千葉 県 停電 状況。 【千葉県停電現在被害状況】復旧見込みや地図エリアについて台風15号

台風19号

千葉 県 停電 状況

停電状況 — 2019. 「停電情報」()に表示されていないにも関わらず、停電している場合には、東京電力お問い合わせ先()までご連絡ください。 — 東京電力ホールディングス 株式会社 OfficialTEPCO 停電状況 — 2019. 24 21:30 ひとまずデータ上は、停電は全て復旧した模様。 台風に伴う千葉の大規模停電が解消 東京電力発表 停電状況 — 2019. 24 07:30 あと2,300軒。 増えたり減ったりしています。 停電状況 — 2019. 23 19:30 現在3,700軒。 停電箇所が増えたもよう。 停電状況 — 2019. 23 07:00 あと2,800軒? ん、増えた? 隠れ停電…か。 停電状況 — 2019. 22 19:30 あと2,300軒。 あわせて読みたい 停電状況 — 2019. 22 08:00 あと3,100軒 停電状況 — 2019. 21 21:00 あと3,600軒。 この状況で大型で強い台風17号が日本海側を北上するというのは… 停電状況 — 2019. 21 07:30 あと4,500軒。 停電状況 — 2019. 20 19:00 停電状況 — 2019. 20 07:30 停電状況 — 2019. 19 19:00 残すところ30,000軒を切りました。 ただ、ここから先が作業が困難な箇所が残っているともいえるので、この先の停電地域の復旧はまだ時間がかかりそうです。 しかも台風17号が沖縄から日本海に向けて北上中。 次の三連休は日本各地は大荒れの模様です。 停電状況 — 2019. 19 07:00 自衛隊による災害派遣情報 停電状況 — 2019. 18 19:30 あと40,000軒を切ったもよう。 自衛隊による災害派遣情報 停電状況 — 2019. 18 10:00 あと50,000軒余。 また各自治体ごとの[停電地区ごとの復旧までに要する期間]がPDFで掲載されています。 自衛隊による災害派遣情報 停電状況 — 2019. 17 19:30 残すところあと60,000軒 自衛隊による災害派遣情報 停電状況 — 2019. 17 10:00 あと64,000軒 自衛隊による災害派遣情報 停電状況 — 2019. 16 07:30 10万軒をきりました。 残すところ92300軒。 停電状況 — 2019. 15 20:30 あと11万軒。 市原市が赤からオレンジに変わりました。 停電状況 — 2019. 15 07:00 千葉 あと13万軒 ここまで長期化する停電状態。 電線による通電再開だけでなく、避難所や病院、福祉施設などへの[発電機]の設置などでまずは電気機器が使えるようにして、それから「通電」という順番もありなのではないだろうか? 千葉県や各市町村は[電源車のレンタル]によって通電復旧までの対処ができないものでしょうか。 停電状況 — 2019. 14 23:00 千葉 あと14万軒。 停電状況 — 2019. 14 07:30 千葉 あと15万軒。 【あわせて読みたい】 停電状況 — 2019. 13 19:00 あと18万軒 千葉 【あわせて読みたい】 停電状況 — 2019. 13 07:30 9月13日07:30現在で千葉県内の停電は残すところあと19万軒。 東京電力のみなさんのまさに不眠不休による復旧作業が続いています。 全域 千葉県 静岡県 停電状況 — 2019. 12 19:30 まずは、森田健作千葉県知事が政府に対して支援を求めるとともに、12日午後被災地を視察した武田良太防災相と千葉県知事と面談したとの報道がありました。 全域 千葉県 現在もまだ29万軒が停電。 しかも被災地は停電だけではなく倒木や家屋の損壊など多数。 