エクソ。 EXO

エクソ・バイオニクス

エクソ

エクソソームとは? Exosome(エクソソーム・エキソソーム)は、ほとんどの細胞で分泌される直径 50nm 〜 150nm 程度の膜小胞です。 生体では唾液、血液、尿、羊水、悪性腹水等の体液中で観察され、培養細胞からも分泌されます。 近年、エクソソームは、離れた細胞や組織に情報を伝達するための役割を担っている可能性が指摘されています。 エクソソームには様々なタンパク質や脂質、RNAが含まれており、別の細胞に運搬されることによって機能的変化や生理的変化を引き起こします。 例えば、感染性病原体や腫瘍に対する適応免疫応答の媒介、組織修復、神経伝達や病原性タンパク質の運搬などの役割を持つことが示唆されています。 最新の研究では、エクソソームやそのほかの細胞外小胞に内包されるmicroRNAのサブセットが、これらを分泌する腫瘍細胞種によって異なることが明らかになっています。 そのため、エクソソーム由来のRNAは、癌を含む様々な疾患のバイオマーカーとして注目されています。 一方で、体液または細胞培養液中に存在するRNAとして、遊離循環RNA(fc-RNA:free-circulating RNA)も知られています。 多くの fc-RNAは、タンパク質結合RNAであり、アポトーシスやネクローシスの過程で細胞から漏れ出します。 エクソソームに封入されているRNA分子やタンパク質に結合したRNA分子(fc-RNA)は、RNaseによる分解から保護されているため、体液や細胞培養液から効率的に回収することができます。 一般に、これら2種類のRNAは、癌の早期発見のためのバイオマーカー開発や疾患状態モニタリングにおいて有益な情報をもたらします。 エクソソーム研究・解析製品 エクソソームの単離/精製 商品 サンプル 単離方法 特長 注目商品! 血清、血漿、尿、唾液、培養上清(ヒトサンプルのみで試験済) スピンカラムタイプ (CD9抗体固相化カラム)• 血清、血漿、尿、唾液、培養上清(ヒトサンプルのみで試験済)から高純度なエクソソームを30分以内で単離することが出来ます。 使い慣れたスピンカラムタイプです。 細胞培養上清 血清 遠心濃縮• 超遠心、煩雑な単離操作は不要、操作時間は2-3時間程度• 超遠心よりも高い回収率(5-10倍)• 抗体ベースの手法より低コスト• 高純度のエクソソームを回収可能• 少量のサンプル(細胞培地:2-4mL、血清0. 2mL)から高収率で回収• 回収したエクソソームは各種アプリケーションに適用可能 尿 遠心濃縮• 高純度のエクソソームを単離• 超遠心法よりも高い回収率(約10倍)• 超遠心、煩雑な単離操作は不要、操作時間は2時間程度• 抗体ベースの手法より低コスト• わずか1mLの尿サンプルから高収率でエクソソームを回収• 回収したエクソソームは各種アプリケーションに適用可能(EM研究、エクソソームラベル、エクソソームサブポピュレーション、エクソソームmiRNAのqRT-PCRプロファイリング、エクソソームタンパク質のゲル分析やELISAなど) 体液 遠心濃縮• 各種体液サンプル(脳脊髄液(CSF)、羊水、炎症性液、リンパ液、母乳、唾液、胃腸液(GI)、肺胞洗浄液など)からエクソソームを単離• 5-2mLのサンプルから高収率でエクソソームを単離• 抗体ベースの手法より低コスト• 回収したエクソソームは各種アプリケーションに適用可能(EM研究、エクソソームラベル、エクソソームサブポピュレーション、エクソソームmiRNAのqRT-PCRプロファイリング、エクソソームタンパク質のゲル分析やELISAなど) 生体液(血漿、血清、尿など) 細胞培養上清 遠心濃縮• 短時間でエクソソーム単離• 超遠心不要• 簡単で迅速な手順• 臨床検体、細胞培養上清からエクソソームを単離• 少量のサンプルからも単離可能• タンパク質プロファイリングに最適• エクソソームに含まれる核酸(miRNAを含む)の抽出・プロファイリングに最適• 血清/血漿 尿 細胞培養上清 スピンカラム• 各サンプルから機能解析のためのインタクトなエクソソームを精製・濃縮• 様々なサンプル量に対応 (Mini/Midi/Maxiキットを用意)• 時間を要する超遠心分離、ろ過、特別なシリンジは不要• オーバーナイトインキュベーションは不要• プロテアーゼ処理不要• あらゆる動物種に対応• RNA結合タンパク質を含まない、高純度なエクソソームを精製• 血清/血漿 尿 細胞培養上清 スピンカラム• 各サンプルから機能解析のためのインタクトなエクソソームを精製・濃縮• 様々な量のサンプルに対応 (Mini/Midi/Maxiキットを用意)• microRNAを含む全サイズのエクソソーム/細胞外小胞由来のRNAを分離• サイズやGC含有量に関わらず全てのRNAを結合・溶出• フェノール抽出不要、プロテイナーゼK処理不要、キャリアRNA不要• 