ソフトバンクairからソフトバンク光に乗り換え。 【失敗しない】ソフトバンク光からのおすすめ乗り換え先と手続き方法!

SoftBank Airからソフトバンク光へ無料で変更する裏技的な方法をご紹介!これで違約金は免除できる!

ソフトバンクairからソフトバンク光に乗り換え

この記事の目次• 下記のデメリットを踏まえたうえで、実際に乗り換えるかどうか判断することをお勧めします。 1手続きが面倒 フレッツ光から光コラボへの乗り換えと違い、光コラボから光コラボへの乗り換えは多少面倒です。 まず、NTT加入電話からドコモ光のひかり電話へ番号ポータビリティで移行して利用している人で、ソフトバンク光でも同じ電話番号を使いたい場合は、NTTアナログ電話へ戻す手続きが必要です。 そして、NTTアナログ電話へ戻す工事が終わってから、ソフトバンク光へ申し込みます。 ソフトバンク光の申し込みが完了したら、ドコモ光の解約手続きをします。 ソフトバンク光の開通は現光コラボの撤去工時から6営業日以後でないと開通できないルールがあります。 つまり、どうしても7日程度はインターネットが使えない期間が発生します。 そして光電話は、ソフトバンク光開通後9営業日後に使えるようになります。 ソフトバンク光に乗り換えた後に月々のスマホ料金が高くなってしまいます。 ソフトバンク光への乗り換えが料金を安くすることが目的なのであれば、スマホごとソフトバンクへ乗り換えないとあまりメリットが無いでしょう。 3通信速度が落ちる可能性 ソフトバンク光はプロバイダが1社しか選べないので、ソフトバンク光への乗り換えで必然的にプロバイダはYahoo! BBになります。 Yahoo! BBの速度はクチコミでも評判が悪く、プロバイダの中でも遅いほうだと思います。 光BBユニットをレンタルしIPv6高速ハイブリッドを契約すれば速度は速くなりますが、何もしないとドコモ光よりも速度が落ちる可能性があります。 4電話番号が変わる可能性 ドコモ光で新規に取得した光電話の電話番号は、ソフトバンク光へ乗り換えの際に引き継ぐことができません。 ソフトバンク光でまた電話番号を新規取得することになります。 ただし、もともとNTT加入電話からドコモ光へ番号ポータビリティで移行していた人に関しては、一度NTTアナログ電話へ戻すことにより電話番号を引き継ぐことができます。 1月額料金が若干安くなる ドコモ光からソフトバンク光へ乗り換えれば若干月額料金が安くなります。 料金比較 ドコモ光 戸建て: 5,200円~5,400円 マンション: 4,000円 ソフトバンク光 戸建て:5,200円 マンション:3,800円 ドコモ光にはタイプAとタイプBがあり料金が違いますが、2つの違いは選べるプロバイダが違うだけです。 乗り換えにあたり、現在タイプAの戸建てであれば、5,200円なので乗り換え後のソフトバンク光と料金が同じです。 現在マンションタイプやタイプBを利用中の人はソフトバンク光へ乗り換えで月額料金が安くなります。 2工事費がかからない? ドコモ光とソフトバンク光は光コラボです。 光コラボから光コラボへの乗り換えは、一度乗り換え前の光コラボを解約し、新たに乗り換え後の光コラボを新規契約する必要があり、新規工事費が発生します。 光ファイバー導入済みのマンションなどは立会い工事不要で無派遣工事2,000円で済みます。 それ以外の場合は基本的に工事担当者が派遣されます。 そもそも、ドコモ光とソフトバンク光は使っている光ファイバー等の設備が同じなので、それなのに立会い工事が必要なのが少し気に入らなかったのでソフトバンク光へ問い合わせてみましたが、「原則立会い工事が必要」とのことでした。 でも強く要求すれば無派遣工事で開通できる可能性もあると思います。 しかしいずれにせよ、キャンペーンを利用すれば工事費は実質かかりません。 キャンペーンでは発生した工事費分の割引、またはJCBギフトカードが貰えます。 3通信速度が速くなる可能性がある 光コラボはフレッツ光と同じ設備を使うため、ドコモ光もソフトバンク光も基本的には通信速度が同じです。 しかし、実際はプロバイダの混雑具合が通信速度に大きな影響をあたえるため、ドコモ光で選択したプロバイダによっては速度が遅い状態になっていることもあります。 ソフトバンク光はプロバイダが必ずYahoo! BBになります。 Yahoo! BBはプロバイダとしてはあまり評判がよくないので、速度は微妙です。 しかし、ソフトバンク光には「IPv6高速ハイブリッド」というネイティブ接続があります。 