また電気がないことで家畜等が大量に死亡しているとの報道もあります。 茨城県 静岡県 【あわせて読みたい】 停電状況 — 2019. 12 07:00 まさか、ここまで復旧に手間取るほどの大災害だったなんて…。 台風15号による千葉県の被害は、実に甚大であったことがいまさらながら判明することになろうとは…。 もちろん東京電力は、現場の作業員のみなさんは復旧にむけて頑張っていることとは思うのですが、被害があまりにも広範囲かつ複雑になっているようで、当初の復旧見込みが大幅に変更されることになるかもしれません。 この暑さのなか、停電地域の皆様はほんとうに大変なことと思います。 全域 千葉県 台風15号による千葉県内の停電を伝える情報 【あわせて読みたい】 埼玉県 神奈川県 静岡県 停電状況 — 2019. 11 19:30 台風15号による停電は千葉県のみのようですが、他県では落雷等による停電が発生中により、今朝よりも停電をしている箇所が増えています。 詳細はこちらをご覧ください。 — 東京電力ホールディングス 株式会社 OfficialTEPCO 千葉県 復旧見込み:• 千葉市を含むエリアは 9月12日(木)中の復旧• 成田市、木更津市を含むエリア 9月13日(金)中の復旧 堀潤さんが千葉県の被災地に赴いて被災状況を伝えています。 千葉県鋸南町にきています。 「報道が少ないので伝えて欲しい」という連絡を受け現場にきました。 鋸南町では多くの地域で停電も続いており、携帯電話も繋がりません。 いま、電話が繋がるところまで移動してこのツイートをしています。 詳細今夜と明日に。 茨城県 栃木県 埼玉県 東京都 静岡県 停電状況 — 2019. 11 07:30 茨城県内、静岡県内の停電はほぼ復旧。 神奈川県内はあとわずかですが……千葉県内はまだまだ復旧に時間がかかりそうです。 全域 千葉県 神奈川県 茨城県 停電状況 — 2019. 10 11:30 自衛隊の災害派遣による[給水]支援はあっても、[給電]支援は無いことをいまさらながら知ります。 台風一過の暑さの中エアコンを使うことができない屋内は危険ですらあります。 冷蔵庫/業務用冷蔵庫が止まっていて食材がダメになることもあります。 一刻も早い復旧を願ってやみません。 全域 茨城県 千葉県 神奈川県 静岡県 停電状況 — 2019. 10 06:00 まだ停電の復旧について目処がたたない地域もあるとのことなので、ひきつづき新しい情報をスクリーンショットで掲載します。 全域 茨城県 千葉県 神奈川県 静岡県 停電復旧の見通し 台風被害 停電復旧の見通し 東電会見|NHK NEWS WEB こんにちは、 RESCUE4th レスキューフォース です。 平成の時代は戦争ではなく自然災害に生命や財産が奪われてしまった時代でした。 いま令和の時代において、本来なら四季折々の自然と暮らす日本でしたが、今は梅雨の雨も夏の日差しも、自然災害として私たちに襲いかかってきます。 こうした自然災害にいかに備えるか。 ソフトウェア防災から個人装備品など、自然災害に対して自分でできることは何かを考えながらこのブログを書き続けていきたいと思います。 最近の投稿• アーカイブ アーカイブ カテゴリー カテゴリー 閲覧総数• 2,653件のビュー• 2,540件のビュー• 2,206件のビュー• 1,910件のビュー• 1,472件のビュー• 1,371件のビュー• 1,327件のビュー• 1,218件のビュー• 1,216件のビュー• 609件のビュー 1日の平均閲覧数• 3 views per day• 10 views per day• 93 views per day• 66 views per day• 55 views per day• 17 views per day• 17 views per day• 14 views per day グッズ by SUZURI.