時間を要する超遠心分離、ろ過、特別なシリンジは不要• オーバーナイトインキュベーションは不要• RNA結合タンパク質を含まない、純粋なエクソソームを精製• 血清/血漿 尿 スピンカラム• microRNAを含む全サイズのエクソソーム/細胞外小胞由来のRNA、遊離循環RNAを分離• 様々な量のサンプルに対応 (Mini/Midi/Maxiキットを用意)• サイズやGC含有量に関わらず全てのRNAを結合・溶出• 時間を要する超遠心分離、ろ過、特別なシリンジは不要• オーバーナイトインキュベーションは不要• 高純度なエクソソームを回収• 超遠心法に比べて高い収率(約10倍)• 遠心操作も煩雑な単離操作も不要(操作時間は2時間以内)• 抗体ビーズ法よりも低コスト• 回収したエキソソームタンパク質は各種アプリケーションに適用可能(ELISA、タンパク質質量分析、タンパク質バイオマーカー検証、ゲル分析など) 精製エクソソーム 遠心• 精製したエクソソームから、界面活性剤を含まないトータルタンパク質を抽出• タンパク質抽出バッファーは界面活性剤/EDTA不含 エクソソームからRNAを抽出 商品 サンプル 単離方法 特長 血清 血漿 スピンカラム• miRNAを含む全サイズの遊離RNAを分離• 様々な量 0. 25〜5mL のサンプルに対応 (仕様から目的のサンプル量にあった品番をお選びください)• 阻害物質を含まない遊離RNAを分離• 阻害物質を含まない遊離RNAを分離• 様々な量 1〜10mL のサンプルに対応• microRNAを含む全サイズのエクソソームRNA/細胞外小胞RNAを分離• サイズやGC含有量に関わらず全てのRNAを結合・溶出• フェノール抽出不要、プロテイナーゼK処理不要、キャリアRNA不要• 高品質のRNAを35-45分間で迅速に精製• 沈殿試薬のコンタミ無し エクソソームの定量 商品 サンプル 定量方法 特長 注目商品! ヒト血液サンプル、細胞培養上清 ELISA法• 感度:3. 特殊な装置は不要で、通常のプレートリーダーがあれば測定可能(波長:450 nm)• 固相化した CD9 抗体 12A12 でエクソソームを捕捉し、HRP 標識した CD63 抗体(8A12)で検出 血液サンプル、細胞培養上清(無血清) ELISA法• 血液サンプルや細胞培養上清(無血清)などに含まれるエクソソームを直接定量可能• 特殊な装置は不要で、通常のプレートリーダーがあれば測定可能• 標準試薬として保存安定性に欠けるエクソソームそのものを使用せず、CD9 を固定した粒子径 200 nm のビーズを利用することで安定性と再現性を確保• エクソソーム構造を模した CD9 スタンダードビーズにより補正することで各サンプルの相対定量が可能• 固相化した CD9 抗体でエクソソームを捕捉し、HRP 標識した CD9 抗体で検出 血液サンプル、細胞培養上清(無血清) ELISA法• 血液サンプルや細胞培養上清(無血清)などに含まれるエクソソームを直接定量可能• 特殊な装置は不要で、通常のプレートリーダーがあれば測定可能• 標準試薬として保存安定性に欠けるエクソソームそのものを使用せず、CD63 を固定した粒子径 200 nm のビーズを利用することで安定性と再現性を確保• エクソソーム構造を模した CD63 スタンダードビーズにより補正することで各サンプルの相対定量が可能• 固相化した CD63 抗体でエクソソームを捕捉し、HRP 標識した CD63 抗体で検出 ヒト血液サンプル、細胞培養上清 ELISA法• ヒト PD-L1 陽性エクソソームを1Step ELISA 法で高感度に検出(検出感度: 0. ヒト血液サンプルや細胞培養上清などに含まれる PD-L1 陽性エクソソームを直接定量可能• 特殊な装置は不要で、通常のプレートリーダーがあれば測定可能• エクソソームのイムノキャプチャー・定量・特性解析に• Ready to use• アッセイ前のエクソソームの精製は不要 エクソソーム抗体 商品 タイプ 適用 特長 モノクローナル抗体 免疫沈降法によるエクソソームの単離• 高純度のエクソソームを単離• モノクローナル抗体 WB, IS• NSCLC(非小細胞肺がん)のエクソソームマーカーとして有用です。 モノクローナル抗体 WB, IS• エクソソームのcargo proteinの検出や卵巣がんの研究に有用です。 モノクローナル抗体 ポリクローナル抗体 WB, FACS, ELISA, IP, IHC, IF• 一般的なエクソソームマーカー(CD63、CD81、ALIX など)や、疾患特異的なエクソソームマーカー(癌や神経変性疾患)を認識• エクソソーム抗原に対する反応性を試験・検証済み.