ソフトバンク光のネイティブ接続はプロバイダを経由せずBBIX株式会社の装置を経由しインターネットに繋がります。 つまり、Yhaoo! BBがインターネットの接続に関与しないため、通信速度が速くなります。 ちなみに、ドコモ光はプロバイダのみを変更することが可能です。 現在の速度に不満がある場合、プロバイダを変更することによって速度が改善する可能性もあります。 4ドコモ光の解約金をソフトバンクが負担してくれる ドコモ光を解約すると戸建て13,000円、マンション8,000円の解約金が発生します。 しかし、ソフトバンク光へ乗り換えの場合は、ドコモ光の解約金をソフトバンクが負担してくれる「あんしん乗り換えキャンペーン」が適用されます。 あんしん乗り換えキャンペーンは、他社違約金・撤去費用を最大10万円までキャッシュバックで還元してくれます。 5工事費は実質無料 このキャンペーンは、乗り換え時に発生する工事費を実質無料にするためのキャンペーンです。 発生した工事費によって貰える金額が変わります。 JCB商品券か割引かをどちらか好きなほうを選択できます。 なので、発生する工事費は24,000円か9,600円になるでしょう。 その分を月額割引や商品券で還元してくれるので、初期費用は相殺されます。 6スマホを無料で乗り換えられる ドコモ光からソフトバンク光へ乗り換えのついでにスマホもソフトバンクへ乗り換えれば「おうち割光セットキャンペーン」が適用されます。 このキャンペーンはおうち割光セットを新規で申し込むことが条件です。 この条件を満たすことにより、他社スマホの解約金を還元してくれます。 おうち割光セットキャンペーンがあるので、スマホも解約金を気にせず乗り換えられます。 7 キャッシュバックがゲットできる ドコモ光からソフトバンク光に乗り換える場合には、キャッシュバックをゲットできるというメリットがあります。 キャッシュバック金額は契約内容によって変化しますが、ドコモ光からソフトバンク光に乗り換える場合は下記の金額が適用されます。 ソフトバンク光のキャッシュバック キャッシュバック 27,000円 これは最も契約の条件が良い評判の代理店「エヌズカンパニー」の内容です。 キャッシュバック金額が最も高額で、なおかつ有料オプションなどをつけなくて良いので、安心して利用できる代理店です。 ソフトバンクから優良代理店の表彰を受けている数少ない窓口なので、信頼度も高いです。 ソフトバンク光の申し込み窓口について詳しく知りたい方は、下記の記事をご参考ください。 ソフトバンク光以外にも条件がよい回線もあるので、他社の内容も把握したうえで、一番良いものを選んでみてくださいね。 1auひかり auひかりは光コラボではないので、ソフトバンク光への乗り換えのようなインターネットが使えない期間ができないのでおすすめです。 1魅力は初期費用が掛からないこと auひかりは、キャッシュバックと初期費用がほとんど掛からないことが魅力です。 キャッシュバックはネット代理店のNNコミュニケーションズから申し込むのが一番お得です。 auひかり公式キャンペーンである初期費用相当額割引、スタートサポート 他社違約金還元 も利用できるので、乗り換えコストもほぼかかりません。 2ドコモスマホは高くなる ただし、ドコモ光パックでスマホ代を節約している人は、auひかりへ乗り換えた場合スマホ代が高くなってしまうデメリットがあります。 3プロバイダも選べる auひかりはプロバイダが7つの中から選べます。 現在ドコモ光で使っているプロバイダと同じものがあれば、プロバイダメールアドレスを変えずそのまま利用できます。 auひかりはプロバイダごとに通信速度が変わらず、どれを選んでも高速通信可能です。 なので、現在ドコモ光で使っているプロバイダの速度に不満があっても、auひかりへ乗り換え時に同じプロバイダを選ぶこともできます。 4キャッシュバックも高額 auひかりのキャッシュバック キャッシュバック 50,000円 auひかりはキャッシュバックが高額なことでも人気です。 ご家庭の中にauスマホを使っている方がいれば、auひかりのほうがお得なので、検討してみることをお勧めします。 その他auひかりの詳しい特徴は下記の記事にまとめているので、ぜひ確認してみてください。 2NURO光 NURO光も光コラボではないので、NURO光が開通してからドコモ光を解約すればインターネットが使えない期間をゼロにできます。 1デメリットはエリアが狭いことだけ しかし、NURO光は関東エリアだけとエリアが狭いことがデメリットです。 