ホルモン バランス 乱れ チェック。 【ホルモンバランスの乱れをチェック】乱れることで起こる症状とは

女性ホルモン健康度についての「ドクターズチェック」|大正健康ナビ

ホルモン バランス 乱れ チェック

歳をとるに連れ身体が不調な日が多くなった気がする、それにはホルモンバランスが大きく関係している事をご存知ですか? 体の調子が若いころとは変わったなぁ…と、強く感じられるようになるのは大体40代の半ばころから。 それくらいの歳から、だんだん卵巣の働きが低くなり、55歳ころには女性ならではの体の不調を起こしやすくなると言われています。 自分のホルモンバランスが、どんなタイプなのかが分かれば、効果的な対策方法も見つかります。 20代後半のピークを境に、女性ホルモンの働きはバランスが乱れていく。 女性の体は、10代後半の第二次性徴期ころからだんだんと働きが活発になり、20代の後半でピークを迎えます。 それから、ゆっくりと機能低下していくと言われています。 女性ホルモンも、20代後半を境にだんだん少なくなるんです。 体の働きと女性ホルモンの分泌の量は比例していて、20代後半くらいで体の働きも、ホルモンの量も減っていきます。 でも、まだ体に大きな変化はほとんど感じません。 実際、この記事を呼んでいる方には20代後半や40代未満の方も多いと思いますが、女性ホルモンが減ることによる不調は、あんまり分からないですよね? 私も、20代後半や30の始めくらいはまだまだ若いつもりでした。 体の働き、女性ホルモンのバランスの乱れに気が付きやすくなるのは、30代の半ば頃から。 だんだん、具体的な体の変化を感じるようになり、40代の半ば頃になると卵巣の働きが落ちることにより、はっきりと体が変わるのを感じられるでしょう。 40代半ばから55歳頃の閉経の前後10年間は更年期といって、ホルモンバランスが乱れ、色々な体の違和感や、不調を起こしやすくなります。 その中でも「太りやすい」というのは代表的なホルモンバランスの乱れによる体の変化なのです。 若い頃はどんなに食べても太らなかったのに、30を越えたらあっという間に太るようになった…というのは、良く聞きますが その原因は、女性ホルモンの乱れによる変化だったのですね! 勿論、全ての人がホルモンバランスが乱れているという訳ではありませんが、 女性の身体の構造上、ホルモンバランスが乱れやすくなる時期というのがあるのですね。 でも、安心してください。 生活習慣や食習慣で、ホルモンバランスの乱れは改善出来る事が解っています。 自分の身体の不調や違和感が、どんなホルモンバランスの乱れからくるのかが解れば、改善の糸口が見えてくるでしょう。 あなたはホルモンバランス乱れてない?タイプ別診断! あなたはホルモンバランス乱れてない?タイプ別診断! ホルモンバランスの乱れをA・B・Cのパターンに分けてみました。 それぞれの項目に当てはまるかどうか、チェックしてみましょう。 A・B・Cの中で、どのタイプで多く当てはまるでしょう。 一番多く当てはまったタイプが、今のホルモンバランスのタイプになっています。 ただ、ここでの診断はあくまでもセルフチェック。 もっと詳しく調べたい方、体の不調が深刻な方は、病院で相談をしてくださいね。 【Aタイプ】 ・貧血を起こしたようなめまいを起こすことがある ・肩こりがつらい ・手足の冷えがつらい ・急にイライラしたり、悲しくなったり、情緒不安定 ・下痢を起こしやすい ・鼻や目にアレルギー症状が出やすい ・整理整頓がふとしたくなる ・体を柔軟に動かせない ・頭痛をよく起こす ・寝付きが悪くよく眠れない 【Bタイプ】 ・便秘になりやすい ・食欲旺盛 ・頭痛を起こしやすい ・眠気がある ・のどがよく渇く ・涙もろい ・イライラしがちで攻撃的 ・手足や腰が冷える ・他人と関わりたくない。 一人にしてほしい ・肌が乾燥しがち 【Cタイプ】 ・乳房が張ったり痛くなる ・下腹が張ったり痛くなる ・体、顔がむくみやすい ・にきび、吹き出物ができやすく肌トラブルが多い ・腰が痛い ・おりものが多い、膣にかゆみがある ・化粧ノリが悪い ・便秘、下痢になりやすい ・イライラしがち ・生理不順、生理前の不調が酷い ホルモンバランスの乱れタイプ、結果発表! ホルモンバランスの乱れタイプ、結果発表! Aタイプのあなたは、「自律神経のバランスが乱れているタイプ」。 