ゆうちょ ダイレクト ログイン できない。 送金や照会がオンラインでできる!便利な「ゆうちょダイレクト」

ゆうちょダイレクト

ゆうちょ ダイレクト ログイン できない

送金限度額の引き上げが書面のみ 所用でゆうちょダイレクトから自分の持ってる他行宛に200万円ほど振り込もうとしたんですよ。 そしたら 「1日の送金限度額を超えるためお取り扱いできません」とでて振込ができませんでした。 まあこれ自体はセキュリティ上仕方ないでしょう。 送金限度額を上げればいいだけの話ですしね。 いやいや、この時代に書面て。 セキュリティを考えてのことなのかもしれませんが普通に不便すぎるんですが。 なんでわざわざ何日もかけて書面で手続きしなくちゃいけないのか。 なんのためのインターネットなんだと。 むしろ「一日だけ送金限度額を上げる」みたいな設定があったほうがセキュリティ上安全だと思うんですが……。 仕方ないからわざわざ窓口に行って振り込んできましたよ。 面倒すぎる。 ちなみにSBI銀行も楽天銀行もネット上で簡単に限度額上げられますからね。 他行でできてなぜゆうちょ銀行ではできないんだ……。 ワンタイムパスワードの送付先が限られている ゆうちょダイレクトは1日に累積5万円以上を送金する場合「ワンタイムパスワード」が必要となっています。 正直「ワンタイムパスワード」自体面倒なのであまり好きじゃないのですが、セキュリティを考えると文句も言えません。 ただ問題はワンタイムパスワードの送付先です。 なんとゆうちょダイレクトはワンタイムパスワードの送付先が携帯電話・スマートフォンのメールアドレスに限定されているんです。 は?なんでだよ! 参考までに使えるメールアドレスは以下の通り。 一部mineoなどの格安スマホもありますが、ほぼほぼキャリアメールですね。 当たり前のようにgmailやyahooメールは登録できません。 私はmineoを使っているのでかろうじて登録できましたが、妻はイオンモバイルを使っています。 イオンモバイルはメアドの発行がないので、gmailやyahooメールを使うしかありません。 しかしそれだとゆうちょダイレクトで5万円以上の送金ができないという……。 まじで意味がわからん。 いやいやgmail使わせてくれよ!そもそもセキュリティなんてgmailとキャリアメールでそんなに変わります? gmailだって2段階認証とか普通にできますからね。 そもそも今はLINE全盛時代ですからね。 キャリアメールなんてほとんどの人が使ってないでしょう。 キャリアメール信仰もここまでくる笑ってしまうレベルです。 トークンも利用できるが…… ちなみにゆうちょダイレクトの場合「トークン」というワンタイムパスワードを発行してくれる機械を利用する方法もあります。 こちらは完全に無料で利用できますし、メアドの登録も不要になります。 ただこのトークン。 壊れたら再発行に2週間程かかります。 もちろんその間ゆうちょダイレクトで振込はできません。 しかも一度トークンを発行してしまったらメールでのワンタイムパスワードが使えなくなるという。 いやいやだからなんでだよ! そもそも物理的な機械なんて邪魔でしかない。 出先でゆうちょダイレクト使いたい場合トークン持ち歩けと?そっちのほうがセキュリティ危ない気がするんですが……。 というか、 なぜワンタイムパスワードのアプリを作らないのか。 あの三菱UFJ銀行でさえワンタイムパスワードのアプリありますからね。 ログアウトが2個あってややこしい ゆうちょダイレクトってセキュリティ強化のためにログアウトが2個あるんですよね。 いやだからややこしいって! この2つの違いは以下の通りです。 試しにゆうちょが推奨している「利用停止してログアウト」を押してみましょう。 するとこんな文章が(黄色いマーカーは私がつけました)。 いやーなんか怖い!!特に 「メールが受信できない場合次回ログインができなくなります」の部分が怖い。 これ万が一受信できなかったら絶対再設定にものすごく手間がかかるやつやん。 まあ書いてあることは至極当たり前のことなのですが、パソコンに不慣れな方は完全に混乱すると思います。 ユーザーに優しくない! ログアウトボタン一個にまとめてくれ! 過去の明細が2ヶ月分しか見れない これはゆうちょ銀行に限らずほぼ全ての「メガバンク」に共通している仕様みたいですが、 過去の明細が2ヶ月分しか見れないんですよね。 なんでそんな仕様なの?ここまでくるとあえて不便に作ってるとしか思えないんですが……。 ちなみに「ゆうちょダイレクトプラス」というものに申し込めば最大15ヶ月まで確認できるようにはなります。 ただそれだと通帳が使えなくなるんですよね。 特別な手続き不要でもっと過去まで見れるようにしてくださいマジで。 せめて半年くらい見れるようにしたってバチあたらんでしょうよ。 ちなみに私がよく使っているSBI銀行も楽天銀行も過去二年分は何の手続きもなく見れます。 引越し時の住所変更が窓口のみ これも改善してほしい。 ゆうちょ銀行は住所変更手続きが「窓口のみ」可能です。 メガバンクである「UFJ」も「みずほ」も「りそな」もネット上で住所変更が可能なのに、ゆうちょ銀行はわざわざ窓口に行かないと変更できないんです。 ほんとユーザーに優しくない! まとめ というわけでゆうちょダイレクトが超絶使いにくいという記事でした。 いや冗談抜きで本当に使いにくいですからね。 私が普段メインで使っているSBI銀行と比べるとその使い勝手が雲泥の差です。 というかSBI銀行が飛び抜けて使いやすいので、その対比で余計にひどく感じるってのもあると思いますが。 私は今後上記の問題が改善されない限りゆうちょ銀行をメインで使うことはないでしょう。 おわり.