NURO光はauひかりと比べてもいろいろと優れた面があるので、関東にお住まいの方はぜひNURO光へ乗り換えをおすすめします。 NURO光の特徴は、世界最速の2Gbpsの通信速度を誇ることです。 ただし、実際はLANインターフェースが1000BASE-T 1Gbps なので1Gbps以上の実測値は出ません。 でも、アクセスラインが2Gbpsだけあって、 実測値でも900Mbps近く出ます。 乗り換え時に発生するコストもほぼありません。 キャンペーンで工事費が実質無料になります。 4NURO光はキャッシュバックも高額 さらに、キャッシュバックも高額です。 NURO光の正規代理店である株式会社アウンカンパニーから申し込めば、ネット+光電話=35,000円、ネットのみ=30,000円のキャッシュバックが貰えます。 または、キャッシュバックの代わりにプレステ4を貰う事もできます。 なので、ドコモ光から他社へ乗り換える際はauひかりやNURO光など光コラボ以外の回線が良いでしょう。 特に関東エリアにお住まいであれば、NURO光が通信品質、代理店のキャンペーンがとても優れているのでおすすめです。 関東エリア以外であれば同じく通信品質、代理店キャンペーンの優れているauひかりがベストでしょう。 ソフトバンク光に乗り換える場合は、キャッシュバックが高額なエヌズカンパニー経由でのお申し込みをお勧めします。 ソフトバンク光の申し込み窓口について詳しく知りたい方は、下記の記事をご参考ください。 ドコモ光の最新キャンペーンについて知りたい方は「」の記事を確認してみてくださいね。

次の

【完全決着】ソフトバンク光とAirはどちらを選ぶべき!?料金・速度、初期費用で徹底比較!

ソフトバンクairからソフトバンク光に乗り換え

ソフトバンクエアーとソフトバンク光の違い 回線の引き込み工事が必要となるに対し、ソフトバンクエアーは、専用端末のコンセントを挿すだけで利用できるお手軽なインターネット回線です。 それぞれに契約するメリットとデメリットがあるので、1つ1つ見ていきましょう。 ソフトバンクエアーの特徴とメリット・デメリット 出典: は、ソフトバンクが提供する無線WiFiサービスです。 従来の固定回線とは異なり、サービス申し込み後に送られてくるWiFiルーターをコンセントに差し、電源を入れるだけでそのまま利用できます。 従来のネット回線のように、回線業者との複雑なプロバイダ契約も回線工事も必要ありません。 引っ越しに際しても、住所変更手続きをしてからルーターを挿し直すだけでOK。 逐一工事をする必要に迫られない点が最大のメリットといえるでしょう。 デメリットは、一般的なスマートフォンの回線と同じ4G LTEであること。 従来の固定回線は、ADSLもしくは光回線という高速かつ安定度が高いものが主流です。 4G LTE回線だと、どうしても通信速度や安定性の面で、光回線などに劣ってしまいます。 の最新端末である「Air ターミナル3」では、速度が大幅に向上し、下り最大261Mbps 従来は110Mbps まで出るようになりました。 それでも、下り最大1Gbpsの光回線には遠く及びません。 SNSや動画を見るくらいなら問題になりませんが、大きなデータのアップロード 動画の投稿など やオンラインゲームでは、より高速な回線が必要となるものです。 場合によっては、快適性にやや難を感じるかもしれません。 また、利用できるデータ容量に制限こそありませんが、回線が混雑していると、速度制限が行われる可能性があります。 とりわけピークタイムとなる夜間に注意です。 様々なLTE回線が多く使われるため、通信制限を実施する傾向があります。 ソフトバンクエアーの月額料金 出典: ソフトバンクエアーの基本料金は、月額4,880円です。 ソフトバンクエアーのみの契約か、ソフトバンクエアー+ソフトバンクスマホの契約かで料金が変わります。 ソフトバンクエアーのみ :4,800円 -1,080円 SoftBank Airスタート割 = 3,800円• ソフトバンクエアー+スマホ :4,800円 -580円 SoftBank Airスタート割 -1,000円 おうち割光セット = 3,200円 契約から1年間は「 SoftBank Airスタート割」で月々580円~1,080円安くなります。 さらに、ソフトバンクスマホを使っていると「 おうち割光セット」で毎月1,000円割引がずっと続くのです。 そのため、最安で3,200円でソフトバンクエアーが使えます。 