群発 頭痛。 慢性頭痛や片頭痛などの頭痛の悩み|症状・悩みから選ぶ|漢方セラピー|クラシエ

群発頭痛30年

群発 頭痛

日本人の多くは慢性頭痛 日本人の多くはいわゆる頭痛持ちで、慢性頭痛に悩んでいるといわれ、なかでも片頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛は三大慢性頭痛といわれています。 一般的に片頭痛は女性に多く、緊張型頭痛は男女関係なく起こります。 群発頭痛は男性に多いとされています。 頭痛のタイプと症状 それでは、頭痛のタイプや症状について見ていきましょう。 一次性頭痛(慢性頭痛)と二次性頭痛(症候性頭痛) 頭痛は大きく、一次性頭痛(慢性頭痛)と二次性頭痛(症候性頭痛)の2つに分類できます。 一次性頭痛は、慢性頭痛のことで、代表的なものに、「片頭痛」「緊張性頭痛」「群発頭痛」があります。 一方、二次性頭痛は、クモ膜下出血、脳腫瘍、慢性硬膜下血腫、副鼻腔炎(蓄膿症)など、ほかの病気が原因で起こる頭痛です。 「片頭痛」「緊張性頭痛」「群発頭痛」とは 片頭痛…ズキンズキンという拍動性の痛みが、頭の片側(ときには両側)に起こります。 発生頻度は月に2~4回ほどで、痛みは数時間~3日間ほど続くといわれています。 また、吐き気を伴うこともあり、光をまぶしく感じたり、音にも敏感になったりします。 緊張性頭痛…首や肩が凝り、頭の中に重さや圧迫感を感じて、痛みは1日中続くといわれています。 ストレス頭痛ともいわれていて、精神的または身体的ストレスによって、筋肉が収縮して血行が悪化することで起こります。 群発頭痛…片目の奥がえぐられるような激痛が、毎日1~2時間、1~2カ月間続くこともあります。 痛いほうの目から涙が出たり、充血したり、鼻水が出ることがあります。 痛みは夜中や明け方に起きることが多いとされています。 頭痛薬の飲み過ぎはさらに頭痛を悪化させる? 片頭痛や緊張性頭痛に悩む人が、頭痛薬を長期間、頻回服用など乱用することによって慢性的に頭痛を起こすようになった状態を薬物乱用頭痛といいます。 詳しい原因はまだわかっていません。 頭痛薬の服用が慢性化して、月の半分以上も飲むようになると危険な状態ですから、早めに頭痛の専門医を受診しましょう。 漢方医学でみる頭痛の原因 頭痛は、何らかの原因によって(体の中のめぐりがじゃまされて)、上部(頭)への「気」や「血(けつ)」の流れが乱れてしまった状態です。 その原因が「冷え」である場合は、頭痛が生じるだけでなく、胃腸のはたらきも弱り、吐き気や嘔吐なども生じます。 漢方では、「気」を補い、胃腸を温め、はたらきを高めることで、滞った「気」をめぐらせ、頭痛を改善していきます。 また、頭痛と同時にはき気、肩こり、こわばりも治していきます。 頭痛に効果的な漢方薬 次に、頭痛に効果的な漢方薬をご紹介します。 ズキズキする頭痛、頭痛からくる吐き気でお悩みの方に.

