明日 へ 架ける 橋。 <歌詞和訳>Bridge Over Troubled Water (明日に架ける橋)

Bridge Over Troubled Water 和訳 Simon and Garfunkel 明日に架ける橋

明日 へ 架ける 橋

 アメリカのフォークデュオ サイモン&ガーファンクルのラストアルバムとなる5作目「 Bridge Over Troubled Water」 邦題: 明日に架ける橋 に収録されている曲です。 同アルバムの2枚目のシングルとして、1970年1月にリリースされました。 サイモン&ガーファンクルの曲のうち、最もよく知られる曲で、エルヴィス・プレスリーやジャクソン5、スティービー・ワンダー、アレサ・フランクリン等数多くのアーティストにカバーされています。 困難に直面する歌詞、ゴスペル風の曲調、ラストアルバムに収録という点で、ビートルズの『』と比較される事が多いそうです。 そういう意味では、「 明日に架ける橋」という邦題は、抽象的な「 ブリッジ・オーバー・トラブルド・ウォーター」のニュアンスを、上手くくみ取った表現だと思われます。 歌詞の内容は、「 苦境にいる人を献身的に励ます曲」と受け取れます。 これは、当時ベトナム戦争(1955年~1975年)で疲弊していたアメリカの人々に響いたと言われています。 一方で、ドラッグに関するものという解釈もあります(詳細は和訳の後に掲載しています)。 君の夢はその先にある ほら、あんなにも輝いている、あぁ 友が欲しければ 僕がすぐ後ろからついて行くよ ・ Silver Girl この曲の中で最も意味がわからない言葉です。 ポールによると後に妻となる女性ペギーの髪に白髪を発見した事を冗談めかして言った言葉がもとになっているそうです。 内は、それをくみ取って私なりに解釈した訳です。 Like a bridge over troubled water I will ease your mind Like a bridge over troubled water I will ease your mind 激流を越える橋のように 君の心を和らげよう 激流を越える橋のように 君の心を和らげよう ・ ease 楽、安心、 安心させる、ゆるむ 言葉の解説と考察 人を励ます時、「 橋になる」という表現はあまり一般的ではありません。 「橋になる」というのは、「君を守る」とか「君を導く」のではなく、「 君が困難を乗り越える為の、道具になる」というニュアンスだと思われます。 となると、「疲弊した大衆に向けて、アーティストとして音楽で貢献する」あるいは「愛する人への精一杯の献身」ととらえるのが自然だと考えられます。 別の解釈として、僕 I は、使用者 you を「現実の向こう側への橋渡しとなる」ドラッグである、という解釈もあります。 silver girl という不自然な言葉を「注射針」と見なす事もできます。 私がこの投稿をする際、当初、このドラッグ説は無視しようと考えていました。 しかし、訳を進めていくうちに最後のフレーズ「 I will ease your mind」について、それまでの文脈から考えてぴったりくる訳が思い浮かびませんでした。 (橋は「安らぎ」を与えてくれる存在ではないはずなので) 反対に、ドラッグ説ですと「安らぎ」はぴったりします。 とはいえ、この曲は「励ましの歌」として多くの人々に力を与えた事は確かです。 ポールの当初の意図とは別に、この曲は「献身的な励ましの歌である」とリスナー視点で受け取るべきではないでしょうか。 収録アルバム アルバムジャケットを押すと アマゾンのページへ移動します。 Bridge Over Troubled Water(邦題: 明日に架ける橋 1970年) 代表曲を網羅した、全20曲収録のベストアルバムです。 タイトルの由来 タイトル「 Bridge Over Troubled Water」は素晴らしい表現だと思いますが、これには参考となった曲があるそうです。 そして、ジーターに対して著作権も支払われたと言います。 カテゴリー•

次の

ソファーベッドの買い替え(1人暮らしのワンルームに最適なソファーベッド)