マンションも一戸建ても3,000円台でネット環境が整うのはとても安いですよね。 ソフトバンク光の特徴とメリット・デメリット 出典: は、光回線を使用したソフトバンクのインターネットサービスです。 通信速度と安定性が非常に優れており、最も快適にインターネットを利用できる固定回線となります。 もちろん、通信量の上限や速度制限といったものは存在しません。 に比べ、4倍近い回線速度を出すことが可能。 大容量データのアップロード時や、極限までラグを減らしたいオンラインゲームなどにおいては、光回線が必須といえます。 唯一のデメリットは、契約後に回線工事が必要となる点です。 工事費用も別途、最大24,000円かかります。 フレッツ光導入済みのマンションなどで、立ち合い工事を求められない際は、おおよそ2,000円で済むようです。 契約期間は2年~5年ほど。 工事が必要となることから、その住宅に長い間住み続けるのであれば、よりも光がおすすめです。 ソフトバンク光の月額料金 ソフトバンク光 月額料金 戸建て 5,200円 マンション 3,800円 ソフトバンク光の月額料金は、 戸建てタイプが5,200円、マンション・アパートタイプが3,800円ととてもシンプルです。 マンションタイプによって料金が細かく分かれている光回線もありますが、ソフトバンク光は最終的に支払う金額がわかりやすくなっています。 さらに、ソフトバンクスマホと光回線をセットで契約すると、「 おうち割 光セット」で月額料金が安くなります。 出典: 「おうち割 光セット」は毎月1,000円割引が永年続くサービスです。 1,000円安くなるということは、戸建てが4,200円、マンションが2,800円で使えることになります。 ポケットWiFiやWiMAXが大体2,000~3,000円であることを考えると、 マンションタイプの2,800円はかなり安いことがわかるでしょう。 ソフトバンク光を契約するなら、おうち割 光セットはぜひとも使いたいキャンペーンの1つです。 ソフトバンクの正規代理店の専門オペレータがお客様のご要望に合わせて、ソフトバンク光やソフトバンクAirをご案内させていただきます。 TEL: 受付時間10:00-20:00 年末年始除く ソフトバンク光に乗り換えるメリットとデメリット 既にを契約しているものの、いずれは光回線への乗り換えを検討している方もいることでしょう。 改めて、から光りに乗り換えるメリット・デメリットをいくつかのポイントに絞ってお話します。 メリット 回線速度が速くて安定性に優れる 上述したように、の大きなメリットとなる点は、回線速度および安定性に優れることです。 大きなデータを日常的に送受信 サイトに動画をアップロードするなど する方や、オンラインゲームプレイ時のラグを極力減らしたい方なら、光回線が良いでしょう。 これは動画ストリーミングなど、回線速度が求められるサービスを日常的に利用している場合も同様です。 回線混雑の影響を受けない は、スマートフォンと同じ4G LTEの回線を使用しています。 つまり、時間帯によって回線が込み合う場合があります。 とりわけ混雑するのが夜間です。 今現在を利用しているものの、回線混雑に悩まされているという方は乗り換えを検討してはいかがでしょうか? 地域による回線速度の差が少ない モバイル回線という特性上、エリアによって回線速度に差が生じます。 光回線も同エリアのプロバイダの使用人数によって回線遅延となることがありますが、4G LTE回線に比べると、その影響は微々たるものです。 基地局との距離が遠い場所に済んでいたり、エリア内の使用人数が多い場所だったりするならば、光回線を検討してみましょう。 「エアー」から「光」への乗り換えに違約金がかからない フトバンクエアーもソフトバンク光も同じSoftBank社が提供しているので、「ソフトバンクエアーからソフトバンク光に簡単に乗り換えられる」と思っている人もいるかもしれません。 同じSoftBankが提供しているサービスですが「ソフトバンクエアー」と「ソフトバンク光」は、まったく別サービスです。 その為、ソフトバンクエアーからソフトバンク光へ乗り換える場合、ソフトバンクエアーを一度「解約」してソフトバンク光を「新規契約」するのが一般的な方法です。 ソフトバンクエアーを解約すると、違約金9500円(税抜)がかかってしまいます。 そこで、SoftBankでは「ソフトバンクエアー」契約中の人限定で「サービス変更」という手続きをすれば解約金の支払いなくソフトバンクエアーを解約しソフトバンク光を新規契約する事(乗り換える事)が可能です。 