Aの項目に多く当てはまった方は、自律神経のホルモンバランスが乱れていると考えられます。 生活の中で交感神経が優位になりやすくなっていると、神経系や血管が不調になりやすくなり、 ・睡眠障害を起こしやすくなる ・睡眠の質が落ちる ・生理痛が悪化する ・生理中に不調になりやすい こんな不調を感じやすくなるのが特徴です。 また、自律神経は代謝の調整機能もあるので、自律神経のバランスが乱れると体内の水分コントロール、血液のめぐり、体温の調節などが上手くできなくなり、 太りやすくなったりセルライト、むくみ、冷え性の原因になることも…。 血流が悪くなることで緊張性の頭痛も起こりやすくなり、頭痛に悩まされることもあるんですよ。 自律神経はストレスで乱れることも多いので、Aタイプじゃなかった方も、自律神経の乱れには注意しましょう! Bタイプのあなたは、「セロトニンが足りていないタイプ」。 Bの項目に多く当てはまった方はセロトニンが足りていない為に身体の不調がおきていると考えられます。 セロトニンとは幸せホルモンと言われていて、満足感、満腹感、心の安定、落ち着きを感じるために必要なホルモンです。 ちなみに、幸せホルモンにはオキシトシンというホルモンもあります。 生活習慣の乱れ、睡眠不足でセロトニンが減るので、思い当たる生活をしている方は要注意…。 セロトニンは満腹感、満足感を感じるために必要なので、足りていないと食べても満腹を感じられなかったり、食欲が異常に高まるなど、「食欲」に異常を起こしてしまいます。 みなさんはダイエットをしてもドカ食いしてしまって、結局失敗してしまったという経験はありませんか? ドカ食いしたりリバウンドを繰り返すのは、セロトニンが足りていないのが原因だと言われているんですよ。 また、セロトニンは足りていないと気分がモヤモヤしたり、落ち込みやすい、イライラする、攻撃的になるなど、気持ちの面にも影響します。 イライラしてストレスがあることと、食欲が増している要因が重なると、ドカ食いをしてしまったり、別にお腹は空いてないけど食べてしまうということに繋がるので、 セロトニン不足は太る原因になるんです。 Cタイプのあなたは、「卵巣が疲れているタイプ」。 Cの項目に多く当てはまった方は卵巣が疲れている事により、ホルモンバランスが乱れ身体の不調に繋がっていると考えられます。 卵巣が疲れているとどうなるの?ということですが、卵巣が疲れて働きが鈍くなると、体に水分が溜まりやすくなる、便秘、女性ホルモンの乱れなどが起こります。 卵巣は年齢を重ねると働きが弱くなり、30代後半~50代ころは女性ホルモンが乱れやすくなります。 体が水分を溜め込もうとすると、食べ物に含まれる水分が体内に吸収され、便が水分不足で固くなり、辛い便秘、むくみが原因になって太ることも…。 むくみ、便秘に覚えがある方は、女性ホルモンを活発にさせる対策をしましょう! ちなみに、女性ホルモンにはプロゲステロンとエストロゲンの2種類があり、プロゲステロンは「太るホルモン」、エストロゲンは「痩せるホルモン」と言われています。 卵巣の働きが弱くなると、女性ホルモンのバランスが悪くなるので、太りやすくなったり、体型が安定しないなどの悩みが出てくるんですよ。 ただ、卵巣疲れだけでなくセロトニンの不足や、自律神経の乱れも少なからず関わっていることがあるので、A・Bタイプの対策方法も取り入れるのもおすすめです。 ホルモンバランスの乱れ別、おすすめの対策方法! あなたはA・B・C、どのタイプに当てはまりましたか? それぞれのタイプで対策方法が違うので、タイプ別に合う方法で体を整えていきましょう! 【Aタイプのホルモンバランス対策方法「自律神経を整える」】 ゆっくりと呼吸をする 息を吸うと交感神経が優位に。 息を吐くと副交感神経が優位に。 どちらもバランス良く働かせるために、ゆっくりと呼吸をして息を吸う・吐く、どちらも同じくらいの長さを意識してみましょう。 普段の生活の中で無意識にできなくても、ゆっくりと意識して呼吸する時間を持つようにしてみてはいかがでしょうか? 例えば、トイレに入っている時やお風呂に入っている時など。 気がついた時にやってみても良いですね。 どこでも、いつでもできる方法です。 血行をスムーズにする 血行がよくなると、副交感神経の働きが高まるので、血行がよくなるようにお風呂にゆっくり浸かり、体を温めたりマッサージをしてみましょう! お風呂は少しぬるめで、リラックスしてじっくり入れるくらいの温度がいいですよ。 