無 漫画。 【漫画】人の感情が「見える」新入社員 無愛想な先輩が、梅雨のなか見せる空気は?(マグミクス)

無料漫画、おすすめ試し読みマンガ満載!|コミックウォーカー

無 漫画

新入社員の志野さんは、人の周りの空気、つまり人の喜怒哀楽の感情が目に見えるという特技を持っています。 梅雨どきは人びとのどんよりした気持ちが周りを包み、志野さんも憂鬱な気分に。 しかし、志野さんの教育係の慈先輩は少し違っていて……。 この作品はオンラインマガジン「ゼロサムオンライン」にて連載中で、Twitterでも公開されているマンガ『空気が「読める」新入社員と無愛想な先輩』のなかの1エピソードです。 一見クールな先輩ですが、内面はとても優しい。 先輩の内面が見える志野さんは、仕事のいろいろな場面で先輩の「空気」に助けられていきます。 Twitterでも反響を呼び、ユーザー参加型のマンガ賞「次にくるマンガ大賞2020」のノミネート作品となっています。 作者の鳥原習さんに、お話を聞きました。 ーー『空気が「読める」新入社員と梅雨の話』のエピソードはどのようにして生まれましたか? このシリーズは元々春ごろに新入社員の方たちを見ていて描き始めたものだったので、実際に志野という新入社員の入社以降を追う形で「時期的にこういう悩みがあるかも」「入社からこれくらいたつと、こういうこと考える時もあるかな」と考えながら描きました。 ーー作品に対する反応で、特に印象に残った読者の声について、教えて下さい。 梅雨に合わせて更新したので、「梅雨間の癒やしになった」と言っていただけてうれしかったです。 ーー『空気が「読める」新入社員と無愛想な先輩』シリーズは、慈先輩の無愛想な外見と内に秘めた感情とのギャップがたまりません。 感情が目に見える形で表されているという設定が面白く、志野さんだけに見える感情たちもかわいいです。 このような設定はどのようにして思いつかれたのでしょうか? 見た目や表面的態度で誤解されやすいけれど、内面は優しい、という人はこれまで実際に周りにもいたので、そういう部分をマンガで表せないか考えました。 本人も言葉にするほど意識していないかもしれないけれど、人がいい人が醸し出している抽象的な「何か」と、人の心の機微に敏感な人がくみ取っている「何か」がかみ合いそうな気がして、「目に見える空気」という形ができました。 ーーTwitterでは他にも多くの創作マンガを発表なさっていますが、作品ごとに登場人物のキャラクターが大きく異なり、それぞれとても魅力的です。 マンガを描く際に、登場人物のキャラクターデザインについて心がけている点や工夫なさっている点などはありますか? 特に短いマンガでは、なるべく完成時の文字情報を減らしたいので、キャラクターデザインがそのキャラの属性をわかりやすく表すように、見た目や言動・振る舞い・服装・持ち物・しぐさなど考えます。 ーーTwitterで精力的にマンガを公開なさっています。 創作するうえでの原動力になるものはありますか? やっぱり感想をいただけることが一番原動力になります。 私自身、仕事や生活で疲れた時に面白いマンガを読んで活力をもらっているので、自分の作品で笑ったり癒やされたと言ってもらえると、描いていてよかったと思います。 マグミクス編集部.

次の

まんが王国 『母性の失落~無戸籍児童の消えゆく声』 さくらまこ 無料で漫画(コミック)を試し読み[巻]

無 漫画

「母性の失落~無戸籍児童の消えゆく声」のあらすじ ストーリー 「あんたなんて死ねばいいのに…」誰にも存在を認められない子は、育児放棄され虐待を受けてもなお、母の帰りを待つしかない…。 お笑い芸人を目指す真嶋は実家を飛び出し、事故物件とも思える安アパートで一人暮らしを始めた。 安いだけあって、隣の部屋はゴミ屋敷、周囲の生活音は全て丸聞こえという最悪な環境!ある朝、住人は外出したはずの隣の部屋からトビラをたたく音が…不審に思った真嶋が窓を見上げると、そこには小さな女の子の姿が見えた。 しかし、アパートの住人や管理人も『子供なんて居ない』と口を揃える。 成り行きで隣の部屋に立ち入る事になり、その子と遂に対面。 名前を聞くと信じられない言葉が飛び出し…!? 私も一時期シングルで二人の子供を育てて どうしようもない不安で押しつぶされそうで 2歳の下の子に辛く当たって 存在否定して産まなきゃよかった。 誰か養子に貰って。 これ以上、顔も見たくない。 虐待してしまいそう! って悩んでいたけど、行政の人に助けを求めて、少しずつ問題が解決して 今では下の子が私の癒しになってる。 この話見たら私もこうなっていたんじゃないか……。 って怖くなる……。 でも、現実問題、今この瞬間も同じような事がどこかで起きていて 小さな命が助けを求めてると思うと、一時でも我が子に対してしていた事がどんなに酷かったか思い知らされる……。 子供にとって母親って絶対なのに……。 未熟な親が自宅という密室で子育てって本当に怖いことだと思う。

次の

無料漫画、おすすめ試し読みマンガ満載!|コミックウォーカー

無 漫画

「母性の失落~無戸籍児童の消えゆく声」のあらすじ ストーリー 「あんたなんて死ねばいいのに…」誰にも存在を認められない子は、育児放棄され虐待を受けてもなお、母の帰りを待つしかない…。 お笑い芸人を目指す真嶋は実家を飛び出し、事故物件とも思える安アパートで一人暮らしを始めた。 安いだけあって、隣の部屋はゴミ屋敷、周囲の生活音は全て丸聞こえという最悪な環境!ある朝、住人は外出したはずの隣の部屋からトビラをたたく音が…不審に思った真嶋が窓を見上げると、そこには小さな女の子の姿が見えた。 しかし、アパートの住人や管理人も『子供なんて居ない』と口を揃える。 成り行きで隣の部屋に立ち入る事になり、その子と遂に対面。 名前を聞くと信じられない言葉が飛び出し…!? 私も一時期シングルで二人の子供を育てて どうしようもない不安で押しつぶされそうで 2歳の下の子に辛く当たって 存在否定して産まなきゃよかった。 誰か養子に貰って。 これ以上、顔も見たくない。 虐待してしまいそう! って悩んでいたけど、行政の人に助けを求めて、少しずつ問題が解決して 今では下の子が私の癒しになってる。 この話見たら私もこうなっていたんじゃないか……。 って怖くなる……。 でも、現実問題、今この瞬間も同じような事がどこかで起きていて 小さな命が助けを求めてると思うと、一時でも我が子に対してしていた事がどんなに酷かったか思い知らされる……。 子供にとって母親って絶対なのに……。 未熟な親が自宅という密室で子育てって本当に怖いことだと思う。

次の