次の

【台風15号】千葉県の被害状況まとめ!最新の停電復旧見込みも調査

千葉 県 停電 状況

停電断水からの復旧が遅れている千葉県 10日夜の千葉市内。 同じ町内でも通電地区と停電地区が混在している(写真:筆者) 9日未明に上陸した台風15号の影響による千葉県の大規模停電は、上陸から6日経った14日現在においても、10万戸以上で停電が続いており復旧が遅れている。 それに伴い、断水や通信障害などが起こっている地域も少なくない。 東京電力パワーグリッドによれば、特に南房総エリア(鴨川市、館山市、南房総市など)の復旧が遅れており、これらの地域の復旧の見込みは最長で27日頃になるとしている(参考記事:)。 筆者が住む千葉市でも緑区、若葉区などを中心に14日17時現在でも10,000戸以上がいまだ停電しており、12日頃までは信号機が機能していない交差点も多く、複数車線を持つ大きな交差点においては警察による交通整理がなされていた。 コンビニエンスストアやショッピングセンターなども数日間休業を余儀なくされたところも多かった。 台風直後の報道は鉄道の運休情報などに偏り、千葉の深刻な被災状況を伝えるものは少なかった。 数日経ってようやく停電や断水などの状況が伝えられるようになったが、JR久留里線はいまだ終日運休のままであるし、厚生労働省の発表によれば千葉県内で停電中の病院は71病院にのぼるなど、報道で伝えられている以上に復旧への道は険しい(参考資料:)。 発電機用のガソリン入手が困難 停電中の『まるえいラーメン』(山武市)と、発電機用に用意されたガソリン携行缶(写真:まるえいラーメン) いまだ全面復旧の見通しが立たない千葉県。 今回県内で被害を受けたラーメン店の方々から現在の様子(13日、14日現在)を伺った。 今、千葉のラーメン店はどんな状況なのだろうか。 外房エリア、山武市のラーメン店『長浜豚骨まるえいラーメン』(千葉県山武市成東775-2)では、台風が直撃した9日未明から13日午前5時まで停電し、断水は9日午後4時から11日午後9時まで続いた。 店舗脇に設置していた食材倉庫が全壊したが、店舗自体の損壊は免れた。 停電から復旧した13日より営業を再開している。 お客さんも徐々に戻ってきているようだ。 「発電機を用意して、冷蔵庫と冷凍庫の食材は守りましたが、発電機に必要なガソリンを入手するのに大変苦労しました。 ガソリンスタンドは長蛇の列でしたし、ガソリン携行缶には給油してくれないスタンドもありました。 営業が出来ないことにより売上が途絶えてしまったことと、電気の復旧時期が未定で営業再開がいつになるか分からないことで、不安になり精神的にも参りました」(まるえいラーメン 栄浩司さん) 扇風機8台を集めて暑さ対策 『いなばのしろうさぎ』(君津市)では空調故障により扇風機をフル稼働。 冷凍庫の食材も停電でダメになった(写真:いなばのしろうさぎ) 内房エリア、君津市の『いなばのしろうさぎ』(千葉県君津市南子安5-13-4)では、11日午前8時まで停電状態が続いたが、12日より営業を再開している。 停電によって冷凍庫にストックしておいた餃子400個など食材の廃棄をしたほか、エアコン室外機の故障により扇風機を使い暑さへの対策をしている。 「浄水場のポンプ故障による断水の情報も入りましたが、浄水場近くに店舗があるからか当店は断水にはなっていません。 台風の風雨によってエアコン室外機のモーターが故障してしまいましたが、この状況下なので部品交換は来週になりそうです。 対応策として扇風機を8台稼働させて営業しています」(いなばのしろうさぎ 義崎眞男さん) 停電の中で温かい料理を調理し販売 『九州ラーメン友理』(木更津市)では停電中の暗い厨房で調理した持ち帰りメニューを販売した(写真:九州ラーメン友理) 同じく内房エリア、木更津市の『九州ラーメン友理』(千葉県木更津市港南台4-2-7)では、10日午後8時まで停電状態だったが、ガスと水道は使えたため、停電中の10日にチャーハンや焼きそば、餃子など持ち帰り専用商品のみの販売で営業を再開。 12日より通常営業となっている。 「建物自体に被害はありませんでしたが、店舗看板が倒れ、駐車場の看板は吹き飛ばされ、排煙ダクトの一部が壊れて、有線放送のアンテナが落ちました。 幸いにも水道とガスは使える状態だったので、定休日の火曜日にお持ち帰りのみで営業を再開しました。 出来ることだけでもと、急遽の判断ではありましたが、少しでも温かいお料理をご提供できたことは、ご近所の方々にも喜んで頂けたようで良かったです。 12日より通常営業していますが、いまだ停電断水中のスタッフも出勤してくれています。 お客さま同士やスタッフとの会話も今回の話題が多く、皆さんのご苦労されている様子が伺えます」(九州ラーメン友理 立野征博さん) 営業用動力が断線し営業見通し立たず 『中華そば亀喜屋』(千葉市)では倒木による断線の復旧作業が続く(写真:中華そば亀喜屋) 房総エリアだけではなく、千葉市でも復旧は遅れている。 千葉市の『中華そば亀喜屋』(千葉市若葉区上泉町616-4)では、倒木による断線の影響で通電しておらず、いまだ営業再開の見込みは立っていない。 「奇跡的に店舗自体の損傷はありませんでしたが、店舗脇の倒木の影響により停電しました。 12日に電力(100V)は復旧しましたが、動力(200V)がいまだ断線中のため営業が再開出来ません。 5日間停電していたので、食材は全て使えなくなりました。 動力が復旧しないと営業は出来ませんが、14日より仕込みを開始して16日から営業が再開出来る事を願っております」(中華そば亀喜屋 石井貴啓さん) 千葉に台風が直撃して6日。 一日も早く、また美味しくラーメンが食べられる日常が戻ることを願ってやまない。