食事の内容を見直す 自律神経は内臓の働きによっても働きが変わるので、腸内環境を整える食物繊維や、カルシウム、ビタミンなども積極的に摂りましょう! さまざまな食物をバランス良く食べ、偏らずに色々な栄養を摂るのが大事です。 特に摂取したいのはこちらの栄養素。 不足しやすかったりするので、意識して摂りましょう。 <鉄分を含む食べ物> ・ひじき ・ほうれん草 ・あさり ・しじみ ・小松菜 ・レバー など 鉄分が不足すると、食欲不振、息切れ、疲労を起こしやすくなります。 女性は特に鉄分が足りなくなるので、男性よりも多く摂る必要があるんですよ。 <マグネシウムを含む食べ物> ・昆布 ・豆腐 ・バナナ ・めかぶ ・納豆 ・モロヘイヤ ・ひじき など マグネシウムが不足すると、情緒不安定、イライラ、眠気、嘔吐、震え、食欲不振、吐き気などを起こしやすくなります。 お酒が好きでよく飲む方は、マグネシウムが排出されやすいので、積極的に摂るようにしましょう。 カルシウムと一緒に摂るときは、カルシウム1:マグネシウム2の割合で摂るといいですよ。 <カルシウムを含む食べ物> ・大豆 ・海藻類 ・わかさぎ ・干しエビ ・しじみ ・チーズ ・牛乳 など カルシウムは、不眠の解消やイライラをおさえる効果があります。 <ビタミンCを含む食べ物> ・ブロッコリー ・ピーマン ・ゆず ・緑茶 ・レモン ・アセロラ など <ビタミンEを含む食べ物> ・抹茶 ・あん肝 ・アーモンド ・モロヘイヤ ・タラコ ・小麦胚芽 など 自律神経のコントロールに必要なビタミンです。 <ビタミンB1を含む食べ物> ・麦芽米 ・玄米 ・豚肉 ・納豆 ・大豆 ・うなぎ など ビタミンBは神経の働きを正しく保つために必要です。 ビタミンBは、ストレスで減ってしまうので不足しやすく、積極的に摂る必要があると言われています。 現代人はストレスが多いので、多く摂るように意識したほうがいいですね。 ビタミンB1は足りないと眠気やイライラ、集中できなくなったりするので、積極的に摂りましょう! <ビタミンAを含む食べ物> ・ニンジン ・レバー ・シソ ・ホタルイカ ・パセリ など ビタミンAはストレスを感じた時に作られる副腎皮質ホルモンの材料になるので、日頃から多く摂りたい成分です。 副腎皮質ホルモンを作るにはビタミンCも必要なので、ビタミンCも一緒に摂ると良いですよ。 精神に影響するのは脳内の2%のセロトニンですが、多くすればするほど良いというわけではなく、逆に増えすぎるのも良くありません。 増えすぎも体や心を悪くする原因なので、バランス良くセロトニンのバランスを整えるのが大切なんですね。 ストレス解消 ストレスはセロトニンを減らす要因の一つ。 ストレスが解消できる時間を作ることで、セロトニンを活性化させたり、休ませるメリハリが付きます。 音楽を聞くことはストレスを下げる効果があることが分かっているので、ストレスを下げる目的で音楽を聞いたり、 癒やしや気持ちを落ち着かせるのに、ぴったりの方法なんですよ。 気持ちを落ち着かせたり、癒やし効果ならクラシック音楽がいい?というイメージがありますが、好きではない音楽を無理に聞いても意味がないので、 ロックが好きならロックでもいいし、ヒップホップ音楽でもOK! しかも、脂肪燃焼にも良い運動なので、最近太ってきたなぁと感じる方にも良いですよね。 筋トレやハードな運動のように、呼吸を止めずにできる運動なので心身のバランスを整えやすい運動です。 ピラティス、太極拳、ダンスエクササイズも良いですよ。 自分が好みの運動をやってみましょう! 日光浴をする 太陽光は日焼けの心配があったりして、つい避けてしまいがちですが、網膜から日光を感じるとセロトニンが活性化されるので、日光浴は大切なことなんです。 日焼けが気になる方は、もちろん日焼け対策をしても良いですが、太陽光を見る・浴びることは日課にしましょう! 太陽光を網膜でキャッチすると、セロトニンが活性化します。 日光にあたる時間は30分くらいで良いので、気軽にできそうですね。 通勤、通学を普通にしている方なら問題ないと思います。 在宅仕事で日光を浴びない生活をしている方や、昼夜逆転した生活の方は要注意。 メラトニン・セロトニンのバランスを崩したり、体内時計を乱し、精神病や不眠症の原因になることも。 セロトニンを増やす栄養を摂る セロトニンの材料はトリプトファンという物質です。 