次の

特集:Exosome(エクソソーム・エキソソーム)

エクソ

外名の例 [ ] 例を示せば、を Japanと呼ぶのは外名、「にっぽん」または「にほん」は内名ということになる。 このような例は世界中に無数にあり、原因としては各民族が独自の語彙で呼びならわした場合(ドイツ人:: Deutscherに対し、: German()、: allemand()、: tedesco、: tysk、: saksalainen()、: niemiec(疎通できない者達)、: vokietisなど)もあれば、内名と同じをもちながらさまざまにした場合(という名称は中世中国語での「日本」の発音に由来する、を英語・ドイツ語ではLondon 、・・ではLondres(ポルトガル語・スペイン語では「ロンドレス」、フランス語では「ロンドル」と発音は異なる) 、ではLondraと呼ぶ、など)もある。 外名には、全く同じつづり字、同語源、同意味であっても、発音だけが異なる場合も含めることがある。 例としてパリ(Paris) をフランス語では「パリ」、英語・ドイツ語では「パリス」と発音する。 つまり日本語で表記し日本語的に発音している以上、日本における外国の地名、民族名は全て外名であると言えないことも無い。 だが、それではあまりに意味を広く捉えすぎなので、ここでは Franceを「フランス」、 Italiaを「イタリア」とするような事例は外名には含めないことにする。 日本語の場合、古くから知られている地名に関してはポルトガル語やの発音を、近年知られるようになったものに関してはの発音をする事例(但し一部は非英語発音由来。 下記日本語における外名一覧を参照)が多いため、現地語の音とはだいぶ異なる名前で呼ぶ事が多い。 また、を他国語にしたものも外名と考える場合もある(下記コートジボワールの例を参照)。 ただし、 Republic of 〜を「-共和国」とするように、国の形態を示す語を翻訳する事については外名と考える事はほとんどない。 United States of Americaを「」ではなく「アメリカ合衆国」と訳すのは、単純な翻訳ではなくが含まれるので外名であるとする意見もある。 外名撤廃の動き [ ] 20世紀後半から外名撤廃の動きが現れ始め、近年特に旧によってつけられた外名や、民族名で的響きがある外名の撤廃の動きが勢いを増している。 前者では「」の「チョモランマ」への言い換え、後者では「」の「」への言い換えなどが特に有名な例であろう。 また、このようなものではなくても、歴史的背景から敬遠されるエクソニムも存在する。 以上の例は場合によっては外交的国際問題にまで発展しかねない。 外名が撤廃された例として、諸国での首都を、名 Angoraではなく名 Ankaraと呼ぶのが通例となっていることなどが挙げられる。 一方で議論の俎上に置いた時代に沿った名称を敢えて使用したり、国家の公用語とその地域で使われている言語が異なる場合に現地の言語を優先したり、既に学術用語として定着しているために古い名称を使用する場合もある。 外名と領土問題 [ ] 領土問題が係争中の領域や、二国間に挟まれる領域の呼称に関しては、関係各国がそれぞれ自国の内名を主張することもあるため、たびたび混乱がおこる。 日本に関する例としては、地図上の「」の表記を・にかけて表示するかの東側にするか、または「」を併記するか、という問題や、「」や「」の呼称に関する問題が挙げられる。 実際に各国においてどのように表記されるかは、国際的な慣習や各国政府の方針によるところが大きい。 国際連合の外名に対する態度 [ ] の地名標準化会議で外名の使用を減らそうという勧告をしているものの、下記に見られるように、外名に対し寛容な態度も示している。 Time has, however, shown that initial ambitious attempts to rapidly decrease the number of exonyms were over-optimistic and not possible to realise in the intended way. (しかしながら外名の使用数を急速に減らそうという当初の熱心な動きは、時が経つにつれ、かなり楽観的すぎた考えであり、元々の方法では実現できないことがわかってきた。 