次の

ゆうちょダイレクトを利用するまでの手順

ゆうちょ ダイレクト ログイン できない

ゆうちょダイレクト+(プラス)は、インターネット上で取引を行います。 よって、ゆうちょダイレクト+(プラス)では、セキュリティ対策をしています。 ゆうちょダイレクト+(プラス)のセキュリティ対策には、ワンタイムパスワードがあります。 ゆうちょダイレクト+(プラス)のワンタイムパスワードとは、取引を実行する際に入力する、1回限りのパスワードのことです。 このパスワードは、登録しているメールアドレスで受け取ることもできますが、トークンで表示させることもできるようになっています。 トークンとは、一度しか使えないパスワードの生成機です。 ボタンを押すだけでワンタイムパスワードが表示されるので、取引の際に入力するだけです。 ゆうちょダイレクト+(プラス)のセキュリティ対策には、不正送金対策ソフトPhish Wallがあります。 不正送金とは、インターネット上でユーザーのPCにウイルスを感染させ、虚偽の画面を表示させることで、暗証番号などを盗み不正送金させるサイバー攻撃のことです。 このサイバー攻撃を防ぐために、ゆうちょダイレクト+(プラス)では、不正送金対策ソフトPhish Wallのインストールを推奨しています。 不正送金対策ソフトPhish Walは、無料でインストールできるようになっています。 ソフトをインストールすることで、不正なサイトを確認することができるため、ウイルスに感染することを防ぐことができるのです。 ゆうちょダイレクト+(プラス)への変更方法ですが、ゆうちょ銀行の口座を持っていない場合は、新規で口座開設する必要があります。 ゆうちょダイレクト+(プラス)で新規口座開設を行う方法は、 「ゆうちょ銀行WEBサイト」にアクセスして、 「ゆうちょダイレクト+(プラス)利用申込書」を請求します。 ゆうちょダイレクト+(プラス)の利用申込書が届いたら、 「記入・押印」します。 そして、 「本人確認書類」と一緒に郵送します。 郵送してから2週間程度で、ご利用案内とキャッシカードが届きます。 あとは、ゆうちょダイレクト+(プラス)で、 「パスワード」・ 「メールアドレス」を設定することで利用できるようになります。

次の

送金や照会がオンラインでできる!便利な「ゆうちょダイレクト」

ゆうちょ ダイレクト ログイン できない

俺のメイン口座(給与振込口座)は三菱東京UFJ銀行。 セカンド口座は投資用として使っているソニー銀行。 そして、念のために保有していてほとんど使うことがない口座がゆうちょ銀行。 色々考えた結果、この3つの口座を保有している。 で、今回ゆうちょ銀行のゆうちょダイレクトに久しぶりにログインしようと思ったのだが、パスワードを複数回間違えてしまいあっと言う間にパスワードをロック。 ログインできない状態になってしまった。。。 まぁ〜、パスワードを忘れたり、間違えてしまいログインできなくなるなんてWebサービスではよくあること。 パスワードを初期化すればすぐに使えるようになるだろう! なんて、安易に考えていたが、ゆうちょダイレクトはそう簡単にパスワードロック解除に応じてくれなかった。 不便すぎる!マジでムカつく! 自分が悪いんだけど、このネット社会においてパスワードロックごときを瞬時に解除出来ないなんてマジで困る。 携帯キャリアのメールアドレス登録しておけばよかった・・・ ある設定とは、ゆうちょ銀行が指定・推奨する種類のメールアドレスをゆうちょダイレクトに登録しておくことだ。 ゆうちょ銀行が指定・推奨する種類のメールアドレスとは、大手携帯キャリアが発行するメール。 つまり、ドコモの「docomo. jp」、auの「ezweb. jp」、ソフトバンクの「softbank. jp」、Y! mobileの「ymobile. jp」etc・・・。 俺は、Googleのフリーメールである「gmail. com」を登録していたためインターネットでパスワードロック解除ができなかったというわけ。 なぜ、ゆうちょ銀行が指定・推奨するメールアドレス(ドメイン)でなければならないかというと、恐らくセキュリティ上の問題だろうね。 携帯キャリアが発行するメールアドレスは、本人確認をした上で発行されているから詐欺などに使用することは比較的難しいから。 ということで、ゆうちょ銀行はゆうちょダイレクトによる詐欺行為を防ぐために、簡単にインターネットでパスワードロック解除を出来ないようにしているわけであり、その対応に対して「不便だ!」とムカついてしまった自分を反省しなければ・・・。 自分の不注意でパスワードをロックしてしまい、挙句の果てにその怒りをゆうちょ銀行様に向けてしまうなんて大人気なかった・・・。 おとなしくゆうちょ銀行の窓口でパスワードロック解除をしよう。 そして、すぐに携帯キャリアメールのアドレスを登録しなきゃな。 でも、パスワードロック解除申請しても1週間とか2週間とかかかるんだろうなぁ〜。 窓口で本人確認してすぐにゆうちょダイレクトのロック解除なんて出来ないだろうし・・・。 やっぱり面倒臭いなぁ〜。 ほとんど使ってないし、この際ゆうちょ銀行の口座解約しちゃうかな。。。

次の