ラブ ファントム 歌詞。 B'Z のラブファントム?という曲が使われていたドラマ

B'z LOVE PHANTOM 歌詞

ラブ ファントム 歌詞

ミュージカル "ラブ・ネバー・ダイ" より、 "Love Never Dies" このミュージカルはの続編ということになっていますが、 初めて観たときは衝撃が大きすぎて受け入れるのに時間がかかりました。 あの純粋だったクリスティーヌが…! 世界観はとても好きです。 といえばブロードウェイの25周年公演でファントムとクリスティーヌを演じたラミンさん・シエラさんの2人がとても好きです。 ラミンさんは前回和訳したアナスタシアのブロードウェイ版にも出演されていましたね。 また来日してくれないかな、なんて期待しています。 ラブネバーダイは日本でも2019年に再演が決まっています。 さんとさんのwキャスト、楽しみですね。 それでは和訳です! 毎度のことながら拙い訳ですのでご参考程度に! ・・・ "Love Never Dies" Who knows when love begins? Who knows what makes it start? One day it's simply there Alive inside in your heart 愛のはじまりはいつ? どうやって始まるの? ある日突然そこにあって 心の中に芽生えてるの It slips into your thoughts, It infiltrates your soul, It takes you by surprise, Then seizes full control. 頭の中に滑り込み 魂にまで染み込んで あなたを不意に襲い、 完全に支配してしまう Try to deny it, And try to protest, But love won't let you go, Once you've been possessed. どんなに拒んでも どんなに背いても 愛はあなたを離してはくれない 一度魅入られてしまったら Love never dies Love never falters Once it has spoken Love is yours 愛は滅びない 愛はゆるがない 一度語り掛けられたなら 愛はあなたのもの Love never fades Love never alters Hearts may get broken Love endures Hearts may get broken Love endures 愛は決して消えない 愛は決して変わらない 心は砕かれても 愛は耐え抜く And soon as you submit Surrender flesh and bone That love takes on a life Much bigger than your own あなたが受け入れてしまえば 骨身をゆだねて その愛は人生を引き受ける あなたの人生よりもっと大きなものを It uses you at whim And drives you to despair And forces you to feel More joy than you can bear それは気まぐれにあなたを揺さぶり 絶望へと導く そして感じさせられる あなたが耐えられないほどの喜びを Love gives you pleasure And love brings you pain And yet when both are gone Love will still remain 愛は喜びを与え 愛は痛みをもたらす その両方が消えても 愛はまだ残り続ける Once it has spoken Love is yours Love never dies Love never alters 一度語り掛けられたなら 愛はあなたのもの 愛は滅びない 愛はゆるがない Hearts may get broken Love endures Hearts may get broken 心は砕かれても 愛は耐え抜く 心は砕かれても Love never dies Love will continue Love keeps on beating When you're gone 愛は滅びない 愛は続いてゆく 愛は鼓動を止めない あなたがいなくなっても Love never dies Once it is in you Love may be fleeting Love lives on 愛は死なない 一度あなたの中に入り込めば 愛は儚くも 永遠に生き続ける Kogumachan.

