おうけん キングダム。 【ワンピース】六王銃(ろくおうがん)の強さ考察&最大輪・六王銃について!

キングダム秦国の文官・王族 人物紹介

おうけん キングダム

第13代 秦 しん 王。 後の始皇帝。 父である 子楚 しそ と共に人質として趙に送られ幼少期を過ごす。 呂不韋 りょふい の計らいで、父である子楚(別名: 荘襄王 そうじょうおう )が太子になったことで帰還する。 権力を持つ呂不韋に幾度となく暗殺されそうになるが、昌文君等に助けられる「薄弱の王」 目標は中華統一。 「戦争のない世の中にするためには中華統一しかない。 そのためには血を恐れない」と主張する。 この主張に 李牧 りぼく は「無益な血を流さず、中華七国で同盟を結ぶべき」と真っ向から対立する。 秦の将軍である 桓騎 かんき も「中華統一とは大殺戮、大略奪。 狂気じみた正義」と失笑する。 昌文君(しょうぶんくん) 秦王・ 嬴政 えいせい に忠を尽くす家臣。 元は武官であり昭王の時代に 王騎 おうき と戦場を共にする。 その後、文官に転身し9歳で帰還した政の教育係を務める。 秦国では長年にわたり、 呂不韋 りょふい 派・ 嬴政 えいせい 派に別れ内部闘争を続ける。 常に風上に立ちながら、嬴政派と共に苦難を乗り越える中心人物。 「 毐国 あいこく の反乱」「 合従軍 がっしょうぐん 」の戦いでは、戦場に復帰して秦国を救う。 まさに粘り腰の男。 性格は真面目で堅物。 無礼を繰り返す信をよく説教している。 内政では 丞相 じょうしょう の地位まで登り詰め、以前より秦国の課題であった荒地に治水工事を成功させる。 政を長年に渡り見続けた昌文君は言う。 「政様は戦神と呼ばれた 昭王 しょうおう を超える」 成蟜の乱で共にした信は「昌文君」もしくは「昌文君のおっさん」と呼ぶ。 呂不韋(りょふい) 元は商人。 趙 ちょう で人質となっていた秦国の王族である子楚に出会う。 子楚 しそ は20人の兄弟がいて、国王に遠い存在だったが、呂不韋は財産を使い太子(次期国王)にさせる。 その見返りで 丞相 じょうしょう となる。 呂不韋四柱という呼ばれる部下を登用し、秦国内で勢力を伸ばす。 更に高みを目指し「嬴政の暗殺」や「毐国の反乱」など権力を拡大するため様々な手を尽くす野心家。 目標は「富で中華を統制する」こと。 秦を発展させ、他国に富を分け与えることで手を結ぶ手法を唱える。 嬴政が唱える中華統一は「つぶして従わせる。 勝利する側の身勝手な夢の押し付け」と説く。 昌平君(しょうへいくん) 趙で生まれたことから名は 趙姫 ちょうき。 貴品のある美しさから「美姫」「 邯鄲 かんたん の宝石」と呼ばれる。 子楚との間に生まれた子が、のちに始皇帝になる政。 同時期に「長平の戦い」が終わり、秦は投降した40万人の趙兵を生き埋めにする。 趙から恨みを買い、子楚は逃げたが趙姫と政は置き去りにされる。 そこから7年間、趙姫は身を汚しながら食つなぐ。 趙で起きた闇の深さから、秦で太后となった後は政と敵対する。 嫪毐と共に「毐国の反乱」を起こすが、それも呂不韋の手の中で動かされる。 成蟜(せいきょう) 秦国の下級文官。 男性の物を車輪の軸に通して回す、という一芸を持つ男。 そこに目を付けた呂不韋が、 太后 たいこう と体の関係を断つため 後宮 こうきゅう に送られる。 太后は反乱のため国を作ろうと考え、嫪毐を 山陽 さんよう 長官に推薦し、 呂不韋 りょふい はそれを察して承諾する。 そして毐国という国を作り秦から独立する。 その後、呂不韋は2人の隠し子をばらし、秦国に攻められる恐怖心を利用し反乱を起こさせる。 嫪毐は 楚 そ と連携し 咸陽 かんよう を責めるが、 昌平君 しょうへいくん に読まれる。 飛信隊、昌平君、昌文君が援軍により、嫪毐は捕まり死罪となる。 呂不韋は毐国に咸陽を攻め落とさせた後に、秦国を奪う作戦を練っていたが失敗となる。 向(こう).