一つの言語圏で多くの外名が一般化されていたり、 言語的文化の伝統の一つとして捉えられるようになっているのが、その理由であろう) 日本の外名 [ ] 漢字の各言語読み [ ]• :日本、yat pun(ヤップーン)• (・など):日本、zat bun(サプン)• : 일본、il bon(イルボン)• 「ヤポン」系• :Japonsko(ヤポンスコ)、:Japonska(ヤポンスカ)、:Japonsko(ヤポンスコ)• 「ジャポン」系• 「ハポン」系• その他• 「ヤパン」系• :Japani(ヤパニ)• 「ジャパン」系• :Japani(ジャパニ) 日本語における外名一覧 [ ] 国名の外名 [ ] 表には挙げないが、イギリスを表す「英国」、アメリカを表す「米国」なども外名である。 英語発音はアイアランド。 Argentina(「アルヘンティーナ」) のArgentineから。 Andorra(「アンドッラ」) 英語の発音から。 United Kingdom(「ユナイティッド・キングダム」英語) を意味するのInglezから。 英語発音はイージプト。 Eesti(「エースティ」) 英語などのEstoniaから。 Nederland(「」) のポルトガル語訳であるHolandaがポルトガル人宣教師によって戦国時代に持ち込まれたもの。 조선(「チョソン」) 位置を明確にする為の方角を漢字表記に付加したもの。 英語発音はギニー。 Hrvatska(「フルヴァツカ」) 英語のCroatiaから。 Kenya(「ケニャ」) 英語の発音から。 Sierra Leone(「シエラ・リオーン」「シエラ・リオーニ」英語) スペイン語の発音から。 Sverige(「スヴェリエ」) のZwedenの方言か。 Slovensko(「スロヴェンスコ」) 英語などのSlovakiaから。 Chile(「チレ」スペイン語) 英語の発音から。 Danmark(「ダンマハク」) 英語のDenmarkから。 Deutschland(「ドイチュラント」ドイツ語) オランダ語のDuitslandから。 Nigeria(「ナイジアリア」英語) 英語の誤読から。 Naoero(「ヌゥエッロ」) 英語のNauruから。 Norge(「ノルゲ」) Noreg(「ノレグ」ノルウェー語 ) 英語のNorwayから。 Belau(「ベラウ」)・ Palau(「パラウ」英語) スペイン語のPalaosから。 Barbados(「バーベイドス」英語) ポルトガル語の発音から。 Pilipinas(「ピリピーナス」) 英語のPhilippinesから。 Suomi(「スオミ」) 英語またはのFinlandから。 Bosna i Hercegovina(「ボスナ・イ・ヘルツェゴヴィナ」) 英語のBosnia and Herzegovinaから。 英語におけるHerzegovinaの発音はハーツィゴウヴィーナ。 Honduras(「オンドゥラス」スペイン語) 英語の発音から。 Micronesia(「マイクロニージャ」英語) ギリシャ語などの発音から。 Lietuva(「リェトゥヴァ」) 英語のLithuaniaから。 Liberia(「ライビアリア」英語) ラテン語などでの発音から。 La Habana(「」) 英語のHavanaから。 Venessia(「ヴェネースィア」ヴェネツィア方言) Venezia(「ヴェネツィア」イタリア語) 英語のVeniceから。 原音主義に則り ヴェネツィアと呼ぶ事の方が多いが、慣用的に ベニス( ヴェニス)と書くこともある(など)。 Madrid(「マドリー」) 英語の発音から。 スペイン語では「マドリース」「マドリー」などと発音する。 Melaka(「ムラカ」) 英語のMalaccaから。 なお現地では、以前の正式名称の略称DF(デー・エフェ、Distrito Federalの略)と呼ばれることも多い。 Lisboa(「リジュボア」) 英語のLisbonから。 関連項目 [ ]• (一人称) 脚注 [ ]• この意見は明らかな誤りであり、例えばの『』(1970年、朝日新聞社)などからこの謬説が社会に広く流通している。 しかしながら、宮澤俊雅「「US漢号」覚書:「合衆国」考」『北海道大学文学研究科紀要』2003年 2月28日、千葉謙悟「the United States と合衆國」『早稲田大学大学院文学研究科紀要. 第2分冊, 英文学フランス文学ドイツ文学ロシヤ文学中国文学』2003年などが「合衆国」と表記することの正しさについて考証している。 また United States of Americaを「合州国」と表記することは、通常「州」と翻訳されているstateを日本の行政単位である都道府県と同じものとする錯誤によるものでもある。 以上の理由から、「アメリカ合衆国」ではなく「アメリカ合州国」と翻訳表記することの方にむしろ意訳を認めるべきだろう。 22nd Session of 2004, working paper 75 submitted by Sweden 外部リンク [ ]• (英語).