次の

B'z LOVE PHANTOM 歌詞&動画視聴

ラブ ファントム 歌詞

ファントム、ラブ・ネバーダイも と続けて観てきて、後日未観劇の友人に感想を話していて、改めて2つの作品の事を考えてみました。 苦笑 なにせ既婚者であることを隠して、エリックのママことベラドーヴァと付き合って、子どもまで使っちゃうし。 いくら宗教上の理由で離婚できないとはいえ、の少ない日本ではなかなか理解し難いし。 クリスナは割と天然で、悪気なく人を傷つけてますよね。 苦笑 音楽の先生コト エリックに用意してもらったドレスを着て、そしてエリックの導きによってビストロでは成功したのに、その時頭の中にエリックの事はなかったよね。 たぶん そして、シャンドン伯爵に対しては、まだ2回目しか会ってないというのに、ビストロでの成功の後、さらっと呼び(フィリップ)だし。 そんな形でシャンドン伯爵を誤解させておきながら、シャンドン伯爵の告白は割とスルーして、保留にしちゃうの。 どう考えても敬愛なのか愛情なのかわからないままとも思える状態のまま、キャリエールから聞かされたエリックの過去の話を聞いただけで、エリックの事を理解したと思い込んでしまって、エリックを説得し、エリックの心を動かしておきながら、やっぱり受け止めれず怯えながら逃げる。 でも、これもなにもかも、クリスナが純粋で無垢で、天然さんだからでしょう。 そして、もちろんキャストの力量次第でははないでしょうか。 (脚本の粗は置いておいて) そういう意味では今回の宝塚 版のファントムは作品として成功したのでしょう。 (連日立ち見まで完売するほどの盛況だったのが納得) そして、ラブ・ネバーダイ こちらも、オリジナルの「」と比べると脚本に粗が残る作品ですが、キャストの力量と楽曲で傑作にしてますよね。 そもそも私がファントムに感情移入しすぎていたから、観劇中は思わなかったんですけど、後で友人と話していて、ホントビビるぐらい酷いのがクリスナ。 ラブネバは「」から10年後の設定ですが、まさかその10年前にクリスナと怪人が1夜をともにしていたとかっ! と、そこまでならともかく、まさか夫 ラウルとの子供として育てているグスタフが、実は怪人との子供だったとかっ!!!!!ショーーーーーーーク 観劇中もびっくりしたけど、いや、いや、マジで。 冷静になった今考えるとマジで酷い。 他人(怪人)との子供を夫に黙って、夫婦の子として育ててたとか、クリスヌマジないわ。 キャンブルで借金作っていまや飲んだくれの没落貴族となってしまったラウルだけど、この仕打ちは酷すぎる。 10年間ずっと裏切られてたのかよ。 しかも、死に際で結局ファントムへの愛を告げているし、これ、ラウル目線で見たら超絶可哀想。。。。 もしかしてラウルと結婚したのも、ファントムとの子供ができたのを隠すためとかだったとか(考えたらもやもやの妄想が止まらない。 苦笑) 自分に後ろめたいことがあるから、ギャンブルで借金を作ったラウルの事も責められないのでは。。。 それなのに、観ていてクリスナが酷い女性に感じられないのは、やはりファントムが今までとても不幸だったからなのか。 そんな怪人も愛してくれた人がいたから、良かったと思えたのか。。。。

次の

ラブ・ファントム(Let's go!) 歌詞 HiGE( 髭 ) ※ kuvo.rmpbs.org

ラブ ファントム 歌詞

ミュージカル "ラブ・ネバー・ダイ" より、 "Love Never Dies" このミュージカルはの続編ということになっていますが、 初めて観たときは衝撃が大きすぎて受け入れるのに時間がかかりました。 あの純粋だったクリスティーヌが…! 世界観はとても好きです。 といえばブロードウェイの25周年公演でファントムとクリスティーヌを演じたラミンさん・シエラさんの2人がとても好きです。 ラミンさんは前回和訳したアナスタシアのブロードウェイ版にも出演されていましたね。 また来日してくれないかな、なんて期待しています。 ラブネバーダイは日本でも2019年に再演が決まっています。 さんとさんのwキャスト、楽しみですね。 それでは和訳です! 毎度のことながら拙い訳ですのでご参考程度に! ・・・ "Love Never Dies" Who knows when love begins? Who knows what makes it start? One day it's simply there Alive inside in your heart 愛のはじまりはいつ? どうやって始まるの? ある日突然そこにあって 心の中に芽生えてるの It slips into your thoughts, It infiltrates your soul, It takes you by surprise, Then seizes full control. 頭の中に滑り込み 魂にまで染み込んで あなたを不意に襲い、 完全に支配してしまう Try to deny it, And try to protest, But love won't let you go, Once you've been possessed. どんなに拒んでも どんなに背いても 愛はあなたを離してはくれない 一度魅入られてしまったら Love never dies Love never falters Once it has spoken Love is yours 愛は滅びない 愛はゆるがない 一度語り掛けられたなら 愛はあなたのもの Love never fades Love never alters Hearts may get broken Love endures Hearts may get broken Love endures 愛は決して消えない 愛は決して変わらない 心は砕かれても 愛は耐え抜く And soon as you submit Surrender flesh and bone That love takes on a life Much bigger than your own あなたが受け入れてしまえば 骨身をゆだねて その愛は人生を引き受ける あなたの人生よりもっと大きなものを It uses you at whim And drives you to despair And forces you to feel More joy than you can bear それは気まぐれにあなたを揺さぶり 絶望へと導く そして感じさせられる あなたが耐えられないほどの喜びを Love gives you pleasure And love brings you pain And yet when both are gone Love will still remain 愛は喜びを与え 愛は痛みをもたらす その両方が消えても 愛はまだ残り続ける Once it has spoken Love is yours Love never dies Love never alters 一度語り掛けられたなら 愛はあなたのもの 愛は滅びない 愛はゆるがない Hearts may get broken Love endures Hearts may get broken 心は砕かれても 愛は耐え抜く 心は砕かれても Love never dies Love will continue Love keeps on beating When you're gone 愛は滅びない 愛は続いてゆく 愛は鼓動を止めない あなたがいなくなっても Love never dies Once it is in you Love may be fleeting Love lives on 愛は死なない 一度あなたの中に入り込めば 愛は儚くも 永遠に生き続ける Kogumachan.

次の