ゴミ 袋 消費 税。 ごみ指定袋等手数料(消費税含む)|フリーページ

島根県安来市:くらし:ごみ収集指定袋

ゴミ 袋 消費 税

収集日 週2回の指定曜日• 祝休日も収集します。 収集曜日は住所ごとに決まっています。 でご確認ください。 年末年始の収集は原則お休みです。 量や種類に関わらず、家庭ごみの集積所には出せません。 事業ごみの処理方法はでご確認ください。 出す時間・場所• 収集日当日の、早朝から朝8時30分までに、決められた集積所に出してください。 収集日の前日や、収集した後は出さないでください。 出す方法• 家庭ごみ指定袋に入れて、口をしばって出してください。 フタ付きのポリバケツ・コンテナボックスを使用する場合でも、家庭ごみ指定袋に入れてください。 1回に出せる重さ(容量)は、10kg(45リットル)以下です。 (大サイズの指定袋1袋程度)• 一度に多量に出す場合は、として出してください。 家庭ごみ指定袋について 指定袋のサイズと価格(ごみ処理手数料) 指定袋(小)見本 指定袋取扱店• 仙台市内および仙台市近郊のスーパー、コンビニエンスストア、ドラッグストア、ホームセンターなどで販売しています。 指定袋取扱店には、右の「取扱店シール」が掲示されています。 出すものの例と注意点• 、、で出すもの以外のもので、一番長い部分がおおむね30cm以下のもの。 一番長い部分がおおむね30cmを超えるものは、へ出してください。 市で収集しないもの(下記参照)は出せません。 出し方の注意点 台所の生ごみ 水気を切ってください。 たい肥化すれば資源になります。 を行っているお店もあります。 リサイクルにご協力ください。 衣類・布類 綿入りの衣類や雨具など リサイクルできるものは、集団資源回収や資源回収庫などをご利用ください。 花火・マッチ・固形燃料 水に浸してから、家庭ごみ指定袋に入れてください。 ライター 中のガスを使いきって、水に浸してから、家庭ごみ指定袋に入れてください。 使い切らずに出すと車両火災の原因になります。 かさ・空気入れ・灯油ポンプ・ポリタンク(20リットルまで) 家庭ごみ指定袋に入れて出してください。 ペットのふん 紙で包むか、ビニール袋に入れてから、家庭ごみ指定袋に入れてください。 プラスチック製品 おもちゃ、バケツ、ビデオテープ・CD・DVD・MDとそれらのケース、密封容器など。 割れ物・鋭利な物(ガラス、せともの、刃物、鏡、電球、竹串、農薬・劇薬の空きびん、割れたびん、皿、コップ、植木鉢など)• 厚い紙などでしっかり包んで、• 家庭ごみ指定袋に入れて、• 家庭ごみ指定袋に「危険」と見えるように書いて出してください。 在宅医療の廃棄物• 注射針(ペン型自己注射器を含む)等の鋭利な物は、かかりつけの医療関係機関や薬局に返却してください。 点滴のチューブ類などのその他の在宅医療ごみは、ビニール袋などで密封して、家庭ごみ指定袋に入れてください。 庭の木の枝 家庭ごみ指定袋に入れにくいせん定枝については、直径は30cm以内かつ長さは80cm以内の束にして出していただく場合に限り、家庭ごみ指定袋は不要です。 詳しくは、モバイルバッテリーは、、充電池内蔵型小型家電は「」をご覧ください。 紙おむつ等を使っている方に、家庭ごみ指定袋(中)50枚を配付します 対象者と申請方法 申請書を紛失された場合は、でもお申し込みいただけます。 市から紙おむつ等の支給を受けている高齢の方・障害をお持ちの方(年1回配付) 区役所から送付される申請書で申し込んでください。 満1歳までの乳児のいる家庭(1歳を迎えるまでに1回配付) 母子健康手帳の別冊にとじ込んである申請書で申し込んでください。 家庭ごみ指定袋の配布に関するお問い合わせ先 環境局家庭ごみ減量課(電話:022-214-8226) 新旧指定袋の交換 有料化実施前の旧指定袋について、以下の内容で、新しい指定袋との交換を実施しています。 なお旧指定袋については、未開封のもの、開封済みのもの、どちらでも交換の対象となります。 交換場所 施設名 所在地 電話番号 環境局総務課 仙台市青葉区二日町6-12 MSビル二日町4階 022-214-8214 家庭ごみ減量課 仙台市青葉区二日町6-12 MSビル二日町3階 022-214-8226 青葉環境事業所 仙台市青葉区郷六字葛岡57-3 022-277-5300 宮城野環境事業所 仙台市宮城野区仙石1-1 022-236-5300 若林環境事業所 仙台市若林区今泉字上新田103 022-289-2051 太白環境事業所 仙台市太白区郡山字上野4-1 022-248-5300 泉環境事業所 仙台市泉区松森字阿比古33 022-773-5300 受付時間 月曜日~金曜日の午前8時30分~午後5時 交換比率 旧指定袋10枚につき、新しい家庭ごみ指定袋(大・45リットル)1枚• レジ袋は交換できません。 交換対象となる旧指定袋の種類や大きさは問いません。 例えば、旧指定袋の家庭ごみ用(大)5枚と旧指定袋プラスチック製容器包装用(小)5枚をお持ちいただいた場合、新しい家庭ごみ用指定袋(大)1枚を配布いたします。 上限枚数は、旧指定袋300枚までとなります。