次の

外名

エクソ

グローバル エキソソーム市場の展望、主要なセグメントと予測、2020年から2026年までの包括的な分析。 エキソソーム市場レポートは、ビジネス戦略家にとって貴重なデータソースです。 それは、次のパラメーターの歴史的および未来的な視点で市場成長分析を伴う業界の概要を提供します。 コスト、収益、需要、および供給データ(該当する場合)。 レポートでは、プレーヤー、国、製品タイプ、および最終産業の観点から、世界および主要地域の現在の見通しを調査しています。 このエキソソーム市場調査は、このレポートの理解、範囲、および適用を強化する包括的なデータを提供します。 エキソソーム市場は、2020-2026年の予測期間中にほぼ18. 0%のCAGRを登録すると予想されます。 トップ企業:Fujifilm、Thermo Fisher Scientific、Danaher、Illumina、Qiagen、Takara Bio、Malvern Instruments、Miltenyi Biotec、MBL International、Lonza。 このレポートのサンプルコピーを取得: 概要: 癌患者の有病率の増加は、エキソソーム市場の需要の増加に直接影響を与えます。 世界保健機関(WHO)の2012年の報告によると、癌の新規症例は1,400万人で、これは今後20年間で約70%増加すると予想されています。 米国では、2018年のNational Cancer Instituteレポートによると、米国で推定170万人の癌の新規症例が診断され、ほぼ60万人の患者が癌のために死亡しました。 牛乳から抽出されたエキソソームは、肺癌および乳癌に対する治療分子の送達に使用されています。 体の特定の部位に由来するエキソソームは、その小さいサイズ、固有の性質、および生物学的障壁を越える能力のために強化された受動的標的化により、抗癌ワクチンの有望な候補です。 したがって、病院での癌症例の増加は、診断および治療におけるエキソソームの需要を直接増加させます。 レポートの範囲 エキソソームは、培養中のほとんどの細胞によって分泌されるエンドサイトーシス起源の小さな膜小胞であり、多小胞体(MVB)、中間エンドサイトーシスコンパートメントの原形質膜との融合時に作成されます。 それらはナノサイズの小胞であり、DNA、マイクロRna、非コードRna、および脂質を直接細胞間接触の有無にかかわらず転送できます。 これは、細胞内コミュニケーションの新しい方法です。 治療用途では高い成長率が見込まれる 北米地域は、より優れたヘルスケアインフラストラクチャ、効果的な政府の政策、多国籍企業の巨大な基盤、診断とヘルスケアに関する人々の高い意識により、エキソソーム市場で最大のシェアの1つを保持しています。 メラノーマ、乳がん、肺がん、膵臓がんなどのいくつかの種類のがんにおけるエキソソームを使用する薬物の役割に関して、政府が資金を提供する多くの研究が行われています。 MerckやExosome Diagnosticなどの企業は、米国で臨床試験を実施するために、エール大学やミシガン州立大学などのいくつかの大学を支援し、協力しています。 