つまり現在を契約している場合、への乗り換えは「サービス内容の変更」として扱われるため、違約金を支払う必要がありません。 デメリット 引っ越しの際に工事を求められる可能性がある 光回線は契約毎に工事が必要となるため、引っ越しの度に工事費用と時間がかかります。 対するは、住居場所が変わっても住所変更の申請のみで使用可能です。 直近で引っ越しを検討しているならば、少なくとも引っ越しが終わるまでは、乗り換えを控えた方がよいでしょう。 サービスの特性上、二度手間となってしまう可能性があります。 初期設定をもう一度行う必要がある 光回線は工事が終わってから、回線を利用するための初期設定を行うことになります。 パソコンに詳しい方なら問題ないでしょうが、あまり慣れていない方だと、この段階でつまづいてしまうかもしれません。 「光セットアップサポート」という業者が初期設定を行うサービスこそあるものの、別途費用がかかるためあまり経済的とはいえません。 ソフトバンクエアーからソフトバンク光へサービス変更する方法と注意点 サービス変更の際の注意点 ソフトバンクエアーを契約する時、「Airターミナル」という機器をレンタルするか分割購入するかを選びます。 ここでもし分割購入を選んだ方はソフトバンクエアーからソフトバンク光への乗り換えの際には注意が必要です。 ソフトバンクエアーを解約する際の解約金は負担がなくソフトバンク光へ乗り換えが可能な「サービス変更」手続きですが、解約金負担がなくなるだけで機器分割はなくなりません。 そのため、本来支払うべき機器代の残額を一括で支払う必要があります。 ただし、36ヶ月目以降のソフトバンクエアーの解約やサービス変更の場合は、機器の分割代金の支払いは完了しているので上記のような事を考える必要がありません。 また、「Airターミナル」という機器をSoftBankから「レンタル」契約している人は、機器を購入して分割払いしている訳ではないので、上記のような機器代を解約時に負担する必要がありません。 ソフトバンク光・ソフトバンクエアーに共通する割引キャンペーン これまでおよびについてお話してきましたが、メリット・デメリットこそあるものの、それぞれ優れたサービスなのは間違いありません。 今現在他キャリアを契約していながら、どちらかへの乗り換えを検討している方もいるはずです。 そこで、および光に共通する最新キャンペーンをご紹介しましょう。 ソフトバンク回線への乗り換えの際に、ぜひご活用ください。 乗り換え違約金キャッシュバックキャンペーン インターネット回線を乗り換える際、契約満了月以外では違約金が発生するものです。 ソフトバンクでは現在、違約金のキャッシュバックキャンペーンを行っています。 乗り換えの際に発生する違約金と同額 最大10万円 のキャッシュバックを受けられるため、このタイミングで乗り換えるとかなりお得です。 ソフトバンクユーザーなら「おうち割光セット」による割引も受けられる ソフトバンクのスマートフォンを利用しているという方なら、・ソフトバンクエアーのどちらかを契約すると、24ヶ月間に渡って携帯料金の割引が受けられます。 肝心の割引額ですが、加入しているプランによるものの、最大2,000円です。 パケット定額サービスまたは基本料金から割引されます。 ワイモバイルユーザーには「光セット割」 ソフトバンク回線を利用した格安Simの1つ、ワイモバイル。 ワイモバイルと・を同時契約しているならば、料金の割引が受けられます。 割引額はデータサイズによるものの、500円~1,000円程度です。 これは一人当たりの割引額となるため、家族にワイモバイルユーザーがいれば、その人数分だけ割引が受けられます。 ライフスタイルに合わせてネット回線を選べる時代に! は比較的後発のサービスです。 「モバイル回線を利用した固定回線」というありそうでなかったタイプですが、着々とユーザーを増やしています。 利用者の層としては、仕事の都合などから引っ越しが社会人や、新生活を始める学生が多いようです。 工事を必要とせず、手軽に利用できる回線ではあるものの、一方で速度遅延などのデメリットも少なからずあります。 それぞれのメリットや料金体系などを比較した上で、ライフスタイルに合わせて選ぶ良いでしょう。 ソフトバンク光の他にも、スマホとセット割を適用していたりと快適かつお得に利用できる光回線は10社以上あります。 ので、 よかったらこちらの記事も参考にしてみてください。

次の