明日 へ 架ける 橋

この4曲入りEPには「明日に架ける橋 Bridge Over Troubled Water 」、「フランク・ロイド・ライトに捧げる歌 So Long, Frank Lloyd Wright 」、「ボクサー The Boxer 」、「ソング・フォー・ジ・アスキング Song For The Asking 」の未発表ライヴ・ヴァージョンが収録されている。 カーネギー・ホールでの録音は、サイモン&ガーファンクルが5作目にして最後のスタジオ・アルバムとなった『明日に架ける橋』 オリジナル盤発売日:1970年1月26日 の発売2ヶ月前にファンに向けてコンサートで初披露した各曲の初期の演奏である。 ルーツ・ロックやゴスペルからソウル、ジャズ、ワールド・ミュージックまで幅広い音楽的影響を取り入れた『明日に架ける橋』は、ポール・サイモンとアート・ガーファンクルにとっての新しいクリエイティヴ面での方向性や未来のソロ・キャリアを示唆したアルバムで、同作は10ヶ国でチャートの首位を獲得し、1970年に最も売れたアルバムとなった。 『明日に架ける橋』はアルバム・オブ・ザ・イヤー、最優秀アルバム技術賞 Best Engineered Recording などグラミー賞を6部門受賞し、タイトル曲は1971年度グラミー賞のレコード・オブ・ザ・イヤー、ソング・オブ・ザ・イヤー、コンテンポラリー・ソング・オブ・ザ・イヤー、最優秀インストゥルメンタル編曲賞 Instrumental Arrangement of the Year を受賞した。 アルバムは全米レコード協会 RIAA の8xプラチナ・アルバムに認定されており、推定売上枚数は全世界で2,500万枚と、驚異的なセールスを記録している。 ポップ・カルチャー史上最高傑作のひとつとして高く評価されている『明日に架ける橋』は、その時代を超える恒久的な普遍性により、1960年代と次の10年間の橋渡し役を務めた。 同作のタイトル・トラックはサイモン&ガーファンクルの最も売れたシングルにして代表曲となり、アレサ・フランクリン、エルヴィス・プレスリー、ウィリー・ネルソン、ジョニー・キャッシュとフィオナ・アップルのデュエット、そしてジョン・レジェンドなど、多くのアーティストにカヴァーされる不変の音楽的試金石となった。 ジェニファー・ルボー Jennifer Lebeau 監督によるドキュメンタリー映画『The Harmony Game: The Making of Bridge Over Troubled Water』で、このアルバムや各曲の制作秘話を観ることが出来る。 ポール・サイモン、アート・ガーファンクル、同作をサイモン&ガーファンクルと共同でプロデュースしたロイ・ハリーをはじめ、ピアニストのラリー・ネッチェル、ドラマーのハル・ブレイン、その他のミュージシャンや、アルバムへの主な貢献者たちとの貴重なインタビューがフィーチャーされ、『明日に架ける橋』の制作時を振り返っている。 もともとこのドキュメンタリー映画『The Harmony Game』は2011年、ソニーミュージックがリリースした『明日に架ける橋』40周年記念盤の中のDVDに収録されていたもの。 その抜粋映像が今後YouTube上で順次公開が予定されている。

次の

Bridge Over Troubled Water 和訳 Simon and Garfunkel 明日に架ける橋

明日 へ 架ける 橋

この4曲入りEPには「明日に架ける橋 Bridge Over Troubled Water 」、「フランク・ロイド・ライトに捧げる歌 So Long, Frank Lloyd Wright 」、「ボクサー The Boxer 」、「ソング・フォー・ジ・アスキング Song For The Asking 」の未発表ライヴ・ヴァージョンが収録されている。 カーネギー・ホールでの録音は、サイモン&ガーファンクルが5作目にして最後のスタジオ・アルバムとなった『明日に架ける橋』 オリジナル盤発売日:1970年1月26日 の発売2ヶ月前にファンに向けてコンサートで初披露した各曲の初期の演奏である。 ルーツ・ロックやゴスペルからソウル、ジャズ、ワールド・ミュージックまで幅広い音楽的影響を取り入れた『明日に架ける橋』は、ポール・サイモンとアート・ガーファンクルにとっての新しいクリエイティヴ面での方向性や未来のソロ・キャリアを示唆したアルバムで、同作は10ヶ国でチャートの首位を獲得し、1970年に最も売れたアルバムとなった。 『明日に架ける橋』はアルバム・オブ・ザ・イヤー、最優秀アルバム技術賞 Best Engineered Recording などグラミー賞を6部門受賞し、タイトル曲は1971年度グラミー賞のレコード・オブ・ザ・イヤー、ソング・オブ・ザ・イヤー、コンテンポラリー・ソング・オブ・ザ・イヤー、最優秀インストゥルメンタル編曲賞 Instrumental Arrangement of the Year を受賞した。 アルバムは全米レコード協会 RIAA の8xプラチナ・アルバムに認定されており、推定売上枚数は全世界で2,500万枚と、驚異的なセールスを記録している。 ポップ・カルチャー史上最高傑作のひとつとして高く評価されている『明日に架ける橋』は、その時代を超える恒久的な普遍性により、1960年代と次の10年間の橋渡し役を務めた。 同作のタイトル・トラックはサイモン&ガーファンクルの最も売れたシングルにして代表曲となり、アレサ・フランクリン、エルヴィス・プレスリー、ウィリー・ネルソン、ジョニー・キャッシュとフィオナ・アップルのデュエット、そしてジョン・レジェンドなど、多くのアーティストにカヴァーされる不変の音楽的試金石となった。 ジェニファー・ルボー Jennifer Lebeau 監督によるドキュメンタリー映画『The Harmony Game: The Making of Bridge Over Troubled Water』で、このアルバムや各曲の制作秘話を観ることが出来る。 ポール・サイモン、アート・ガーファンクル、同作をサイモン&ガーファンクルと共同でプロデュースしたロイ・ハリーをはじめ、ピアニストのラリー・ネッチェル、ドラマーのハル・ブレイン、その他のミュージシャンや、アルバムへの主な貢献者たちとの貴重なインタビューがフィーチャーされ、『明日に架ける橋』の制作時を振り返っている。 もともとこのドキュメンタリー映画『The Harmony Game』は2011年、ソニーミュージックがリリースした『明日に架ける橋』40周年記念盤の中のDVDに収録されていたもの。 その抜粋映像が今後YouTube上で順次公開が予定されている。

次の