次の

有料ゴミ袋と消費税

ゴミ 袋 消費 税

ごみ袋が在庫切れ寸前 非課税なのに駆け込み買い? 兵庫・篠山 神戸新聞NEXT 5月8日 木 7時30分配信 (記事引用) 兵庫県篠山市指定の可燃用ごみ袋(大、10キロ)が在庫切れ寸前にまで減っていることが分かった。 一部店舗や市役所などにはまだ残っているが、スーパーやコンビニでは在庫切れが相次ぎ「お詫び」の紙を掲示。 3月に購入件数が増えたことから、非課税商品と分からず、市民が消費増税前に「駆け込み買い」した可能性が高いという。 私の認識では、ゴミ袋の販売は、市指定であろうが、なかろうが「資産の譲渡」に該当し消費税課税だと思うのですが、非課税になるとなると何にあたるのでしょうか? ゴミ処理の役務提供のための「行政手数料」でしょうか? しかし、ゴミ処理自体は課税の役務提供ですし。。。 ゴミ袋を購入することによって、ゴミを出すことができる許可を市が出しているということでしょうか。。。 お分かりになる方お教えいただければ幸いです。。。 >ゴミ袋の販売は、市指定であろうが、なかろうが「資産の譲渡」に該当し消費税課税だと思うのですが、 そのとおりですね。 ただ、自治体のゴミ袋は、消費税増税に伴い価格があがるところもあれば、変わりないところ、それぞれです。 それは、ゴミ袋に対する自治体の考え方が異なるためでしょう。 ちなみに、私の市では、店によって同じ大きさの袋でも価格が違うし、消費増税分を価格に転嫁するしないも店の自由です。 >ゴミ処理の役務提供のための「行政手数料」でしょうか? いいえ。 前に書いたとおりです。 必ずしもそうとは言えません。 少なくとも、私の市では、有料ごみ袋は「ごみの有料化(手数料)」ではありません。 >ゴミ袋を購入することによって、ゴミを出すことができる許可を市が出しているということでしょうか。。。 そういう意味合いはあるでしょう。 ごみ袋を有料にすることにより、ごみ減量につなげるというのが目的でしょう。 >市指定であろうが、なかろうが「資産の譲渡」に該当し消費税課税だと思う… 私もそう思います。 現実に私の市では消費税付きで売られています。 >ゴミ処理の役務提供のための「行政手数料」でしょうか… 篠山市はそう解釈しているのでしょうけど、おかしいです。 行政手数料というのは、住民票や納税証明書の交付その他法令類で定められた許認可手数料など、民間事業者が入る余地のないものをいいます。 ゴミ処理は民間事業者でも多数手がけていますし、公民館で部屋を借りたり市営体育館を借りたりすれば、民間事業者にも同様のサービスがあるとして消費税は賦課されます。 行政サービスイコール非課税では決してありません。 同じように行政による大規模な事業である、水道料金や 一部の自治体での ガス料金が課税されて、ゴミ処理が非課税という論理も理解しがたいです。 はたして篠山市のような市は全国に数多くあるのか、はなはだ疑問です。 消費税は国税ですから、全国共通のルールに従わなければいけません。

次の

行政手数料と消費税~自治体のゴミ処理券は課税取引~

ゴミ 袋 消費 税

いずみ会計のある千代田区では、事業所でゴミを捨てる場合は原則として袋に「有料ごみ処理券」を貼ってごみ集積所に出します。 千代田区の有料ごみ処理券は45リットル用10枚綴りで2,740円です。 コンビニエンスストアやドラッグストア、酒屋さんなどで購入して、事業所名を明記してゴミ袋に貼ります。 ビルの管理会社がゴミの処理を行ってくれるところもあるようですが、ご自身でゴミ処理を行っている方も多いのではないでしょうか。 今日は、この有料ごみ処理券の消費税の扱いについてお話いたします。 自治体が提供する行政サービスに対しては、消費税は一切かからないと思う方もいらっしゃるかもしれません。 実は、消費税を非課税としているのは自治体固有の行政サービスに限られます。 例えば、登録、認定、確認、指定、免許、検査、検定、試験、審査及び講習、証明、公文書の交付、閲覧及び謄写、旅券の発給などです。 したがって、自治体が行う事業系ゴミの収集・運搬・処理サービスには消費税が課税されます。 これらの業務は、民間企業と競合するところがあり、民間企業だけを課税するならば民業圧迫となってしまうため非課税としないのではないかと考えられます。 では、いつの時点で消費税の課税仕入れがあったとされるのでしょうか。 原則として、ゴミ処理券をゴミ袋に貼り付けてゴミを自治体に収集してもらった時です。 ただし、毎期継続して同様な処理を行うことを条件に、ゴミ処理券を購入した時をもって課税仕入れの時期とすることもできます。 ちなみに、有料ごみ処理券は、自治体に事業系一般廃棄物を収集してもらうための手数料が予め納付済みであることを証明する券であり、物品切手としての性格を有しています。

次の