ソフトバンク光の乗り換え方法2020!乗換の流れ・費用・キャンペーンを総まとめ

ソフトバンクairからソフトバンク光に乗り換え

インターネットを家庭で楽しみたいと思った時に、今までは配線工事をして光回線等を家に取り入れて利用するのが一般的でしたが、最近では回線工事が不要で使えるネット回線も普及し始めています。 そのような工事不要のネット回線の一つに、ソフトバンクが提供する「SoftBank Air」というサービスがあります。 「SoftBank Air」は、従来型の工事が必要な光回線「ソフトバンク光」より、まだ知名度が低くわからない方も多くいるので「SoftBank Air」と「ソフトバンク光」の特徴をそれぞれ詳しく解説します。 ソフトバンクの二つのネット接続サービスの「金額・速度・サービス・割引き等」を比較する事で、あなたにはどちらがあっているのかがすぐにわかる内容になっています。 また、後半ではお得に契約できる窓口も紹介しますので、すぐに申し込みまで出来ますよ。 この記事の目次• 1それぞれ、どのような人におすすめ?• 【ソフトバンク光】:安定して高速でインターネットを使いたい方におすすめ• 【SoftBank Air】:初期費用を抑えたい、乗り換え時などにインターネットが使えない期間を無くしたいという方におすすめ まず、この2つの大きな違いは接続の仕組みです。 「ソフトバンク光」は家の中までネット回線を引き込み、インターネットを利用する今まで通りの方法です。 外部から光回線を家の中に引き入れる工事が必要で費用も掛かります。 「SoftBank Air」は、Airターミナルと呼ばれる専用の機器を電源コンセントへ繋ぐだけで、簡単にWi-Fiの電波を飛ばすことが出来ます。 ソフトバンク基地局と電波で通信しているので工事は必要ありません。 2基本料金はどちらが安い? ソフトバンク光とSoftBank Airの月額利用料金を比べてみます。 SoftBank Airで使用する接続機器のAirターミナルは、購入とレンタルが選択できますが、購入した方が安くなります。 レンタルを選択した場合は、ソフトバンク光の戸建てとだいたい同じぐらいの月額利用料金になります。 ソフトバンク光とSoftBank Airの基本料金比較表 ソフトバンク光 SoftBank Air ホーム:5,200円(2年更新型) マンション:3,800円(2年更新型) Airターミナル購入の場合:4,880円 Airターミナルレンタルの場合:5,370円 なぜ、購入の方が安くなるのかというと、分割で支払う機器代金が月月割りでそっくり割り引かれ、実質無料になるからです。 SoftBank Airはここから、さらに「始めようSoftbank Air割」キャンペーンで、24ヶ月間割引が適用されます。 はじめようSoftBank Air割 適用後の月額利用料(24ヶ月間) Airターミナル購入の場合 SoftBank Airのみ: 3,800円 おうち割光セット加入の場合 :4,300円 Airターミナルレンタルの場合 SoftBank Airのみ:4,290円 おうち割光セット加入の場合:4,790円 二つを比べてみると、マンション住まいの場合は、ソフトバンク光 3,800円 にしたほうが安くなります。 戸建ての場合は、SoftBank Air Airターミナル購入 のほうが安いです。 3どちらもおうち割光セットが使える ソフトバンク携帯・スマホを利用している方は、お家の固定ネット回線をソフトバンク光、または、SoftBank Airにすることにより、「おうち割光セット」が適用されます。 これは、ソフトバンク携帯・スマホの1契約あたり、最大1,000円の割引が受けられるサービスで、家族で最大10回線まで適用されます。 おうち割光セットの適用条件として、ソフトバンク光の場合は、オプション 467円~ の加入が必須になります。 4通信速度は? ソフトバンク光は、OCN光やドコモ光などと同じ「光コラボ回線」です。 光コラボは、フレッツ光の光回線を使っている回線ですので、基本的に通信速度は、フレッツ光と同じで「最大速度上下1Gbps」になります。 SoftBank Airの通信の仕組みは、WIMAXなどのモバイルルーターに似ていますが、電源が必要で契約した住所でしか使えず持ち運びは出来ません。 速度は、最大下り350Mbps上り10Mbpsです。 ソフトバンク光とSoftBank Airの通信速度の比較表 ソフトバンク光:上下1Gbps SoftBank Air:下り350Mbps 上り10Mbps ソフトバンク光とSoftBank Airの通信速度を比べた場合、やはり、光ファイバーで配線されたソフトバンク光のほうが、安定していて速度も速いです。 