次の

第一回キングダム総選挙開催! 募集開始!!|週刊ヤングジャンプ公式サイト

おうけん キングダム

応募方法 [キャラクターエントリーリスト]から好きなキャラクターを1人選んで、応募フォームに必要事項をご記入の上ご応募ください。 1人1日1票ご応募いただけます。 (1日1票以上ご応募いただいた票は無効となります。 深夜0時を切り替えのタイミングとします)• 週刊ヤングジャンプの雑誌についているアンケートはがきからも「第一回キングダム総選挙」にご応募いただけます。 こちらの特設サイトとヤンジャンのアンケートはがき、両方からともご投票いただけます。 週刊ヤングジャンプのアンケートはがきでは、はがき一枚につき3人のキャラクターへご投票いただけます。 キャラクターエントリーリスト [キャラクターエントリーリスト]から好きなキャラクターを一人選んで、応募フォームへ進み、必要事項をご記入の上、ご応募ください。 1 亜花錦 あかきん• 2 亜光 あこう• 3 亜門 あもん• 4 嬴政 えいせい• 5 渕 えん• 6 エンポじィ• 7 王騎 おうき• 8 王建王 おうけんおう• 9 王齕 おうこつ• 10 王翦 おうせん• 11 王賁 おうほん• 12 オギコ• 13 オルド• 14 介億 かいおく• 15 介子坊 かいしぼう• 16 カイネ• 17 凱孟 がいもう• 18 媧偃 かえん• 19 岳嬰 がくえい• 20 楽毅 がくき• 21 カク備 かくび• 22 岳雷 がくらい• 23 カタリ• 24 河了貂 かりょうてん• 25 媧燐 かりん• 26 我呂 がろ• 27 干央 かんおう• 28 桓騎 かんき• 29 甘秋 かんしゅう• 30 関常 かんじょう• 31 干斗 かんと• 32 汗明 かんめい• 33 魏加 ぎか• 34 魏興 ぎこう• 35 紀昌 きしょう• 36 紀彗 きすい• 37 キタリ• 38 岐鮑 きほう• 39 宮元 きゅうげん• 40 宮康 きゅうこう• 41 摎 きょう• 42 尭雲 ぎょううん• 43 姜燕 きょうえん• 44 羌瘣 きょうかい• 45 羌象 きょうしょう• 46 羌明 きょうめい• 47 去亥 きょがい• 48 金毛 きんもう• 49 慶 けい• 50 慶舎 けいしゃ• 51 劇辛 げきしん• 52 竭氏 けつし• 53 玄峰 げんぽう• 54 昂 こう• 55 向 こう• 56 江彰 こうしょう• 57 公孫龍 こうそんりゅう• 58 剛摩諸 ごうましょ• 59 項翼 こうよく• 60 黄離弦 こうりげん• 61 黒桜 こくおう• 62 呉慶 ごけい• 63 胡傷 こしょう• 64 胡漸 こぜん• 65 ゴバ• 66 呉鳳明 ごほうめい• 67 虎歴 これき• 68 混バァ こんばぁ• 69 蔡沢 さいたく• 70 砂鬼 さき• 71 左慈 さじ• 72 紫夏 しか• 73 紫季歌 しきか• 74 紫啓 しけい• 75 肆氏 しし• 76 紫伯 しはく• 77 司馬錯 しばさく• 78 糸凌 しりょう• 79 戎翟公 じゅうてきこう• 80 朱韓 しゅかん• 81 寿白 じゅはく• 82 春申君 しゅんしんくん• 83 舜水樹 しゅんすいじゅ• 84 荀早 じゅんそう• 85 春平君 しゅんぺいくん• 86 シュンメン• 87 昭王 しょうおう• 88 尚鹿 しょうかく• 89 松左 しょうさ• 90 松琢 