しかし、体の中では作れないものなので、食べ物から補う必要があるんです。 <トリプトファンを含む食べ物> ・大豆 ・味噌 ・納豆 ・豆腐 ・ヨーグルト ・バナナ ・牛乳 ・チーズ ・アーモンド ・魚 ・肉 など、さまざまな食べ物があります。 なので、バランス良く色々な食べ物を食べていればトリプトファンを摂取するのは、そう難しいことではないんです。 そして、トリプトファンがセロトニンを作り出すには、ビタミンB6、炭水化物が必要。 <ビタミンB6を含む食べ物> ・かつお ・イワシ ・サケ ・マグロ ・肉類 ・唐辛子 ・にんにく ・ピスタチオ ・アボカド などの食べ物があります。 炭水化物は、ごはん、パン、麺類、イモなど色々あります。 主食にごはんを食べる方なら、特に足りなくなる心配はないと思いますよ。 【Cタイプのホルモンバランス対策方法「女性ホルモンを整える」】 ストレス解消 ストレスはホルモンの生成によくないので、ストレスをためない生活や、ストレス解消になる趣味や時間を作ると良いですよ。 ストレスをためずに生活するのは難しいと思うので、ストレス解消方法を見つけるのが良いと思います。 タバコを吸わない タバコは健康や美容に良くないだけでなく、ホルモンを作るのにも良くないので、タバコは極力吸わないか、禁煙することをおすすめします。 タバコを急にやめたりすると逆にストレスになることもあるので、禁煙を目指すなら無理なくしてくださいね! 厳しいダイエットは禁物 食事制限や運動を取り入れるのは大切なことですが、無理をしてやろうとするとストレスになったり、ふとしたきっかけで過食をしてリバウンドしたり、トラブルを起こしやすいもの。 もし、食事制限や運動をするとしても、自分のペースに合わせて無理のない方法でやることをおすすめします。 深い呼吸をすると横隔膜が動き、セロトニンを活発にし、精神を安定させる効果があります。 お腹から動かすことができるので、内臓の動きも良くなり便秘解消や、代謝をアップさせる効果にも期待できますよ。 適度に運動をする 女性ホルモンを分泌させるためには、適度に体を動かすことも大切です。 散歩程度のゆる~い運動でもいいので、負担のない運動を取り入れてみてくださいね。 体を温める 女性ホルモンの分泌には体を温めることも大切です。 卵巣の近くには骨盤底や仙骨があるので、骨盤底筋を動かす運動をしたり、お風呂でよく温まるなど、女性ホルモンが分泌されやすい状態にしましょう! 女性ホルモンを整える栄養を摂る <ビタミンB6を含む食べ物> ・マグロ ・カツオ ・アボカド ・肉類 ・サケ ・バナナ など ビタミンB6はほとんどの魚に含まれていて、エストロゲン 女性ホルモン に働きかけて、ホルモンバランスの乱れを整える効果に期待ができます。 果物ではバナナ、アボカドにも含まれていて、食物繊維やビタミンもたっぷりなので、健康維持や美容にも抜群の効果を感じられるでしょう! ビタミンB群は、ホルモンバランスの乱れを整え維持する効果があるので、積極的に摂るようにしたい栄養素です。 <ビタミンEを含む食べ物> ・大根の葉っぱ ・カボチャ ・モロヘイヤ ・抹茶 ・アボカド など 抗酸化作用があり、若返りのビタミンとも呼ばれています。 体の中から若返りの効果をもたらしてくれるので、健康維持、美容にぴったり。 女性ホルモンを作り出す卵巣に働きかけ、ホルモンバランスの乱れを整えてくれます。 アンチエイジング効果で、卵巣の老化も防げると言われています。 <コレステロール> コレステロールって体に悪いんじゃ? と、思いますよね。 太る原因というイメージもあります。 けど、コレステロールはホルモンの材料になるので、実は適度には必要なものなんです。 もちろん摂りすぎは良くありませんが…。 良質なコレステロールは、 ・するめ ・卵黄 ・桜えび ・乳製品 ・タラコ ・イクラ などに多く含まれています。 自分のホルモンバランスがどんな乱れタイプかを知ることが大切! 自分のホルモンバランスがどんな乱れタイプかを知ることが大切! 自分の今の体の調子はどのホルモンバランスの乱れのタイプだったか、分かりましたか? ホルモンバランスの乱れを整える方法って、ネットでも色々な方法が出てきますが、自分の乱れに合った方法じゃないと実はあんまり効果がないんです。 もちろん、複合タイプの方もいるでしょう。 その場合は、他のタイプの対策方法も一緒に取り入れながらすれば良いでしょう。