SoftBank Airは、ソフトバンクの電波塔からの電波をキャッチして、Wi-Fiで端末をインターネットに繋げているので、電波環境によっては不安定になる可能性があります。 SoftBank Airの通信速度は下りが高速でも、上りが10Mbpsしかないのは、多少物足りなく感じるでしょう。 いまは、クラウドストレージの時代ですので、クラウド上にデータをバックアップするのに、SoftbankAirでは時間がかかる可能性があります。 5初期費用は? 次に、初期費用を比較します。 当然、工事が必要なソフトバンク光のほうが高くつきます。 ただし、フレッツ光からソフトバンク光へ転用する場合は、工事費が発生しません。 事務手数料は、どのパターンでも3,000円発生します。 6契約期間と解約違約金は? ソフトバンク光は、契約期間の定めがないタイプもありますが、基本料金が1,000円以上高くなるので、ほとんどの場合は2年自動更新プランを選びます。 SoftBank Airも2年自動更新です。 どちらも、 契約満了月以外で解約した場合、9,500円の解約料が発生します。 例えば、契約した月が2017年10月だとすると、契約満了月は2019年9月になり、2019年9月に解約すれば解約料が発生しません。 公式のキャンペーンに加えて、代理店から申し込むと代理店の特典もついて更にお得になるので、お勧めの代理店も紹介しますね。 1ソフトバンク光の公式キャンペーンは? ソフトバンクの公式キャンペーンを先に紹介します。 ソフトバンク光でのみ適用となるキャンペーンと、SoftBank Airでも適用されるキャンペーンがあります。 2ソフトバンク光の代理店キャンペーンは? ソフトバンク光のキャンペーンは、正規代理店のエヌズカンパニーから申し込むと大変お得です。 この代理店から申し込んだ場合のキャッシュバック特典は2つのパターンから選択できます。 キャッシュバックを多く貰う• キャッシュバックを多少減らして無線ルーターor無線LAN中継器を貰う また、キャッシュバックに有料オプション加入等の条件は、一切ありませんのでご安心ください。 エヌズカンパニーの専用サイトからソフトバンク光を「新規」か「転用」で申込む• 12ヵ月継続してソフトバンク光を利用する• 申込みをした月の末日までに支払い先を登録する ソフトバンク光をエヌズカンパニーから申込む際の、詳しいキャンペーンの内容と申込み方法は、以下のページをご覧ください。 他社の代理店の条件と詳しく比較して判断したい方は、以下の記事を確認してみてくださいね。 3 SoftBank Airのキャンペーンは? SoftBank Airのキャンペーンも、先ほど紹介した「エヌズカンパニー」が大変お得です。 SoftBank Airのキャッシュバック特典 新規申込み 30,000円キャッシュバック エヌズカンパニーのキャッシュバック条件は、以下の3点です。 エヌズカンパニーのサイトからSoftBank Airを申込む• SoftBank Airを12ヵ月間継続して利用する• SoftBank Airの支払い方法を登録する 先ほど紹介した「ソフトバンク公式キャンペーン」も併用できます。 エヌズカンパニーの申込み特典は、有料のオプション加入は一切不要で、電話口で簡単にキャンペーンの申請も出来るため、とても好評です。 SoftBank Airをエヌズカンパニーで申込む際は、ソフトバンク光とは別にサイトが用意されています。 今ですと、「はじめようSoftBank Air割」で24ヶ月割引(月1,000円)が適用され、月額利用料3,800円で利用できます。 代理店からの申し込みで、キャッシュバック(30,000円)が貰えることを計算に入れると、さらにお得になりますね。 SoftBank Airは電波での通信なので、やはり通信の安定性に関してはソフトバンク光に分があります。 回線工事は必要ですが、「工事費実質無料キャンペーン」で工事費がかからないので、今なら負担なくソフトバンク光を始められます。 このように、ソフトバンク光・SoftBank Airには、それぞれ「メリットデメリット」があることがわかったと思います。 どちらの回線にしようか大体決まった方は、代理店のページでキャッシュバック条件等の確認をしてくださいね。 また、それぞれの回線の詳しい内容は以下の記事がピッタリです。

次の