外出 自粛 要請。 外出自粛どちらが正しい?…県は要請を解除、国交省は呼びかけ : 国内 : ニュース : 読売新聞オンライン

神奈川県の「休業要請」は5/27(水)0時に解除、外出自粛要請も解かれる

外出 自粛 要請

小池都知事は、東京都が「感染爆発の重大局面」にあることを強調した(写真:時事) 「今までとは違い、何か得体の知れない(ことが起きている)という感覚を抱いた。 今週に入りオーバーシュート(感染爆発)の懸念がさらに高まっている。 今がまさに重要な局面だ」 3月25日に行われた、小池百合子東京都知事の緊急会見。 小池都知事は、東京都内で新型コロナウイルスの感染者が急速に広がる現状への危機感を隠さなかった。 新規感染者が急増した 同日に都内で新たに判明した感染者数は、1日では過去最大の41人に上った。 3月に入ってから10人前後で横ばいが続いていた(23日は16人、24日は17人)新規感染者が一気に倍増した形だ。 その内の5人には海外渡航歴があることがわかっているものの、会見時点で感染経路が不明な感染者は13人に上った。 厚生労働省の専門家会議は、「感染経路を追えない感染者」が増えることはオーバーシュートを引き起こす要因になると指摘している。 さらに、台東区にある永寿総合病院では11人の関係者が集団感染を起こし、「院内感染を起こした可能性があると考えている」(内藤淳・東京都福祉保健局長)。 同病院は外来診療を休止した。 都は3月23日に、4月12日まで大規模イベントの開催・参加を自粛する要請をしていた。 その発表からわずか2日。 こうした急速な感染者数の拡大を受け、さらに都は新たに4つの要請を行った。 その内容は以下の通りだ。

