますが、こちらは相手に名前や顔を覚えてほしい場合に使う、ごく限られた表現です。 既知の間柄で使うと意味をなさない表現なので注意しましょう。 「ご承知おきください」の英語表現 Business. 英語では「Please note that…」 「ご承知おきください」を英語にすると「Please note that …」となります。 英語の「note」には、注意して心に留めるという意味があり、たとえば、「Please note that there is a change in the resume」とすると、レジュメに変更点がありますのでご承知おきください、という意味です。 また、もう少しフランクな表現では、「Please keep in mind that」もあります。 気に留めておいてください、という意味で使われます。 まとめ 「ご承知おきください」はビジネスメールでよく見かけますが、目上の人には不向きです。 「ください」という言葉には強制のニュアンスを含むため、「ご了承願います」のように言い換えます。 また、取引先など目上の人には「お含みおきください」という表現もおすすめです。 本文を参考に、状況に応じた使い方にトライしてみましょう。

次の