しょうたく• 91 昌文君 しょうぶんくん• 92 昌平君 しょうへいくん• 93 渉孟 しょうもう• 94 徐完 じょかん• 95 信 しん• 96 仁 じん• 97 仁凹 じんおう• 98 晋成常 しんせいじょう• 99 崇原 すうげん• 100 成恢 せいかい• 101 成蟜 せいきょう• 102 石 せき• 103 ゼノウ• 104 倉央 そうおう• 105 楚水 そすい• 106 孫築 そんちく• 107 太后 たいこう• 108 太呂慈 たいろじ• 109 澤圭 たくけい• 110 沢太 もどき たくた• 111 タジフ• 112 淡 たん• 113 段茶 だんさ• 114 ダント• 115 竹進 ちくしん• 116 中鉄 ちゅうてつ• 117 趙括 ちょうかつ• 118 趙峩龍 ちょうがりゅう• 119 趙季伯 ちょうきはく• 120 趙高 ちょうこう• 121 趙荘 ちょうそう• 122 張唐 ちょうとう• 123 田永 でんえい• 124 田有 でんゆう• 125 田里弥 でんりみ• 126 トアク• 127 騰 とう• 128 同金 どうきん• 129 道剣 どうけん• 130 悼襄王 とうじょうおう• 131 東美 とうび• 132 敦 とん• 133 那貴 なき• 134 沛浪 はいろう• 135 白起 はくき• 136 白亀西 はくきさい• 137 縛虎申 ばくこしん• 138 白翠 はくすい• 139 白麗 はくれい• 140 バジオウ• 141 馬呈 ばてい• 142 馬南慈 ばなんじ• 143 バミュウ• 144 樊於期 はんおき• 145 番陽 ばんよう• 146 樊琉期 はんるき• 147 微久 びきゅう• 148 尾到 びとう• 149 尾平 びへい• 150 漂 ひょう• 151 麃公 ひょうこう• 152 馮忌 ふうき• 153 傅抵 ふてい• 154 ブネン• 155 貝満 べいまん• 156 壁 へき• 157 龐煖 ほうけん• 158 蒲鶮 ほかく• 159 穆公 ぼくこう• 160 ポナン• 161 昧広 まいこう• 162 麻鉱 まこう• 163 摩論 まろん• 164 万極 まんごく• 165 ムタ• 166 蒙毅 もうき• 167 蒙驁 もうごう• 168 蒙恬 もうてん• 169 蒙武 もうぶ• 170 有 ゆう• 171 友里 ゆうり• 172 幽連 ゆうれん• 173 ユキイ• 174 陽 よう• 175 楊端和 ようたんわ• 176 来輝 らいき• 177 雷土 らいど• 178 ランカイ• 179 乱銅 らんどう• 180 乱美迫 らんびはく• 181 李園 りえん• 182 陸仙 りくせん• 183 李斯 りし• 184 里典 りてん• 185 李白 りはく• 186 李牧 りぼく• 187 龍羽 りゅうう• 188 隆国 りゅうこく• 189 竜川 りゅうせん• 190 劉冬 りゅうとう• 191 竜有 りゅうゆう• 192 呂不韋 りょふい• 193 リン玉 りんぎょく• 194 輪虎 りんこ• 195 藺相如 りんしょうじょ• 196 臨武君 りんぶくん• 197 鱗坊 りんぼう• 198 瑠衣 るい• 199 麗 れい• 200 霊凰 れいおう• 201 廉頗 れんぱ• 202 嫪アイ ろうあい• 203 労我 ろうが• 204 魯延 ろえん• 205 録嗚未 ろくおみ• 206 ロゾ.