次の

不調の原因は女性ホルモンの乱れ?ホルモンバランスのチェック方法

ホルモン バランス 乱れ チェック

女性ホルモン健康度チェック 卵巣から分泌されるエストロゲンとプロゲステロンの2つを、女性ホルモンといいます。 女性ホルモンは、月経を起こしたり、女性らしい体つきをつくるなど性成熟に関るホルモンですが、同時に肌や髪を美しく保つ、骨や血管を強くする、コレステロールの増加を抑えるなど、いろいろな面で女性の健康をサポートしています。 そのため、女性ホルモンが乱れると、月経のトラブルをはじめ心身のさまざまな不調が現われることになります。 女性ホルモンの働きを整えるためには、食事、睡眠、運動など生活習慣の改善が大切です。 とくに女性ホルモンはメンタルの影響を受けやすいので、上手なストレスコントロールを心がけましょう。 チェックスタート! 日々の生活を振り返り、当てはまる答えをチェックしてください。 あなたの女性ホルモン健康度をチェックします。 1 月経周期が乱れがち はい いいえ• 2 月経期間が以前より短くなった はい いいえ• 3 月経の血量が以前より少なくなった はい いいえ• 4 月経の血量が多く、レバーのような塊が混じる はい いいえ• 5 月経痛が強い はい いいえ• 6 月経に伴って体の不調が起こりやすい はい いいえ• 7 月経前に精神的に不安定になる はい いいえ• 8 冷えを感じやすい はい いいえ• 9 顔や手足がむくみやすい はい いいえ• 10 肩こりや腰痛がひどい はい いいえ• 11 肌荒れや吹き出ものが気になる はい いいえ• 12 髪のパサつきや抜け毛、切れ毛が気になる はい いいえ• 13 疲れやすい、疲れがとれにくい はい いいえ• 14 よく眠れない、熟睡感が得られない はい いいえ• 15 めまいや立ちくらみを起こすことがある はい いいえ• 16 過去に無理なダイエットをした、または現在している はい いいえ• 17 インスタント食品やファストフードをよく摂る はい いいえ• 18 野菜をあまり摂らない はい いいえ• 19 冷たい食べ物や飲み物をよく摂る はい いいえ• 20 夏場に冷房のきいた場所で過ごすことが多い はい いいえ• 21 生活が不規則である はい いいえ• 22 過労や睡眠不足が続いている はい いいえ• 23 職場や家庭でストレスが多い はい いいえ• 24 気持ちの切り替えが下手で、くよくよ悩むタイプだ はい いいえ• 25 運動不足だと感じる はい いいえ.