次の

群発頭痛に対するマクサルトの効果と副作用

群発 頭痛

概要 群発頭痛とは、眼の周囲から前頭部、側頭部にかけて激しいが生じる病気です。 一定期間、頭痛を繰り返す(群発)ことが特徴です。 頭痛を引き起こす病気は数多くありますが、群発頭痛はそのなかでも、明らかな原因が特定できず、痛みそのものが病気である「一次性頭痛」に分類されています。 一次性頭痛にはその他、や緊張性頭痛などがあります。 群発頭痛の有病率は1,000人に1人程度と推定されており、片頭痛に比べるとかなり珍しい病気です。 群発頭痛は20〜40歳代までの男性に発症することが多く、女性に多い片頭痛とは対照的です。 さらに、アルコール摂取により発作が誘発されることもあります。 群発頭痛では、急性期の頭痛への対処療法に加えて、薬物による予防が講じられることがあります。 群発頭痛の痛みは非常に強く、人格が変わってしまうこともあるほどです。 また一定期間、周期性を持って繰り返すこともあり、日常生活に大きな支障が出ます。 発症パターンを認識しつつ、適切な対処方法を検討することが大切です。 症状 群発頭痛で生じるは、一定の周期性を持って発症することが特徴的です。 たとえば「春や秋、あるいは4月になると1か月間、連日のように夜中の3時に痛みで目が覚める」というように、特定の時期の決まった時間に頭痛が起こります。 頭痛の発作は1~2時間、2週間から1か月間連日のように続いた後、ぱたりと発作が治まり、半年から一年経つと再び発作が起こるという「周期性」が大きな特徴です。 群発頭痛で生じる頭痛は、激烈であることも知られています。 目玉をえぐられるような、火箸棒で眼をぐりぐりされるような、と表現されるほど耐え難い痛みです。 そのため、じっとしていられないばかりではなく、人格を変えてしまい興奮状態に陥ることもあります。 さらに頭痛発作が起こっているときには、さまざまな随伴症状を伴います。 具体的には、結膜充血や涙、鼻詰まりや鼻水、眼瞼浮腫、顔面の汗や紅潮、耳詰まりなどが生じます。 治療 群発頭痛は、薬物療法と酸素吸入、神経ブロック療法によって治療します。 薬物療法は、でも使用されることのあるトリプタン製剤を用います。 その他、一般的な鎮痛剤(NSAIDsなど)が使用されることもあります。 の発作が生じているときに高濃度の酸素を吸入することも、頭痛の軽減に効果的です。 また、頭痛の発作予防としてカルシウム拮抗薬の内服を行うこともありますが、や心収縮力の低下、低血圧には注意が必要です。 薬物治療方法以外の手段としては、痛みの伝達を遮断する神経ブロック療法が挙げられます。 神経ブロック療法とは、神経伝達の道中に所麻酔薬を注入し、神経の機能を一時的に麻痺させ痛みを感じなくさせる治療方法です。 群発頭痛は、いずれの方法であっても治療効果が得られない場合があります。 そのため自分自身にあった治療方法を模索しつつ、うまく対応することが大切です。