次の

令和元年台風第15号による被害・対応状況について(9月9日(月曜日)21時時点) (METI/経済産業省)

千葉 県 停電 状況

9日に首都圏を直撃した 台風15号による被害は死者2人、重軽傷者109人。 停電は神奈川、千葉両県を中心に最大93万戸にのぼり、13日午後3時現在でも千葉県内18万7400戸で電気が使えない状態が続く。 ここにきて千葉県の南房総地方の深刻な被害状況が明らかになりつつある。 同地方では長引く停電と断水で、クーラーも使えず、水分補給も満足にできないまま熱中症で命を落とす高齢者が出始めている。 つまり、最も助けが必要な被災地域がクローズアップされていなかったのだ。 規模と災害の種類は違うが、東日本大震災でも似たようなことが起こっていたのだが、災害の教訓は生かされなかった。 千葉県は12日、南房総地方の各市町村の台風被害の状況がわかっていなかったことを明らかにした。 本来、県災害対策本部や国、関係省庁との連絡調整役を図るはずの県職員が現地に派遣されていなかったのだという。 県は災害時マニュアルで「応援要請が困難な市町村には迅速に県職員を派遣する」と定めていた。 市町村が被災状況をインターネット上のシステムに入力して県に報告し、それを県の災害対策本部が確認して職員を派遣する仕組みが整備されているのだが、被災者対応に追われて入力ができない地域もあり、県は把握できなかったのだという。 毎日新聞などによると、県は12日午後5時半になってようやく職員の派遣を指示したという。 森田健作知事はこの日の会見で「一義的には市町村からの報告を精査した上で(支援内容を)考えていかなければならないが、手の届くところが少なかった。 大きな反省材料だ」と述べ、支援の遅延があったことを認めた。 東京電力による電力復旧の遅れもあり、一部の地域では12日まで電話も通信も不通で、被災状況を申告するシステムへの入力もできなかったという。 こうしたことが起きないように、各種対策が東日本大震災以降、国や各都道府県で検討され、整備されてきたはずだった。 「忘れられた町」の教訓 2011年3月11日、東日本大震災に伴う津波で宮城県山元町では全人口約1万7000人のうち、637人が死亡し町内の約52%が浸水した。 石巻市や気仙沼市などの被害が巨大だったことは確かだが、同町の被害も甚大だった。 ところが、発生から2日間にわたって、同町の状況は宮城県庁に伝わっていなかった。 町役場が被災しアンテナやスピーカーがすべて倒壊。 さらに停電のため電気機器が使えず、庁舎内の自家発電機も被災し、通信機能をすべて喪失していたのだ。 地域全体の電話会社の中継局も浸水被害を受けたり、バッテリー切れを起こしたりして、通信面で完全に孤立した。

次の