次の

神戸新聞NEXT|総合|休業要請6月1日全面解除 外出自粛も緩和 兵庫県

外出 自粛 要請

「不要不急の外出を控えて」だとか 「外出自粛要請」だとか、 そういう言葉を聞くことも あるかと思います。 通常ではそのようなことは起きませんが、 例えば、台風などの悪天候が予想される際に 注意喚起として「不要不急の外出を控えて」と 気象庁などから発表されることもありますし、 新型ウイルスなどの流行が発生した際にも 外出自粛のお願いなどが出たりすることもあります。 仕事は?遊びに行っちゃいけないの? 外に出たら犯罪なの??とか、いろいろ疑問に 思う人もいると思います。 外出自粛の要請や、不要不急の外出を~、という場合は どうすれば良いのでしょうか。 基本的には「お願い」であり「強制」ではない 不要不急の外出を控えて、だとか 外出自粛要請は、あくまでも「お願い」のレベルであり 「強制」ではありません。 そのため、最終的な判断はあくまでも 個々にお任せ、ということになっており、 自分で外出するか、外出を控えるかを決める、 ということです。 外出してもいいですし、 外出を控えてもいい、ということですね。 「強制」ではありません。 外出してもいいの? これは、問題ありません。 「不要不急の外出を控えて」などと言われた場合も 「外出自粛要請」が出た場合も(出るようなことは まずないですが)、外出すること自体は 問題ありません。 上でも書いた通り「お願いします」というだけの ことなので、最終的には自分で決めることです。 当然、外を出歩いていたりしても、 犯罪ではありませんから 逮捕されたりすることはありませんし、 強制的に家に帰されるようなことも ありません。 ただ、仕事、遊び、学校などなど 色々な場面があると思いますから それらの場合、どうすれば良いのか、 そして、その他のポイントについても 解説していきます。 台風などの自然災害 異常気象、 新型ウイルスの蔓延などなど その時によって理由は様々かと思いますが 何らかの危険なことが起きている、 あるいは起きる可能性がある、ということですから、 その点は注意をしなくてはいけません。 本当に不要不急の用事なのであれば 外出を控えていたほうが、 安全性だけ考えれば、正しい行動でしょう。 意味もなく外出自粛要請なんて 出ませんからね。 仕事はどうすれば? 仕事はどうすれば良いのか。 これは、職場が決めることですね。 不要不急の外出を控えたほうがいいような 事態が起きているときには、 それぞれの会社に判断が委ねられます。 職場が「明日は休みにしよう」と言えば休みですし 何も言ってこなければそのまま普通に仕事がある、と 考えてください。 バイトでも同じです。 職場が、臨時に休みにする、時差通勤にする、 テレワーク(在宅勤務)にする、などの対応を 取る可能性もありますし、 何もせずにそのまま普通に仕事、という対応を 取る可能性もあります。 外出自粛要請が仮に出ていても これは強制ではありませんから、 会社の判断に従う、ということになりますね。 ただ、どうしても自分自身が危険と 感じる場合は、自分の判断で休むことも 一つの選択肢です (職場が通常通りにしている場合に休めば 欠勤にはなりますが、どうしてもの場合は そうするしかありません) 自営業の場合に関しては 完全に自己判断です。 誰かを雇っている場合はその人のことも 考えつつ、自分で判断していきましょう。 不要不急の外出を控えて=仕事は休み、 ではありませんし、 会社側も休みにしなくてはいけない、ということでは ありません。 学校はどうすれば? これは、各学校や自治体が決めることです。 国から要請があっても、それはあくまでも 「お願い」ですから 最終的な判断は公立・私立・市立などなど 場所によって異なりますが 各学校や自治体が決定します。 何か特別な対応があれば 学校側から連絡があると思いますから それに従いましょう。 連絡がなければ通常通りと考えてください。 スポンサーリンク 買い物はどうすれば? 必要であれば、普通に行ってください。 外出禁止ではありません。 が、逆に必要なものは 外出自粛要請などが出ていても 購入しに行って良いですし、 ダメということではありません。 ネットなどを利用するのも 一つの手ではありますが、 買いに行かないと!な、ものは買いに行って問題ないです 病院や銀行など、外出の用事は? これも、最終的に決めるのは自分です。 自粛の要請などが出ていても、あくまでも 「お願い」なので強制ではありません。 もちろん、不要不急なのであれば 自分で判断して、そういった場所に 行かないことも重要ですが、 必要ならば、行っても問題ありません。 ただ、病院や銀行がちゃんとやっているかどうか、 ということは確認しておきましょう (休みになるようなことはめったにないとは 思いますが念のため) 遊びに行く用事はどうすれば? 外出自粛要請や 不要不急の外出を控えるようにしてほしい、 というお話があった場合、 遊びに行っちゃいけないのかどうか。 これも、「いけない」ということでは ありません。 最終的に判断するのは自分自身です。 自粛要請が出ている状況、ということはそれなりの状況 ですから、よく考える必要はありますが 禁止されているわけではないです。 最後は自己判断になります。 「遊び」に関しても法律上で禁止されているわけではなく 外出自粛要請が出ている際に遊びに出ても、罰則もなく、罪に なるわけではありません。 「遊びに行ってはいけません」と書くのは(禁止されているわけではないため) 嘘になってしまいます。 なお、もしも誰かと一緒に遊びに行く予定の場合は 「相手にも確認」をすることは大事です。 あなたが遊びに行くつもりでも 相手は「この状況ならやめようかなぁ」と 思っている可能性もあります。 どっちが正しいか、とかそういう問題ではなく、 一緒に行く予定なのであれば ちゃんと相手の意見も聞かなくてはいけません。 また、遊園地や映画館だとか そういった施設に遊びに行く場合、 そこがちゃんと営業しているかどうか、 という点も確認しておきましょう。 どのような事態が起きているかにもよりますが 場合によってはそういった テーマパークなどが休業していたり する可能性もあります。 現地に行ってしまってから「あ!」なんて なってしまったら時間の無駄ですから この点は、ちゃんと調べておきましょう 強制的な外出禁止はあるの? 大昔までさかのぼれば話は別ですが 少なくとも近代ではそういったことは ありませんし、完全禁止できるような 法律はありませんから、 「要請」、つまりは「お願いします」が 限度になるかと思います。 ただ、法律などは随時変わっていくものですし 今まで経験したことのないような事態が 起きる可能性もありますから 100%ない、とは断言できませんが 少なくとも現状では、まずないでしょう。 まとめ 不要不急の外出を控えて、でも 外出自粛要請でも、 あくまでも「お願いします」ということであり 強制ではありません。 最終的には、自分自身が決めること、 ということは覚えておきましょう。 外出自粛要請などが出ると=外に出ちゃいけない、 と勘違いしてる人もいますが そうではありません。