グローバルエキソソーム市場の製品タイプとアプリケーション別 このレポートは タイプに基づいてグローバルエキソソーム市場をセグメント化し ます。 がん、感染症、神経変性疾患、循環器疾患 地域分析:市場のダイナミクスを包括的に理解するため、 米国、 中国、ヨーロッパ、 日本、 中東&アフリカ、インドなど、主要な地域全体でグローバルな エクソソーム市場を分析します。 これらの各地域は、市場のマクロレベルの理解のために、これらの地域の主要国全体の市場調査結果に基づいて分析されます。 詳細な目次を含む完全なレポートをここで探索してください: エキソソーム市場レポートの影響: — エキソソーム市場におけるすべての機会とリスクの包括的な評価。 — Exosomes市場の最近の革新と主要なイベント。 -Exosomes市場をリードするプレーヤーの成長のためのビジネス戦略の詳細な調査。 -今後数年間のエクソソーム市場の成長計画に関する決定的な研究。 -Exosomes市場の詳細な理解-特定の推進力、制約、および主要なマイクロ市場。 エキソソーム市場を打つ重要な技術と市場の最新トレンドの中での好ましい印象。 レポートで説明されている市場要因は何ですか? -主要な戦略的開発:研究には、R&D、新製品の発売、M&A、契約、コラボレーション、パートナーシップ、合弁事業、およびグローバルで市場で活動する主要な競合他社の地域的成長を含む、市場の主要な戦略的開発も含まれます地域規模。 さらに、この調査では、関連する市場セグメントとサブセグメントとともに、主要な市場ダイナミクスとその最新の傾向について包括的な調査を提供しています。 — 分析ツール:グローバルエキソソーム市場レポートには、いくつかの分析ツールを使用して、市場における主要な業界プレーヤーとその範囲の正確に調査および評価されたデータが含まれています。 ポーターの5つの力の分析、実現可能性の調査、投資収益率の分析などの分析ツールは、市場で活動する主要企業の成長を分析するために使用されています。 最後に、エキソソーム市場レポートは、ビジネスを飛躍的に加速する市場調査を行うための信頼できる情報源です。 このレポートは、新しいタスクSWOT試験、投機的到達可能性調査、およびベンチャーリターン調査をさらに提示します。 また、特定のクライアント要件に基づいてレポートをカスタマイズすることもできます。 1-選択した5か国の無料の国レベルの分析。 2-あらゆる市場プレーヤーの無料の競争分析。 3-他のデータポイントをカバーする無料の40アナリスト時間 会社概要: MarketInsightsReports提供などの業界業種のシンジケート市場調査 等のヘルスケア、情報通信技術(ICT)、テクノロジーとメディア、化学、材料、エネルギー、重工業、 MarketInsightsReports世界と地域のマーケットインテリジェンスカバレッジ、360-を提供統計予測、競合状況、詳細なセグメンテーション、主要な傾向、および戦略的推奨事項を含む学位市場ビュー。

次の