オクマ ビーチ リゾート。 ★おきなわ彩発見キャンペーン★ 6月〜7月 オクマ プライベートビーチ&リゾート

オクマプライベートビーチ&リゾート<4月末 新ヴィラ完成>の口コミ・評判

オクマ ビーチ リゾート

オクマ プライベートビーチ & リゾート 後、の接収地として、軍の保養施設及びの施設として使用されてきた奥間ビーチが、(52年)5月にその一部が返還され、跡地を観光保養地とすべく地元資本により開発と運営が行われたが、約1年で中止となった。 その後、地元からの要請を受けたが同施設の開発と運営を引き継ぐ事となり、リゾートホテルを経営するオクマビーチランド株式会社(現 株式会社琉球ホテルリゾートオクマ)を、(昭和53年)6月に設立、同年7月に「ヴィラオクマリゾート」を開業させた。 ホテル運営は日本航空開発株式会社(のちのJALホテルズ)に委託。 随一の景観、自然のままのサンゴ礁群、紺碧の海と約1に及ぶ白砂のビーチを生かし、アメリカ軍が使用していた宿泊コテージを改装して、アメリカ的雰囲気を残しながら他のホテルとは一味違うリゾートが形成されている。 (19年)3月に、経営再建を進めるが、など保有資産整理の一環として、保有するオクマビーチランド株式会社の全株式を、アメリカ大手投資会社ローンスター系列のホテル運営会社であるへ売却した。 株式売却後も、ホテル運営は引き続きJALホテルズの後身であるが担当している。 2018年12月31日宿泊分(2019年1月1日チェックアウト)をもって、株式会社オークラニッコーホテルマネジメントとしての運営を終了し株式会社琉球ホテルリゾートオクマによる運営となる旨発表された。 2019年1月1日より、株式会社琉球ホテルリゾートオクマによる運営となった。 沿革 [ ]• - 開業• - 改装• - 大規模改装• - 大規模改装• 2019年1月1日 運営会社の変更により、One Harmony 会員特典が利用できなくなった。 客室 [ ]• グランドコテージメゾネット125• グランドコテージメゾネット64• グランドコテージメゾネットファミリータイプ• グランドコテージ• ガーデンヴィラ• メインコテージデラックス• メインコテージ• パームコテージ 設備 [ ]• サーフサイド・カフェ• 和食処 いじゅ• レストラン ビーチサイド• 鉄板焼 阿檀• 古酒と沖縄家庭料理 おかめ• ファウンテン• Beach Cafe OASIS• ブティック プルメリア• ギフトショップ ブーケンビリア• アロマセラピーサロン• 展望浴場シーサイドサウナ• オクマ フェリシア教会 外部リンク [ ]•