次の

キングダムの最強キャラがついに決定!強さランキングベスト10

おうけん キングダム

15位 麃公 ひょうこう(没) 所属 秦 階級 大将軍 武器 大矛 武将として強いことはもちろん、 廉頗 れんぱとの対決でも、まともに戦えていて、片腕を折ることにも成功しています。 純粋な武力でもかなり強いことがわかります。 14位 陽端和 ようたんわ 所属 秦 階級 大将軍 武器 双剣 数ある山の部族が、 陽端和 ようたんわに従っているのは、単純に 陽端和 ようたんわが強すぎるからだと思われます。 もちろん、戦争が上手いというのもあるかもしれませんが、純粋な武力そのものが強いんです。 強者との戦闘描写がほとんどないため、確定的ではないので、この順位としました。 新六大将軍の候補でもあります。 13位 凱孟 がいもう 所属 魏 階級 魏火龍七師 武器 大矛 信 しんも『本物』と認めており、 王騎 おうきや 廉頗 れんぱなどの最強クラスの武将とまともに戦えるレベルの実力があるように思えます。 とはいえ全盛期とは違い、旧世代の武将は負けていく傾向にあるため、この順位としました。 12位 紫伯 しはく(没) 所属 魏 階級 魏火龍七師 武器 槍 魏火龍七師の3人を一人で倒せるほどの実力者。 槍術では、中華一とも呼ばれるほどでした。 11位 騰 とう 所属 秦 階級 大将軍 武器 剣 王騎 おうきにも、実力で引けを取らないと言われているだけでも強いよいうことがわかります。 とぼけた顔でファルファル言いながら戦うギャグキャラと見せかけて、激強です。 楚の 臨武君 りんぶくんも強キャラ扱いされていたのですが、あっさりと 騰 とうに負けてしまいました。 まだまだ底を見せないキャラなので、これからも期待できますね、 10位 尭雲 ぎょううん(没) 所属 趙 階級 藺家十傑筆頭 武器 大矛 趙国旧三大天・ 藺相如 りんしょうじょの直属の部下である「藺家十傑」の筆頭であり、 藺相如 りんしょうじょの『武』そのものであると言われていることから、三大天レベルの強さを持っていることがわかります。 9位 王賁 おうほん 所属 秦 階級 玉鳳隊五千将 武器 槍 武力最強クラスの武将をボロボロになりながらも一騎打ちで討ち取っています。 とくに、 紫伯 しはく、 尭雲 ぎょううんに一騎打ちで勝てたのが評価ポイントですね。 一度目の対決では、負けても修正して二度目の対決で討ち取っています。 最新話時点では、 信 しんよりも強いのではないでしょうか。 8位 幽連 ゆうれん 所属 不明 階級 蚩尤 しゆう 武器 剣 武将ではありませんが 龐煖 ほうけんと善戦できていた 羌瘣 きょうかいが、最初はまったく歯が立ちませんでした。 単純な武力だけであれば、作中でも上位に食い込むでしょう。 廉頗 れんぱは、旧三大天筆頭でありながら所属を点々とする国に忠義を持たないタイプの武将です。 王騎 おうきレベルと戦っても、どちらが勝つかわからないレベルの武力を持っていることでしょう。 6位 羌瘣 きょうかい 所属 秦 階級 飛信隊副長兼羌瘣隊三千人将 武器 剣 女の身でありながら、最強キャラの一角として君臨できるほどの実力があります。 龐煖 ほうけんとの対決時にも善戦していました。 一度、飛信隊を離脱し、復帰後はそこまで目立っていませんが、すぐに三千人将まで登りつめるというスピード出世をしています。 新たな六代将軍の候補の一人として、充分に考えられるでしょう。 5位 王騎 おうき(没) 所属 秦 階級 秦国六大将軍 武器 大矛 将としての強さはもちろんのこと、武力も最強クラスな 王騎 おうき。 一度は、 龐煖 ほうけんを破ったこともあります。 2回目の 龐煖 ほうけんとの一騎打ちでは、残念ながら敗れてしまいますが、横やりがなければ勝っていたかもしれません。 4位 汗明 かんめい 所属 楚 階級 大将軍 武器 大錘 中華最強と呼ばれる楚の巨人 汗明 かんめいです。 史実的にそこまで強いイメージはありません。 蒙武 もうぶとの一騎打ちでは、武器の衝突時の破片が周りに飛び散り、人が死ぬほどの怪力です。 王騎 おうきよりも、純粋な武力だけであれば勝っているのではないでしょうか。 3位 蒙武 もうぶ 所属 秦 階級 筆頭大将軍 武器 大錘 中華最強と呼ばれていた楚の大将軍 汗明 かんめいを一騎打ちで破りました。 圧倒的なパワーで敵を粉砕するタイプです。 王騎とどちらが強いかは迷いましたが、王騎が亡くなってから数年経っている状態では 汗明 かんめいも 蒙武 もうぶも上の順位としました。 2位 龐煖 ほうけん(没) 所属 趙 階級 趙国三大天 武器 大矛 王騎 おうきには最後までまともな1対1では勝てませんでした。 横やりが無ければ、負けていたかもしれませんね。 とはいえ、結果的に勝利したのは 龐煖 ほうけんでした。 その後も研鑽を続けているでしょうから、最新話時点での強さは王騎に勝ると言えるでしょう。 最新話では、信に敗れることになりました。 1位 信 しん 所属 秦 階級 飛信隊五千人将 武器 大矛 最新話時点では、完璧に 王騎 おうきの矛を使いこなせるようになっています。 ボロボロで命の灯を使い切った結果、 龐煖 ほうけんを討ち取ることができました。

次の