次の

群発頭痛の根本的な治し方|松下和医術院

群発 頭痛

群発頭痛の診断は、片頭痛や緊張型頭痛と同じく国際頭痛分類の診断基準に従ってなされています。 また群発頭痛のような激しい一側の痛みはくも膜下出血、動脈解離、脳腫瘍などでも起こることがあり必要に応じて MRIなどの検査で他の原因を除外します。 群発期は半年から 2年に 1回程度起こり、ひとたび起こると 1-2か月持続します。 また群発期が 1年以上続くことがあり、この場合慢性群発頭痛と診断します。 診断基準に無い特徴として、 飲酒で発作が誘発される、夜間痛みで目が覚める、ことがあります。 日本人と欧米人の違いとして、慢性群発頭痛は欧米では群発頭痛の1~2割に認めますが日本人は数%しかいないこと、欧米人には殆どいませんが日本人では約 2割が発作中にじっとしていられない感じがあっても実際には動かずにじっと我慢していること、があります• 静岡赤十字病院神経内科 今井 昇• 女性の性周期に合わせて毎月起こる片頭痛とは異なり、 群発頭痛は一年のうち、限られた数週間から数か月の間に連日連夜の如く集中的に起こり、またその期間中、脳は異常な興奮状態を繰り返します。 従って患者さんが自分の群発期間をよく把握しておくことにより、起こりそうな予兆として、寝つきの悪さ、夜間の突然の覚醒、もしくは顔面の額のあたりの赤らみなどの症状が現れ始めたら、すぐに専門の医師を受診し、 頭痛発作の予防薬を処方してもらい服用することが大切です。 群発頭痛を予防する薬剤としては、神経細胞膜の安定化作用のある ベラパミル塩酸塩(ワソラン錠)や、大脳皮質の過敏性を抑える効果のある バルプロ酸ナトリウム(デパケン錠、セレニカ錠)などを患者さんの症状に合わせて適宜処方します。 また頭痛発作が激烈な初期の 2週間ぐらいに限り、神経や脳血管の腫れをとる作用を持つ 副腎皮質ホルモンを併用することもあります。 このような予防薬の毎日の服用と共に、発作期間中は睡眠時間を十分に確保する、 アルコール摂取や喫煙を控えるなどの生活習慣の改善により、連日の頭痛発作はその頻度や程度が徐々に軽減してゆきます。 それでも耐え難い頭痛発作が起こった際には、医療機関で 純酸素をゆっくりと 15分くらい吸入すると改善することもありますが、スポーツ用品として販売されている酸素スプレー缶では数分でなくなるため効果は得られません。 頭痛発作時の頓挫薬として スマトリプタンの在宅自己注射を行うことも可能になりましたが、 スマトリプタンの点鼻剤 保険適応外 でも効果が得られることが多く、自己注射は患者指導が十分に行き届いた時点で処方いたします。 またスマトリプタン以外のトリプタン製剤の錠剤や口腔内崩壊錠(速容錠)でも効果が得られることもありますので、担当の医師と相談のうえ、 最も有効な発作回避法やトリプタン製剤を選んで発作に対処してゆくことが大切です。 東京女子医科大学 脳神経外科 頭痛外来 客員教授 清水俊彦• 群発頭痛の発生機序については、ホルモン説、体内時計の狂い、遺伝子説やなど、諸説ありますが、いまだ正確には解明されていません。 群発頭痛が女性よりも男性に圧倒的に多いことから、男性ホルモンの過多が関係しているとも考えられますが、女性でも起こることからすべての群発頭痛の患者さんに当てはまるとは言えないでしょう。 脳の視床下部に存在する体内時計の狂いにより起こるとの説も、群発頭痛が睡眠中の毎日決まった時刻に起こりやすいことから関連があるのではないかと考えられます。 欧米の研究で睡眠に関連した遺伝子の異常も報告されています。 群発頭痛は春先や秋口あるいは年末になど季節の変わり目に多いことから、水痘ウイルスと群発頭痛との関連を指摘する説があります。 小児期の水痘感染後、顔面や頭部に分布する三叉神経の神経節にウイルスが潜在し、季節の変わり目などに活性化すると帯状疱疹を発症します。 群発頭痛の激烈な痛みは、眼の奥にある脳に血液を送る内頚動脈と呼ばれる大切な血管を保護するクッションのような役目をしている海綿静脈洞と呼ばれる細かい静脈のネットワークが異常に腫れることにより起こるとされていますが、前述のようないろいろな素因によりこの異常な腫れが引き起こされるのではないかと考えられます。 片頭痛の患者さんが発作の時動くと痛みが強くなるため、じっとしているのとは逆に、群発頭痛の患者さんが発作時にのた打ち回って暴れることが多いのは、頭部を激しく動かすことでこの静脈洞にたまった血液が分散して腫れが引き痛みが和らぐためではないかとも考えられています。 東京女子医科大学 脳神経外科 頭痛外来 客員教授 清水俊彦• 群発頭痛の発症年齢は通常20-40歳代である.男性における有病率は女性の3-7倍である (慢性頭痛の診療ガイドライン2013より抜粋). これまでの検討では,男女比に関しては5:1から6. 7:1で男性に多いと報告されていました.しかし,Manzoniらは群発頭痛の発症の時期を10年ごとに比較して,徐々に男性の優位性が低下してきている事を報告しております(1960年以前の発症例では男女比6. 2:1であるが,1990-1995 年の発症例では3. 5:1と減少してきている).このことは生活習慣の変化,特に女性の喫煙率の上昇との関連が示されております. また,発症年齢は20-40歳での発症が多く,本邦の報告でも,平均発症年齢は男性で29-40歳,女性が24-40歳と同様でした.• 群発頭痛の有病率は10万人あたり56-401人程度と報告されており, 片頭痛に比べその患者数は少ない(慢性頭痛の診療ガイドライン2013より抜粋). 有病率調査は報告により様々でありますが, 10万人あたり56人から401人と片頭痛に比べその患者数は極めて少ないです(過去1年間の片頭痛有病率は本邦では,男性3. ・TACsには、以下の頭痛が含まれています。 1 群発頭痛 2 発作性片側頭痛 3 結膜充血および流涙を伴う短時間持続性片側神経痛様頭痛発作(SUNCT) SUNCTは、頭部自律神経症状を伴う短時間持続性片側神経痛様頭痛発作(SUNA)の仲間と考えられています。 TACsには、痛みが一側性の眼窩部、眼窩上部または側頭部に起こるなど共通する要素も多いのですが、痛みの性状はそれぞれ異なります。 相違点は次のようになります。

次の