次の

オクマプライベートビーチリゾート旅行記|大自然の中で過ごす贅沢な時間

オクマ ビーチ リゾート

オクマプライベートビーチ&リゾートとは? 第二次世界大戦後、アメリカ軍の接収地として、軍の保養施設及びVOA(米軍極東放送)の施設として使用されてきた奥間ビーチが、1977年(昭和52年)5月にその一部が返還され、跡地を観光保養地とすべく地元資本により開発と運営が行われたが、約1年で中止となった。 その後、地元からの要請を受けた日本航空が同施設の開発と運営を引き継ぐ事となり、リゾートホテルを経営するオクマビーチランド株式会社(現 株式会社琉球ホテルリゾートオクマ)を、1978年(昭和53年)6月に設立、同年7月に「ヴィラオクマリゾート」を開業させた。 ホテル運営は日本航空開発株式会社(のちのJALホテルズ)に委託。 沖縄本島随一の景観、自然のままのサンゴ礁群、紺碧の海と約1kmに及ぶ白砂のビーチを生かし、アメリカ軍が使用していた宿泊コテージを改装して、アメリカ的雰囲気を残しながら他のホテルとは一味違うリゾートが形成されている。 2007年(平成19年)3月に、経営再建を進める日本航空が、ホテルなど保有資産整理の一環として、保有するオクマビーチランド株式会社の全株式を、アメリカ大手投資会社ローンスター系列のホテル運営会社であるソラーレホテルズアンドリゾーツ株式会社へ売却した。 株式売却後も、ホテル運営は引き続きJALホテルズの後身であるが担当している。 2018年12月31日宿泊分(2019年1月1日チェックアウト)をもって、株式会社オークラニッコーホテルマネジメントとしての運営を終了しによる運営となる旨発表された。 2019年1月1日より、株式会社琉球ホテルリゾートオクマによる運営となった。 以上、wikipediaより抜粋。 wikipediaにもあるように、もともとはアメリカ軍の保養施設として建設されたホテルであり、この雰囲気は実際に宿泊してみると、現在もなお味わうことができます。 このオクマのビーチは、アメリカ軍の保養施設のビーチと隣接しており、ビーチに関しては特に仕切りも無い為、気づいたら米軍の敷地に入っていたなんて、体験は宿泊された方なら多いと思います。 そんな体験を踏まえ、宿泊体験記として記載していきたいと思います。 駐車場 150台• 高速バスを利用 那覇空港より【111高速バス名護行き】ご乗車、終点の名護バスターミナルにて乗継ぎ【辺土名線67】ご乗車、【奥間ビーチ入り口】にて下車、ホテルまで徒歩15分。 お電話頂きましたら、バス停までお迎えにあがります。 お気軽にご連絡ください。 上記料金は、那覇空港からホテル直行の目安となります 【ホテル提携のタクシー会社 岸本タクシー TEL:0980-54-4339】 電気自動車充電スタンドがあります 駐車場に4台の電気自動車充電スタンドが設置しております。 美ら海水族館や、古宇利島よりも北です。 トレッキングができるので、お時間あれば是非! オクマプライベートビーチ&リゾートのエントランス オクマは、結構ヴィラタイプのお部屋が多く、高層な作りでは無く、 平面に広がっています。 エントランスもヴィラ風の作りで、お花が綺麗でした。 また今回は、グランドコテージと言うお部屋に宿泊しました。 このグランドコテージと言うお部屋は、一般的にスイートに近いお部屋らしく、このお部屋に宿泊された方は、専用のバレーサービス(お車をホテルのスタッフが出し入れしてくれる)と専用のチェックインカウンターに、クラブラウンジが利用できる特権があります。 このクラブラウンジは、ビーチに隣接していて、かなり使い勝手が良かったです。 グランドコテージメゾネット125• グランドコテージメゾネット64• グランドコテージメゾネットファミリータイプ• グランドコテージ(今回はこちらに宿泊!)• ガーデンヴィラ• メインコテージデラックス• メインコテージ• 「PANPURI(LEMONGRASS&MANDARIN)」は、フレッシュな柑橘系フルーツの香りが特徴。 レモングラスとマンダリン、青々としたスペアミントが穏やかな清涼感をもたらしてくれるアメニティライン。 トップノートは、ベルガモットとフレンチラベンダー、繊細なサンダルウッドの香りが混ざりあい、爽やかで優しい香りが広がります。 「PANPURI(LEMONGRASS&MANDARIN)」バスアメニティとともに、至福のリゾートステイをご堪能できます。 オクマプライベートビーチ&リゾートのバス お風呂も結構ゆとりのある感じです。 オクマプライベートビーチ&リゾートのクラブラウンジ 潮風のラウンジ グランドコテージに宿泊の方だけが利用できる専用クラブラウンジです。 ドリンクが充実! 特に、アルコールが良い感じです。 ビールは、オリオンビールとなっており、専用のビールサーバーが設置されており、飲み放題となっております。 14時から利用が可能です。 パラソルやデッキチェアーは、宿泊者はみな無料で借りられます。 また、ビーチにもタオルを貸し出ししている為、部屋から持って来なくても大丈夫です。 また、記事の最初にも少し書きましたが、隣はアメリカ軍の保養施設となっております。 早朝に散歩をして、とりあえずビーチを歩いていたら、やたら英語の看板が増えてるな。 道路沿いからは、米軍のゲートがしっかりあるのに、 ビーチ側は特にロープなどでも仕切られていなく、 誰か立ってる訳でも無かったので、全く気づきませんでした。 宿泊者はけっこうこういう体験をされる方が多いのでは無いでしょうか。 マリンスポーツ&アクティビティ オクマは国頭村にある為、近隣の遊べる施設はほぼ無いです。 ですので、結構リーズナブルな価格で、マリンスポーツやアクティビティが楽しめるのがかなり良い! 実際、カヌーを体験してみました。 30分借りて、2名で2,000円と激安! 初めてのカヌーですが、思ったよりもスピードが出るし、漕いだ時の風を抜ける感じは、かなり爽快でした。 オクマ公式のページに詳しく解説してありますので、気になる方はこちらをご覧下さいませ。 オクマプライベートビーチ&リゾートの大浴場 宿泊者はみな利用ができる、展望浴場シーサイドサウナ。 15時~23時までの利用です。 サービス料込、消費税別。 (2019年12月3日時点) と素晴らしい価格です。 サーフサイドカフェでの、ブッフェになります。 ただ、クラブラウンジを利用した場合。 専用の朝食会場があります! 大浴場の隣にあります、オアシスと言う場所です。 気になる方は、是非ご覧下さいませ! SPGアメックスがあれば、リッツカールトン沖縄に無料で宿泊できる! リッツカールトン沖縄に宿泊できる SPGアメックスをお勧めしております。 カードを所有するだけで、毎年1泊2名様まで宿泊することができます。

次の

★おきなわ彩発見キャンペーン★ 6月〜7月 オクマ プライベートビーチ&リゾート

オクマ ビーチ リゾート

うんうん、うちの子も喜びそう! ちなみにカート送迎は頼めばいつでもしてくれます。 もちろん無料ですよ。 ただ、チェックアウト(11時)など混雑しているときは10分程度待つこともありますので、余裕を持ってお願いしましょう。 メインコテージ 広い施設内に並んだコテージと芝生、 そして青い空のコントラストが綺麗です。 立ち並ぶ木々や芝生の手入れも行き届いていて、素晴しい空間が広がっていますよ。 今回はこの40番コテージにお世話になります。 コテージは3階建てになっていて、1階の部屋を利用させてもらいました。 部屋の数は「リビング+寝室」でどかんと1部屋で、あと洗面所とお風呂+トイレが別になっています。 ベットはフカフカで幅が広い! 入室し、感じたことは 「結構広い!家族4人なら十分」ということですね。 フカフカのベットも3台、幅も広く子どもと添い寝でも十分な大きさでしたよ。 枕元で照明の調節ができるのもGOODです!.

次の