次の

都留市外出自粛要請等事業者緊急支援金/都留市

外出 自粛 要請

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、フードバンクからの弁当の提供は休止状態だという。 中央はスタッフの女子たちが調理した春巻とポテト。 撮影:竹下郁子 「食事はいつもコンビニで。 よく体調を崩すのは、栄養が偏ってるからかも」と話すのは、飲食業で働く女子高校生だ。 「客が減った」ことを理由にシフトを減らされたと嘆く。 中学生の時、親から「子育ては終わった」と言われ、家の中に入れてもらえないことが増えた。 学校も休みがちになり、今は友人の家を渡り歩き、家にはほとんど帰っていないという。 同じようにアルバイトのシフトを減らされたという別の女子高校生も、 「親から暴力を振るわれたことが、バスカフェに通うようになったきっかけ。 家から出られない方がこわい」と話す。 少女と話す仁藤夢乃さん。 本人の意思を尊重しながら、状況に応じて緊急時の一時保護も行っている。 撮影:竹下郁子 Colaboでは2011年の団体設立以降、貧困や虐待、またいわゆる「JKビジネス」や児童買春の被害にあった少女たちの支援を続けて来た。 代表の仁藤夢乃さんは言う。 「 居酒屋、ファミリーレストラン、アパレル……家庭に居場所がなく、接客業で生計を立てざるを得ない少女たちの多くが、新型コロナウイルスの影響で シフトを減らされ、困窮しています。 外出自粛と言われても、 親から暴力を振るわれたり、性的虐待を受けていたり、家にいることがリスクになる少女たちもいるんです。 加害者はこのことをよく分かっている。 家にいられず、ホテルなどへの宿泊費もない少女たちが 性犯罪に巻き込まれることを懸念しています」(仁藤さん) また「無き者」として切り捨てますか? 紙袋いっぱいに、食品を持ち帰る少女たち。 撮影:竹下郁子 仁藤さんは、今回の新型コロナウイルスの感染拡大に伴う政府対応について、 「弱者にしわ寄せがいっている」と憤る。 突然の一斉休校。 知人のスクールソーシャルワーカーからは、休校期間中、児童や保護者と面談することができなくなったと聞いたそうだ。 給食だけが食事の頼りだった生徒は、大丈夫だろうか。 Colaboのバスカフェも、国の一斉休校やイベント自粛要請を受けて一度は活動を休止したが、 「こんな時だからこそ」と、医師や行政に相談し、体制を整えた上で再開した。 「3月の 春休みは、少女たちを狙う性売買斡旋業者のスカウトが増えるんです。 児童相談所が10代後半の年齢の子に対し、雑な対応をすることも多い時期です。 ただでさえ危険な時に、さらにコロナの影響で地域の専門職やNPOなどの支援が受けられず、つらい思いをしている少女たちは多いと思います。 彼女たちはコロナの感染が拡大する前から、この社会で一緒に生きていました。 『無き者』として扱い、切り捨ててきたのは政府です。 感染拡大防止策を考える時は、居場所のない少女たちのことも考えて欲しい」(仁藤さん) 国連も注意喚起。 女性特有のリスク バスでは生理用品や衣服の提供も。 マスクは白のプレーンなタイプの他、写真のような物も。 撮影:竹下郁子 バスには民間から提供を受けた マスクが用意されており、少女たちは 「助かる」と言いながら持ち帰っていた。 少女たちが帰る時には「おみやげ」として、スタッフがカップラーメンやお菓子、ココアなどを紙袋いっぱいにして渡している。 1週間分の食事を持ち帰ったり、「友達の分もいい?」とスタッフにたずねる少女もいるそうだ。 国連女性機関(UN Women)は、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大に伴い、国や自治体の対策が女性を取り残したものになっていないか、している。 行動が制限された非常時には女性への暴力が増加すること、暴力を振るう相手と長時間家にいることの危険性、そうした女性たちに対し、 ホットラインやシェルターなどの救済措置を確保しているか、などだ。 感染拡大はいつまで続くか分からない。 今からでも遅くない。 日本もこうした声に、向き合うべきだろう。

次の