次の

さあTRY!「女性ホルモン」バランスチェック|医師監修であなたの知識や習慣を診断します

ホルモン バランス 乱れ チェック

「身体が冷える環境タイプ」の人は…… 「冷え環境の改善」でホルモンバランスが調うタイプです。 「冷え環境」が、身体の冷えに大きく影響していると考えられます。 喫煙、服装、入浴など、自分の心持ちでチェンジできることは行いましょう。 自分では変えられない環境は、冷え予防の仕方を工夫しましょう。 おすすめのムーンヨガ 【ヒップスライド】 骨盤の血行を良くして 内側から美肌づくりを! 手順 1、壁に向かって立つ。 上半身を脚の付け根から前に倒し、ヒップを後ろに突出し、手を壁につく。 肩周りが伸びたところに立ち位置を変え、足を肩幅に広げる。 2、息を吐きながら、ヒップを右に突出し、真ん中に戻る。 左も同様に。 3、つま先の向きを、外側、正面、内側に変えて、左右の動きを行う。 「筋力不足タイプ」の人は…… 「筋力不足」が、基礎代謝の低下に大きく影響していると考えられます。 デスクワークの方は、日常生活の中で、積極的に足腰を使うよう心がけましょう。 駅のエスカレーターや会社のエレベーターを使わずに階段を使う、電車で立つといったことでも、ちょっとした筋トレになります。 1駅分歩くなどもちょっとした運動になります。 おすすめのムーンヨガ 【立ち骨盤ローリング】 お尻・腰まわりを 柔らかくするムーブメント 手順 1、足先を正面に向け、両膝を軽く曲げて立つ。 両手は膝の付け根に軽くあてる。 骨盤がスムーズに動くのを感じ取れるまで、ゆっくりと動かす。 3、時計回りに5回腰を動かす。 脚を内側または外側に向けてもOK。 逆回りも同様に5回行う。 自律神経と女性ホルモンバランスはとても密接に関係しています。 不調が出ている場合、スケジュールの見直しなどを行い、出来る範囲で規則正しい生活リズムを心がけましょう。 また、強すぎるストレスを抱えている方は、なるべく手放すように工夫してみましょう。 ストレスにはオキシトシンの分泌を高めてくれる「触れ合い効果」が有効です。 おすすめのムーンヨガ 【ゆらゆ~ら】 腰周りの緊張をゆるめる ダブルヨガ 手順 1、受け手は仰向けになり、その足元にする側が座る。 2、する側は手のひらを受け手の土踏まずに置き、左右にゆらゆらと揺れ、その揺れを相手に伝える。 5分程行う。 首や顔の疲れもリフレッシュできます。 携帯に便利な「ラベンダーとタイハーブのあったかアイピロー」は、会社でも自宅でも使えます。 いつも健やかに過ごしたい! 楽してキレイにヤセたい! 妊娠したい! 生理を楽にしたい! 更年期も楽しく過ごしたい! この本では、女性の願いを叶える一生もののセルフケア力の身に付け方を紹介します。 子宮や卵巣が歪むってホント!? 知ればからだが愛おしくなる、女性の生理学を優しく解説。 月経周期によって、女性のからだのなかで、何が起きているの? 丁寧な解説とともに、その時期に適したセルフケア、ムーンヨガを紹介。 実は、妊娠だけじゃなく、痩せるタイミングも、不調の前兆も分かる「基礎体温表」使い方を解説。 銀座かねまつ本店クチュリエ(シューズオーダーサロン)をはじめ、シューフィッターとして女性の美と健康に携わる。 その後、タイへ渡りタイマッサージとルーシーダットンを学び、ヒマラヤにてヨーガ療法を深める。 自身のひどい月経不順と重い月経痛を改善した試行錯誤から、女性のセルフケアメソッド「ムーンヨガ」を考案。 現在、セルフケアに関わる分野で活動しながら、ITM渋谷ヌアライフスクールを主宰し、人材育成にも力を注いでいる。 一般社団法人臨床タイ医学研究会を発足し、シニア世代をはじめ、地域コミュニテイへのタイ医学の普及活動を行う。 また、セルフケアコーデイネーターとして、TV、ラジオ、雑誌監修多数。 セパタクロー日本代表強化スタッフ、東京療術学院非常勤講師。 主な書著『歩けるからだになるために』(BABジャパン).

次の